マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 明日は”節分”、貴方はドッチ派? | トップページ | 君よ知るや、”もちもちの木” »

2015年2月 3日 (火)

”ウナギイヌ”の時代

 はい、こんばんは!昨日も御案内したように本日は”節分”であります。当ブログ読者の皆様方にも地方色溢れる様々な流儀でオニを蹴散らし福を呼び込んで頂きたいものではあります。

 だけど、よくよく考えてみると「トシの数だけ豆を拾って喰う」と云うのは、現在に於いては”衛生観念上は如何なモノか”と議論の対象になってしまいそうですね。なるほど、最近では数ツブづつが1パックとされた包装の炒り豆も売ってるみたいです。で、パックされたままのを投げて、あとから拾い上げたソレを開封して食べる、と。・・・あー、なんか味気ないケド仕方がありませんね。なんかやっぱり冬場もウイルス系統が床などにはウヨウヨしてそうですから、特にお子さんや御高齢者のいらっしゃるお家などでは、落っこちてるのを拾い食いするのはヤメておいた方が良さそうです。想えば、コドモの頃には幼稚園などでも節分の豆まきをやってたモノですが、ワタシの記憶では豆と一緒に”カンロ飴(トシあるね関係者の方々は懐かしいでしょ:笑)”とか”クッピーラムネ”なんかを包装ごと投げていた様に思います。でもフツーに床に落っこちてたのを拾って喰ってたよなぁ、保母さんに制されるコトも無かったし・・・近頃の幼稚園ではどーしてるんでしょね、豆まき。

 ところで、近頃、ウチの”たこヨメ”は何かと云うと「ウナギイヌ(リンク先はウィキ先生です)」と、我々世代には懐かしい名前を口にいたします。「なんで、今ここでウナギイヌなの?」と問えば「うーん、なんだか知らねどウナギイヌなの」とのたまいます。

 ワタシも”赤塚動物キャラ”の中で、もっとも慣れ親しんでいたのは、確かにこの”ウナギイヌ”であったかも知れません。思いつくままに記憶を辿れば・・・まずは、”おそ松くん”かぁ。動物のキャラ、居たっけなぁ。ちょっと思い出せません。”もーれつア太郎”なら、ツラツラ出てきますね、”べし(カエル?)”・”ケムンパス(毛虫?)”・”ブタ松親分”とその舎弟たち”・”ココロのボスとその配下たち(たぬきorイヌ?)”、そしてなんといっても”ニャロメ”ですね。ああ、変化球では”ひみつのアッコちゃん”に出てくるバブバブを咥えた”少将”がいつもウチ跨ってる”デカイとら猫(名前失念)”とアッコちゃん家の”可愛い猫(シッポナだったっけ?)”なんかが思い出されます。後年には”ほぼニャロメ”の主人公を擁する”レッツラゴン”なんて漫画もありましたっけね。

 なるほど、ちょっと顔面に於けるクチビルの占める割合が多めなヒトを指して「ウナギイヌみてーな(みたいな)顔」と評したり、例えば”MGB”とか”MGミジェット”の様に、そもそも繊細なメッキバンパーを装備していた車種に後年ブ厚いラバーバンパーが装着された場合にも「あ、ホレ、MGミジェットの最後の方の”ウナギイヌ”みてーなヤツ」なんて、つい口から出ていた様に思います。それで、通じないコトが無い(もちろんワタシも御相手を同世代人とお見受けしての形容なんですが)んですから、こんなに有名な動物(?)キャラと云うのも、珍しいモノでしょう。しかも、当のウナギイヌ君は、登場時のエピソード(犬のお父さんと、ウナギのお母さんの馴れ初めバナシ)周辺を除けば、彼が出演(笑)している”天才バカボン”に於けるその後の役回りは専ら狂言回し役であり、他の著名な動物キャラたち(幕張に居るアメリカねずみのアレとか、水兵さんアヒルとか、ピアノの上に乗っかって陽気に唄を歌うイタリアネズミとか、タマゴの殻を被ったイタリアひよことか、柄物セーターを着て下半身は何も履いてないカーマニアのカエルとか:笑←全部分かってしまうアナタは間違いなく”トシあるね”か当ブログのヘビーウォッチャー)の様には決して主役ではないワケで、それをも鑑みれば、いぶし銀のバイプレーヤーそのものではなかろうかと思うワケです。スゴイぞ、ウナギイヌ。

 確か以前にも当ブログで書いたと思いますが、小学校に通ってた頃のワタシはアタマ(顔)がデカくてカラダが華奢であったために、重心位置が高いせいかとにかくよく転ぶコドモであったのです。しかも家の前が私道であるために長らく未舗装(しかも砂利などが敷き詰めてあるワケではなくて、赤土をベースに廃材の砕いた様なトンがったのがゴロゴロと)でもありましたんで、そういったものに蹴躓いて転ぶと、多くの場合には”赤チン”や”マキロン(出現当時は超画期的であったのデス)”レベルの処置では済まない程度の深いキズを被ります。練馬でちょっとしたケガをして外科にまいりますと、キズの治療と必ずセットになってたのが「イタい、いた~い」破傷風の予防注射と云うヤツでして、どーゆーワケだか、そうでなくともイタい患部に直撃で注射針刺されるんですから、そりゃもー悶絶であります。そんな掛かりつけの外科、待合室には”週刊少年マガジン”がずらぁ~っと並んでました。ですから、昭和47年~49年くらいの間に同誌に連載されてたマンガは、その医院の待合室でほとんど読了したと申しあげても過言ではありません。だけど、中学生になったら、スッカリ御無沙汰になっちゃったんで、連載は続いていたのに結末まで読んでないのも沢山ありますね。ああ、当の”天才バカボン”自体はその後も掲載誌を変えつつ連載と休載を繰り返してた様に思いますが、いまだに完結したのかしないのか(ワタシには)良く分からぬままに創造主の赤塚先生は天国に行っちゃいました。しばらく行ってなかった青梅にでも、そのうちイッてみよう。ウナギイヌには会えるかな?

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« 明日は”節分”、貴方はドッチ派? | トップページ | 君よ知るや、”もちもちの木” »

コメント

タイトルを拝見して、今の時代の空気感ってウナギイヌっぽいよね、とか、昨日をひきずって恵方巻きってウナギイヌの胴体っぽいよね、などというような内容だとしたら相当ハイブロウな今日のブログだなあと思いながら読み始めたら、違いました。

実写映画が見てみたいような見てみたくないような。

↑「おぐ」さん、いつも有難うございます!
・・・ウチの節分行事、ただいま滞りなくすべてが済みましたぁ!
にしても、豆撒きはやってないですね、世の中は(笑泣)。
周囲のウチでやってたのはたこちゃん家だけでは無かろうかと。
それも、色々とあとの御掃除とかのコトばかりが気になったりして、ね。
なんだか世知辛い世の中ではありますよ、平成の御代は。

たこちゃん出身園では園庭で豆撒き後、先生が教室で一人6個(年長園児)づつ配給し食べるのだそうです。

ちなみに我が家では福わ内時は豆を投げずテーブルにおきます。散らばったレゴのパーツと混ざっちゃうので・・・

くちびるくんは「ウナギイヌ」か「あなごくん」のどちらかでしたね。

皆さんお晩です!

今夜妻が急に「恵方巻」を作る、と宣言し作り始めました。
と言っても普通ののり巻きと変わり有りませんでしたが笑
夫婦二人して西南西を向き、物も言わずにもぐもぐ・・・
まぁなんちゃありませんでしたが、やってみました。
今年一年つつがなく暮らせますように・・・

ウナギイヌ、昔TVK(テレビ神奈川)の”新車情報”という番組内でキャスターの三本さんが「ウナギイヌみたいな格好をしたクルマ」なんて表現を使っていたような記憶があります。
確かにいぶし銀のような存在かと。ウナギイヌ(笑)。

”ウナギイヌ”の時代というタイトルで、ポル◎ェ パ●メーラの話かと思いました。知り合いが、新しいクワトロポルテを購入して(元々先代のクワトロポルテを所有)、ポル◎ェのディーラーの方に、「なぜパ●メーラを選ばなかったんですか?」と聞かれて、「そんな”ウナギイヌ”みたいな車欲しくないですよ」と言い放ったとのこと! 最近はTV CMにも、たまにウナギイヌさん出ていますね。
節分は、豆撒きもせず、恵方巻きも食べず、豆だけ適当な数を食べただけでした。

ウナギイヌは今で言うゆるきゃらですね。
異種生物の合成がショッカー怪人もそう。イソギンジャガーとか…。
あと、サザエボン。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/58802659

この記事へのトラックバック一覧です: ”ウナギイヌ”の時代:

« 明日は”節分”、貴方はドッチ派? | トップページ | 君よ知るや、”もちもちの木” »