マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« マセラティ100周年!「練馬のH」さんの現地紀行写真シリーズ(その5:創業の地を訪ねて) | トップページ | 氷点下、またまた磨きまくりの一日 »

2014年12月17日 (水)

ジャガーSタイプ、コレは大穴グルマだぁ!

 はい、こんばんは!・・・もう、本日午後からの強風にはマイッタマイッタ。笹目通り沿いに植えられた街路樹はぜんぶイチョウ、その葉っぱが風に運ばれて、次から次へと大量にデポ場内へと入り込んできやがるので、もう、屋外での作業は濡れ落ち葉にまみれながらの一日とはなりました。全国的にもヒドい天候であったコトと拝察いたしておりますが、日本海側や北日本各地にお住まいの方々は皆さん御無事でありましたでしょうか。

2014121701201412170220141217032014121704 ・・・そのように壮絶な午後、嵐とともに一台のニューカマーが運ばれてまいりました。

 平成17年登録のジャガーSタイプ2.5V6です。走行距離は2万キロを超えたばかり、外装色のミッドナイト(ブラックメタ)も滴るようなツヤを維持しております。

 中期型以降に装備されたプロジェクターランプヘッドライト、そのレンズも新車と見紛うばかりです。

 各部のマーカーレンズやリフレクターレンズなどにもほとんど退色は見られず、ベース車としてのスジの良さを彷彿とさせてくれますし、グロスブラックフィニッシュのウインドーモール類にもシミひとつありません。これは、もうじき10年を経過する英国車にあってはエクセレントコンディションであると云えましょう。

20141217052014121706 アイボリーの皮装は色が色だけにその維持にはたいへん気を遣いますが、これだけ美しい状態を保ってきてますと、何とかこれからも華麗さを失わない様にしっかりとケアして納車したいと念頭に置くものです。このジャガーSクラスも出現当初は「(フォード)リンカーンの御兄弟(笑泣)」として生まれたと云う、当時の親会社の意向に沿った出自(例えば初期型に於いて、ダッシュボードの意匠などがフォード系車そのものだったりした)により、旧来のジャガーファナティックからは、とりあえずアタリマエの様に”総スカン”を喰らいまして、その後内部を80%も変更するほどのハイパービッグマイナーチェンジを施す企業努力をしたにも関わらず、我が国では売れてきませんでしたね。

2014121707201412170820141217092014121710 ところが、天下の量産車メーカーたる大フォードが開発と製造に口出ししたおカゲか、とりわけ前述の様に各部を大幅にブラッシュアップした中期型以降のジャガーSタイプに於きましては、意外と云っては失礼ですが、特に低走行距離車にあっては故障が本当に少ないそうなんです(期待してるヨ!:笑)。

 実は、本日入荷したジャガーSタイプ、今までマセラティクアトロポルテV6で御世話になってきた「横浜のK」さんからのスペシャルオファーによりやってきた個体です。先日のメルセデスワゴンでもそうでしたが、直接顧客様の御意向を伺いながら”着地点”を見出す作業も重要な仕事であると、ワタシは認識しております。こうしてマイクロ・デポにマセラティ以外の”探してね”オファーをするのも、”変態外車専門店”の正しい使い方(せっかくお付き合いしてきてるんですから・・・)と云えるのではないでしょうか。その時その時の生活上の都合により、ちょっと肩を軽くしたい場合も人生の中にはあるモンです。しかしながら、足グルマとは云えクルマ選びのコダワリには妥協したくない気持ちも”変態クルマ好き”なら理解出来るでしょ。「軽トラックからロールスロイス」まで、マセラティ以外のクルマであっても誠実にお探しし、マセラティ同様の熱意を込めて御納車いたしますゆえ、当ブログを日々御覧になってらっしゃる貴方は「足グルマが欲しい」場合にも、必ずやワタシに一声掛けて頂きたくお願い申し上げます。特に欧州中古車の場合には、”買ってはいけないモノ”と”買ってヨシ!なモノ”が明確に混在して存在しますゆえ、そのあたりのおハナシをしっかりとさせて頂きます。皆さん、御気軽に御相談くださいね。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« マセラティ100周年!「練馬のH」さんの現地紀行写真シリーズ(その5:創業の地を訪ねて) | トップページ | 氷点下、またまた磨きまくりの一日 »

コメント

Iです。
ジャギュワいいですね~。一度は乗ってみたいと思っていますが、どうでしょうか。

そんなことより、札幌は今嵐の前の静けさなのか穏やかな天気です。今夜21時ころから大荒れとの予報です。対策としては外出しないということにつきます。
それから、道内では”避難勧告”が出された地区や避難場所が開設された地区の案内がテレビの画面上に出ています。
この後私は、ビールを飲んで寝るだけです!

・・・あ、そうそう。デポに居る間にお伝えし損ねたので、ここでギョームレンラクをば・・・ああ、「I」さんのところはホントにスゴそうですね、お気をつけてお呑み(笑)ください。♪ピンポンパンポォ~ン
①:「Sm」さまぁ~「Sm」さまぁ~、御打ち合わせ通りに「20日(土)AM9時~正午」となりました。”ロッソなF”の方も足グルマで御検討ヨロシク(笑)。
②:「りゅたろう」さまぁ~「りゅたろう」さまぁ~、車庫証明を(頼むから:泣)御願いしまぁ~す!ついでにCクラスはSタイプにすると良いと思いまァ~す!!

・・・それとね、「Wさま」さんしかキョーミ無いと思ふケド、おとといの
http://cyutako.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/post-3ace.html
本文中で触れた”ナショナルペッパー”CMの音源をコンジョーで発見しました!
https://www.youtube.com/watch?v=2o6Jz9n_z6c

で、オマケも・・・
http://blogs.yahoo.co.jp/asa226_com/GALLERY/show_image.html?id=6056636&no=1
以上!!!・・・さぁ、オレもこれから呑んで寝るぞ(笑)。

あー今夜は明日の打ち合わせのため高山に前乗りの予定でしたが、高速も鉄道も不通とのことで、中津川から山路をふらふらと下呂まで辿り着いたところです。
途中の峠では雪中にスタックしている車もちらほらおりました。いやはや。

ジャガーのSタイプ、人それぞれでしょうが自分はRなら乗ってみたいかな。
てきればミッションをマニュアルに換装して。

ジャガーSタイプ、新車時代は全く食いつきませんでしたが、今見ると新鮮ですね。
確かに大穴、一本やられたといった感じで、却って今乗るといいと思います。

それからナショナルペッパーの音声、思わず「あー、あったあった」とつぶやいてしまいました。
ピンクレディのポスター、セクシーです。

皆さんお晩です!!

そうそうそうでしたよね~~~
だから、次の車も、そのまた次の車も、お願できちゃうんですよね~
かなりの無理も、聞いてもらえちゃうんですよね?
う~~ん、4年後、6年後、何にしようかな???

素敵なアイボリー皮内装と言えばマセラティかジャガー(とアストンマーチン)位しかないですからねぇ。貴重なターゲットのひとつです。

ジャガーと言う選択肢もアリですね。XKクーペなどは好きです…手が届きませんが。

ビトルボの陸送手配、了解!
動くかな?

マイクロデポは、笹目通りの銀杏の落ち葉をブラックホールのように吸い込んで、土支田の街を綺麗にする大事な役目を果たしていたんすね!!
ジャガーSタイプは、確かに穴場だ、Xタイプには乗ったことあったけど。Sタイプは、それよりグレード上だし。なかなか4ドアとなると選択肢が限られますもんね!

同時代のアストンマーティンなんかもいいなぁ、安そうだし。

ええ、まあ、そうなんですよ、うんうん、いやぁぁぁぁ…
女房の怠慢、だるだる病と、不肖私めの単純性だるだる症候群のせいです。
私や、いや、ちょっとは女房のせいでもあるんですけど…病気のせいです。
そうなんです、ええ、まあ、だがしかし、でもそうなんです。
車庫証明は26日に公布されるんで、ど~~~も、今年中には間に合わないかと…・
ごめんなさいsadごめんなさいsadごめんなさいsadごめんなさいsadごめんなさいsadごめんなさいsadごめんなさいsadごめんなさいsadごめんなさいsadごめんなさいsadごめんなさいsadごめんなさいsadごめんなさいsadごめんなさいsadごめんなさいsadごめんなさいsadごめんなさいsadごめんなさいsad
もう申し訳なくって、Skypeもできないよ。
いや、俺はさ、仕事一生懸命やってただけなんだけどさ…なんか年末がどんどん迫り来る中、なんかだるだるなんだよね…

Sタイプは、以前しっかり検討しました。
確か145の時かな。
無論、タイプRしか眼中になく(それ以外は存在意義が希薄)、ツートーンの革内装、出来ればサンルーフ付き。
でも、あの頃まだ高かったんだよね。
今カーセンサーなんかで検索すると、9万キロ走った個体しか出てこないね。
ふつーのSタイプは、あのフロントマスクはすごくいいけど…
いや、今は猛反省の私です、毒吐きません。
ブタさんギブリよりはるかにふつーだったと言っておきます。

ああ、たこポン様、どうも申し訳ありません。
かような事情ですが、汲んでいただけたでせうか???
はるか東の方にひれ伏しておりますですばい。

ああ、どうしてなんだろう??いっちょん反省の文という感じがない!!
これも全て私の不徳といたすところですぅ…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/58296879

この記事へのトラックバック一覧です: ジャガーSタイプ、コレは大穴グルマだぁ!:

« マセラティ100周年!「練馬のH」さんの現地紀行写真シリーズ(その5:創業の地を訪ねて) | トップページ | 氷点下、またまた磨きまくりの一日 »