マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« シトロエンDS3スポーツシック(6MT)の下回りを見る | トップページ | マセラティ100周年!「練馬のH」さんの現地紀行写真シリーズ(その4:トリノにて①) »

2014年11月13日 (木)

北の大酒豪様とデンキブランを・・・

 はい、こんばんは!今日の東京練馬は久しぶりに気持ちの良い秋晴れとなりましたね。早朝には一面に今季初の朝もやが掛かって、なんだか幻想的(デビッド・ハミルトンの世界とも云う→エマニエルでとれびあ~ん:笑)なデポ界隈ではありましたヨ。

201411130120141113022014111303201411130420141113052014111306 思えば、仕事がハネたあとの平日の夜に、繁華街に向ってわざわざ電車にまで乗って(呑みに)行くと云うのはホントに久しぶりです。

 目指したのは”浅草”なんてシブ~い街なんですが、電車で練馬のはずれから行こうといたしますと、コレがもー遠いんですよ。まずは土支田から成増まで路線バスで行き、バスを飛び降りるとテケテケ小走りに走って地下鉄へと潜り込みました。

 地下鉄成増駅からは副都心線で池袋に出て、そこからは丸ノ内線で銀座まで。続いてはメッタに乗るコトのない銀座線で浅草へ。なんだか古めかしい電車が入線してきたなぁ~と思って乗り込んだら、ワザとレトロっぽく設えた”新車”でした。コレまた失礼いたしましたぁ。

 浅草駅に着いたら、3番出口から地上にアガり、徒歩1分って書いてあったケド、約束の時間まではあと7分ほど・・・ギリギリでセ~フ!やっぱ土支田からはドア・トゥー・ドアでほとんど1時間半キッチリ掛かりました。電車で行くのは遠いよな、下町方面。

20141113072014111308 地下鉄の階段を転げ落ちる様に(笑)ノボりまして、地上に出たところで、クルっとうしろを振り返りましたら、その聖地は聳え立っておりました(アーケードの屋根が邪魔して往年の佇まいではありませんでしたが)ヨ。ココこそが、知っているヒトは知っている、知らないヒトにはなーんじゃソレな「神谷バー」であります。日本最古のバーだけあって、住所がまず、スゴイ。”浅草一丁目一番一号”とメイン看板にもあります。コレは心して掛からねば。「あれぇ~まだみえてないのかなぁ?ちょっと二階見てきてちょ」・・・そしてワタシはお上りさんよろしく東京スカイツリーやアサヒビール本社の夜景をパチリ・パチリと。お店の方を振りかえると、ソコには見知ったお顔が満面の笑みで立っておられました。このブログの常勤コメンテーター、「今日も飲んでます!」のフレーズで、いまやビール党としてスッカリお馴染の「I」さんと、その部下の方の御両名(お二人の身長を足すと3メーター75くらいはありそう:笑)が札幌から空路にて”コッチ方面”に御出張でいらっしゃり浅草に宿をとられたとのコトでしたので、「ホンぢゃ、浅草でお会いし(呑み)ましょう」と云うのが実現した次第。・・・まずは、目の前にあるアサヒビール本社に敬意を表し、生ジョッキを片手に再開を祝しての乾杯です。

2014111309201411131020141113112014111312 そして、本日の御目当ては、この「デンキブラン」です。男衆三人組は「電氣ブラン<オールド>」と云う最強バージョンで注文。”たこヨメ”はデンキブランサワーでライトにキメました。

 件のデンキブラン(ウィキ)なんですが、詳細はリンク先を御覧になって頂くとして、そのお味のインプレ・・・「ブランデーが甘くて、ソレに謎の何かが入ってて、若干のミントフレーバーを感じる」ようなモノでした。食前酒キールの代わりに良いかもしれませんし、ナイトキャップにもよろしかろうと思いました。今日になったら、また呑みたいモンな(昨日は帰りの丸ノ内線内ではアタマもカラダもグワングワンしてましたケドね:笑泣)。飲み口は柔らかいケド、結構ツヨ~いお酒ではありました。ハナシがハズむうちに酒量も増えてまいります。しまいには、電氣ブラン<オールド>(40度!)のチェイサーが生ビールになってしまうと云う有り様となりましたが、ソレでも顔色ひとつ変えずに次々とジョッキをカラにする”超ツヨい”北からの来訪者両名にはスッカリ押されっぱなしでしたヨ。

20141113132014111314 そんな日本初のカクテルであるデンキブラン(関連新聞記事)を供する「神谷バー(ウィキ)」の2階レストランは超レトロな雰囲気の洋食屋さんといった感じのところ。ウエイトレスさん方はメイド喫茶のコスプレ(笑)かと思うよな恰好をしております。あっと云う間にそのメイドさんがやってきて、「そろそろラストオーダーとなりますが・・・」「んじゃ、生ジョッキをもう一杯」と返す「I」さんを見て「コレはモノホンだ(何の?:笑)!」と感嘆いたしました。怒涛の90分が瞬く間に過ぎて店のソトに出ますと夜風が心地よいです。再開を約して握手をし、交差点を渡り小さくなっていく(ホントはデカイ←「サッポロ・ザ・ジャイアンツ」と昨日命名いたしました:笑)御両名を見届けましたが・・・やっぱ、そのあとの御二人はさらに飲み直したんだろうかな(笑)。そのうち札幌にも行くコトがありましょう。またその時はヨロシク(「I」さん、とっても美味しい御土産も本当に有難うございました)!あ~、飲んだ、しゃべった、喰った!!

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« シトロエンDS3スポーツシック(6MT)の下回りを見る | トップページ | マセラティ100周年!「練馬のH」さんの現地紀行写真シリーズ(その4:トリノにて①) »

コメント

電氣ブラン、氣志團、電気グループ・・・ピエール瀧のしょんないTVは仙台の深夜で密かに放映されております。
ローカルな静岡ネタ満載番組が仙台で放映されているのがちょっと嬉しい。
tvk sakusakuも仙台で放映してもらえませんか・・・。
綾小路きみまろセロニアスモンク翔は今何処・・・。
札幌のIさまが来訪されたのですね。
ノスタルジックな昭和テイスト満載の浅草での邂逅はさぞかし優雅な時間を過ごせた事でしょう。

Iです。
たこちゃんの予想どおり昨日は、ホテルの近くで二次会しました。
本日も、業務終了後スカイツリーの世界のビール博物館でビールを堪能しました。満足しました。

・・・うぅ~、夕方の離陸前には新千歳空港で生サッポロクラシック→神谷バーで40度の電気ブランとチェイサー生アサヒを少なくとも1.5リッター→ホテル近所で二次会・・・サスガはビール大魔王様デス(笑)。今晩の世界のビール博物館でもさぞや・・・このあともお気をつけて!

神谷バーは昼間に行くと、

下町のカッコイイおじいさんが飲んでるです。

これがうらやましい~

夜もいいけど昼もいいですよ!

・・・そんなジーちゃんにアタシもなりたいわぁ。

しかしIさまの飲みっぷりは豪快ですね。
どうぞ仕事とプライベートを両立して東京出張を堪能してください。

神谷バーは同席した初対面の人とも旧知の仲のように挨拶を交わして雑談すると言う風習がありまして、楽しいですね。以前前の席に座った老夫婦と仲良くなって、その前に親しげに話をされていた方と古いお友達ですか、と聞いたら初対面ですと言われて驚いたことがあります。

皆さんおはようございます!!

昨夜は10時半には爆睡してましたんで・・笑
後出しコメント失礼します!

浅草は子供のころ、父親によく連れて行かれました。
花やしき、浅草ロック、尾張屋の蕎麦に天丼、・・・・あっ、梅園のあんみつ!
時々無性に行きたくなるところですよね~~~
私のところからも、1時間半決定コースなので、ついつい足が遠のいて
しまいまいした。
I様との再会、楽しそうですね・・・それにしてもお酒がお強い!!
下戸の私には、想像できない世界です!笑

久しく浅草近辺では飲んでおりませんが、ところの飲ん兵衛よろしくデンキブランを黒ビールをチェイサーに飲んでました。
そうそう成増からは遠いんですよね~。成増在ゆえわかります!足が遠のく原因です。

西に大文豪おわせませば、北に大酒豪しろしめす、すべて世はこともなし、というところでしょうか。

浅草の神谷バーで、デンキブランとビールで仕事の疲れを癒すとは、羨ましい!今年は、N○Kの朝の連ドラといい、Iさまのビール検定合格といい、山崎が賞を取ったといい、アルコールに関する事柄が多いですネ。

古今亭志ん生師匠が若いころに電気ブランをよく飲んでいたそうですが、今の電気ブランとは違い、とてつもなく強い酒だったようです。
「ベロがつっぱらかっちゃう」らしいです。(確か自伝にそう書いてあったと記憶)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/57975598

この記事へのトラックバック一覧です: 北の大酒豪様とデンキブランを・・・:

« シトロエンDS3スポーツシック(6MT)の下回りを見る | トップページ | マセラティ100周年!「練馬のH」さんの現地紀行写真シリーズ(その4:トリノにて①) »