マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 三里塚あたりのハナシ(その2) | トップページ | ガーデニング部?活動報告 »

2014年11月19日 (水)

秋の装い、紺メタのマセラティ二題(っつーか、2台:笑)

 はい、こんばんは!あ-、昨日のコメント欄を見てたら、「調布のU」さんは”親不知”がイタそうですね(いたみいりやす:泣笑)。ワタシも今朝早く歯医者さんに行きまして、奥歯の部分入れ歯×3の裏側に肉盛り加工を施してもらい、ホント久しぶりに一応すべての奥歯がある状態で昼食を採りましたが、「ああ、この感触だヨ・・・」と云った感じで、ごくフツーの事が斯くも有難く感じられるものかとつくづく感じ入りました。皆さんも、お体大切に!あ、そうそう、この金曜日には「練馬のH」さんと「Sm」さんは、うまく合流出来るのでせうか・・・当晩はウマいもん喰って楽しんでくださいナ。

2014111901_22014111902_22014111903_22014111904_220141119052014111906 さあさ、御用と御急ぎでない方は御立ち合い、御立ち合いぃ~。

 マセラティクアトロポルテⅣV6エボルツィオーネ(コーンズセリエスペチアーレⅠ)、その全貌を大安吉日の本日、ついに御覧に入れるコトとなりました。

 ワンオーナーの完全禁煙車で5.9万キロを経てはおりますが、御覧の様に入魂の逸品となっております。

 外装は、この時期のモデルにはちょっと珍しいブルーセブリング(ブルーセラ近似色です)で、内装はアヴォリオと云うオモテとナカとのコントラストを御堪能頂ける仕立てになっております。

 エボ系クアトロポルテⅣは、いつも申し上げておりますように、登場時のゲバ評とはウラハラで意外にも繊細なマシンとなっておりますが、そこにマセラティ専門店であるマイクロ・デポならではの独自の”匍匐ノウハウ(笑泣)”を傾注させて頂くコトにより、フランクに付き合える貴方の良き伴侶に躾けアゲてお納めする事が可能です。13年経過したアヴォリオ内装を、「あ~」とか「う~」とか日々ウナりながらも、ここまでのレベルにもって来れた事を密かに誇りに思っております。すべてはまだ見ぬ次のオーナー様のために・・・。

2014111907201411190820141119092014111910 続いて御案内いたしますのはマセラティギブリⅡ前期型であります。

 只今の目で見ますと、却って前期型のギブリⅡは「チョ~カッチョいい」です。

 1994年登録でツーオーナーの4速オートマ車。頂いた情報に拠れば、初代オーナー様は中国地方のドクター氏との事。2代目オーナー様は10年屋根付きガレージに温存所有していて雨天未使用、そして初代の方の時代からから完全禁煙車となっております。そして、このギブリⅡの素晴らしいところは、当店ではありませんが、クラブ関係者の方々がヴィンテージ期のマセラティなどを整備に出されている事で知られている工場で逐一メンテナンスレコードを付けてきている事です。ただ持っていたダケのモノでは無いところがステキです。走行距離は5.1万キロを経ていますが、このブルーセラ/黒革のギブリⅡはチマタの自称3万キロ車を遥かに凌駕する逸品です。マイクロ・デポのなら、前期型でも安心してお楽しみ頂ける様に造り上げてお納めするので安心です。

 と云うワケで・・・さぁ!明日はマイクロ・デポに”即電話”だぁ(久しぶりに、ちょっと商売:笑)!!

 それじゃー、また明日。 今日もジンギスカン喰って寝よ(明日はいつもよりハヤいんです)。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« 三里塚あたりのハナシ(その2) | トップページ | ガーデニング部?活動報告 »

コメント

皆さんお晩です!!

社長にご心配いただいた(え~~??大して心配してないって?)
親不知は、抗生剤と鎮痛剤で、痛みは収束に向かいつつあります。
(この年で親不知って、たいていは知らんわい!!と1人突っ込み!笑)

さてさてお立会い、い~~っすね!この2台!!
デポさんにかかれば、更によくなると事請け合いですがなぁ~~
ほれ、そこのあなた、今すぐお電話を・・・・すると夜なのでかかりませんが笑
あすには・・・ご予約を!!

↑「調布のU」さん、いつも有難うございます!ワタシの場合には、30才前後の頃に「すべてがヒドい虫歯の状態で」親不知が全部出てきました。それはそれはイタくて思い出したく無いくらい(泣笑)。もちろんすべて根こそぎ抜歯されましたが、今となってはソレすらも愛おしいくらいに奥歯がオレちゃって無いんです(泣)。ソレでも、只今ジンギスカンを完食いたしましたが、久しぶりに両方の奥歯で咀嚼する感触を得まして、有難いなァとシミジミしております。

はじめまして こんばんは ギブリ良いな~  明日 観に行こうかな かっこいいー

↑「稲敷のK」さん、見に来て、見に来てぇ~(願笑)!!

観に行きます 朝TELします よろしくお願いします!

紺メタのマセラティ二題、どちらも魅力的です。
確かにブルーセブリングは珍しいかも。
最初上記写真を見たとき、ブルーセラかなと思いました。

そしてギブリⅡ、却って星型ホイールが新鮮に映ります。
稲敷のKさま、まさにはやく来い来いお正月の気分ですな。

マセラティクアトロポルテⅣ V6エヴォルツィオーネコーンズセリエスペチアーレの外装色ブルーセブリングと内装色アヴォリオのコントラストが超絶カッコ良ス。
原理主義者ならば一字も略してはならぬ。
興味を持たれた皆様、今すぐマイクロデポにアポを入れないと、この超絶「マセラティ寿限無」は誰かに買われちゃいますぜ!
しまった!早くも略してしまいました。

ワタクシ自身、マセラティに興味を持った当初、紺色のギブリⅡ、クラトロポルテⅣに憧れたものです。
双方ともに素晴らしい。
買い、ですね!

↑おおっ、クラトロポルテⅣってコンセプトカーか?
いやいや、ワタシがよくやらかす誤字です。
シルバートライデント仮面は自爆しました。

近頃 La guide de la Biturbo Maserati という一冊を入手しました、ビトルボ洋書の決定版的内容です。その中に色見本がありましたが、めちゃくちゃ多い、まぁ長く造られたシリーズなのでそうなるのか。
ブルーセラ、ブルーセブリング、どんな感じなのか比べてみたいです。

如何なる老眼かはたまた頭ばかりか目までおかしくなっているのか、スマートホンの画面でお題の「紺メタ」が「銀メタ」に見えてしまい、おうシルバーが二台とは珍しいお友達お友達と思いながら読み進めると紺色のが出てきて、本題の前ふりに紺とは念がいっているのう、と読み進め、二代目ならぬ二台めが出てきたところでそれらが前ふりならぬ本題であることにようよう気づいた次第。

紺色いいと思います。でもやっぱり銀が好き。

あー忙しくて、コメントが!私のグランスポーツも紺です。マセラティは、青、紺という色が似合います。

俺は今はデポの車が高いなんて言ってないってsign03
そりゃ、「デポは高いけど…」って書き始めたのは俺だけど、そのころは確かに高かったんだ。
デポで買ってもすぐボロボロ壊れるしさ。
222やギブリなんかさ…
アルファも壊れたよ。
でも福岡のディーラーに出したら絶好チョーになった。
まあそんなことはどーでもいいけど、昔は高いよって思っちゃたんだ。
今よりはるかにお金なかったから。
でも、いろいろ知ると他の店はどうしても信用できなかったんだ。

今は他より高いと思ってないし、そんなこと最近言ってないよ。
でもたこの奴は、じゃあ調べてやるなんてスゲー意地悪なこと言うんだぜ。
お客様とけんかしないんじゃなかったのかsign02

それはともあれ、この2台はいい。
ギブリⅡなんか思わず欲しくなってしまう。
俺の乗ってたギブリは、実に実に実にスィートだった。
ベージュの内装が汚れていくのは悲しかったけど。

足にギブリⅡを使うとしたらアルファはどうなるsign02
それより、次の足はアストンじゃなかったのかsign01りゅたろうsign03
ヴィラージュを足にしたら、必ず月に何度か止まりそうだが…
スリーホイラーもG4も捨てがたい。
XKRなら止まらず仕事に間に合うか。
ああ、いっそ全部買いたい。
あのバカベンツさえなければ、妻の車にクアトロかギブリを買うんだが。
パンテラがこのクアトロの色だったらなぁ。
塗りなおすといくらかかるとたこポンに聞いたら、200万だと言いやがった。
50万じゃできないのかsign02
まあ出来んだろうな。
541はなかなか出てこないし。
XK-150に行こうか。
とても美しいタルボが売ってるけど、予算を1500以上オーバーしてるし。
非常に非現実的です。
いっそフェラーリに行ったら?とたこは言うが、奴の言うフェラーリって308以降の8気筒。
どうして12を夢見ちゃいかんのだsign02
本当に欲しいのは、デイトナ以前のフェラーリ。
天上界に行ってしまわれました。
テスタロッサは、きっと俺はその名前だけで欲しいんだろうな。
512TRには全く興味ないもん。
あの車が他の名前だったら、きっと欲しいと思わないんだよ、きっと。
365BBなら不足分をローンにするとギリギリ買えるかも。
えっ、そうか、買えるかな?たこ、どう思う?
でも、そりゃBBは確かに美しい車だと思うけど、俺自身の思い入れってもんがちょっと足りない気が…
いや、でも十分に美しいし、いいかもしれない。

真面目に仕事してるが、真面目にしてる限りウハウハ儲かるなんてことありえない。
俺も言いたいよ、「不器用ですから」

いや、その後、365BBも十分に非現実的なものだったということがわかりました。
みんな、どうしてそんなに払えるの??

・・・俺も言いたいよ、「不器用ですから」→ビミョーに時事ネタ、”健さん”よ永遠に。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/58034083

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の装い、紺メタのマセラティ二題(っつーか、2台:笑):

« 三里塚あたりのハナシ(その2) | トップページ | ガーデニング部?活動報告 »