マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ”正月ダメ男”への誘いやら、”年内受付”もうじきシメやらのハナシ | トップページ | 霜月のラストに思う »

2014年11月28日 (金)

まぁ、世の中には色んなクルマ(と指向性)があるようです。

 はい、こんばんは!一日中、今にも雨が降りそうで、それでもなんとか持ちこたえた東京練馬でしたが、本日は実質的な月末たる金曜日だったんで、朝から”集金人”関係者や金融機関関係者が次々と五月雨式に出たり入ったりして落ち着くヒマがありませんでした。午前中からの作業がようやく一段落した夕暮れ時、「テツヲタ」さんがお歳暮(”モノホン”プレミアムビ~ル:喜)とホットコーヒーを携えて御来店くださいましたのでホッと一息。本当にいつも有難うございます。「感謝、感謝!」でした。

2014112701201411270220141127032014112704201411270520141127062014112707201411270820141127092014112710201411271120141127122014112713201411271420141127152014112716 ところで、木曜日の昨朝は五時に起きまして、身繕いしつつN○Kニュースをヨコ目に軽い朝食を掻き込んだら、即出動!またまた、とある国内最大のオークション会場へとまいりましたが、毎開催二万台を誇る会場ですから、そりゃーもー、色々なクルマが全国から集結しております。

 「マテルのホットホイール(近頃では”ホットウィール”とか云ってるみたいですが、昭和の子は”ホットホイール”でないと気分が出ません)の70年代モノ、若しくは”シズラーカー”」の如き全身総メッキの跳ね馬様が、いきなり”上品に(笑)”佇んでおりましたり、りゅたろう先生にお奨めしたい様な”ロータス11(レプリカだけどな:笑)”が異彩を放っていたり・・・。「おお、往年のベントレーぢゃん!コレはシブい!!」と近づいて見れば、「刷毛で塗ったんですかい」と思うよなスゴイ塗装で、お口もアングリ。そうかと思えば、ああ、こんなところにウル○ラマンAの怪獣やっつけ隊”社用車(笑)”であった”タックパンサー”がバリバリもん状態で。朝日を浴びて、車輪があさっての方角を向いているクルマも事故車ではありませんヨ、違法改造であるコトは論を待ちませんが。こういうクルマを欲しいと思うヒトが居るらしいので、世界は広くてまだまだ捨てたモンぢゃないと思いました(笑)。同じような時代に同じく空冷エンジンを搭載していても、お国柄と車格の違いで斯くも違ったモノが出来上がってると云うのも見比べて面白いモンですね。どちらも朝露に濡れて結構ステキな雰囲気でした。西にロータスエクセル在らば、東に27トレノ(レビン?・・・ドッチだっけコレは)在り。ああ、昭和三十年代テイストがハジけているダットサンブルーバードのツートーンカラーが目にも眩いです。

 見渡す限りのクルマの波、この中にヒトたび入れば、まさに玉石混交のカオスったワンダーランドです。広大な砂浜に敷き詰められた真砂の中からキラリと光る”貴方ダケの一台”を見つけ出すのが、なかなかに大変なワケでございます。コンディションを見る目のハードルをアゲたら、結局昨日は一台も買えませんでした。せっかく五時に起きて出掛けたのにな(泣笑)。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« ”正月ダメ男”への誘いやら、”年内受付”もうじきシメやらのハナシ | トップページ | 霜月のラストに思う »

コメント

Iです。
今Superflyのコンサート会場から脱出しました。

クロームメッキの跳ね馬がお下劣でステキですね・・・いやいやこれはいただけません(笑)。
塗装を補修する場合は鈑金塗装工場では無くメッキ工場に入庫したりして・・・。

しかし、大規模オークション会場は楽しいですね。
珍しいクルマを発見すると得した気分。
しかし、たこちゃんは商売ですからガラクタの山から宝石を探すのは大変な事と察します。
この中に巨匠のお宝が眠ってませんかね・・・?

夕方、ビトルボ整備依頼のメールに返信いただきありがとうございます。
メールの返信がガラケーに転送された時、ガラケーを開いて差出人の姓を見て焦ってしまいました。
実は、ワタクシのサイコパス上司の姓がオクトパス師匠と同姓だったので、上司からの指令メールが来たと思い焦ってしまったのです。
たこちゃん、すまぬ。。。

皆さんお晩です!!

お~~~うっ!ブルバード懐かしい!
このおもちゃでよく遊びました!!
と言うと、何年前になるのかなぁ~~・・・・50年以上前だわ!笑

結局昨日は一台も変えず→残念でしたが、賢明な判断だと思います。
次回に期待しましょう。

車のオークション会場は、カオスで、面白いですね。とはいえ、皆さん、仕事だから、真剣ですもんね。1度行ってみたいな!今日はマセラティ•デイですが、静岡は雨です(泣)。

ロータス1-2-3だからエクセルですか。って何のことやら。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/58108819

この記事へのトラックバック一覧です: まぁ、世の中には色んなクルマ(と指向性)があるようです。:

« ”正月ダメ男”への誘いやら、”年内受付”もうじきシメやらのハナシ | トップページ | 霜月のラストに思う »