マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 三里塚あたりのハナシ(その1) | トップページ | 秋の装い、紺メタのマセラティ二題(っつーか、2台:笑) »

2014年11月18日 (火)

三里塚あたりのハナシ(その2)

 はい、こんばんは!今日の東京練馬は北風がツヨかったですねぇ。吹き荒ぶ風の中でホイールを洗ったり、下回りを仕上げたりして一日がアッと云う間に過ぎました。アッと云う間と云えば、本年も残すところ実質40日ほどとなってまいりましたね。ツイこの間に「♪はぁ~やぁーくぅう、こ~いーこ~い、おしょーがつぅ~」と歌ってたかと思ってたら、もうホントに来ちゃうヨ(泣笑)。ウチの付き合ってるメイン金融機関の支店長と担当者は、先週にはカレンダー携えて「年末の御挨拶でゴザイマス」とくるし、本日はついに「お歳暮(Sさん、いつも有難うございます!)」までが届いてしまいました。斯く云うワタシも10月終わりの発売日には、お年玉付き年賀ハガキをとっとと買ってしまいましたので、どうやらヒトの事ばかりは云えないかな(笑)。

2014111723201411172420141117252014111726 (昨日の続きです)昨日御案内した三里塚記念公園内にある和洋折衷様式・藁葺き屋根の建物”貴賓館”でありますが、その周囲は御覧の様に緑豊かな庭園となっております。「♪このぉーきなんのき、きになるき(になるきぃ~:コーラス輪唱部分デス:笑)」のコマーシャルに出てくる樹の様に、超立派な枝ぶりが見事です。この日も庭を整備している係のおぢさんが、懸命に落葉を掻き集めているのがとても印象的でした。

 ところで、そんな”貴賓館”の裏手に回りますと、懐かしい設えの和風な扉が気になりました。扉の向こうにはこんもりと盛り上がった台地が見えますが、コレはもしかして・・・

2014111727201411172820141117292014111730 ・・・ああ、やっぱり。期待通りに防空壕でした。防空壕の入口と出口にはこうした小屋があり、通常は扉には施錠してある様です。ワタシたちの行状は逐一監視カメラで追跡されていたらしく、小屋に近づくとすぐさま資料館の係のおぢさんがコチラに飛んで来まして施錠を解いてくれました。

 で、「出口は反対側なんで。今度はアッチを開けておきますから・・・」と云い残すやいなや、小屋に入った”たこちゃんズ”は只今入った入口を施錠され、後退は許されない状況となりました。さあさ、いざ行かん・・・このあと動画を撮ってるのですが、コンクリート打ちっぱなしの壁が続くばかりで、実のところはあんまり面白いモンではありませんでした。内部には幾部屋かが在るのですが、部屋と部屋の間にある鉄の扉は銀行の金庫扉を薄くした様なモノで、その錆くれ加減が歴史の重さを感じさせてはくれました。

201411173120141117322014111733201411173420141117352014111736 さあ、正門から素敵なマロニエ並木の間をまっすぐに歩いて行った、そのドン突きに在ります”三里塚御料牧場記念館”に近づいてみましょう。

 記念館の手前、立派に屹立するこの像はどなた様でしょう・・・新山荘輔場長とあります。はて?新山荘輔さんとは如何なる方であらせられるのか。

 ウィキを見てみたら、結構スゴイ方らしいです。大正13年にはすでに銅像となってたらしいですから(初代は戦時中の供出により、台座を残して消失。只今のモノは平成16年に再建されたとの事)。

 この公園施設の白眉たる存在の三里塚御料牧場記念館でしたが、なんと禁断の”館内撮影禁止攻撃(泣)”により、当ブログにも画像を掲載出来まっしぇん!!玄関を入って目の前には、御料牧場だけあって、菊の紋章入りの馬車が宮内庁から貸し出された状態で展示してあり、他の展示物にも見るべきモノが多くありましたが・・・まっ、そのうちイッてみてくださいな。三里塚記念公園、春は記念館周囲に植えられた桜で彩られ、また枯れ葉の秋とは違った風情になりそうな場所でしたので、そんな時期にも再訪しようと思っております。たまたま立ち寄れてスゴク得した気分になりました。

2014111737201411173820141117392014111740 ・・・ささ、いまや成田と云えば空港、空港の近所にゃヒコーキがいーっぱい飛んでる。

 ここ、”さくらの山”と云う場所は、成田空港の滑走路を眼前に見るコトが出来るスポット。数年前に完成してから、飛行機マニアや観光客で休日は賑わっております。道の駅にもなってる様子。

 この日曜日には、山の上に居るコチラに向って「滑走→離陸→上昇」する一連のプロセスを見るコトが出来ました。ソレにしても驚くのが、その離陸スパンです。「あっ、飛んだぁ!うぅ~撮り損なったぁ~」と云った場合でも、大丈夫。90秒後には次が飛びあがってまいります。コレじゃ、管制官さん方は息つくヒマもありませんね(いつも御苦労さまです)。

201411174120141117422014111743201411174420141117452014111746

 も一つ、ほぼ同様のコンセプト且つ名前までなぜか似ている”三里塚さくらの丘”と云うのが新しく出来てました。コチラは名前の通りに三里塚に近いあたりから、目の前にこれから離陸する(若しくは只今着陸してきた)航空機を間近に拝むコトが出来るスポットです。

 この日は、ターミナルから出発し離陸態勢に向けて、延々とのろのろタキシングしてきた飛行機が等間隔にあひるの行列みたいに行儀よく並んでいました。前の機が飛び立つと、「次はオレの番だ!」とばかりに180度向きを替え、いよいよ”直線番長モード(笑)”に突入いたします。俄かに高まるジェットエンジンの咆哮!ココで聞いていると、銘柄によってジェットエンジン音も色々と違うモノであるコトが分かります。エンジン音がイイ感じの最高潮に達したところでブレーキをリリース、滑る様に加速してまいります。「あ~、やっぱいいなぁ、ヒコーキ(陶然)」

20141117472014111748 そして、空港周辺の飛行機関連観光スポットとしては定番の航空科学博物館と地続きの場所にいつの間にか出来ていた「成田空港 空と大地の歴史館」と云う施設の存在を知りましたので、入場してみました。コチラも残念ながら、「撮影NG」攻撃を繰り出していました(歴史館を出る時知った・・・だからホントは画像あるのことヨ)ので、掲載は出来ないのが残念です。昨日のコメント欄で言及のあった”三里塚を中心とした成田空港建設反対運動”の歴史観を、立場の異なる様々な方角から総括する様な内容の施設でした。コレは当時の騒乱を知るモノとしては、興味深い視点であると感銘を受けましたので、三里塚あたりを探訪される際は、ここ芝山まで足をお運びください。充実した日曜日の午前中となりました(ハイ、おしまい!)。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« 三里塚あたりのハナシ(その1) | トップページ | 秋の装い、紺メタのマセラティ二題(っつーか、2台:笑) »

コメント

 三里塚記念公園は、結構普通の住宅街にあるんですね。
 むかーし、波崎というところへ日帰りの仕事で月1回行っていたとき、潮来から高速で帰らず、下道で冨里あたりまで行く途中、八日市場、多古、芝山なんかを抜けて帰ったことがよくありました。夕方から夜で、あまり景色も見られませんでしたが、懐かしいです。今回のネタは、ひこうき班長さんお薦めスポットだったのでしょうか?な

皆さんお晩です!!

う~~~~っ、親不知がいた~~い!!!涙・・・・
7日に左下の親不知が痛くなったのですが、今回は右の下のやつ・・
抜くのが怖くて、60歳まで来ましたが、今まで殆ど痛くならなかったのに
なぜに今頃~~~???これも年のせいか??
ブログの内容ん関係なくてスンません・・・涙・・イタイ・・

三里塚超時空異次元ネタだったのですね。
さくらの丘スクランブル!
迎撃機・邀撃機、緊急始動!
ホンドジョウクウ ヲ ボウエイ セヨ!
鍾軌、雷電、紫電改、出撃!
震電、、橘花、秋水、出撃!
F15Jイーグル出撃!
ファイアフォックス出撃!
ビトルボE、ロッソシャマル出撃!

メーデー、メーデー…
…本日、郡山に宿泊。

Air Franceを見ると、無条件に「おふらんす帰りざんす」というセリフが思い出されます。

余談ですが(というか全文余談ですが)Smさん、郡山の宿はもしや駅前の○PAホテルでしょうか。
それともクルマで動いているなら49号線沿いの○ートインあたりか。

禁断の”館内撮影禁止攻撃(泣)”、残念。

一方で”直線番長モード(笑)”、飛行機好きにはたまりません。
飛行機の機材(重さ)により加速が変わり、ワタシなんか1日見ていても飽きなさそうです。

 三里塚という地名も珍しいですよね。多古町の日蓮宗の学問所である日本寺を起点として丁度三里だったようですね。全国にあるのかと思ってググると
http://uub.jp/nam/xriduka.html
 なんていう地名コレクションを見つけました。古い町名や地名はなくなって、変わっていきますが、不動産業との関係なのか、その当時の行政の関係なのか、残念です。
 そういえば、広島の土砂災害の地も 昔は、八木蛇落地悪谷(やぎじゃらくじあしだに)といったようですし、山形や、長野にも毒沢なんて地名もあるから、確かに住所がこれだと困るし、不動産も売れないし、仕方がないのかな。。

おぐ殿、当たりです。ルー○トインに宿泊し本日は福島~会津(泊)。金曜日はいわきへ日帰り出張ですが夜にRosso Shamal Maskと対決する約束なのでいわき出張の帰路はテレポーテーションで。

Sm仮面さん、今宵は会津泊となると駅前の○横インか○ルファーワンか。

因みに会津では新しくできた道の駅のジェラート屋さんがおすすめです。(敢えて名を秘す)

郡山は月一回通過するのみ、会津は、むかーし仕事で何回か行ったことがあり、いつも、「トントントントン、ワ○ントンホテル」でした。 

防空壕といえば、この間成増飛行場の名残り掩体壕をちらりと見てきました。
あんなところにそんなものが残っているとは・・・・・地元ですが知らなかった!

防空壕の中はドラクエさながらのダンジョン&ドラゴンズ。
スライムに遭遇したりして…。

おぐ殿、当たりです。
会津ではセンチュ○ーホテル利用が専らでしたが本日はホテルαχへの潜入ミッション開始!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/58016345

この記事へのトラックバック一覧です: 三里塚あたりのハナシ(その2):

« 三里塚あたりのハナシ(その1) | トップページ | 秋の装い、紺メタのマセラティ二題(っつーか、2台:笑) »