マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 大いなる父の背中 | トップページ | マセラティクアトロポルテⅣ最初期型のドアアルカンタラトリムを復元するの巻 »

2014年10月24日 (金)

都会に出でて、マセラティと邂逅す(その4:完結篇)

 昨日までの秋梅雨状態から一転して、今日の東京練馬は天候も回復して過ごし易い陽気となりました。あー、こんばんは。本日もマセラティスパイダーザガートのトノカバー再加工調整作業や、マセラティクアトロポルテⅣ三台の各部分解やら補修やら組立やらに精を出す一日とはなりました。お互いに健康が何より、日々元気に働けて、二・三食は喰えて、雨風しのげる場所で寝られれば云うコトなしです。あっ、アルコールは少々要るな(笑)。  

 四回に亘ってお送りしてまいりました、先だっての日曜日に赤坂サカスに行ったネタも本日が完結篇となりました。完結と云えば、「夏休みのたこちゃんズ九州横断旅行ネタ」と「練馬のHさん、マセラティ100周年イタリア紀行ネタ」も半分くらいまで進んだところでトマっておりますが、どちらもクリスマスまで(笑)にはどーにかしますんで御容赦ください。なにしろ、ここのところ結構ハードな日々を送っておりますモンで大量写真ネタの仕込み時間がトレないんです。申しワケありません。

2014102301201410230220141023032014102304201410230520141023062014102307201410230820141023092014102310 ところで、赤坂サカスに入った時から、あのマセラティロゴ入りドームは何なんダロと思っておりましたが、クラシックマセラティギャラリーコーナーをじっくり観賞したあとにオモテに出ますと、足の長~いおねーさん方&おにーさん方がおいでおいでと手招きするようにドームの中へと誘います。

 中に入ると、遊園地の”ライドモノ”状のメカ仕込み椅子が並んでおりまして、せっかくだからと最前列中央のカブリつき席で観賞いたしました。ワタシの右隣には、平均年齢75才と思しきバ○ア様の二人連れ(笑)が着席。「えむ・えー・・・えす・いー・・・ああ、ませらていって云うクルマなんだ、ふ~ん。ドコの国?」なんて会話をしていてとってもお茶目だけど、ナニやってるところなのか分かってないヒトをも入れてくれるところが太っ腹でスゴイ!と思いました。

 一本目は、(ビトルボ系が一切出てこない・・・あ、3200GTだけ0.5秒ほど紹介されてたな:笑)マセラティ100年の歴史を超スピードで巡る映像。なかなか珍しい写真を次から次へとフラッシュバックする様に見せてくれました。デ・トマソ時代のモノもビトルボでなければ何気に一瞬登場してました。初代クアトロポルテのハナシ(世界の王室関係者や政府要人、はたまた著名芸能人・プロスポーツ選手・文化人が御愛用であったと云うもの)をしていたハズなのに、いつの間にかコックピットの写真にはクアトロポルテⅢが出てきたりするし、あまつさえキャラミすらも登場してますね。現在でもクアトロポルテと云う名のマセラティは主力車種の一台になっておりますんで、ここは意識的に初代から現行車までもヒト括りにしてとことん混乱させる作戦(笑)なのかも知れません。二本目はレーシング仕様のマセラティMC12が轟音をたてて爆走するシーンばかりが続く映像(椅子がガクガクと動いたり、アチコチから風が出てきたりするギミック付き)。あ、なんかファンジオとかモスが250Fで大活躍したハナシもやってた様な気がするんだけど、どっちのPVに入ってたのかな?忘れた(笑)。

201410231120141023122014102313201410231420141023152014102316 ドームから出てまいりますと、マセラティ現行車種の居並ぶ空間ですが、乗っていきなりエンジン掛けて、思いっきり空ぶかしこいてるシロートさん方の行状に、文句も云わずにディーラーマンの方々がひたすら引きつっているのを横目でチラっと見てしまったために同業者の情けで若干ココロがイタみ、遠巻きに眺めていたワタシは「ささ、どーぞどーぞ。お好きなようにお触りになって、中にお乗りください、ご自由に。」と何度も誘われたのですが、ニヤニヤと作り笑いを浮かべつつ「ありがとう」とダケ云い、ドアノブに手を掛けるコトもしませんでした。ただし、外側(特にフロア下:笑)の方は、そりゃもージックリと観察したり撮影したりいたしましたよ、向学のために。新型車に於けるワタシの興味は、”ドコをどうやって分解するか”といった作業工法の研究にしかありませんのでのぅ。さあさ、そろそろイベントも撤収モードの御時間とはなりました。せっかくの赤坂の夜を、イベント会場の対面にあるオシャレなテラス(イタ飯屋さん)で過ごそうと云うコトに。この日は午後から「今日の夕飯はイタリアンにしたいよなぁ、パスタ」と思っておりましたので初志貫徹でトマトソースのスパゲティ(貝柱とジャガイモが入ってる→旨し)をオーダーしました。ワタシの隣には、ちょっと気のハヤい屋外用ストーブが鎮座しており、もうアツいのなんの!ノンアルコールビールをゴクゴク飲みながら前菜だぁ~なんだを喰ってたら、メインのパスタを撮り忘れてた。日曜日の夜であるせいか、小さな子供を連れたファミリーやウルサイ若者はほとんど居ない寛げる空間でした。BGMにはモダンジャズが流れていたりしてね。となりに同系列店のシガーバーも在って、ソッチにも大いに興味を惹かれたのだけど、またの機会に再訪してみたいと思います。赤坂サカス、なんか全体的に落ち着いててヨカッタわぁ。「オトナぢゃ~ん」な感じです。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« 大いなる父の背中 | トップページ | マセラティクアトロポルテⅣ最初期型のドアアルカンタラトリムを復元するの巻 »

コメント

 ドーム内の映像の写真までしっかりと撮影したんですか(感心)。だからビトルボ、デ・トマソやら一切触れていないんですよ、100周年の年表も、映像も、この現象は日本発ではなく、イタリア本国から指令です(きっと)。本国イベントでも触れていませんでしたから。でもマセラティファンは、ビトルボから始まっている人が多いと思いますヨ。100周年だからこそ、すべてを振り返ればいいじゃないかと思いますが。。。。
 会場正面のイタリアンのオープンテラスで夕食だったんですね、たこ嫁さんもそりゃ喜ぶでしょう!ディスプレイされたマセラティ達を眺めながらイタリアンが頂ければ、なおさらヨカッタのでしょう!そしてお帰りもたこちゃん渾身のスパイダーザガートをオープンにして、帰宅すれば!なおより一層、素敵な大人の夜!でしたネ!

皆さんお晩です!!

私も手足の長~~い、おね~~さん達に手招きされ
ふらふらとドームに入ったら、お客さんが3人しかいませでした!笑
まぁ~平日の午後2時ですからね・・・
赤坂サカスを満喫されたようで、よござんした!
たまにはね、夫婦でデート気分もいいもんでしょ?
あっ、お二人はいつも仲いいですもんね!失礼しました!

Iです。
テツヲタ様、慎んでご冥福をお祈り申し上げます。

たこちゃん様、その”熱風びーむ”ですが、私も数年前に恵比寿ガーデンプレイスのイタリアンの店先で攻撃を受けた過去があります。
でも、東京はこの熱風びーむで暖が取れるのですね。北海道では、もうそろそろ雪が降りそうですよ。天気予報にも最近、雪だるまマークが散見されますよ。
クアトロポルテの冬眠も近しです。

営業上、思い出されると困るモノ、事があり、それがマセラティの場合はデトマソ期なのでしょうか、しかし最近ネオクラシックとして人気が出ている気配が海外ではあるようです。

えー、バア様二人連れ(○は略)があのギミック椅子に着席されたんですか。
オトナぢゃ~ん(←使い方間違っている:笑)。

マセラティ100周年の歴史展は楽しげですね。
クアトロポルテが初代から現行型まで一括りの意図的攪乱作戦が大成功。
ビトルボ系の存在が薄いのもまた意図的攪乱作戦。実は深夜の部で密かにビトルボ展の儀式が一部の信者のみで厳かに行われていたりして…。
充実した、お洒落で優雅な日曜日を過ごされたようでなによりです。

…昨晩は福島に宿泊し土曜日も福島で仕事です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/57765008

この記事へのトラックバック一覧です: 都会に出でて、マセラティと邂逅す(その4:完結篇):

« 大いなる父の背中 | トップページ | マセラティクアトロポルテⅣ最初期型のドアアルカンタラトリムを復元するの巻 »