マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 霜月のラストに思う | トップページ | メルセデスベンツE320ワゴンアバンギャルドの下回りを見る »

2014年12月 1日 (月)

グラントハイツの残照を訪ねて歩く

 はい、こんばんは!さぁ、いよいよ「泣く子もさらに泣く(笑)」師走に突入してしまいました。今日の東京練馬の上空にも厚~い雲がタレ込めて、結局一日中メソメソしておりましたが・・・ホレ、気合入れてイクぞぉ~!おー(とカラ元気をば:笑)!!

201412010120141201022014120103201412010420141201052014120106 一方、昨日の光が丘界隈は御覧の様に絶好の御散歩日和。タマには寝てばかりいないで休日の日曜日にもカラダを動かさなくちゃね。

 デポ前のバス通りを光が丘公園の方向に歩いて行きますと、そこかしこに晩秋独特の、落ち葉と紅葉が織り成す素晴らしい情景を見るコトが出来ました。

 実は前にもおハナシいたしました様に、ワタシはこの都立普通科最○偏差値(泣)を誇る東京都立光丘高等学校の出身者でございます。

 51年前に渋谷区は広尾の日赤産院でウブ声をアゲて以来、2才まで世田谷の下馬ってところにおりましたらしいのですが、さしものワタシもその時代の記憶はまったく持ち合わせておりません。1965年(昭和40年)に練馬区春日町へと引っ越して来てからと云うものは、もっぱら”練馬の子”として生きてまいりましたが、もっともソレはワタシ自身が強く望んだモノではありませんで、どんなに練馬から抜けよう抜けよう(笑)と思っても、高校はココだし・・・あまつさえ、ワタシなどは自らの家を千葉のハズレに購ってしまったワケで、それでもなお「練馬の放つ”磁力”」に引き寄せられるかの如くに結局通常はこうしてココに住み、ビジネスの拠点を置いているワケですから、やっぱりナニかの縁があるのでしょうかね。

20141201072014120108201412010920141201102014120111201412011220141201132014120114 ・・・そんな光丘高校の正面にある光丘高校口から東京都立光が丘公園へと入ります。

 ほぼ終わり掛けの紅葉ではありましたが、その分落ち葉が増量セールを実施中(笑)でして、前夜までの雨に濡れた地面は、あたかもコルクの様な踏み心地で腰痛持ちの散歩には絶好のコンディションです。そんな一遍の絵画のような画像の隅っこにヘンなヤツを発見したと思ったら”タ○ガーマスク”さんも一生懸命に”走り込み”しております。この界隈では結構有名な人物であるらしいコトを、あとでひそひそバナシ(笑)をする方々の会話の中から聞くともなく聞き取りましたヨ。

 さらに公園の奥へ奥へと歩を進めますとソコは一面の広場、その背景には美しい木々が立ち並んでおります。

 エンジ、黄色、コゲ茶色、深い緑、薄い緑、黄緑・・・まさに天然のパレットさながらに色づいて、ちょっと欧米の公園を思わせる、ソレはキレイな風景でした。

 スッカリ黄色くなった大イチョウの樹を背景にして、おもちゃのラジコンジャイロヘリをトバしてひとりで遊んでいるオッサン(失礼)も淡々としていていい味出しておりましたヨ。

201412011520141201162014120117201412011820141201192014120120 昨日の光が丘公園内探索には、ワタシの中にちょっとしたテーマがありました。ソレは光が丘が”公園と団地の街”となる以前、米軍グラントハイツや帝国陸軍成増飛行場だった時分のヨスガをなんとか探すコトが出来ないかと云ったモノです。

 事前に調べてみましたところ、この公園のこのあたりがかつて成増飛行場時代に滑走路だったところらしいのです。

 滑走路であったコトをことさら隠蔽するかのように木々をレイアウトしているのかな?とも思えました。

 そして”見えない貯水池”なんてのも、ちょっと不気味な存在で、ひょっとして地下に作ってあった巨大なシェルターの再利用なのでは?なんて勘ぐってしまいます。戦時中は、この成増飛行場が空襲を受けて壊滅若しくは機能停止した場合に備えて、なんと同じく練馬区の”平和台”と云うところに”秘匿滑走路(まぁ、予備の飛行場と考えられます)”と云うのもあったらしいです。コレも色々調べたら、その場所が特定出来ましたので、次の機会に探索してみようと思いますが、なんだか地味なネタになりそうだなぁ(泣笑)。

20141201212014120122201412012320141201242014120125201412012620141201272014120128_22014120129_22014120130_2 そんなこんなで、公園内をほとんど縦断いたしましたところに田柄口と云う出入り口があるんですが、まぁ、メッタなコトでは旭町&土支田側の住民が赴く様なところではありません(だって、モンのスゴク遠いんですもの:泣笑)。

 「ドコにあるんだろーなぁー」と云いながらようやく探しアテたのは”屋敷森跡地”と云う区画。ここは光が丘公園の”分園”とも云える特殊な一帯で、戦前、飛行場として接収される以前の当地の面影を70年間ほとんどそのまま残すコトが出来てきたと云う、まさに奇跡的空間なのです。

 ツルが巻きついている姿が一瞬大蛇の様に見える”亀甲竹”なる竹が群生しており、相当神秘的な風景です。

 ここでのお目当ては、このサビくれた看板(白黒画像は、もうちょっと劣化が進む以前の様子を捉えたネットで拾った画像)です。コレは米軍接収時代に立てられていた”駐車禁止”を示すモノで、この”屋敷森跡地”のみにモニュメントとして唯一現存を許されたと云う逸品であります。

 帝国陸軍と米軍によって戦中・戦後と翻弄され続けてきた、現在光が丘と呼ばれる地域には、もはや往時を知る土地の古老もほとんどいらっしゃらないでしょうから、この際こうした施設の存在を地元民として自ら勉強しておくのも肝心であると思った次第。一方で現在の光が丘公園内には、このように立派な弓道場までもが存在するのも今回の探索で初めて知りましたヨ。

20141201312014120132 ・・・で、今回のオチはコレ。

 実は、先日の”三里塚ネタ”のコメント欄に、常々”地元民”である事を自ら標榜なさってる「極楽」さんがチラっとくださったヒント(有難うございます!)を基に手繰り寄せました。

 公園の近くではありますが、あくまで周辺の住宅街には、平成の現在において、斯くもスゴイものが斯様な態様で存在しているのです。白黒画像は練馬区公式サイトから拾った往時(グラントハイツ時代:おそらく昭和40年代前半から半ば)の残存掩体壕の様子。そして右が昨日の残存掩体壕の様子です。おそらく双方の個体は別のモノだと考えられますが、形状は極めて似通っている様に思います。今は民家の構造物の一部としてヒッソリと佇むばかりの小さな歴史遺産ではありました。・・・しみじみ。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« 霜月のラストに思う | トップページ | メルセデスベンツE320ワゴンアバンギャルドの下回りを見る »

コメント

Iです。
掩体壕(えんたいごう)って言うことを初めて知りました。これ中標津町は計根別という地区の牧草地では、今でも普通に見ることができますよ。

話変わって、最近大手のビール会社が特別醸造のビールをいろいろと発売してくれるので、私としては非常に嬉しいかぎりです。本日は、セ○ンイレ○ンさん限定のグランドキリンをBSで放送されている「吉田類の酒場放浪記」を見ながら美味しく頂きました。

戦時中、飛行場があるゆえに空襲もあり、昼間は米軍戦闘機の機銃掃射に遭い、命を落とした方々もいらっしゃるそうです。戦後すぐは不発弾が暴発して被害があったとか、戦争の傷跡を長老の方々から伺ったことがあります。

掩体壕の上下に住宅ですか…。
今はやりのリノベーションやらリフォームと比べるとすさまじいですね。

鉄筋、入っているのかな。

皆さんお晩です!!

私も新宿区の戸山に住んでいたころ(昭和30年~40年)には
そこが旧戸山練兵場の跡地だったこともあり、防空壕のあとや
地下通路の跡などが残っており、探検隊と称し子供同士で
地下壕に潜り込んだりしたものであります。
近くにある「箱根山」は戦争当時の「野戦」の訓練用に作られた
人口の山だそうですが、私なんぞは凧上げの絶好の場所として
認識していただけでした笑
いま箱根山を残して見る影もありませんが、そんな戦争の傷跡を
少しだけ記憶している世代です。

光が丘公園が色鮮やかで綺麗な季節なのですね。
休日の光が丘公園にさぞかし癒された事でしょう。
そして、デポの近所の屋敷森跡地の探索などは郷土の歴史文化を考察する神秘的且つ教養深い内容です。
勉強になる。しかも興味深い。

たこちゃんの飽くなき好奇心と探究心はマイクロ・デポの原点。
いつまでも好奇心を持ち続けたいものです。掩体壕リスペクト。。。

土曜日にデポを訪問し、たこヨメさまとテツヲタ先輩にマラソンの楽しさを熱く語ってしまいました。
工場長には無理やりサッカーネタを押し付けてごめん。
次回は同年代プロレスネタで。
帰り際、たこちゃんに「せっかくの休日に何でハーフマラソンなんかに出るんだヨ~(泣)」と嘆かれましたっけ。
その通りです。たこちゃんが正しい。
そしてワタクシ、間違った休日の過ごし方にも充実感を覚えるようになりました。
たこちゃん、すまぬ・・・(笑)。

練馬のHさまと一松さまの邂逅。良き時間を過ごされたようで何よりです。

昨日は暖かかったので、さぞかし公園散歩も気持ちよかったことと思います。
気分リフレッシュになりますね。

明日は一変して寒くなりそうですので、体調管理にお気をつけください。

 生まれは、信濃町○○病院、育ちは練馬なのに、光が丘公園に足を踏み入れたことは、1回もない!のです。デポに行くときは大体、車だし。しかしうちの災害時避難先は光が丘公園なんだけど。。。ここが、昔、成増飛行場だったとは、さらに戦後、米軍のグラントハイツになっていたとは、知りませんでした。そして屋敷森跡地があり、残存掩体壕がそのまま使われて家が残っているのもビックリでした。
 成増飛行場のwikiのリンク先の古い写真が、今と全然異なっていて、当時の様子がわかります、道路が広くて、ゆったりした空間が広がっていますが、今はごみごみして、団地群が乱立しています。日本は短期間にどんどん風景が変わっていきますからね。
 公園で、思い出すのが、おとめ山公園ですねー、なだらかな南向きの斜面に、木が鬱蒼と茂って、調べてみたら、昔の公園周囲も広場に拡張されていました!この辺に住みたいなーって思っていましたが。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/58142323

この記事へのトラックバック一覧です: グラントハイツの残照を訪ねて歩く:

« 霜月のラストに思う | トップページ | メルセデスベンツE320ワゴンアバンギャルドの下回りを見る »