マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 春です、ホルモンの季節です(笑) | トップページ | マセラティギブリⅡの天井を張る前に(ハガしの続き)・・・ »

2015年2月26日 (木)

フィアット500を中古車で! ”1ページで分かるチンク”・・・新サイト誕生!

 はい、こんばんは!本日はツメたい雨がシトシトと降り続くような、シケた雰囲気(泣笑)の一日でしたが、夕方になったら、突然「Wさま」さん(本物!:笑←っつーか、御本人と云うべきか)が御来店。昨日話題にしていたホテルカデンツァ光が丘の隣あたりに御仕事でいらした帰りがけに寄ってくださったそうです。昨日の札幌御出張土産のショコラクッキーを拝領仕りました(ホントに有難うございます!)。「すいません。”ホルモン屋大会”自分は行けないんで、皆さんによろしく」と承りました。そんなところに、中野の自動車カタログ屋”ブックガレージ”の高橋夫妻も来襲(笑:今日はアチラのお店は定休日なんです)、ワタシの頼んでいた資料用カタログを見繕ってもってきてくれました。いつもホントにお世話掛けます、アリガトね。みんなしてクダラナイ話で大いに盛り上がってしまいました。昨日のコメント欄を拝見いたしますと、今のところ”若干名(笑)”の御参加が見込まれそうな”ホルモン屋大会(3月7日夜挙行)”でありますが、ワタシも今からとっても楽しみにしております。「大阪のE」さん、ごめんなさいね!そのうち機会を窺ってコチラから出向きますんで(迎撃態勢を整えて御待ちくだされ:笑)。

 そーいえば、本日は先日取材を受けた”カーマガ”発売日なんですよね?例によって、”サンプル本”は到着しておりませんので、本物の記事ページを読んでないんですが・・・マイクロ・デポ紹介ページのキャプションの隅っこに、顕微鏡で見ないと分からないくらいの”ちい~さな”文字で、あろうコトかこんなのが書いてありませんでしたか?

 http://www.microdepot.co.jp/ (ショップ)

 http://cyutako.cocolog-nifty.com/blog/ (ブログ)

 http://フィアット500.pw/ (フィアット500専用サイト)・・・???

 ・・・何をかくそう、構想7年、着想7分(笑)。この一ヶ月のあいだ睡眠と休日とすべてのスキマタイムを費やしまして新たにつくりあげた”現行型のフィアット500をなんとか1ページ読むダケで理解したつもりになるサイト”であるところの・・・

 「フィアット500を中古車で!1ページで分かるチンク」と題した新しい当店公式サイトのドメインなのデス(ここでパチパチパチとまばらな拍手をば:笑)。

 電車での移動中にスマホで簡単に閲覧出来るよう、原則的に一切の階層構造を持たない作り(ひたすらスクロールしてください:笑)としてあります。もちろんパソコンでもお楽しみ頂けますように設計してありますが、内容が少ない(泣)んで、とりあえずはあっと云う間に読み終わってしまうコトでしょう。まずは、現在日本で流通しているイタリア車の中古車の中で、一般的にもっとも親しみやすく取っ付きやすい車種として取り上げるコトとし、このヒト月受験生のようにベンキョーいたしましたところ、意外にも奥が深いところに感銘を受けました。草葉の陰でアレック・イシゴ・・・あ、ちがった、そりゃ”ミニ”のほうだ。う~うー、あ、そうそうダンテ・ジアコーサ先生も喜んでくださるように東洋の島国で一生懸命に書きました。でも、ジアコーサ先生の作品はリアエンジン・リアドライブのヌーヴォ500(二代目)。現在のフロントエンジン・フロントドライブ化した500は、先生の意思を継いだイタリアのエンジニエレさん方が見事に現代的なファンカーとして蘇らせてくれた逸品デス。

 今まで、旧いマセラティやフェラーリしかマイクロ・デポでは取り扱わないと思ってらした皆さんも、これを機会に「ワタシの本気」を御理解ください。マセラティで培った”超絶仕上げ芸(笑)”はチンクェチェントにも同様に注ぎ込まれます。

 新しいサイトを御覧になった方々が、お一人でも多く”イタリア車デビュー”を飾って頂けますように念願しております。「(ドコにでも売っている)フィアット500をわざわざ(”よりによって”か:笑)マイクロ・デポで御購入頂く理由」は色々とアピールできますが、1ページでは今のところ語りきれてはおりません。どうぞ御遠慮なく来店頂きまして、ともに語り合おうではありませんか!「チンク予備軍」の方々、御待ちいたしておりますよ。

 ところで、この新しいサイトの一番下の方には、SNSの”いいね系”ボタンを3種置いてますんで、どうか関係者の皆さんでポチってください。とにかく、まずは”拡散(ヘンなネット用語ですね:笑)”するところから地道にヤリましょう。ちなみにグーグルでは本日現在は幾ら検索しても出てきませんヨ(なにしろ、今日の夕方にアップしたばかりですからね:笑泣)。皆さんの応援ダケが頼りです。ヨロシクお願いしま~す!!

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« 春です、ホルモンの季節です(笑) | トップページ | マセラティギブリⅡの天井を張る前に(ハガしの続き)・・・ »

コメント

日常的に、まあたこちゃんさんってすごいなあと思ってはおりますが、こういうものを拝見すると、つくづくまあたこちゃんさんってすごいなああああっ!!!って、改めて思います。再確認いたします。

三代目500を扱った記述は世の中に数多あれど、エンジンの型式から星の数ほどもあるバリエーションの全てを網羅したものって、初めて拝見いたしました。かような記述であれば熟読しようという気にもなろうというものです。

個人的にはシート形状の好みという点でつるしでいえばアバルトに行かざるを得ませんが、2気筒にアバルトのシートとか、アバルトに1750ターボエンジンとか、是非アレンジして頂きたいなあと思います。MTで。

皆さんお晩です!

すごっいですね~~~!!!
ブログ更新だけでも大変なのに、新しいサイトまで作ってしまうなんて!!
うん、これで身の回り車は「チンクエチェント」に決定!!かな・・・?笑

フィアット500の新サイト開設、まことにおめでとうございます。
一瞬フィアット社の公式サイトかと錯覚してしまいました。
凄い!お洒落!デポッぽく無い・・・失礼。
グランデプントの納車の儀を目前に控えた身としてはナンですが、実はワタクシ現行チンクェチェントに憧れておりました。
老若男女、誰が乗っても絵になる素晴らしいスタイリング。
いいなあ。素敵なアシグルマです。
ワタクシならばベージュ系のソリッド色で小口径ホイールの一番地味なヤツが欲しいかも。
でも、若者にはやんちゃなヤツを乗り回して欲しい。
女の子には派手な色も似合いますね。
紳士淑女にも相応しくバリエーションが豊富なのも楽しいですね。
爺ちゃん婆ちゃんが乗ってもカッコいいと思います。

チンクェチェントがマイクロ・デポ社の商売の柱になる事をお祈りするとともに3月7日(土)のホルモン焼肉の会に皆様どうか参加されたし。
午後10時から参加のワタクシは端役なので無視してください。
たこちゃんズと練馬のH先生をどうか盛り上げてくださいませ。
3月7日は午後10時きっかりに練馬のH先生とおそろいの全身ロッソタイツで馳せ参じる所存です。さて、何処で着替えようか。。。

本日は突然の来襲(笑)、失礼いたしました。
偶然にも”ブックガレージ”高橋夫妻との再会もあり、楽しい話題でついつい盛り上ってしまいました。
昨日は札幌までの日帰り出張、本日の出張があった為泊まる事ができませんでしたが、機会があれば札幌のIさまにお会いしたいものです。

本題のリンク先、すばらしい出来栄えです。
しかしフィアット500にこんなに限定車があったとは。
確かにたこちゃんが推する理由が理解できます。

ホルモン、目と鼻の先でのそんな楽しそうな事指をくわえて見ているわけにもいかないので、先約の予定をずらしまして参戦させていただきます。
おっと、その前に修理のご相談をしなくてはですね。

おお、こう来たかsign03
正直、私もびっくりしました。
まさかフィアット500を大々的にやるとは。

でも、今でさえ狭い狭い光が丘でこれもやんのsign02
注文が殺到する事態にはどー考えてもなんないだろうけど、それにしても…でもって依然家内工業のままでsign02
この着想7分が成功するか失敗するか…なんてことは全く関係なく、考えてもいないだろうし、日々粛々と仕事をしてくだけだろうが、マセラティの数十倍は扱いやすいだろうけど・・・心からおめでとうと言いたい。
そして、なんか新しいことが見つかってよかったねsign01とも言いたい。
ギブリ”ぶ~た”Ⅲにデポの未来なんかないと思うし。

やはり、注文せざるをえない、だろうか。
私はホットカルピスをトポトポと作りながら夢想する。
147は事故のおかげでびかびかになって帰ってくる。
あいつは可愛い。
ルーちゃん2号の恐るべき遅さ(もうほとんど鈍重)は、替えてしまうのに十分な条件だが、「180馬力、キャンバストップ、革じゃなきゃやだ」のチンクエチェントをサードカーにしてしまうのは惜しい。
541がほんとに来ちゃったらフォースカーになっちゃうじゃん。
ホットカルピスをほっこりと啜りながら女房【膨張中です】に言ってみた。
「ベンツをチンク(チンクって漢字で変換すると珍苦になるんだな)に変えたら?」
瞬時に「ムリsign01」とかわされました。
ああ、でも、知ってたらルーちゃんを買うこともなかったかもしれない…もしかしたらだけど。
珍苦、珍苦、珍苦、珍苦、珍苦…
いえ、心動かされちゃったんですよ。
濃いメタリック紫の珍苦に乗ってる自分を見たのは、Hot CalpisとPeace Aroma Royalが醸し出したPurple Hazeが見せてくれた幻でせうか。
ああ、平和な日本で良かった。
しばらくはキャンバストップを開けてヘラヘラとだらしない顔して珍苦に乗ってる自分を夢想します。

 チンクエチェントは人気ありますね。サイズといいデザインといい魅力満載です。
 ミニが、現行になりだいぶ大きくなった感じがするのに対して、チンクエチェントは、それほどスケールアップしていない感じがしますが、実際はどうなんでしょ。それにアバルトバージョンもありますし。
 マセラティ ビトルボたちも、これから優良な車両は少なくなっていくでしょうし、今あるビトルボたちもだんだん距離も伸びてきますし。マイクロ・デポの新機軸、新戦略として、チンクエチェントというのはわかります。古いチンクエチェントも扱うのでしょうかね?とはいえ、なかなか出物はないでしょうが。

私が初めて所有した車がミニだったので、小さくてカワイイ車大好きです。当時このサイトを見つけていたら練馬に飛んで行ってたはず(^-^)家の近所の月極め駐車場(おそらく都内の5分の1ぐらいの賃貸料)発見!夢のセカンドカー!楽しい混乱に陥りそうです。

カーマガジン買いましたよ!見開きで、デポの広告状態!キャラミも、特別絶滅危惧種、ワシントン条約に抵触危惧種のキャブ ビトルボEも、おぐさん?シルバーギブリも写ってましたね。たこちゃんの濃い話しは割愛されていたのが、残念❗️

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/59071374

この記事へのトラックバック一覧です: フィアット500を中古車で! ”1ページで分かるチンク”・・・新サイト誕生!:

« 春です、ホルモンの季節です(笑) | トップページ | マセラティギブリⅡの天井を張る前に(ハガしの続き)・・・ »