他のアカウント

マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 都会に出でて、マセラティと邂逅す(その4:完結篇) | トップページ | シトロエンDS3 スポーツシックにキメよう! »

2014年10月25日 (土)

マセラティクアトロポルテⅣ最初期型のドアアルカンタラトリムを復元するの巻

 はい、こんばんは!本日もさわやかな秋晴れであった東京練馬では、朝からマセラティクアトロポルテエボルツィオーネV8コーンズセリエスペチアーレ(長っ!:笑)の1000Km点検のために練馬のUさんが御来店、即作業開始して午後には完成。続いてアルファロメオスパイダーのエンジンオイル交換他作業のために埼玉県富士見市のNさんも御来店、即作業開始して夕方には完成。

20141025012014102502 ・・・そんな、天気の良い土曜日に特有の「御来店、即ミッション開始→完遂納車」パターンで時間刻みに作業を進める中で、納車準備作業の方も進めるワケです。

 コチラは、納まりそうでなかなか納まらない(ホンにすみません。天才バカボンにおけるハジメちゃん誕生譚みたいです:笑)、「世田谷のS」さんが御待ちのマセラティクアトロポルテ最初期型のドアトリムに装着されるアルカンタラボードの再生作業、その”折り返し地点”までの作業要領です。

20141025032014102507_220141025052014102506 とにかく、20年あまりの歳月の経過により、激しく変形したり、クラックが入ったりしております。表皮のアルカンタラ自体は極めてしっかりとしているんですけどね。

 過去にも変形したままでムリヤリ一部を修繕して装着していた形跡もありますんで、せっかくお待たせしているんですから、この際徹底的に直そうとハラを決め、作業を開始いたしました。

 画像を拡大して御覧になると分かりやすいのですが、この反りや曲面は”狙い”ではありませんで、本来ならば真っ平らでなくてはイケない部材です。そもそも、アルカンタラ表皮にテンションを掛け過ぎて貼っているせいで、このように複雑な三次曲面のある形状に生まれ変わってしまっております。まずは、割れ欠けてる部材を大体くっつけておきますが、全部が変形しているんで辻褄を合わせるのは難儀です。

2014102504_22014102508_2 そんな工程を突破いたしましたら、ベースの樹脂板を直さねばなりません。

 驚異の企業秘密(大笑)による、変形状態からの復元作業を行います。

 画像を御覧になった通りの行程で、ソレは出来ます。勘のイイ方なら、ナニをやってるかお分かりになると思いますんで、多くは語りたくありません。いっけん簡単そうですが、炙り具合に絶妙のタイミングをハカる必要がありますんで、そこんとこヨロシク。

20141025092014102510 そうして、前後4枚のベース板が真っ平らに形状復元されました。

 ブログ用にとキレイに並べて写真を撮ったら、もうヒト手間掛かるコトが判明。

 う~、前に修理をしたヒトが、ベース板が変形したままでドアインナーノブの樹脂枠を付けようとしたら、如何にしてもハマらないんで、ベース板の方を削っちゃったんでしょう(泣)。こうなりますと、この部分もしっかり形状を復元する必要が出てまいります。で、御覧の様に完成。

 今晩は、アパートにアルカンタラ表皮を持ち帰っております。これから特殊な局部用汚れ落とし洗剤を表面に吹き付け浸み込ませた上で豪快に洗濯機へとブっ込みます(笑)。明日、天日で乾燥させたら、アイロン掛けして日曜日の夜を過ごそうと考えておりますヨ。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« 都会に出でて、マセラティと邂逅す(その4:完結篇) | トップページ | シトロエンDS3 スポーツシックにキメよう! »

コメント

とりあえず、直すのでなく、しっかり直す! 使えるところは補修して、お金をかけず、ゴミも出さない!見えなくなるところだけど手を抜かない! デポの神髄です。当然時間が掛かり、匍匐にはなってしまいますけど。それは仕方がないです。こうして納車されるのであれば、安心ですし、そこまでやっていただけると嬉しいですから。納車待ちのお客さん視点であるところが、デポならではと思いました。。。

Iです。
ここまで徹底して修復してもらえるとオーナーはもとより、クルマ自身も心底喜んでいるのではないでしょうか。などと考えちゃったりしますね。
故障しないことに越した事はないですが、故障した際に徹底して修復できるかどうかが、マセラティのような類のクルマを所有する方々にとっては非常に大切な重要なことですよね。
幸い我々には”マイクロ・デポ社”がひかえていますので、その点は心配ないですね!

Iさんいいですね。車が喜んでいるという表現!

最近、ワタシも仕事をしていて”ハラを括る”ことが多くなってきました。
一見、イヤなことでも腹を括って作業する。
すると先には結果か待っています。

この考え、マイクロ・デポ社から学んだことです。

皆さんお晩です!

いやぁ~~毎度毎度頭が下がる思いですが、だんだん慣れてきちゃって
多少の修理じゃ驚かなくなっている自分がいます。・・・・
って、自分が直すわけでもないのにね!笑
でもこちら購入サイドとして嬉しい限りです!!
明日の日曜日はゆっくりお休みくださいね!(たぶん休めますよね?)
そしてまた月曜日からは、行け行け匍匐前進!!だぁ~~~~!!
閑話休題(昔、こまわり君と言うマンガがあって、その中に「練馬変態クラブ」
と言うのがありましたが、まさかそれが・・・・笑・・・)

入庫即日納車ミッションの合間を縫ってのアルカンタラドアトリムの再生ミッション、お疲れ様です。
フツーのクルマ屋では真似出来ない門外不出の再生技法。もはやプロ意識を超えた信仰がなせる技。

いつもありがとうございます。こういう見えない部分をしっかりやってもらえるからDEPOの車は幸せなんですよね。大事にしなきゃって思います。

「が、がきデカ!」

ああ、がきデカに刺さってしまった。

がきデカは全巻持っています。
無論、こまわり君が大人になってからのものも。
あんまり面白くないけど。

は、八丈島のキョン…。

は、あふりか象が好きっっ!・・・。

慣れればおいしいくさやの干物!!

練馬名物股座納豆

八丈島のキョソキョソ・・・もといキョンキョン・・・もといキョン・・・。

大事なあれが出てないじゃないですか、、、「死刑!」。

あ〜
それはみんなわかっているから、あえて。。。

皆さんお晩です!

あれ~~~ちょっとのぞいたら
えらいことになってる~~~笑

僕は、「ヒューマンライフこまわり君 海岸通りの糖尿病」が好きです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 都会に出でて、マセラティと邂逅す(その4:完結篇) | トップページ | シトロエンDS3 スポーツシックにキメよう! »