マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« たこたこ、九州のド真ん中を横断す(その11:アコガレの高千穂峡①) | トップページ | とりあえずは試験も済んで・・・ホッ! »

2014年9月20日 (土)

ほふくぜんしんの輝ける息吹

 はい、こんばんは!・・・今日は一日中「しず~かな」土曜日でした。空もドンヨリでシケたムードだなぁ。なんだか世の中がトマっている様な雰囲気。よくよく考えたら、月曜日に有給取ったら「よんれんきゅぅ~」にも成り得るんでしたね。こういった連休っぽい時には電話もぜ~んぜん鳴らないし、活気もナニもあったモンじゃありません。

20140920012014092002 そういった場合にも、場内ではシュクシュクと納車準備の作業は進みます。日々ウチの三男は静かに精進している様子です。本当に”匍匐の”前進ではありましたが。

 マセラティクアトロポルテ最初期型(世田谷のSさん号)、下回りの整備が済んだあと、エンジン回りを本格的にイジり出したら、後の他モデルとは設計の違う部位が多い最初期型に特有な数々の障害にブチあたっていた様子です。時折チラっと傍で見ていても大変なのは一目瞭然でした。

201409200320140920042014092005201409200620140920082014092008_2 ・・・ホントは夏休み明けの二週間で一気に攻め抜こうと思って始めた納車整備作業も、予想を遥かに超えてキッカリ一ヶ月掛かってしまいましたが、本日の夕方には「エンジン再始動の儀(笑)」をとり行う段階までようやっとコギ付けました。

 まずは、この画像の様に、一旦すべてのダイレクトイグニッションコイルに繋がるハーネスをはずしておき、スターターを断続的に回し続けてクランキングだけをしばらくは行います。

 長い期間始動させていなかったエンジンは内部の油膜が切れているモノです。特にターボチャージャータービン軸受部分の油膜切れは、後にもうもうたる白煙の元となりますので、こうして”カラ”のクランキングを続けて油圧計があがってくるのを待ってから始動させるのがセオリーなんです。ガソリンを携行缶に20L買ってきて、ソレをすべて注ぎこみます。いよいよ「エンジン再始動の儀」。いつも、これからの数分間はドキドキいたします。数回イグニッションのON・OFFを繰り返し、車輌後部にあるタンク内のフューエルポンプがエンジン上部に位置するインジェクターまでガソリンを送り込むのを促進します。・・・スターターを一閃、「ずど、ずど、ずどどどどどどどどどどぉー」とV6DOHC4カムツインターボユニットは寝むそうに目を覚ましました。暖気を済ませてカラ吹かし、「ドギャァーン!どぎゃぁーん!!」生まれたてのアカちゃんの様に彼は元気に泣いてくれました。匍匐前進の日々が少しだけ報われた瞬間です。「無事に生まれてくれて有難う」そんな心持ち。本日も終わってみれば感謝、感謝の一日でした。

 それじゃー、また来週。今週も皆さんからの暖かいコメント、有難うございましたぁ!!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« たこたこ、九州のド真ん中を横断す(その11:アコガレの高千穂峡①) | トップページ | とりあえずは試験も済んで・・・ホッ! »

コメント

皆さんお晩です!!

今日は朝から年に一度のオーバーホール
人間ドッグに行ってきました。
サラリーマン時代は会社の健康診断がありましたから、
体調をあまり気にしたことはなかったのですが、フリーランスに
なってからは、まさに体が資本なので(病気になると、即無収入笑)
毎年この時期自主的に行っているわけです。
今年は60歳になったということで、市の方からも、「大腸がん検査」
「胃の検査」「血液の基本的検査」の無料券が来ていたので
だいぶ安くてすみました・・・ホッ・・
今回から胃のバリューム検査の際、胃の動きを止める「筋肉注射」を
しないでよくなったと言われました。なんで?と聞くと
60歳になったから!との答え・・・・・・・・・え~~~っ、それって
ジジイは内臓の動きも「ニブイ」つっ~~事ですかい?ダンナ!!
と、思わず聞き返したくなりましたよ・・・トホホ
オイラって・・・・・・・・・ジジイなんだ!!・・・涙・・
ええ~~~いっ、こうなりゃ、ジジイの特権使いまくってやる!!
うん?何があるのかなぁ~と考えたら、映画のシニヤ料金くらいしか
考え付かないや・・
となれば、今日のブログのクアトロポルテのエンジンのごとく
蘇って吠えてやる~~グァ~~オ~~!!・・・・・ゴホンッ・・・ゴホンッ
あれっ?エンストしちまった・・・だめだこりゃ・・(当然いかりや長介バージョンで!)

↑「調布のU」さん、いつも有難うございます。只今風呂アガりで、これから晩飯タイムであります。本日のワタシ、現場仕事に従事するヒマがほとんど無く、パソコンの前に座りっぱなしで超長文見積書(笑)を書きまくっては御客様に送信したり、クレジットの予備審査を入力したりでアッと云う間に一日が過ぎました。トシとってくるとホントに時がハヤく感じられますねぇ。「ジジイの特権」、やっぱフルムーンパスぢゃないっすか(笑)?・・・次週、お待ちしてまぁーす!

やっぱ、世の中4連休モードなんですかねぇ。
なぜかここのところ仕事負荷絶好調のワタクシ、今日は休ませてもらいましたが、なんとなく心に引っかかるものがあり明日は休出の予定です。
あ、○○○のHさま(笑)、嫌味じゃないので誤解しないでください。
休める時は休めるもの勝ちです。

ところで、本文中の油膜切れクランキングの件、全く知らなくて目から鱗です。
やはり経験則が物をいいますね。
試験の件、次男さんと共に”やったねパパ、明日はホームランだ!”となることを祈ってます。
匍匐の精神が伴ってますので、大丈夫でしょう。

↑「Wさま」さん、いつも有難うございます! 「なんとなく心に引っかかるものがあり明日は休出の予定」・・・って、ホント御自愛くださいね。「カラダだけは大事にしてください」って、先代の林家三平師匠が高座から観客席によく呼びかけてたなァ(懐)。
ところで、「○○○のHさま(笑)」は只今現在、「ドチラのHさま」になってらっしゃるんでしょうね。普段は激務のHさまも、人生最大級の充実旅行を謳歌されておられます。ワタシはこれから”じゅけんせい”に戻ります。今日の模試は何点トレるかなぁ。

いつもながらのパーフェクトなモノづくり、ありがとうございます! 納車が本当に楽しみです。って言いながら、最近の冷え込みにやられて風邪引いちゃいました。◯ンタック飲んで寝ます。。。

ウワー、眩しい!
眩い!
クアトロポルテのエンジンルームが超絶オーラを放っております。
すげーな、マセラティ。すげーよ、マイクロデポ。
…本日、私用で千葉駅前に宿泊。ボローニャのHさまの登場も近いかな。

Iです。
本日は、SMAPのコンサートに出掛け、帰りがけに焼き鳥屋によって腹ごしらえして今帰宅しました。3時間半の長丁場のコンサートでした。
帰宅できなくなると困るので、アンコール中に退場しちゃいました。ちょっと残念です。
で、いよいよ明日”日本ビール検定”の受検です。でも既にビール飲んで良い気分です。大丈夫でしょうか?

↑↑↑&↑↑&↑「世田谷のS」さん、「Sm」さん、「I」さん、 いつも有難うございます。Sさんにはお待たせいたしました。ゴールがようやく見えてまいりました。Smさんは千葉ですか、お近くにいらっしゃるのですね、千葉に”私用”ってなんダロ(笑)。Iさん、ワタシも只今じゅけんべんきょー中です。テキストをひっちゃぶきながら奮闘しております(でも、紙を食べてはおりませんケドね:笑)。

きれいなエンジンルーム。匍匐前進が報われる瞬間ですねぇ。
ワタシ、金曜に胃痛で診療所に行き、胃カメラの予約(血液検査)してきました。と思ったら土曜は風邪の熱で唸っておりました。

今の発熱は「ん?蚊に刺されたのいつだろ?」って考えちゃいます。
代々木も新宿も地下鉄1本ですから。

以前トリノ(だっけか、今?)のHさんが御紹介のKESSシャマル、ギャラリータナカのサイトで偶然発見、一分くらい悩み(赤)購入、赤はラス1だったみたいで、その後soldの表示が出ましたが、黒は在庫あるみたいです。希望者は急げ!。

↑「赤」soldは間違いみたい、失礼しました。

そうなんですよ、エンジンがいいんですよね、本当に。
存在感のある音から始まって、山道を駆け巡っているとどんどん意識から消えていく一体感が気持ちよいのです。

イタリア、トリノ近郊のアグリツーリズムといっても古いお城に泊まってきやした。100周年イベントのコンクールデレガンスは、メキシコのフルアものと、90周年のグランスポーツ スパイダーの限定ナンバー00が取ったようです。しかし、コンクールデレガンスにでたマセラティ達の中で、ビトルボは、ギブリIIが1台、ロイヤルが2台、3200が2台でした。100周年イベントという割に、A6系やら、レーシング系がいなかったのは残念でした。

モデナの様子はもしかしたら、10月の「世⚪︎不思議発見」という番組の、北イタリア編で放映されるかもしれません。ブーメランのオーナーとか取材していましたから。

もうすぐ、練馬のHに戻ります(泣)!

↑「テツヲタ」さん、「一松」さん、「おぐ」さん、いつも有難うございま~ぁっす!”じゅけんせい”のたこちゃんどぇ~っす!「アスティのH」さん、トリノ近郊の農場に囲まれた古城宿泊なんて、本当にアコガレてしまいます。今はスネてる”大分の大魔王”様(笑)ともどもいつかイッてみたいと、ココロから思っております。「100周年イベントという割に、A6系やら、レーシング系がいなかったのは残念でした。」・・・250Fあたりすらもありませんでしたか?クーパーマセラティF1の12気筒の方は、どこかにあるのかなぁ。マセラティが造った(おそらく)唯一のトゥエルブですからね。「世界ふ○ぎ発見」も録画予約しておかなちゃ。お家に帰るまでが旅行デス(by こうちょーせんせー)から、このあとも道中お気をつけて!
ちなみにワタシの今晩のディナーはスパゲティナポリタンです(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/57439087

この記事へのトラックバック一覧です: ほふくぜんしんの輝ける息吹:

« たこたこ、九州のド真ん中を横断す(その11:アコガレの高千穂峡①) | トップページ | とりあえずは試験も済んで・・・ホッ! »