マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 大安吉日、一路浜松へ | トップページ | 年末年始休業期間の御案内 »

2014年12月 6日 (土)

突然、シュウマイのハナシ

 はい、こんばんは!昨日の東海地方まで及んでいた寒波は、ついに今朝方までには東京練馬までも襲来したらしく、早朝にマセラティギブリⅡを回送しようとして乗り込み、エンジンを掛けたとたんに外気温計が2℃と表示してましたんで、実際、それなりに寒かったのだろうと思います。

 そんな真冬気候の土曜日、午前10時からは次々と御来店者の波(笑)・・・マセラティ430前期型の継続車検入庫でお越しくださった「取手のY」さんを皮切りに、マセラティシャマルやらギブリⅡやらのハナシを聞きに初めてお越しくださった「A」さん、マセラティクアトロポルテ最初期型のエンジンオイル交換でお越しになった法人「U」の「I」さん、自動車保険更新の御打ち合わせにみえた「調布のU」さん(いつもの様に”成城石井系”差し入れをたくさん有難うございましたぁ!)とその御友人の「S」さん(コレをキッカケにクルマに興味を抱いて頂ければ有難いのですが:笑泣)、とりあえずマセラティのハナシを聞きにやってきてくださった「K」さん(なんと、シトロエンCXパラスCマチック前期型メッキバンパーに乗っての御来店←はからずもソコにいた全員で、いかに当時物シトロエンのシートの座り心地が素晴らしいかを確認する試乗会とは相成りました:笑)・・・寒空のもと御来店の皆々様、有難うございました!

 ところで、本日はまったくネタ仕込みの時間が無いままに、先ほどまでデポに居ましたもので、何を書けばいいものやらと思案に暮れていたところ、昨日のコメント欄で、ワタシの新幹線ネタに関連して「Mike」さんと「練馬のH」さんがシュウマイのハナシに触れておられたのにインスパイアされまして、急遽本日はシュウマイのハナシをば。

 関東圏でシュウマイと云えば、真っ先に思い浮かべるのは、やはり横浜の崎陽軒(ここの製品には”シウマイ”と表記するのがコダワリの様ですが)と云うコトになります。あ、オマケの醤油差し”ひょうちゃん”は今でも陶器製らしいですヨ、Hさん。ともあれ今年創業106周年の超老舗であります。横浜駅弁としてお馴染のシウマイ弁当だけでも60周年との由。

 これが関西となりますと、以前にもチラリと触れた551蓬莱をはじめとする豚まん文化がありますので、そういったお店の製造するシュウマイには名品が多数あるようです。神戸中華街にある店々の豚まんも有名ですね。

 先日、”たこヨメ”のバレエ友達である”純ちゃん(とは云ってもアラフォーギャル:笑)”に「ちょっと小腹がすいたから、帰りに肉まんでも食べたいねェ」とヨメが申しましたところ、「(神戸三宮出身の彼女にとって)東京で豚まん(関西では肉とは牛を指すので、あくまで豚まんと云う)の美味しいのを探すのは苦労しまっせ(とは云わないか:笑)」「(たこヨメ)蓬莱菜館とか551とか肉まんの美味しいのが関西にはたくさんあるもんね~」「(純ちゃん)そりゃそーと崎陽軒のシュウマイ、アレはありえへんわ。東京に来て初めて食べてビックリしたわぁ、アレってあんなんでイイんですか?」「(たこヨメ&周囲の人々)アレはね・・・キヨーケンのはアレでいいのっ!!」・・・てなやりとりがあったと聞いていたモノですから、そんなシュウマイについて語ってみようと思いついたワケです。この”純ちゃん”さんは、以前にワタシがキダ・タロー先生の作品集CDをもってるヨとのハナシをフッたら、0.2秒で喰いついてきたホドに関西濃度が高い方ですので、上記の反応もむべなるかなと云ったところでしょう。

 ちなみにワタシは、どちらも好きです。そもそも”シュウマイ”と”シウマイ”は違うモノです(笑)。”シウマイ”の方は、駅弁用として特化してきた歴史があるので、冷えているのが前提で”それなりに食べられる”コトをまずは目指しているのだと考えられます。ヨシギューがヨシギュー以外の何物でもないが如く、キヨーケンはキヨーケンなのであって、中華料理の焼売であるコトなど放棄しているのでは無かろうかと・・・。中華料理的焼売は、冷えたら豚肉特有の臭みが出て、ちょっと喰い難いモノと化しますよね。

 関西圏ではどこの駅でも買えるんだけども、関東圏には一切進出して来ない”551”の熱々シュウマイを、そのまま帰りの新幹線に持ち込んで、その香しいカホリによって周囲の密やかなる顰蹙を買いつつ車内客室にて食するのも、車内販売の冷え切った”シウマイ”を頬張りつつ缶ビールで飲み下すのも、それぞれに異国情緒があって、味わい深いモノであります。コレ書いてたら、崎陽軒の冷え切ったシウマイが急に恋しくなったので、明日にでも喰いたいモノではあるなぁ。

 それじゃー、また来週!・・・今週はチト疲れたわぁ。皆さんも時節柄御自愛くださいね。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« 大安吉日、一路浜松へ | トップページ | 年末年始休業期間の御案内 »

コメント

Iです。
本日中にコメントできてよかったなぁと思いつつも、返すコメントが無いです。
ところで、「レキシ」というミュージシャン知ってますか?日本史縛りの歌詞が楽しい曲になってます。

ほほー、崎陽軒のシウマイには、今も陶器製の醤油差しがついているんですか!?もう何年も食べていないから知らなかった。551蓬莱は1回だけ食べたことがありますが、旨かった!!なぜ551って言うのかと思ったら↓ですって!!
http://www.551horai.co.jp/company/company2.html
知らないこと一杯あるねーこれ。

本日のデポ、にぎやかで何よりです。
焼売、リンク先のコメントで”おでんの種”、なるほどと思いました。
明日は本ブログを見た方々のシュウマイ(シウマイ)食する率が高そう(笑)。

崎陽軒の方はシウマイでしたか。
崎陽軒のシウマイ弁当は美味い。
細部まで凝った造りで、シウマイが美味いのは勿論、マグロの醤油煮、タケノコが冷えた米飯に良く合います。
そして、全体に塩っ辛いオカズの中でアクセントとなる甘酸っぱいアンズも嬉しい。
シウマイ弁当とビールは最強タッグですなあ。

金曜日は国分町で会社の忘年会。am2:00に帰宅。
土曜日はジョギングで20km走破。
ただれた飲み会の翌日にこそ走ってしまえ。
最後の5kmはほとんど歩いており、帰路に「くろく」のラーメン食べたりと、何かとユルいジョギングでしたが。
外気温は5℃。仙台にも冬が迫ってまいりました。

皆さん、おはようございます!

昨日はお忙しいところ、いつも通り?長々お邪魔して申し訳ございません!
「どうせ連れてくるんなら、もう少し車好きな人を連れてきなさい!」と心の中で
思われたことは重々承知いたしております。がっ、彼も社長にお会いできて
大変喜んでおりましたことは、ご報告させていただきます!笑
さてさて「キヨーケン」のシュウマイはホント独特な立ち位置にあると思いますが
私はだ~~~~いすきです!横浜方面のお仕事に行きますと、かなりの確率で
お昼のお弁当は「キヨーケンのシュウマイ弁当」です!割り箸がともすれば
折れるんじゃねぇ?的なご飯の粘着力と闘いながら食するのも、又一興!笑
対する「蓬莱551肉まん」の社長もお書きの、あの「すんげ~~肉まんの香り」
近所少し迷惑的名物も、大阪出張帰りには欠かせない、風物詩ではあります。
あ~~~なんだか無性に両方食べたくなりました!!
是から買いに行こう~~~っと!!

一日二日パソコンに向かわなかったので、浜松にいらっしゃったとは知りませんでした。浜松は雪とは無縁なのですが、風が強く、乾燥した空気が、ほとんど天然冷蔵庫、今週は寒かったなぁ。

今夜の高山行の弁当はシウマイにしようかな。
品川駅で売っていればの話ですが。

あ、、、買えなかった、シウマイ弁当。今は伊豆半島の付け根あたり。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/58194817

この記事へのトラックバック一覧です: 突然、シュウマイのハナシ:

« 大安吉日、一路浜松へ | トップページ | 年末年始休業期間の御案内 »