マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 磨いて磨いて磨きまくってもらった一日 | トップページ | 先月と今月の御言葉(笑) »

2014年10月15日 (水)

代官山モーニングクルーズ

 はい、こんばんは!本日の東京練馬も朝からシトシトと小雨降る天候でしたが、日がな巣籠もりモードでマセラティスパイダーザガートを組み立てたり、”ルーちゃん2号(コレがまた、意外にも結構可愛いheart)”の目ん玉を左腕で傘さしながら磨いたりしてました。

20141019012014101902 ・・・まぁ、いつものコトではありますが、「豊島区のM」さんと云う方は、イベントに出掛けては写真撮って、こうしてワタシのところへわざわざ添付ファイルにして送ってくれるワケです。

 常々ネタ切れの危機(笑)に瀕しているワタシにとってはまさに救世主!本当に有難うゴザイマス。このマセラティシャマルは「練馬のH」さんが先日の代官山モーニングクルーズに出席(笑)されたところを「豊島区のM」さんが撮影したモノです。それまで見ず知らずの御二方が現地にて軽く会話をなさった様子をそれぞれより伺いまして、当ブログが取り結んだのであろう御縁の不思議さを感じます。コレは本当に有難いコトです。まさにマセラティの取りもつ縁ですね。このマセラティシャマルは明日10月16日(木)から19日(日)まで赤坂サカスに展示されているので、御興味のある方は赤坂のTBSまでいらしては如何?「練馬のH」さんのマセラティシャマルは”クラシックカー枠”の一台となってるみたいですが(笑)。

2014101903201410190420141019052014101906 ・・・かく云う自他ともに”チキン野郎”を認ずるワタシは、休日の車関係のイベントに参加する元気などは到底ございません。

 代官山かぁ・・・”たこヨメ”に聞いてみたら、カレコレ19年ほど近寄ってないらしいです(笑泣)。その時はマセラティスパイダーザガートに乗って、かつて同地に建っていて今は跡カタも無くなっている旧き良き同潤会アパートの姿をわざわざ見に行ったものと記憶しております。路肩にグリジオシルバーに塗られたマセラティギブリカップがたまたま停まっていて、「・・・なんか地味」と思ったのも記憶の底から想い出されました。ああ、クロワッサンのサンドウィッチを(ヒルサイドパントリーで)買ってその場で喰ったんだよなぁ・・・ヒルサイドテラスの駐車料金を安く済ませるために(ドコまでもセコい:泣笑)。想い出バナシに花を咲かせているウチに、マセラティMC12ストラダーレ(○ーンズ殿が納めたディーラー車!)とOSCA(S187?←間違ってたらスミマセン)の前を思わず通り過ぎてしまいました。OSCAの時計の様に精密なエンジンは素晴らしいですね。ワタシもこうした”お集り”に乗って行っても恥ずかしくないよなマシンを、我が物として一度は所有してみたいモノです。そんな夢に向ってこれからも前進あるのみダナ。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« 磨いて磨いて磨きまくってもらった一日 | トップページ | 先月と今月の御言葉(笑) »

コメント

Iです。
赤坂サカスは一度は行ってみたいところです。

ところで、たこちゃん様、サンバイザーが根元から外れた場合、単純にグリグリと押し込んで外れないようになればいいんですよね?

OSCAは素晴らしいですね!

行って実物を拝見したかったです。

このエンジンルームの佇まいは

ビトルボにも通じるセンスを感じます。

皆さんお晩です!!

明日丁度TBSでお仕事があるので、ちゃっかり?見てこようと思います!!
練馬のH様のシャマルは、本当に大活躍ですね!!
イベント出店の際だけでも「マイクロ・デポ」シールを大判にするのは
どうでしょうか??えっ、そんなことをするのは、社長の美学に反する?ですか?笑
う~~ん、まぁ~分かる人にはわかるからいいかぁ~~笑
では明日行ってきます!!

↑「I」さん、「まこちん」さん、「調布のU」さん、コメントを有難うございます!「I」さんのサンバイザーはチンクの方?クアトロポルテの方?とりあえずは突っ込むので正解ですが、内部で”C型(軸用)止め輪”がスッ飛んでる可能性があります。いっそ修理に挑戦してみる?OSCAはやはり独特の存在感がありますね、維持はたいへんそうだけどなぁ。ワタシも今度の日曜日には渋谷の東急ハンズに部材の買い出しに行こうと画策しておりますゆえ、ちょっと赤坂サカスにも顔を出してみようかな・・・。

もう田舎モンの人間としては、”代官山”と聞いただけでオシャレに感じます。

シャマル2台にMC12ストラダーレにOSCA、その他貴重なクルマも参加されているのでしょうね。
ああ現物を生で見てみたい。

↑「Wさま」さんも、本当に有難うございます!実はOSCAの隣にはロッソのマセラティメラクが居るのですが、画像に人影が多過ぎてブログに相応しい画像処理が出来なかったんです。スミマセン!

Iです。
たこちゃん様、え~カミサンに破壊されたクアトロポルテの方です。

実は既に、グリグリして押し込んで修理したつもりになってます。ミラーの照明の配線が気になったりしましたが、とりあえずサンバイザーとして機能しなくても落っこちてこない方が重要だなとの考えの下、修理を実行しました。

↑あぅ~、内部で軸の樹脂部分がオレちゃってるのかなぁ(泣)。

超絶シャマルですらクラシックカー枠なのですね。
ハコのセダンでありながらクサビ型のスーパーカーを体現する奇跡のデザイン・・・
いつまでも色褪せぬスタイリッシュなフォルムが今の時代にこそ輝きを放っております。
発表当初から未来的デザインが、20年経過しても未だ未来的なのはランチア・ストラトスにも通じるものが。天才ガンディーニの面目躍如。。。
・・・では、ワタクシの初期ビトルボはヒストリックカー枠なのでしょうか。
それは有り得なく、悲しい事にビトルボのヒストリーは消されつつあります。

MC12ストラダーレにOSCAなのですか。この事象の事変は異次元の事件なのでしょうか。

赤坂サカスのイベント、明日はオープニングセレモニーだけで
一般公開は明後日からですって、残念!
土曜日に行けるかもです!

 たこちゃん、「豊島区のM」さま、ありがとうございます。
当日の目玉は、やはりMC12とOSCA(S-187 750(1956年)←たこちゃん正解! 昨年名古屋であったOSCA展に展示されていました!)、後は、おなじみのセブリング、ギブリI、ギブリスパイダー。それから初めて見たロッソメラクでしたね。他は、ネロ、ジアッロのギブリカップも参加されていました。最後の方にロッソの最終型スパイダーザガート(222SRと同じプロジェクターランプ)が来ていました。
 やはりMC12の存在感は凄かった! 当然買えないけど、オーナーさんは、滅多に乗る機会がないでしょう。シャマルは2台で、お隣の方のシャマルの外装は全塗装されているのですが、オリジナルのやや橙色の入った色と違うんですヨ(ちゃんと本国にオリジナルの色を指定しているけど)。2台を比較すると、バンパーやらのチリがビミョーに違ったりしているんです、そういうのを見るのも楽しい。
 たこちゃんも19年前にスパイダーザガートで代官山なんてオシャレーですー! 

 さて本日小雨の中、うちのシャマルは車載車(剥き出しじゃなくて屋根付きでした、ヨカッタ)に乗せられて、ドナドナじゃないけど、赤坂へ運ばれて行ってしまいました。私も土曜か日曜に、見に行きます。。。

たこちゃんさま、「練馬のH」さま、ありがとうございました。
隣同士に並んだ2台のシャマル、とても興味深かったです。色もそうですが、本当に細部まで仕上げないとこの輝きは出ないのだな、と確認できました。
また、「非デポ」のシャマルのヘッドライトは新車時からのものと思われる黄ばんだCarello、「Hさま」のはたこちゃんさまが買い占められたとお聞きしたキラキラの汎用H4が装着されていたのも印象的でした。

たこちゃん様 小ネタで大変アレですが、渋谷に行かれるならNHKのスタジオパークに寄り道されてはいかがでしょうか?この前の日曜日に所用のついでにふらっと入ったらちょうどマッサン展やってて、前田吟さんが着てた法被をはおって写真撮ったりして楽しめました。

↑皆さん、いつも有難うございます!マセラティの外装色目のハナシなんですが、大概同じ純正カラーコードで引くと、4~6色ものグラデーション的色調違いが出てきてしまうので、塗装屋さん泣かせなトコロもマセラティのトホホな点です。ブルースペチアーレなんか同じコードで8色出てきて、ソレが全部現車と合わなかったなんて凄まじいコトすらありました。と云うワケで、上のシャマルはどっちも正解だと思ってください。ワタシ、まったく同じ色調のロッソマセラティも見たコトありませんので。ソフトグレーメタ、ダークアクアマリン、ブルーシルバーマセラティ、ダージリンブラックメタ、ビアンコバードケージ・・・ドレもコレも毎度調色に難儀する色目ですね。
 ・・・ところで「大田区のM」さん、情報提供アリガトさんです。スタジオパークもイッてみよー!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/57686408

この記事へのトラックバック一覧です: 代官山モーニングクルーズ:

« 磨いて磨いて磨きまくってもらった一日 | トップページ | 先月と今月の御言葉(笑) »