マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ホンに、都心はアミダくじ | トップページ | ”正月ダメ男”への誘いやら、”年内受付”もうじきシメやらのハナシ »

2014年11月26日 (水)

マセラティクアトロポルテ×エルメネジルドゼニア=?

 はい、こんばんは!今日も一日ザーザー雨・・・ですが街を闊歩すると、光が丘あたりでは終わりかけの紅葉と落ち葉、そこに雨が降り注ぎ、結構風情があります。なんだかヨーロッパのどこかに居るみたい(ただし焼き鳥屋やセ○ンイレブンなんかを目に入れなければなんだけど:笑)です。

 ああ、御礼が遅れてしまいましたが、昨日は「横浜のK」さん、そして本日の夕方には「世田谷のS」さんが御来店くださいまして、Kさんからは美味しい生洋菓子を、そしてSさんからは先日曜日に行かれた草津温泉土産を頂戴いたしました。また、昨日のコメント欄にて「I」さんからお申し出のあった「プラモ用塗料をアゲます」の件は有難くお受けいたしまして、ダメ男の集いで塗料をお持ちでない皆さん用といたしたいと思っております。御三人様、本当に有難うございました!

20141126012014112602 11月19日(水)に頂戴していたメールより・・・

 岡本社長殿

 豊島区のMでございます。

 本日、むかし冷やかしで行ったマセラティ○○のセールスマンから御案内状をいただき、赤坂のキャ○トル○急ホテルのお披露目会に来ております。クアトロポルテ・ゼニア・リミテッド・エディションの発表会です。折角なのでちゃっかり仕事を抜け出して来てしまいました(笑)。←おいおい(ワタシからのツッコミ:苦笑)。

20141126032014112604201411260520141126062014112607201411260820141126092014112610201411261120141126122014112613201411261520141126142014112616 例によって写真をお送りしますので、ご参考まで。

 スランプのときのブログネタにでもお使いくださいませ。←で、本日”使う”コトに(ワタシの独白:笑泣)。

 いただいたお土産の袋に、「マセラティ コンシェルジュサービスのご案内」が入っていました。

 「海の見えるレストランや予約のとれない有名シェフのフレンチ(何故イタリアンではない!?)、オペラ観劇のチケット手配など、決め細やかで上質なサービスをご提供させていただきます。」
とありますが、そんなにレ○サスになりたいのか!?と思ってしまいました(汗)。

 来場者も、平日の昼間から(自分もですが…)、やや高齢の富裕層(ちょっとガラ悪い)やお父さんがお金持ち(成金!?)なんだろうなという30~40代まで、私は普段お目にかからないようないつもながらビミョ~な客層だったことを申し添えます。

 長々と失礼いたしました!

 ・・・ここでワタシ、一発”自慢”をしておきますと、イタリア製の旧い高級少量生産車を専門的に扱うお店を結構長いコトやってますし、自身が初めてイタリア車を手にしてからも30年は経ちますが、イタリア国を訪ねたコトも無ければ、イタリア語も話すコトは出来ませんし、イタリア料理を作るコトもいたしません(あっ、スパゲティぐらいは茹でたコトあるヨ:笑)。

 で、当然の如くではありますが、イタリア製の服飾品や装飾品、そして靴や財布にいたるまで、ただの一度も身につけたコトがありません。イタリア車、とりわけマセラティ車やフェラーリ車は濃すぎる(笑)ので、ソレで充分にイタリアンな異国情緒を味わうコトが出来ていたからにほかなりません。

 今様に云えば、マセラティとエルメネジルドゼニアの”こらぼれーしょん(もはや死語:笑)”と云う感じでしょうか。マセラティのブランドバリューだけではまだ足りないのでしょうか。なにかこう、ペペロンチーノにミートソースかけて喰うよな感じがいたします。・・・あ、でもソレはソレで旨そうだから、まっいっか(笑)。ともあれ「豊島区のM」さん、またもネタ枯渇の危機を助けて頂き有難うございました!

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« ホンに、都心はアミダくじ | トップページ | ”正月ダメ男”への誘いやら、”年内受付”もうじきシメやらのハナシ »

コメント

Iです。
エルメネジルド・ゼニアは、もともとはイタリアの高級生地屋さんですね。それが最近では、生地だけにとどまらず、百貨店などに出店してスーツなどの販売も行っていますね。この前、札幌の百貨店のゼニアでマセラティとコラボしたブルゾンやポロシャツを見かけましたよ。

そういう私も4~5年前からゼニアのスーツを着用させてもらっています。やはり生地の手触りはいいですよ!

↑おぉ~、「I」さん、ハヤっ(笑)!今回はゼニアだけど、ビトルボ425に存在したミッソーニ内装のファブリックシートはスゴかったんだよなぁ~。アレはちょっと今でも気になります。

ミッソーニといや(あっゼニアの話か)ランチアが使ってましたね。なんか聞きなれない生地メーカーの名を聞くと「ああ高級、ああ舶来」となる性分です。
お金持ちになったらゼニアで注文服つくって「シェー」したいざんす(あっ国が違いました)。

  あーーー。私も行きました19時過ぎに。でも、招待状はもらっていないので、行かない方から頂きました(ので、入場はその人の名前で)。しかし知り合いはいないし、余りにも場違いなんで、とりあえず見るだけ見て、ジュース一杯飲んで、お土産もくれないので(言わないとくれなかったみたい)、なんだかなーと帰ってきました。
  こういう展示会は、仕切りはマセラティ・ジャパンがやっても、現場は各販売店だから、案内状やら、招待状は販売店に伺った御仁にしか配らないんですよネ。2台もマセラティ持っていても、現行の販売店での修理やらなんらかでの関わりがないので、招待状もなしと。
  シャマルも2度貸し出しましたが、初めのときは、お礼状みたいなものが、来ましたが、2回目の赤坂の後は、何も連絡もありませんでした。まあ現行モデルを購入してくれる人を中心に動かざるを得ず、業績を上げないと、マセラティ社の存続に関わるのはわかりますが、なんか残念。まあ以前のインポーターの時も同じだったのでしょうか。
スイマセン、ちょっと愚痴になっちゃいましたね。

このイベントのインビテーションメールもらってましたが、この日は特に忙しかったのか行けませんでした。マセラティジャパンのメール登録しているだけですが、こういう案内はよく来ますね。紙の招待状無くても入れるみたいですよ。

エルメネジルドゼニアですか。良い生地のようでかつては憧れました。
ベルルッティにも憧れました。
今現在はイーオンで全てをまかなっております。
ゼニアを羽織るには、お小遣いを貯めた上でIさまにならって糖質ダイエットせねば・・・。

マセラティコンシェルジュサービスの謎。
先般、練馬のHさまをチョーセレブ御用達の仙台ナポリタンホテルに送り届けたシルバートライデント仮面は思案します。
なぜ、イタリアンでは無いの?
なぜ、ナポリタンでは無いの?

・・・むむむ、新潟のB級グルメのイタリアン。
富士宮には、つけナポリタン???
ケチャップ&ソーセージのナポリタンはイタリア人ビックリの日本オリジナルB級グルメなのですね。
日本人は、なんちゃってイタリアンB級グルメを創作しておりますが、美味そう。
ナポリの王様、ディエゴ・アルマンド・マラドーナもビックリ。私も食べてみたい。

まあ、現行マセラティは高級フレンチで。
ビトルボ系マセラティはナポリタンで良しとしませう。。。

Iです。
Sm様、ダイエットに関係なくオーダーなのに、百貨店のブティック(既製品)よりもお安く(半額以下で)購入できる仕立屋さんがありますよ。
私は、ダイエット前からその店でオーダーして購入していますよ。その仕立屋さんは、今は銀座にありますよ。
たこちゃん様には、内緒ですが以前、スーツを仕立てたついでにマイクロ・デポ社に伺ったことがあります。くれぐれもたこちゃん様には内緒でお願いします。

やっぱり新車ディーラーよりマイクロ・デポだな。

  ふふふぅ。Smは、笑っていた!
  Iさま情報により、早速、銀座を訪れたSm仮面は、勿論仮面は被っていないが、銀座の○●通りにある、テーラーを目指して歩いていた。
  秘密だが、午前中は練馬のデポに伺い、キャブビトルボの車検の話をしてきたばかりで、「すいません、社長さん、ちょっと野暮用がありまして、まだまだ話をしたいのですが、この辺で失礼致します。」と、そそくさと階段を下り、成増までバスに乗り、東武線で池袋にでて、小走りで、有楽町線に飛び乗り、銀座一丁目で降りた訳である。。。
 そのテーラーはすぐに見つかった。しかし、「どうする、入ってスーツを仕立てるのか?どうするのか?スーツができるまでには仮縫いでまた来店する必要がある、受け取りにも来るとすると後2回は。。。それに値段も気になる。。。」 急に、スーツを仕立てるという気持ちが萎みかけてきた。。。
「でも、イタリアの生地で仕立てたい、ゼニアにするのか、ビエレッシか、タリアデルフィノ-か、いやロロ ピアーナか、、、」、東京に来る前から、色々調査していて、頭の中は破裂しそうな位、オーダースーツの情報が溢れていた。。。
「そうだ、やはりゼニアで仕立てたスーツを着て、1986年ビトルボ 2.5Eで、仕事に行き、バリバリ成績をあげて、あのサイコパスの上司を、ぎゃふんと言わせるんだった。」「こんなところで、立ち止まっている場合ではないぞ」
気持ちを引き締め、テーラーの前にくると、ショーウインドウ越しに、店内が見えた。
「えッ? なんで、なんでだ!」
・・・
「そうですね、りゅたろうさまには、こちらの生地がお似合いだと思いますヨ」
「そうだよな、これを着て、もうすぐ英国から来るジャンセン541に乗るからな!!!」
「たこちゃん社長さー、どうどう思う? この生地?いいでしょ。やはり英国の車に乗るなら、ゼニアもいいけど、やはり英国生地だな。。。ダンヒルもいいけど、ハリソンズ オブ エジンバラにしよう!!」
「俺も一着スーツ仕立てようかな、りゅたろうさん!?」
「そうだな、たこちゃんも社長ーーなんだから、これから商談と納車の時は、ビシッとイタリアンスーツで決めてだな。」
・・・・
「さっきデポであったばかりのたこチャン社長がいつのまに、俺より早く、ここに何故いるの? それもいつの間にやら、りゅたろうさままで登場しているとは、さっき野暮用なんて言って、デポ出てきたのにここでバッタリあったらな。。。気まずいしな。。。。。」
「Iさま、ゴメンナサイ。今日はダメだ、無理だ。。」
目的のテーラー前で、踵を返す、Sm仮面であった。
(つづく)


いや(つづかない)

たこちゃんは銀座に開店するマイクロ・デポのショールームでの商談用に高級スーツを仕立てておられたのですね。
りゅたろう先生は開店祝いの特別ゲストとして招かれていたのですね。

そして、「おぼっちゃ○君」仕様の前半身しか無い高級スーツを羽織った御二方は、マセラティ亀に搭乗し銀座のテーラーを出られたのでした。
しかし、御二方が乗った亀はただの亀では無く、怪人カメ○ズーカ
(←V3ネタ)だったのである。。。

以上、フィクション。つづくかな。。。
いや(つづかない)

Smさん、このネタは、たこちゃんにスルーされちゃうね。

みなさんおはようございます!

うわ~~っ、盛り上がってますね~~!!
私も杉0のディラ―さんから招待状頂きましたが(購入見込みがない客でも
送ってるみたいですね笑)時間がなくスルーしましたが、まぁ~なんというか
大手広告代理店さんの考えそうなことですよね笑
このサービスも、特になくても困らないし、実際に使う機会も少ないんじゃないかなぁ~?
どちらにしても、自分には似合わないもんでありますよ・・・
やっぱり僕らには「マイクロ・デポ」さんがいるので、大安心です!!

ま〜こんなリミテッド・エディション。
欲しがるのは田舎モンだけでしょ。
なんか"必死さ"が伝わってきて見苦しいです…。

その頃、Rosso Shamal Maskは脳内に埋め込まれたサイバーナビを頼りに、前半身のみ高級スーツを纏いたこちゃん&りゅたろう先生の行方を追っていた。
Rosso Shamal Maskは永井豪先生作品けっこ○仮面の仮の姿。
マスク以外は身につけないのである。

…虎よ、虎よ。
輝き燃える夜の森の中で…。

シルバートライデント仮面はなけなしの貯金をはたいて憧れのホールカットのベルルッティを手に入れた。
Iさま情報を得て銀座のテーラーを訪れたシルバートライデント仮面。
しかしベルルッティに貯金をはたいた彼には、エルメネジルドゼニアのスーツは半額でも手が出なかった。仕方なく、ネクタイだけ購入。
そして、シルバートライデント仮面は素肌にベルルッティの革靴とエルメネジルドゼニアのネクタイだけ羽織りビトルボ2.5Eに搭乗して銀座のマイクロデポ・ショールーム開店祝いパーティーに向かったのである。

西武警察のパトカーが不審なビトルボを発見。行く手を追う!
鳴り響くサイレンと爆音。
ビトルボとパトカーのカーチェイス。
・・・続きは北○ケンゾー先生のハードボイルド小説「キスだらけのマセテッティ」で。
この小説はポンタテテュート誌に連載されております。ロッソ嘘・・・。

Smさん、ひそかに続けていたのね。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/58099450

この記事へのトラックバック一覧です: マセラティクアトロポルテ×エルメネジルドゼニア=?:

« ホンに、都心はアミダくじ | トップページ | ”正月ダメ男”への誘いやら、”年内受付”もうじきシメやらのハナシ »