マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 雪景色に思ふ | トップページ | 明日は”節分”、貴方はドッチ派? »

2015年1月31日 (土)

キレイごとかも知れないけれど・・・

 アッと気が付けば、本日で2015年1月もシメなんですね。光陰矢のごとしとは申しますが、いやはや加速度的にシラガも増えるワケだよなぁ・・・はい、こんばんは!まぁ、世の中には「ここまで違うか・・・」と水と油の如くに、自らと価値観の違う人々が居るワケですが、多くの場合”日本人的オトナの対応”と云うヤツで、対人関係に於ける”価値観のスリ合わせ”と云うのを行いつつ、ヒトはコミュニケーションを取って行くしかないのであろうと愚考する昨今であります。

 どうして、トートツにこんなハナシを出すかと云えば、ここのところ日々ニュース番組でトップ扱いとなっている日本人の人質問題を初めとする国内外の様々な事件報道を聞くにつけ、諍いの根源をたずねれば、結局どれもコレも”日本人的オトナの対応”と云うのが欠如しているからなのだろうなぁと感じているからです。

 さりとて、180度ソッポを向き、14万8千光年(笑)離れている価値観の者同士(ぜんぜん同士ぢゃ無いんだけれど:笑泣)が真っ向から対峙しているところに「まぁまぁ、お互いに前向きによくよく話し合って・・・」などと、”善意の第三者”ヅラしたワタシがのこのこやって来ても、まぁ相手にされるコトは無いでしょうね。

 そんなワタシも、ハタチくらいの頃は、今よりもっともっとトンがっておりましたんで、こうした”日本人的オトナの対応”的な、白でも黒でもない決着の付け方というのがとにかくキライでして、なにしろ自分の拙い経験則ダケを基準として正誤を断ずるの愚をおかしておりましたモノです。

 今朝早く、いつもの全身痛(泣)で目が覚めて、とりあえずテレビを点けたらN○Kでは土曜日早朝ダケ放映している「あの人に会いたい」と云うアーカイブ番組をやってまして、たまたま今日の会いたいヒトが榊 莫山(バクザン先生)さんでありました。ワタシ世代の人間は、いまだに”勢いのある個性的な字”を見た時に、ついつい「バクザン先生みてぇー(みたい)な字」と云った形容をしてしまうくらい、全盛期はその個性的な”書”とともにメディアにもよく露出されていらっしゃいました。まぁ、焼酎ラベルのイメージが強いと云う方もいらっしゃるかも知れません。

 そもそも書画などにはトンと縁が無く、とっても疎いワタシなので、実際にバクザン先生の作品に直接触れたコトなど今まで一切無かったのですが、「草木の一本一本にまで仏様が宿ってるんですよ」と穏やかに仰るバクザン先生がさらさら~っと戯れに書かれた様な書画(水彩顔料?を用いてピンポイントで色を差した水墨画って云う感じでしたが、正式には何と云うカテゴリーの書画だったんですかね)は、いっけんしたダケで「ああ、コレこそ本物。世の中の地位やら名声やら、ソンとかトクとか、小さな克己心やら嫉妬やらとはまったく隔絶した”悟り”の境地がここにはある」と小さなテレビの画面からも伝わるモノでした。

 全世界のみんながこんな境地に立てたら素晴らしいコトではあるんだけれども、やっぱり”中学生が考えるホドにもキレイごと”と云われてしまうのかも知れません。でもね、近頃本当に心底そう思うんですが、人間って、ホント悲しいくらいになぁ~んにも持って”逝け”ないんですよね。人生の絶頂期のとある一時期に、いっけん裕福そうに見えるヒトも、いっけん健康体に見えるヒトも、多くの場合、終局的にはたいしたコトには成らずにオワるんです。だから、精神がシッカリしているうち、カラダがなんとなく自由に動けるうちは、どれだけ他人様の役にたてるか、喜んで貰えるか、ニコニコと笑わせられるか、が”勝負”なのであろうとワタシは思います。若い頃には、きっと達成出来て無かったろうとの自省を込めて「アナタが居るダケで、周囲が明るくなるわぁ~」と云われる人間をこれからジジイになるにつれ、いよいよ目指したいモノです。バクザン先生には成れっこ無いですけどね。

 それじゃー、また来週!・・・ワタシは明日も午後から臨出デス。一週間有難うございましたぁ!!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« 雪景色に思ふ | トップページ | 明日は”節分”、貴方はドッチ派? »

コメント

皆さんお晩です!

そうですね、社長のおっしゃる通り。
私も還暦を過ぎいつも明るくいたいと思います。
そして少しでも人様に喜んで頂ければとも思います。
マイクロデポさんの信条がここにあるのですね!

↑「調布のU」さん、今日も有難うございました。
・・・ところで、只今見つけた動画なんですが、Uさんも遊ばれてます(笑)よ。http://www.youtube.com/watch?v=p9Rqe2F7wxQ

ヒマ人なんだろうけど、こういうの作るヒトってウマいよなあとつくづく感心いたします。
とにかく笑いは若さと健康の源泉だろうコトは疑う余地がありませんね!

たこちゃんとの価値観は一緒であることを確認しました。
本文、並びに動画を観て(笑)。

今動画見ました笑
顔か出ていなくてよかったです!
相手役のこの方は、佐藤さんと言って、高校の先生と
役者さんをやっている珍しい方です。
それにしても龍前住建のCMまだ流れてるみたいです。

価値観の相違を認め合う努力は必要だと思います。
しかし中東の人質問題は「価値観の相違」を遥かに越えており、
思考停止に陥ってしまいます。
私には、ただただ祈る事しか出来ません。

日本はいい国です。

なかなか困難な問題です。根が深く、容易に答えられません。まあ答えなんてないのだと思います、答えを出していく過程が必要なんでしょう。
動画で、Uさんが遊ばれていたんだ!「うまいうますぎる 十万石饅頭」!!埼玉の人には有名なCMなんですね。
バクザン先生のことはあまり知りませんでした。ただお酒のラベルの文字ときいて見たことがありました!! 人の役にたつためにやっていくしかないですね。。。

まったくのキレイごとです。
中世の宗教戦争のしっぺ返しをしてんだから、そんなキレイごとなんか通用しない。
かつて白人が蹂躙した民族が復讐している。
日本人は出る幕はない。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/58770107

この記事へのトラックバック一覧です: キレイごとかも知れないけれど・・・:

« 雪景色に思ふ | トップページ | 明日は”節分”、貴方はドッチ派? »