マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月31日 (火)

ビートル”ドナドナ(泣笑)”

 おわ~、世の中急に、思った以上に”春”となり、スッカリ暖かい気候が続くようになってきましたね。はい、こんばんは!・・・かと云って、火曜日から夜桜見物に出掛けようと云う気合いもありませんので、こうして夜は、おとなしくブログ書きをば。

2015033101201503310220150331032015033104 ・・・先日、当ブログで御案内した”超絶バリバリもん”のフォルクスワーゲンタイプⅠビートルは、空冷ビートルとして世界最終生産限定車であるところのアルティマエディションです。

 ”アルティマ=究極”と銘打つダケのことはあり、クーラーも装備したインジェクションモデルで、”ぜ~んぜんフツーに乗れる(足に出来る)わ、超絶キレイだわの逸品だったんですが、当ブログの読者様方からは、たいへん残念なコトにどなたも手をアゲる方が出て来なかった(こういうのがホンモノの掘り出し物なんだけどなぁ:泣笑)ので、本日の夕方にオークション会場へと高速道路をトバして自走出品いたしました。月末で、さらに年度末の一日でもありましたので、午前中からヒトの出入りがハゲしいうえに、デスクワークにもハリつかなければならない状況でしたが、そのような中で、時間を見つけては”オークション出品仕様”へとさらに作り込み(上記のリンク先画像と見比べてください:笑←あんまり変わんないか:泣)、「午後から夕方に掛けては、さぞや道が混みそうだよなぁ・・・」と危惧しつつ出動いたしましたが、意外にもつるつると会場まで行くコトが出来ました。

2015033105201503310620150331072015033108 ・・・行きは高速道路を利用いたしましたが、その時に反対車線を見ておりましたら、すでに結構な交通量であったコトが見てとれましたので、いよいよ夕方となる帰り道にはオール非高速道路線を選んでチャレンジするコトといたしました。

 ワタシが随走していったアシぐるまの”コペ蔵”君を、屋根カッとばして春のポカポカ陽気の夕方に走らせます。

 とあるプロ球団のドーム球場をヨコ目に見ながら、そのまま走り抜けるとキレイな湖の風景が出てまいりました。ところどころで満開のサクラも楽しむコトが出来て、コレはコレで満悦の境地でありましたヨ。夕日とサクラのコントラストもオツなものですなぁ。さぁ、今週はドコかで夜桜見物出来る機会があるかな?

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2015年3月30日 (月)

ただドアミラーを付けようと思ったら(笑泣)・・・やっぱりマセラティ(その1)

 はい、こんばんは!昨日の日曜日は、夕方にちょっとデポに出向いた以外は一日中アパートに引きこもってゴロゴロと無為に過ごしてしまいました。ホントは光ヶ丘公園にでも花見に行きたかったんですが、午後からは雨模様となってしまいましたので、おとなしくしてたワケです。今朝になってニュースを見たら、東京は上野公園などで既に昨日”満開”となってしまっているとの由。この分じゃ、”我らが”光ヶ丘公園でも咲き乱れちゃってるんだろなぁー。頼むから来週の日曜日までサクラさんには持ちこたえて欲しいモノです。雨なんか降るんじゃねーぞ~!

20150330012015033002201503300320150330042015033005201503300620150330072015033008 ・・・本日は、夕方に「川崎のK」さんがお越しになって、BMW120iスタイルの”納車の儀”を挙行するコトになっておりました(で、無事にお納め出来ました←Kさんには月末で渋滞するのをおしてムリにお越しになって頂きました。ホントに有難うございました!)のですが、同車はお昼過ぎに品川陸事の近所でナンバーと車検証を取得して、戻って来てから即時ETCセットアップ、そして夕方の時間帯に御来店で”ゴ~ル”と云った手筈でしたので、午前中は、「宇都宮のK」さんのマセラティクアトロポルテ(Ⅳ)V6エボルツィオーネコーンズセリエスペチアーレ(長っ!:笑)に、ドアの塗装のために取りはずしていたドアミラーを”チャチャッ”と取り付けて、ドア内張りトリムの装着を昼メシ前までにしておこうと思い作業を始めたのですが・・・。

 (グスン・・・)ハズれていたドアミラーAssyをいったん画像の様にバラバラに分解して各部をキレイに清掃して組み直したら、電動格納機構がウマく動作しないコトが今さら判明(泣笑)。

 「ま~た、オマエたちかぁ!」とカプラーのブーツをめくってみたら、案の定”4本”のコードが切れてました。もうココは、ドア開閉のたびに「Z型」に屈曲を繰り返す部分なので、経年でこうなるのが分かりきってる様な設計です。完全に切れてるところは、以前にハンダで直した形跡がありましたが、やっぱり屈曲運動には耐えられない模様です。ああ、ツカれたから続きは明日書こ(スミマセン!←実際に作業完遂にいたってないんです)。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2015年3月28日 (土)

サクラ咲く土曜日

 はい、こんばんは!さいた、サイタよ、サクラが咲いた、ついに光ヶ丘に春が来た!!そんな感じのポカポカ陽気の土曜日でありました。今朝は6時頃から元気よく(”マッサン”最終回もブッとばして:笑)出勤して、一日のミッションを滞りなく遂行するための準備作業から始まりました。午前中、午後一番、夕方と”合計3ラウンド”のお客様を御出迎えせねばなりませんからね。クルマを取りに行くために朝一番で光ヶ丘公園外周路を走りましたら、ホントに日当たりの良い街路の方ではサクラがチラホラ咲きはじめておりましたヨ。

20150328012015032802201503280320150328062015032804_2201503280520150328072015032808 ・・・ソレはソレは気持ちの良い無風晴天で、屋外作業も捗ります。「何かイイコトあるゼンチョーだな」と、思ってたんだけど、本日の御来店予定者様全員が、あろうコトか「環状8号線外回り(城南方面からの北上コース)」を辿って東京都最北の当店までやってこようとする方々でありまして・・・「久しぶりのポカポカ週末だからどっか行くかぁのヒト+ちょっと早いケド花見のヒト+ちょっと遅いケド御彼岸のヒト+引っ越しは土曜日である本日に限る(明日の日曜日はおツカれ休みと新居の整頓作業、月曜日から新天地に出勤)と思ってるヒト」の全員が街に繰り出していたらしく、んまぁ、ドコもかしこもクルマだらけ。朝一番で環8井荻トンネルあたりの施設に居る実母を訪ねていた”たこヨメ”が、「もう、メッチャクチャ環8混んでるワヨ、ドッチ(の方向)も」とノタまっていたんで、ある程度覚悟しておりましたが、皆さん渋滞にスッカリはまりつつ、御苦労された模様で本当に申し訳ない思いであります。

 本日、先日御高覧頂いたマセラティクアトロポルテV6エボルツィオーネ”銀”を御試乗くださったクアトロポルテV8でお越しの「S」さま、とにかくヨロシクおねがいしまぁ~っす(願笑)!

 ちなみに、画像、土浦ナンバーのクアトロポルテV8は「牛久市のS」さん号、宇都宮ナンバーのクアトロポルテV6エボルツィオーネは「宇都宮のK」さん(本日は御電話有難うございました!)号の本日の様子です。午後になって12カ月点検とタイミングベルト&ウォーターポンプ定期交換のためにわざわざ愛知県から自走でお越しくださった「Hさん」は御子息が並走してきてくださったフィアット”ニュー”ニューパンダ(笑:新車←ホントは娘さんの持ちモノらしい)でトンボ帰りされましたが、無事にお着きになったかなぁ。お三人様、本当に有難うございました!一方、夕方近くに御来店予定であった「Sさん(なんだかSさん多いな:笑)」は二子玉川まで環状8号線をアガって来たところで無念のリタイア(と御電話を頂戴いたしました)。本当に今日は渋滞がヒドかったみたいです。また捲土重来を期しましょう!そんなワケで、夕方以降の予定が急遽空いたんで、早速「Hさまギブリ」の作業を開始いたしましたが、その模様は次週月曜日に。ああー、「川崎のK」さん、BMW120iスタイルは月曜日の16:00頃にはお納め出来ますので明後日14:00頃にお手すきならば御電話くださいネ。以上、”ぎょーむれんらく”でしたぁ。

 それじゃー、また来週!・・・今週も一週間、有難うございました。明日の雨がサクラを荒らさぬ様に願いつつ寝ます。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2015年3月27日 (金)

花とギブリさん

 はい、こんばんは!本日は、早朝こそ寒かったのですが、グングンと気温は上昇し、久しぶりに水仕事がラクに出来ましたヨ。皆さんのお住まい周辺は如何でしたか?本格的な春がようやくやってきた様な趣きでした。

2015032701201503270220150327032015032704 あ、いやね、ポカポカ陽気の中で、このクルマのホイール洗いをしてたら、例の「脳内ぐるぐるミュージック」と云うのが始まってしまい(泣笑)、ソレが「花と小父さん(音出ます、注意!)」って歌なんですけど、こんな曲知ってるヒトはたいがい”トシあるね関係者”であろうかと思われます。浜口庫之助先生の叙情的な詞とメロディーがササリます。ワタシ(おぢさん:泣笑)にとっての”花”は、もちろん旧いマセラティたち。この時代のマセラティ車に独特の濃紺はブルースペチアーレ。眺めているダケでも落ち着いた気持ちになります。なんというか、こう、品がいい。それでいて、決して地味におちてないところがまた素晴らしいと思うのです。継続車検の機会に、こうして全体的にキレイにしてあげて、二年の歳月のあいだになんとなく燻ったり、ホコリが載ったりしたところをフレッシュな状態に戻します。ビトルボ系マセラティの様な作り方をした手造り車は、もうこれから先には生まれてこないのは確定的なので、正直なところ悲しくて仕方が無いのですが、どの一台も美しい状態を保ちつつ生き残っていって欲しいと願わずにはおれません。ともあれ、本日もひとつミッション完遂で「ホッ・・・」。

20150327052015032706 ・・・で、コチラがモノホン”花”の方。はいはい、どーせショボイですよ(泣笑)。コレでもワタシ的には「マイクロ・デポ ガーデン」のつもりなのですから。昨日は”たこヨメ”がアレコレと新たな春のお花を植え込んでおりましたので、またホンの少しだけ北側が華やかになりました。やっぱハーブ中心だと雑草だと思われてるらしい。お願いだから、”カレー屋のお客”には、ここに自転車のタイヤやスタンドを突っ込んで駐輪する(相変わらずなんです:泣笑)のをヤメて頂きたいと願っております。写真より現物の方がカワイイですヨ。

 それじゃー、また明日!・・・土曜日もチョ~忙しそうだなぁ(ファイト!ファイト!!)。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2015年3月26日 (木)

マセラティクアトロポルテⅣに乗ってシンガポールに行こう!

 はい、こんばんは!本日は北風が吹き荒れた昨日よりは幾分かラクな気候でしたが、晩になったら結構冷えてまいりましたね。そのような中、わざわざ新幹線でお越しになってくださった「浜松のU」さんには、無事にランチアイプシロンの”納車の儀”をとり行うコトが出来ました。感謝、感謝!デス。現地まで予定通りに到着されたかな?

 と、一段落ホッとしたところで、本日はグデングデンなので”超小ネタ”です(笑)。・・・そのムカシ(昭和36年)、「トリスを飲んでハワイに行こう!(音出ます、注意!)」って有名なキャンペーンのキャッチフレーズがありましたが、本日のお題は、「マセラティクアトロポルテⅣに乗ってシンガポールに行こう!」としております。

 本日の夕刻には、先週の土曜日に勤務滞在先のシンガポールから帰国された「品川区のK」さんに、継続車検&整備を済ませたマセラティクアトロポルテⅣV8をお納めしたんで、ソレにインスパイアされる様にして思い当ったのですが、昨年マセラティクアトロポルテⅣ前期型V6をお納めした「横浜のH」さんは今月から急遽社命によりシンガポールに赴任されましたし、現在売りモノとしているマセラティクアトロポルテV6エボルツィオーネの”銀”の元オーナーである「和光市のT」さんも、先月に急遽キマってしまったシンガポールへの一時転勤(数年の御予定)のためにお手放しになるハナシとなったんだったよなぁ。

 ・・・そのようなワケで、”シンガポール行き”を積極的に御希望の方は、今すぐ当店でマセラティクアトロポルテⅣを買いましょう(笑)。但し、シンガポールにマセラティを持って行きますと、メチャクチャな(禁止税的)物品税を掛けられます(泣)んで、ソレだけはヤメておいた方がよろしいかと存じ上げます。まっ、たびたび祖国に帰ってきてはお楽しみくださいな(バッテリーはハズしておいてネ)。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2015年3月25日 (水)

ようやく余震(笑泣)がトマりました。

 はい、こんばんは!きょぉーの真冬はいよいよ寒い・・・いやチガった、今日は時間が経過するに従っていよいよ寒くなってまいりまして、結局はまるで真冬の様に感じられる一日でありました。やっぱ春向けにちょっと枚数をヘラした着衣と、ユルんだココロがそう感じさせるのかも知れません。只今アパートに帰還いたしましたが、道中の寒さはコタえられませんでしたね。御彼岸は過ぎたのにシッカリと寒の戻りはやってきたと云うワケです。これじゃー、せっかくホコロビ掛けたサクラのつぼみも、一気にキュンっ!と閉じてしまいそうですね。ああ、こんなコト書いてると、また「大分の”匿名希望”おスケ○先生」閣下様から、イヤ柄背の様に18禁コメントがやってきてしまいそうで・・・(って却って”誘い水”になってる様な気もいたしますが:泣笑)。

2015032501201503250220150325032015032504 ・・・ああ、ようやく一段落してくれた様子です。ナニがって?ここ三週間近くマイクロ・デポを翻弄し続けた隣家の解体工事が、壁の破壊と撤去作業の終結に拠りまして、本日終わったらしいんですヨ。

 敷地の中に鎮座していたパワーショベル車も午後にはトラックに載せられて去って行きました。

 こちらは、本日朝からデント作業に邁進してもらっていたので、ソレらが済んだ夕方に一連の写真を撮影いたしました。この風景は、おそらく一過性のモノだと思いますんで、貴重ですよぉ~。今朝の壁のコワし方と云うのがまた豪快かつ秀逸なモノで、壁にグルッとワイヤーを巻き、その先をパワーショベルの先端爪に引っ掛けて曳き倒すと云う強引な方法。おカゲ様で、狭小な”我が領土”がさらに数平方センチメートルだけ”モゲて”しまいました(泣)。カベの再建工事の時に直してくれるんだそうですが・・・そんなコトで許されるのでしょうか、この行状(泣笑)。ともあれ、今度は新築工事の方が始まるらしいので、どうなりますコトやらと気を揉みながらしばらく見守るしか無さそうです。まぁ、御近所付き合いは”お互い様”が基本ですからね、大事にしないとイケませんね。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2015年3月24日 (火)

おまえはハガネの器械でも・・・

 ちょえ~っ!なんだかメッチャメチャさみぃー(寒い)夜ですね、はい、こんばんは!一昨日の日曜日などはあんまりポカポカと気持ちが良かったモンで、「ソコの公園に何か持ってって喰おっ!」とばかりにお湯を入れたカップラーメン(サッポロ一番みそラーメンと塩ラーメン)と発泡酒を携えて行き、ベンチに座って楽しんだくらい(フツーの人類はヤラないとは思うが:笑)だったんですが、一転して本日は真冬そのものの寒さに逆戻りです。サクラの開花予想は明日(東京)のハズなんだけどなぁ。

20150324012015032402 ・・・そんな日曜の午後、オモテから帰ってきて引き続き一パイ引っ掛けてましたら・・・「ああ、なんでこんなところにコップ置いてるのよォ~(プンプン!)」と、やおらヨメが怒り狂っているので、その方向を見れば、グラスが倒れて、あろうコトか中の発泡酒がキレイにキーボードの中へと流れ込んでおりました。「あああ、うううっつ!」・・・パソコンやりながら呑んでたダケなのにぃ!早速パソコンの電源をオトして、キーボードの完全分解洗浄を試みましたが、ついに電源が復帰するコトはなく・・・。結局すぐさま寝巻から着替えて、すぐソコの”コ○マ”に出向きキーボードを求めたら、なんと僅か800円ほど(安っ!)。無駄となった分解洗浄&組立には二時間も掛かったのにぃ。一方で、長年連れ添ったケータイの方も、前日の土曜日に引導を渡さざるを得ない状況となっておりました(なにげなくヒラいたら、蝶つがいの部分が欠損してほぼ使用不可能に・・・まさに”刀折れ矢尽きるの図”:泣)ので、コレも緊急にヤ○オクでリサーチするハメに。

2015032403201503240420150324052015032406 ・・・で、本日やってまいりましたヨ、新しいケータイが。よくもマァーと思うくらいにワタシはこのデザインが気に入っているので、色違いでオカワリしてしまいましたのです。

 早速電源を入れれば、(二日ぶりだけど)懐かしい「HELLO!」の文字が浮かび上がり、無事に起動いたしました。

 とっくに製造中止となっているガラケー(Docomo N703iD)を今さらわざわざ中古で買わんでもと思われましょうが、好きなモンは好きなんだから仕方がありません。今まで8年もの長きに亘って酷使され続けてきたジアッラ(笑)のケータイから、電話帳などすべてのデータを無事に移植し終えて、電源ボタンを長押しすると「SEE YOU!」と一言云って、黄色い彼は静かに眠りへとオチました(画像はピンクの方で代用しておりますが、こんな感じデス)。電池パックもSIMカードも抜き取られて、今や”亡きがら”と化した彼を見ていると、なんだかジワっとしてしまいます。キーボードといい、ケータイといい、長年指先が触れていたモノは、モノであっても情が移るんですね。願わくば、新しい”桃色ピンちゃん”もこれから永いコト頑張って欲しいモノではありますヨ。あ、ちなみに本日も新しいキーボードの方でこのブログを書きました。まだまだやっぱり、なんとなく指先に馴染んでおりませんね。あ、今日の表題見て”電人サボーガー(音出ます、注意!)”思い出したヒトは、間違いなくアラフィフ協会認定の「トシあるね”七段”」です(どっちかって云えば、この歌の2番の歌詞の方がシックリとくるかな:笑)。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2015年3月23日 (月)

世の中、色々ありますが・・・

 はい、こんばんは!今日は週初めの月曜日。今朝の天気予報では”毎日が快晴”とのウレしい予想をしてくれました。ソレ聴いて「今週(こそ:泣)は怒涛の納車を頑張るぞ、オー!」と意気込んでおります。

 ところで、こんなワタシでも日々のニュースはそれなりにチェックしておりますが、洋の東西や国内外を問わずに、ここのところ、なんだか気持ちが荒むハナシが多くてイヤになっちゃいますね。何しろ万事に於いて”人の命”が軽々しく扱われている風潮になっておりますのは、腹の底から憤りすら感じます。コレはいったいナンの前触れなんでありましょうか。

 その一方では、大きな会社の業績向上を牽引車に、それなりの中小企業まで”ベア”が上がり、高額なボーナスが支給され、日々報道される日経平均株価は上昇を続けて、2万円の大台に載るのも今や目睫の間となっております。

 内外の悲惨な状況を報道するニュースに触れるたび、以前に当ブログで御紹介いたしました「世界が100人の村だったら」と云う例え話を想起いたします。そのハナシに当てはめれば、こんなワタシでも、とりあえずは5番以内にエントリーしてしまうコトとなってしまいますが、当ブログを御読みの読者様方もほとんどそうだと推察されます。

 本日ワタシが申し上げたいのは、「だからガマンしろ」とか「節制・節約シロ」みたいなハナシではありません。ここのところ税申告の時期でもありましたから、ウチの協力会社さん方も青色申告をなさった様ですが、「もう、こんなに寝ないで一生懸命働いているのに、二か月分はゴッソリとトラれちゃうんだものなぁ~」と嘆くコトしきり。

 一生懸命働いて稼いできた熟年の方々は、そろそろ存分に「自分への御褒美」をしてもよろしい時期かと思います。(本来”5番目以内”であるハズの)ヒトビトが不自然なガマンをするから、その歪みが「どうしてオレだけが・・・」と、いつしか妬みや嫉みに変質し、前述したココロ荒む社会的事象となって次々と顕れてきているように思われてなりません。そのうちトシを重ねてまいりますと、思う様に思考も出来なくなりますし、体も動かせなくなってまいります。人生は一度きり。満足と納得のいく半生を目指したいと思っております。そんなワタシ?・・・まだまだにキマっているではありませんか!ムカシの小学生の様に未来を求めつつ、いまだに彷徨っておりますヨ。

 さてさて、ワンオフアルミ製ラジエターサブタンクのオーダーなんですが、一応シメさせて頂きました。皆様からのお問い合わせと御発注に心より感謝いたしております!有難うございました。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2015年3月21日 (土)

BMW120iスタイルの下回りを見る

 はい、こんばんは!”春分の日”のために祝日であった本日の土曜日、朝一番で「品川区のK」さんが継続車検のためにマセラティクアトロポルテ(Ⅳ)V8で御来店。今朝早く、勤務先のシンガポール(時差一時間だそうです)から東京に到着し、そのまま愛車を取ってお越しくださいました。早速リフトに上げて、継続車検整備&下回りの仕上げ(ホイールをはずして洗ったり、下回りを清掃&耐熱塗装したり)を午前中には完遂し、”返すカタナ”で、午後一番には「世田谷のS」さんのマセラティクアトロポルテ(Ⅳ)V6前期型をリフトに上げ、先日左右ブーツ交換を施したステアリングラックのチェックとウインドーウォッシャーのチェック、エキゾーストパイプの排気漏れ修理などなどを行いました。ソコに「調布のU」さんが御友人「さいたまのS」さんと連れだってお越しになり、いつものようにたくさんの差し入れ(本日は”マルタイ棒ラーメン”御当地スペシャルセット→Sさんが博多の御出身だからソレにちなんでのモノだったのかなぁ:笑)をしてくださいました。本日御来店の皆々様方、本当に有難うございましたぁ!

20150321012015032102 ・・・で、本日の画像は昨日に撮影した風景たちなんですが、マセラティクアトロポルテ(Ⅳ)V8をお持ちの「川崎のK」さんが、このたび御仕事のため(新しく出来る予定の”東京魚市場”への仕入れ買いだし用→なんとも”粋”であります:笑)に御購入くださったBMW120iスタイルを文字通り”俎上”に載せてみました。リフトアップして下回りをキレイになるまで”手拭き”で清掃し、続いてはエンジンオイルの交換です。

20150321032015032104 ああ、先日のランチアイプシロン同様に、”お醤油”状態となっておりました。昨今では、正規ディーラーでのエンジンオイル交換スパンは”エコ”の名のもとに、異常に長い期間が推奨されているようです。原則的にオイルは交換するものでは無くなり、ある距離ごとに添加剤とともに足していくモノとなっているそうですね。右の画像にあります如く、マグネットドレーンコックには、金属粉がミッチリと吸着されておりました。ちなみにこのBMWはジャスト2万キロになろうかとする個体です。BMWのアプルーブを取得しているモチュールの部分合成油に交換したところ、明らかに(特にアイドル時の)エンジンメカノイズが軽減されました。

201503210520150321062015032107201503210820150321092015032110 ソレにいたしましても、F20型のBMW1シリーズはサスガ現行車種だけあって、下回りを見ても整然としています。

 エキゾーストパイプ部分を除いては、フェルトで作られた超軽量のアンダーカバーにすべて覆われており、ホントはエンジンオイル交換用のドレーンが覗く小穴まで付けられて、アンダーカバーをハズすコトもメッタに無い想定をしている様子です。ちなみに左の画像は、エンジン下部のアンダーカバーを取り去った状態で下から眺めたの図です。リアの足回りにも樹脂製アンダーガードが装着され、雪道走行などのハードな局面での高速走行がシッカリと想定されているのが分かります。BMW1シリーズは決してロワーレンジ扱いでは無いのがこのあたりの作り込みからも伺えます。同じ1シリーズでも、ベースグレード車の16インチホイールや、Mスポーツ仕様の17インチホイールとはまったく別の意匠を持った”スタイル専用”のホイール(メーカーでの呼び名は”タービン・スタイリング381”、 フロント/リヤともに 7J×17 部番3611 2241 518)が装着されております。例によって一旦すべてのホイールはハズされ、裏から洗浄されました。組み合わされるタイヤは画像にあります如く、極めて高価なBSポテンザのランフラットタイヤが純正ライン装着とされておりましたが、コンディションがイマイチとなっていたんで、「Kさん」の快諾を得て、次週にはピレリP7ランフラット(BMWアプルーブ取得銘柄)への交換をする事となっております。斯くの如くにマセラティ以外のクルマはアッと云う間に出来るんだけどなぁ・・・(ペコリ、ペコリ、ペコリ←全国の”マセラティ待ち”顧客様への罪滅ぼし音:泣笑)。

 ところで、一部の当店顧客様方に波紋を巻き起こしておりますワンオフアルミ製ラジエターサブタンクなんですが、一応本日のブログコメント欄に於けるオファーがございましたところまでで一旦シメさせて頂こうと思っておりますんで、よろしくお願い申し上げま~す!

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2015年3月20日 (金)

しんちゃんのたんじょうび会でマッチボックス談義

 はい、こんばんは!明日の土曜日は春分の日で祝日、さらにはお彼岸でもありますが、ウチのお店は”ボンビーひま無し”なので、本来は祝日モードであるはずの明日も普通に朝から開ける予定でおります。時間刻みの段取りで作業が予定されておりますが、御購入の御相談や御試乗希望、査定希望のお客さんの御来店は大歓迎です。気兼ねするコト無く、御気軽に御電話くださいね。

201503200120150320022015032003201503200420150320052015032006 ・・・ところで、昨晩のワタシのお楽しみ、実はコレでありました。皆さんの御期待に反して(笑)、まー、ワレながら、なんと品行方正なコトでありましょうか。

 すでに予定より30分遅れていたのでアセっていたら、脳内が真っ白になって、肝心の行き方忘れた(やっぱ、ボケか?)。散々迷ってようやく到着した目的の地は練馬区内のとある住宅街にあるお宅、リビングルームにゃカベ一面にミニチュアカーが埋め込まれる様にディスプレイしてございます。

 ブックガレージ高橋君(しんちゃん)御夫婦のスイートホームに”たこちゃんズ”が”たこヨメ自製ケーキ”を抱えて来襲、もうじき51才を目出度く迎えるしんちゃんの”おたんじょうび会”を挙行いたしました。・・・とは申しましても、我々がヤルことですからカジュアルこのうえなし。しんちゃんからの提案は「とにかく新しい鉄板を手に入れたんで、家で焼肉ヤリたい気持ちでいっぱいなんだけど、ケムリが籠もっちゃうとマズいから、台所にね、こうテーブル置いて、換気扇回しながら床に坐って喰いたいの」と云うモノでしたが、ハナシを聞いた段階では全然ピンと来なかったんだけど、こういうコトでしたか。このためにわざわざ彼はテーブル自体をも自ら作った(天板と折りたたみの脚をそれぞれ買ってきて)と云う。ホントは51本ローソク立ててイヤがられよう(笑)とも思いましたが、それぞれ10才分と見立てたローソク5本と、1才分の1本で合計6本をケーキに立てて♪ハッピバースデイ、ツーユーと元気良く斉唱しました。「とにかくオメデトウ!あ~ウマかった(牛も勝った、豚も勝った:笑)」

20150320072015032008201503200920150320102015032011201503201220150320132015032014 ・・・ホントは高橋君御自慢の”永○豪秘宝館(笑)”が階下にあるんですが、久しぶりに見せてもらったけど相変わらずスゴイことになってました。ソレをここにて開陳するのは、諸々の事情によりモザイクかけまくり(なんで?:笑)になってしまいますんで”武士の情け”でヤメておきましょうね。ワタシ的には”当時モノ”マグネモ鋼鉄ジーグ(当然の様にビッグシューターもある←分かるヒトだけ分かってください:笑)がヨダレものでした。コドモの頃持ってた(ジーグだけ)モノなぁ・・・、嗚呼懐かしい。

 その代わりと云ってはナンですが、彼がわざわざ持ってきて”ブログねた”にして欲しそうなのは、コチラみたいだったんで、「1960年代~70年代の当時モノのマッチボックス」ミニチュアカーを取り上げてみようと思います。

 まぁ、以前にもワタシのコレクションを御紹介した記事を書きましたが、さすがに、ここにも今となっては珍しいモンがたくさんあるわいなぁ。・・・スーパーカーブームの頃には、すでに絶版か、絶版になりつつあったヤツらですね。こういった”ちょっと絶版”ミニチュアカーを求めては、自転車漕いで埼玉の大宮あたりまで遠征し、”鄙びた(如何にも売れ残ってそうな)オモチャ屋”巡りをしていた中坊の頃の”しんちゃん&たこちゃん”でしたが、今考えると途轍もないエネルギーの浪費(泣笑)でしたね。ああ、この黄色いランボルギーニミウラ(この初版モデルのみ、ランボルギーニV12が透けて見え、フロントタイヤがステアするギミックすら付いてるんです)なんて、ブームの当時にゃ逆立ちしても買えないくらいにプレミアがついてたんだよなぁ。ランボルギーニカウンタックはプロトタイプのLP500のモデル化でこれまた貴重。その後マッチボックスシリーズは”お子様向け”志向の製品開発がメインとなって、代替わりするたびにワケのワカラナイ派手な柄が入ったモノへと変貌していくのでコレクターたちをガッカリ(その時期は後に暗黒時代と呼ばれる)させたモノですが、そのギリギリ直前のモデルたちは今見直すと”いい味”出ちゃってマスねぇ。このあたりの品物でも40年経過してるんですものね、昭和も遠くなりにけり。皆さん、それぞれの車種名をいい当てられますかねぇ、”出来”があんまりヒドイので、判定不能かも知れませんね(ソレこそが、昭和の味・・・英国製だけど:笑)。

 ともあれ、しんちゃんとワタシ、お互いに顔を見合わせては「トシとったよなぁ・・・」的なハナシが会話の中心。自慢は専ら”如何に老眼がヒドいか”とか”如何に奥歯が無いか”、”如何に健康に気を遣ってるか”みたいなモノしかありません。まぁ、”人生100年時代”であるとするならば、ここが折り返し地点の51才、これから還暦まで一気に盛り上がっていきたいモノですネ。ビバ熟年っ!

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2015年3月19日 (木)

ランチアイプシロン 1.4 16V D・F・Nの下回りを見る

 はい、こんばんは!今日は午後からなんだかハッキリしない天候となってしまいましたが、”震度3(笑泣)”の揺れにじっと耐えつつ、粛々と作業に邁進いたしました。あ、そうそう、昨日御案内したラジエターサブタンクのお話なんですけれども、早速数名の方々から御発注やお問い合わせを頂いております。原則的に、当店で出荷するビトルボV6系マセラティのサブタンクに関しましては、納車後4年を経過していなければ当面の問題は無かろうと見ておりますが、御心配な方や、将来に亘っての展望を持たれている方はこの機会にどうぞと云った感じです。また、第一次の締め切りは今週末21日(土)いっぱいとさせて頂きますので、よろしく御検討の程お願い申し上げます。

2015031901_2201503190220150319032015031904201503190520150319062015031907201503190820150319092015031910201503191120150319122015031913201503191420150319152015031916 ・・・さぁ、本日は時間が無い(ちょっとこのあと”ムフフ”なイベントがあるモンで:笑)から、勢いよく捲ってまいりましょう!

 昨日朝から磨きまくられた上にガラスコーティングを念入りに施され、いまやズルンズルン(笑)な光沢を放つにいたったランチアイプシロン 1.4 16V D・F・N(浜松のUさん号)なんですが、本日は昨日に引き続いて下回りの最終チェック&仕上げ工程を行い夕方までに完成させましたので、なんとなく一部始終を御覧に入れながら全体の工程御説明をばいたしませう。

 はい、エンジンオイル見ましたぁ!ドレーンコックはずしましたぁ!!

 ・・・”醤油(黒酢でも可)”が出てきておりまぁ~す(笑泣)!!!・・・ので、すかさずUさんに御連絡、「エンジンオイル交換していいですか?」快諾を得たので、オイルフィルターとともに全交換、使用するのはMOTUL4100ターボライトです。

 最近のクルマはフェンダーライナーがフェルトで出来ててインシュレーション効果は抜群ですが、この素材、洗浄し難いのでお掃除がタイヘン(って、こんなトコまで掃除するヤツがヘンタイ:笑泣)。真空掃除機で吸いながら、洗剤をつけたマイクロファイバークロスで叩き出す様にホコリを取り除いていきます。

 ブレーキローター、次回の車検では研磨か交換が必要かな。キレイに掃除し、防錆のために耐熱塗装して仕上げました。もちろんすべてのアルミホイールがひとつひとつハズされて裏から洗い上げられておりますのは、当店の”お家芸(笑)”であります。

 リアのドラムケースを塗りアルミホイールを装着すれば・・・「まぁ、新車みたい!」エキゾーストパイプは掃除をした上で脱脂、サビを擦り落としつつ防錆処理、そして耐熱塗装を施されました。また、フロア下面にはすべて”手拭き”による掃除と仕上げを施してスッキリした雰囲気を醸しだしておきました。

 こうして、マセラティ以外の車種に於きましても、一台一台に”気合を入れて(笑)”タマシヒ込めて送り出しております。安心して付き合えるイタリア車は、本当に素晴らしい伴侶となりますヨ。今まで国産&ドイツ車党であった皆さんもユビを咥えて見てないで、とっとと”イタリアン人外魔境”へとお越しくださいな。イタリア中古車購入の必勝法を伝授いたしますヨ。”初めての方”のお越しを御待ち申し上げておりまーす!

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2015年3月18日 (水)

ビトルボ系マセラティのラジエターサブタンク(ワンオフ)を御案内

 はい、こんばんは!本日も昨日に引き続いて、夜になるまで薄着が出来る気温を維持した東京練馬ではありました。今朝ハヤくから、ランチアイプシロン1.4 16V(浜松のUさん号)とBMW120iスタイル(川崎のKさん号)を磨き倒し、シバキあげる(笑)一日を送りました。一方でマセラティ関係のレストア整備車を御待ちの方々に於かれましては、相変わらずたいへんお待たせして申し訳ありません。実は、二週間前から始まったお隣の解体工事が、ここのところいよいよ佳境に入っておりまして、終日にわたって断続的に「震度3~4」の揺れを体験するハメとなっておりますゆえ、危険防止のため長時間に亘るリフトアップ作業を断念せざるを得ない状況となっております。現場の状況を見ますと、いまだ向こう一週間程度は掛かりそう(只今、基礎部分を掘りくりかえしてマス)な雰囲気ですので、ちょっと短期決戦で勝負出来るクルマの納車準備作業を前倒しさせて頂いております。春先に向けて、いよいよ頑張って次々と送り出すつもりでおりますので、顧客の皆様の御理解と御協力をお願い申し上げます(毎度のコトながら、いつも本当に申し訳ございません:ペコリ・ペコリ・ペコリ!)。

 夕方には「中央区のT」さんが久しぶりにお打ち合わせのため御来店、いつもの美味しい地元の人形焼を頂戴いたしました、有難うございま~す!!

20150318012015031802 ・・・ところで本日は、いかにもマセラティ屋のサイトらしい”実用的なネタ”をお送りいたします。

 対象となる車種は、デ・トマソ期ビトルボマセラティ全種(マセラティシャマル含む)とマセラティギブリⅡ全年式、マセラティクアトロポルテ(Ⅳ)V6非エボ車などです。今朝、メールボックスを開きますと、アメリカのMIEコーポレーションの(”ビトルボ乗り”にはお馴染みの)スチュワート・アヴェリーさんからメールが入っておりました。以下、その要旨全文です。

Hello Mr. Okamoto,

I hope you are well.

The Biturbo coolant expansion tank (554021102) is no longer available.

We have developed an new aluminum tank.  I have attached some pictures.

Our first production will be 20 pieces.  I am taking pre-orders from our most important customers.

List price $327 

The new tank will be available in about 8 weeks.

Are you interested?  Please advise me.
Best regards. Stuart Avery

MIE Corporation
1620 Industry Dr SW  #F
Auburn  WA  98001 USA
Tel. 253-833-2598
Fax. 253-735-0946
www.maseratinet.com

 ・・・うぉ~、ラジエターサブタンクが世界欠品になったとのコト、え~ん!しかしながら、頼もしいではありませんか、サスガは天下のMIEコーポレーション、アルミでワンオフ品を作ってくれるそうです。気になる価格は少しばかりお高めですが、画像で御覧の様に完全な手造り品である事を想えば、いた仕方ないかも知れません。また、これだけ無骨でガッチリした作りですから従来のすぐに膨らんでしまう樹脂製の純正品とは異なり”定期交換(泣)”の必要は原則的に無くなりそうです。当初の製造ロットは20個だそうです。

 このブログの読者様の中で当サブタンクに御興味のある方(必要を感じる当店顧客様はもちろんの事、従来当店とお付き合いの無いビトルボ乗りの方々も)は、当店へ(必ず)メールで御連絡くださいますようお願い申し上げます。

 ①:フルネームの御名前(ハンドルネームなどではなく、御本名で)

 ②:送付先の御住所・御客様と直接お話が出来る携帯電話番号

 ③:必要個数

 以上三つの項目は必ず明記してください。また、上記の原文には「List price $327」とありますが、外国送金手数料や為替相場の上下、米国からの輸送料、国内での発送運賃、消費税などが別途掛かりますので御理解頂きたい(ハッキリ云って、手間を考えますと”商売”ではありませんので、高いと思う方や、こうした事情による金額の不透明さを飲み込めない方は初めから御遠慮ください)と思っております。当店でまとめて何個発注出来るかに拠りまして、ソレらの一個あたりへの割り掛け額が変わってまいります。

 メールをくださった方々には必ずなんらかの返信をいたしますが、即答は出来ない事もあらかじめ御理解願います。受注個数が確定した段階で、正式に御案内申し上げる所存です。

 また、正直に申し上げて、ワタシも現物を見たコトはありませんから、その実際の品質感や精度、素材感に関しましても、現段階ではなんとも申し上げるコトが出来ません。「なんだかなぁ~」と思う方はヤメておいた方が無難でしょう。但し、一時期の純正製造ロット品に存在した、(乳白色ではなくて)半透明(ほとんど透けている)樹脂のサブタンクを装着されている個体をお持ちの方は、この機会に手に入れておくのをお勧めしておきます(メールで写真をお送りくだされば、ある程度判別して差し上げるコトも可能です)。サブタンクのせいで、毎年真夏のオーバーヒート気味症状にナヤんでおられる方々には、朗報であろうかと思っています。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2015年3月17日 (火)

暑さ寒さも彼岸まで・・・なのか?

 はい、こんばんは!今日の東京練馬は、最高気温22℃だったんだって・・・コレじゃ5月の気候。どーりで、気が付いたら朝着てたモン全部脱いでたものな。只今もアパートに帰ってきて、上下”ヒートテック風(パチ物)”のいでたちでウロウロしてたら、「なんか”モジモジ君(知ってるヒトはトシあるね)”みたい」「”モジモジ君ブラック”なの、オレは」ってな、くっだらない会話となりました。

 なんだか、急に暖かいを通り越えて”暑い”くらいになってしまいますと、筋肉やら血管やら全身の諸々が環境の変化についていけずに、今一つ体調がピリっとしないものですね。相変わらずに花粉も元気よくトンでる様子だし、関係者の皆さんも御自愛くださいますようお願い申し上げます。ここんところは、日々のコメント欄も賑やかに充実しておりますね。最近寝るのがハヤいんで、コメントひとつひとつへのレスポンスがちっとも出来ておりませんが、”常勤”&”非常勤”コメンテーターの御歴々には陰ながら心より感謝いたしておりますヨ。本当に皆さん、有難うゴザイマス!

 ところで、先日の日曜日は、朝からミョーに早起きして、午前中には”墓参三連発”を済ませてまいりました(で、ランチは炭火焼肉安○亭で精進落とし:笑)。今週末の土曜日は店を開けておかなけりゃイケないんで、ちょっと早い機会だけど”御彼岸”のつもりでした。若い頃には考えられなかったケド、”たこちゃんズ”夫婦はなぜか墓参りが大好き。なんかこう、辛気臭いムードでは無くて、明るく楽しくカジュアルにヤルところがウチの流儀です。このトシになりますと、コドモの頃から親しんできた親戚連も”アチラの世界”にイっちゃったヒトの割合の方がスッカリ多くなってしまいましたんで、いよいよ会いに行きたくなるワケなんですが、効率よく朝早くから廻るためには、前日までに供花と御線香をスーパーなどで手に入れておくコトが必勝法です。今のところ”三連発”くらいで済んでますが、そのうち午前中ダケでは回りきれなくなっちゃうのかと思うと、ソレはちょっと荷が重いです。もはや結構”アチラの世界”は賑わってるみたいですから、今しばらくは”コチラの世界”の住人を呼ばないで(泣笑)おいてほしいモノですヨ。ともあれ、システマティックに行うお墓の掃除はそれなりに楽しいモノです。

 それにいたしましても、本当の御彼岸の中日たる春分の日の翌日の日曜日(ああ、”の”がいっぱいのコナれてない文章:笑泣←スランプ)には最低気温3℃などと云う”けしからんピンポイント予報”が出ています。まだまだ暑くなったり寒くなったりの嘆かわしい気候が続きそうです。”桜”もそろそろかな、今年も花見が楽しみになってまいりました。墓参も花見も同じ様に楽しみましょ!

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2015年3月16日 (月)

”ワーゲンのあるバーゲン”のようなビートル

 はい、こんばんは!今日は午後からビミョ~な空模様で何時降るかー、何時降るかーっと案じておりましたが、なんとか夕方までは持ちこたえ、只今現在はドシャ降りとなっております。明日はアガってくれるといいんだけどなぁ。

201503160120150316022015031603201503160420150316052015031606 ・・・本日の表題にある「ワーゲンのあるバーゲン」と云うキャッチフレーズは、東京銀座の老舗デパート”松屋”が1965年のバーゲン開催時に新聞広告として大きく載せたもので、広告業界ではいまだに新聞広告の名作として語り継がれているモノであります。その時のVWも確か白い(当時としては)高年式の中古車。

 本日御案内するのは、フォルクスワーゲンタイプⅠ(いわゆるビートル)のメキシコ生産最終モデル(2003年製造)です。この最終限定車は、題して「フォルクスワーゲンビートル ウルティマ(アルティマ)・エディション」と申します。

 ヴィンテージビートルに付いていたボンネットヒンジ上部に埋め込まれたウォルフスブルグ”城”エンブレムとVWエンブレムが再現されている他、ホワイトリボンタイヤとボディ同色スチールホイールなどもオシャレですね。エンジンの燃調はもちろんインジェクションユニットとなり、空冷エンジンゆえにエンジンスタート即走行も可能(ま、年寄りですから少しは暖気してアゲてね:笑)なんですヨ。

201503160720150316082015031609201503161020150316112015031612201503161320150316142015031615201503161620150316172015031618 ハッキリ申し上げて、この個体は、只今現在の売り物の中で”日本一・二”を争うコンディションのビートルでは無かろうかと思います。

 キチンと効くクーラーの他、ナビもETCも付いており、車検も昨年末に取ってますから、原則的に何もするコトは無さそうです(エンジンオイル交換くらいはしてもいいかな)。しかもその年末の車検時には弱かったオルタネーターの交換も行われてますから、いよいよ安心ですネ。

 外装色はアイボリーを一段濃くした様な”ベージュルナ”、内装はブラックファブリックで、この組み合わせはとっても上品な佇まいを見せております。

 嗚呼、どーせウチのブログを見ている方々のほとんどは、VWビートルには御興味無いんダロなぁ(泣笑)。ムカシ、このブログで吐露したコトがあろうかと思いますが、実はワタシこと”たこちゃん”は、初めて買った外車(通算二台目のクルマ)が何を隠そうこのVWビートル(1970年の1500VWマチック)で、その後も1968年の1200ダブルバンパー:12V、1973年の1303Sと計3台を若い頃に所有して乗り継いだ過去がございます。

 このビートルのオーナーさんも、VWカルマンギアから始まった車歴を持つ方ですが、現在は当店でお納めしたマセラティクアトロポルテ(Ⅳ)V8を趣味のクルマとしてお持ちの方ですので、ミョーにハナシが合うハズだわ(笑)。

 最後にもう一度ハッキリ申し上げますが、このビートル最終型限定車、国内にコレ以上の売り物はおそらくございません。あなたのセカンドカー、サードカーに如何ですか?もちろん、普通に日常の足ともなり得るコンディションの個体ですから、”外車初めて”の方にもお奨め出来ますヨ。周囲のお友達にもお勧めくださいな。皆さんからの”果敢なる(笑)”御照会をお待ち申し上げております(予定応談価格もコンディションと希少性を考えれば文字通りのバーゲンプライスと申せましょう)。生涯コストを考えたらこういうのこそが究極のエコカー、コレは文字通りにハヤい者勝ち物件です。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2015年3月14日 (土)

天晴れ、アルファ4Cがやってきた!

 はい、こんばんは!今日は風も吹かずに暖かい絶好のシゴト日和。午前中には「我孫子のF」さんがエンジンオイル交換のために御来店、クアルツォドロミテ色のマセラティクアトロポルテV6エボルツィオーネは相変わらずギンギラギンに輝いておりましたが、ホワイトデーのプレゼントまでを用意して御越しくださいました。夕方には「テツヲタ」さんも同じくホワイトデーのためにわざわざ御来店くださいました。さらに夕方には「練馬のH」さんがマセラティシャマルのエンジンオイル交換のために御来店、さらにさらに閉店時間になる頃「八王子のK」さんもフラッと御来店され、活気ある土曜日となりました。皆さん有難うございました!

20150314022015031403201503140420150314052015031406201503140720150314082015031401b ・・・じゃ~ん!ついにマイクロ・デポの敷地(領土:笑)内にアルファ4Cが襲来。

 想えばプロトタイプが発表された段階では、当ブログでもコメント欄で散々取り沙汰されておりましたが、こんなに早く現車が旭町にやってくるとは思いもよりませんでしたヨ。店の前にツケたら、まさに掃き溜めに鶴(赤いケド:笑)。

 これだけデーハーで存在感のある上に、まだまだ市中では珍しいマシンですから、道行くヒトビトの関心を惹かずにゃおれません。スポーツマフラーは轟音と云っても過言ではないホドに威勢の良いサウンドを奏でております。

 マセラティクアトロポルテV6エボルツィオーネ”銀”の待つ”秘密の第五ヤード”までアルファ4Cに同乗させて頂き御一緒いたしましたが、その道すがら「そもそもこの色、マツダと提携してるせいか、同じ色のがあるんですよね」なんて車中でお話を伺っていたところ、路地からオモテ通りに出たら、まさに”ソレそのもの”が居たんで大笑い(のような:泣)。ともあれ、この個体は世界限定1000台、日本国内導入100台のローンチ・エディションと云う導入時限定車なんです。いまだ総走行距離300キロに満たない新車同様車ですが、オーナーさんは「売りたい!」と驚愕の御発言をされておりますんで、本日こうして御案内している次第。どうして売りたいのか、ソレはこのアルファ4Cと云うマシンが事前の想像を遥かに超えて”スパルタン”で”レーシー”な仕立てであったコトに拠ります。そういった意味では、正しくミッドシップピュアスポーツです。乗車するにあたっては万全の体調と精神力がことさらに必要で、マセラティシャマルをも含んだビトルボ系マセラティ各車の如き”癒し癒され感”はブッチャケ皆無です。このマシンに関してはヒヤカシは御免。御興味のある御仁は、まずメールか御電話でワタシまで御一報くだされば、現オーナー様に御取次させて頂きます。とにかく”超硬派”なマシンでありますゆえ、そういった世界を求めていらっしゃる方々には比べるモノが無いほどの逸品であります。世界的にプレミアが付き始める前にどうぞ!もちろん即納の大チャンスですヨ。

 それじゃー、また来週!今週も皆さん、毎日の御愛読有難うございましたぁ。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2015年3月13日 (金)

光が丘の春うらら

 はい、こんばんは!まだまだ早朝は寒い日々ですが、本日の東京練馬はスコーンと晴れ渡って、なんだか、いつになく空気も澄みきってる感じがいたしました。午後から夜に掛けては気温も高く、カラダも動き易かったので、ハナの穴真っ黒にしつつクアトロポルテのブレーキローター洗い&塗装とかホイール洗いに専心従事出来ました。

201503130120150313022015031303201503130420150313052015031306 ・・・そんな本日は、朝一番から「石川県のUさん」が深夜バスを利用してわざわざの御来店。今まで東京からは遠かった金沢あたりも、あと少し待てば”北陸新幹線”でピュ~ってな感じとなりますので、ここはひとつ、思い切ってマセラティの世界へ再び舞い戻って(過去にマセラティギブリ(Ⅱ)5段を所有)来て頂きたいモノではあります。いつもは「Sm」さんから頂戴する”とり野菜みそ”を、今日はUさんから頂きました。なんでも、工場がすぐ御近所なんだそうですヨ。

 御試乗頂いたマセラティクアトロポルテV6エボルツィオーネ”銀”を足にして、地下鉄成増駅までUさんをお送りし、そのまま”秘密の第五ヤード”へとクルマをしまいに行きました。マイクロ・デポから見て光ヶ丘公園の対角あたりにあるこの地には、御覧の様に区立の梅林公園と云うのがあります。梅の花の香しいニホヒがそこはかとなく周囲に漂い、とってもいい気持ちです。小さなお子さんを連れて若い奥さんが公園の芝生の上で御弁当を広げていたのがちょっと羨ましかったです。「♪あう~、あう~、はぁるぅー、うぅーらら~」って歌(音出ます、注意)がアタマの中をグルグルし続けた午後でした。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2015年3月12日 (木)

春はオークションも花盛り

 はい、こんばんは!今朝起きたらスカっとした上天気なれども強風が吹き荒れ、自分のクルマ(コペ蔵君)を見たら雨露に黄色いコナがまとわりついて「うわぁ~カユそう!」な感じ。ドアを開けて乗り込むのも躊躇いたしましたが、ゼイタクも云ってられませんので、ともあれ一路オークション会場へと。

20150312012015031202 ・・・東京外環道の三郷インターまでは快調なペースでしたが、前方で急にハザードランプが点滅しているのが見えましたので、急停車。

 「常磐道”柏インター”まで事故渋滞11キロ 80分」と電光表示板に出ているのを見てゲンナリ。「んじゃ、した道を行こう」と久しぶりに埼玉県の三郷やら吉川やらを走り抜けて行くコトとなりました。前職に就いていた頃は、日々ホームグラウンドの様に走っていたあたりですが、特に再開発されたらしい新三郷駅周辺ではまったく方角を見失い、グルグルと回ってしまいました。住居表示板には「三郷市新三郷ららシティー1丁目」とか、ワケの分からない地番(笑)が書いてあります。しばらく走ってたら、ようやく勝手知ったる土手っぺりの県道に出ました。以後数キロにわたって、御覧の様に黄色い花咲く春の情景を、道すがらに楽しむコトが出来ましたのは却って僥倖。コレは結構壮観な風景でした。

20150312032015031204201503120520150312062015031207201503120820150312092015031210 ・・・はい、コチラも色とりどりの迷車(笑)たちの園であります。

 まぁ、毎週毎週、全国のいたるところからこうして古今東西のヘンタイ車さん方が集うのですからタイヘンなモンでしょ?

 コレだけ色々とあると目移りしそうなモンですが、残念ながら、この業界に長く居つきますと、もう分かりやすいのから分かり難いのまで、もはや何を見ても驚かなくなってしまいました。

 ともあれ、ここの読者様方ともなりますと、その多くは「ボクはヘンタイだぁ!」「アタシもヘンタイよっ!!」との自覚高き方々だと思われますんで、本日このあたりの車種くらいでは驚きも少ないのではなかろうかと。

 ・・・にしても、この510ブルーバードはスゴイな。サファリブラウン塗色も艶やかに施されてカタログから抜け出てきた様です。

 一方で、初代セリカリフトバックも5本テールの初期型でいい味が出まくっておりますね。こういうオリジナル度の高いヤツがなかなか無いモンなんです。バニーちゃんのステッカーも70年代テイストを振りまいており、演出的にも(ワタシの中では:笑)最高点で極めて好印象。このツートーンカラーのスカイラインS54は赤バッジだったけど、ホントに54Bの方なの(後で調べたら本物のゴーヨンビーでした)?ああ、このビロ~ンと幅の広いヤツは「kkmustang」君だけ反応しといてください(ちなみにモパー318:笑)。

2015031211201503121220150312132015031214 ・・・チンク君たちも色々出てました。より一層新しいサイトを充実させるための”ネタ仕込み”も、ついでながらこうした機会に行っておきましょうね。幾つになってもベンキョーベンキョーであります。

 今日はどういったワケだか、マニュアルミッションを搭載したチンクがアチコチで目に付くオークションでしたので、次々と乗ってみてはアレコレと動かしてみたりしました。

 ああ、このうっす~い水色はナンとも云えないイイ色だなぁ。こうして内装まで同一色になってるから、お風呂に入ってるみたいな気分に浸れます。おお~っ、コチラのアバルト500もエッセエッセでイイ感じですね。峠に持ってって面白いのは、きっとこのあたりのヤツなんだろな。

20150312152015031216201503121720150312182015031219201503122020150312212015031222 ま、ある意味、本日の主役はコレ(←)だったのですが、結果的に”逝け(笑泣)”ませんでした。

 オファー主の「川崎のK」さんが、「どうしてもサンルーフは、ハズしたくない(欲しいと云う意味)んですよねぇ・・・うひ~今結論出さなきゃダメ?」と仰るんで「んじゃ、今週も流れたら”御縁”があったと云うコトにして、売れちゃったら仕方が無いとアキラメましょ」と御提案の上でセリに臨みましたが、結果的には”後者(泣)”に。

 結果を電話で御報告したら「あ、売れちゃったんだ・・・売れるんだやっぱり・・・売れる時には売れちゃうもんですね・・・」と10秒くらい後悔と自責の念(笑)にかられてた様子が電話口からも伝わってまいりましたが、そこはそれ、お互い持ち前の明るさと前向きさで「はい!只今のコトはスッカリ忘れまして、次イッてみよう」と云うコトに相成りました。確かにね、コレ(↑)の、このくらいの年式のヤツで2万キロってのはなかなか出て来ないですからね。

 「K」さんは、作戦を全面的に変更して今後の闘い(笑)に臨む姿勢をも表明してくださっておりましたが、果たして作戦の全面的変更は成功し、強き祈りも通じてか、夜にはまったく別のクルマ(笑)に無事確定(「K」さん、本日は有難うございました!)。斯くの如くに”アシグルマ”選びは流動的に”逝く(笑)”のが一番なんですヨ、おナヤみの皆さん。ソレにしても、今日は一日中目がイタいわ、顔はカユいわでタイヘン。なんだか、ドコを触ってもザラザラしてる。花粉症、もっともっとヒドい方々は多かろうと思いますが、そんな皆さんも御自愛くださいね。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2015年3月11日 (水)

1460日経って、何を想う

 皆さん、すでに御案内の如く、本日は”3.11”。あの東日本一帯を襲った大きな地震とそれに伴う空前規模の津波、さらに原発事故によって壊滅的な打撃を被った日です。あれから満4年となりましたが、本日現在も仮設住宅での不自由な暮らしを強いられている方々をはじめとして、心の傷も癒えぬままに人生を彷徨っている方々がいまだに数多くいらっしゃる事でありましょう。ここ一週間程はテレビのニュースなどでも被災地域の現状を報道し、少しでも前向きに歩もうとする、ほぼ旧に復した漁業関係者の活気ある姿や、半面で国からの助成金を元手に新農法に携わるも、慣れない事業ゆえにあえなく頓挫した話など、同じ復興でも明暗が徐々に分かれてきている姿が印象的でした。

 4年が経過し、日々東京に住んで日常を送っておりますと、明らかなる”記憶の沈殿”を感じます。しかしながら、自分の脳内を掻き回す”マドラー”は自らが記した過去のブログの中に封印されておりました。

当日  翌日 翌々日  4日目 5日目

満一年

満二年

満三年

 ・・・実は、本日も義理の叔母を都心の斎場にて弔って帰って来たところです。数年前から、とある難病と闘う生活を送っていたとは聞いていたのですが、その病気が快方に向かっていた矢先の急逝でした。4年前に一撃目の大地震が発生した”運命の時間”には、先日延伸開通した首都高速中央環状線(C2)で帰路につき、一気に5号線の高島平ランプまで到達。新しい道はほとんどすべてが長大なトンネルである事に驚愕しつつも便利さを享受出来ました。けれども、このような閉鎖的空間でまさかの大地震に遭遇したらと思うと慄然とはいたします。

 昨晩伺ったお坊さんの説話にもありましたが、「今吸った息を次の瞬間に吐けるかどうかすらも分からないくらいに、人間の未来はカゲロウの如くに儚い」というのも本当だし、さりとて「じゃ、何もヤラずに無為に過ごすか」と云うのもこの世に折角生まれてきてあまりに勿体無いと云うものです。

 日々、時々刻々に、いま目の前にある「何か」を掴みとろうとしながら、冷静にジタバタと歩んで行くのが、自分の性には合ってる様です。また、さらに次の一年を頑張ろうと思いつつ・・・合掌。

 それじゃー、また明日。明日からは通常通りに営業いたします。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2015年3月10日 (火)

真白き表紙、セピアの表紙

 はい、こんばんは!(御挨拶)申し訳ありませんが、本日は私事でPM16:00までの営業とさせて頂きました。また明日11日(水)も終日臨時休業とさせて頂きます。顧客の皆様には御不便をお掛けいたしますが、御容赦頂きたいと思います(ペコリ)。

20150310012015031002 ・・・え~”例のカーマガジン(今月号)”が本日到着いたしましたので、マイクロ・デポの紹介記事が如何なる状況であるかを見るためにページを捲っておりますと・・・まぁ、表紙を見た段階で「オっ・・・オレはなんという果報者なんだあぁぁぁ!」と伴宙太の声マネをしながら感動の絶叫をしたくなるホドにカッチョいいロータスヨーロッパ(と、アルファなんだっけ?:笑)の”Bowさん画”により第一特集が”ライトウエイトミッドシップカーねた:愛すべきミッドシップ”であるコトは、はじめから知れるワケですが、こうして自分の店が掲載されている号の表紙と第一特集が(自分の好みに沿ってて)素晴らしいと思えるのは本当にウレしいものです。

20150310032015031004 で、「ふむふむ、この年表にあるミッドシップカーの中では、ポルシェ914とフィアットX1/9とホンダビートは所有したコトあるな・・・おおっ!”Hでございます”さんのかつての愛車、タルボ・マトラ・ムレーナさえ(笑)網羅されているではないか!」などとコア極まりない記事を昼休みにサンドイッチを齧りながら読み進め、そんなカーマガジンの最後まで来たところで、ワタシのページを捲る手が止まりました。「えぇ~”山口京一”さんって、まだ書いてたの?(敬意を表しつつ、失礼!)」このお名前を拝したダケで、ワタシの脳内は中学生のアノ頃に戻ります。当時古書店で購入していた旧ぅ~いカーグラ誌上に、そのお名前をたびたび目にしていたからです。

20150310052015031006 ・・・実はマイクロ・デポ2階の事務所には、顧客の皆さんがあまり興味を示してはくれませんが、資料用として大量の自動車関係蔵書があります。コレでもワタシの所有書の中ではホンの抜粋なのですけれどね。で、そのあたりに転がってた”カーグラ誌1968年2月号”を取り出して、久しぶりにパラパラと捲ってみました。表紙を捲った段階でいすゞベレットだのホンダN360だのがヒトくすぐりしてくれます。すでに広告ページでココロが踊るものな。

20150310072015031008 くしくも、この号はロータスヨーロッパ(Sr-1)の日本正規輸入(東急商事)第一号車をCGテストグループが手に入れて「ウレしくって、ウレしくってたまらない」感じが伝わってくるチカラの入りまくった第一特集がワタシの心をワシ掴みにする大好きなモノです。その後この個体は搭載されているゴルディーニチューンのルノーエンジンにちなんでフレンチブルーへと全塗装されてしまう愚挙(笑泣)に遭うのですが、プレーンな白きボディが美しく飾り気の無い(しかし丁寧に仕事された)写真の中に息づいています。ワタシのお気に入りは、”暮らしの手帖”風キャプションに添えて、街の中に乗り入れた状況を活写した白黒のスナップ群です。当時の日本に、この驚天動地のペッタンコカーが舞い降りた時の宇宙船を見た様な驚きがほどよく表現されている名ショットだと思っております。ビトルボ系マセラティでもこういった普段使いの写真が撮れたらなぁ・・・。

20150310092015031010 ・・・ああ、ついつい懐かしさに耽ってしまいました。”山口京一”さんのハナシでしたね。

 本号には、「モーガン・ストーリー(スリーホイラー系のレアレア写真満載!)」並びに「ポルシェとヒルクライム」なんて、どちらもコア極まりない記事を寄せておられました。このたびのカーマガジンさんの当店紹介記事でも同誌のH副編集長さんが美文を弄して、どーにかワタシのとりとめのないハナシを纏め上げてくださいました(特に「最後にクララは立って欲しいし」のくだりは最高:笑)が、山口翁の若き日の文章はサスガに才気溢れるもので、故小林彰太郎先生の格調高き誌面作りも相まって、中学生のワタシは毎ページにココロ打たれたものでした。                                                     

20150310112015031012 ついでながら「今月のニューカマー」2題(と云うか2台)。

 アルファスパイダーになるハズだった”広島製”ロードスターの兄弟車として、ただいま世間を騒がせております”フィアット124”ですが、ここで初代モデルが日本に初上陸していると云うワケです。ちなみに同号の巻末にある”国産・外車国内価格一覧(東京店頭渡し現金価格)”に拠れば、124クーペが167万円、同スパイダーが182万円と云う天上界価格振り。もう一台は本邦初上陸のランボルギーニの紹介で、”400GT 2+2”です。最初の頃は、こうして三和自動車が入れてたんですよね。まだ”ミウラ”以前の原始時代のハナシですからスゴイです。1330万円ですって(笑)。ちなみに、マセラーティ(カーグラっぽいでしょ:笑)は2台載ってて、”3500GT”が1050万円、”4ドア(初代フルアのクアトロポルテの意)”が1150万円だそうです。

20150310132015031014 ・・・ああ、コペ蔵のひーおぢーちゃんみたいな”ダイハツコンパーノ”も広告でアピールされております。ちなみにコイツ(コンパーノGTインジェクション)で68万円だって。これでもビニアーレデザインを持った当時のダイハツ乗用車での最高価格車なんですから、本物のイタリア勢が如何に如何に天上界の存在であったかを伺い知る事が出来ます。現在は、なんて恵まれた時代なのでせう!

 参考のために列記しておきますと、トヨタ2000GTが238万円、スバル360スーパーデラックスが38万円、ニッサンフェアレディ2000(SR311)は91万円、マツダコスモスポーツが148万円ってなところ。おおっ!当時の広告にアレッサンドロ・デ・トマソさんの若き日の雄姿までも発見。「アンタのおかげでずいぶんと面白い人生送らせてもらってるヨ、ワタシも(トホホ:泣笑)」

 ともあれ、カーマガジンの今月号をヨロシク!ついでにマイクロ・デポもヨロシク!!

 それじゃー、また明日・・・当ブログは通常通りに営業(笑)いたしますヨ。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2015年3月 9日 (月)

マセラティクアトロポルテV6エボルツィオーネの”銀”

 はい、こんばんは!一昨日の”ホルモン焼の宴”は、ノッケから”呑む気まんまん(笑)”の10名が一同に会したダケのコトはあり、夜の7時頃から始めて閉店の0時まで、怒涛の5時間が瞬く間に過ぎてしまいました。その後、予定に無かった”ファミレス二次会”は二次会ダケあって2時まで続き、ようやくひとりひとりをムリヤリタクシーに押し込める様にしての散会となりました。とにかく、皆さんの名残惜しい気分が溢れていて、ワタシも感謝の気持ちでいっぱいでありましたヨ。翌日曜日の朝には「Sm」さんグランデプントも”納車の儀”が滞りなく済んで、同日夕方には無事仙台までお着きになったそうで、コチラもヨカッタよかった、であります。

2015030901201503090220150309032015030904 ・・・明けて本日は、朝からの雨模様。そんなジメついた雰囲気を吹きトバす、目にも眩いヤツを御案内いたしましょう。

 以前に御案内した”金”のV6エボルツィオーネとともに本来セットで御紹介したかった”銀”の方なんですが、ようやく内外装の画像を御用意出来ましたので、本日待望のアップとなりました。

 このマセラティクアトロポルテ(Ⅳ)V6エボルツィオーネは、当店が初代オーナー様にコー○ズさんを御紹介して新車でお納めしていたところから始まっている個体です。セリエスペチアーレではありませんので現状では”金時計”が付いておりませんが、スペーシーな外装色と極めて珍しいグレーの内装色が織り成す上品な佇まいをお楽しみ頂ける逸品となっております。

201503090520150309062015030907201503090820150309092015030910 以後、曲折あって美しい状態を保ったまま当店に戻ってまいりました。

 前回の御納車前には内外装機関をブラッシュアップしたほか、カロッツェリアHDDインダッシュモニターを当店で装着しております。

 2オーナー目のお客さんはマイクロ・デポの極く近くにお住まいの方で、納車以降は常に機械式の立体駐車場内にて保管され雨に濡らすコトもなく可愛がってくださいましたが、先月に急遽長期の海外赴任が決まって、”泣く泣く”断腸の思いでお手放しになるコトと相成ったと謂う次第。

 外装色のグリジオツーリングメタは、いにしえのマセラティ3500GTの塗色を彷彿とさせる”ホンの少しだけ”黄色味を帯びたシルバーで、未来的なガンディーニ・ルックに独特のクラシカルな風格を漂わせる効果にヒト役買っております。あまり当店にはシルバー系統のマセラティが入って来ないイメージを持たれているかも知れませんが、こうしてある時にはあるんですヨ(笑)。

20150309112015030912_2201503091320150309142015030915201503091620150309172015030918 ・・・前回の納車から伸ばした走行距離は、たったの3,800Kmあまり。実走(本日現在)33,520Kmと云ったところです。

 ですから、原則的にはエンジンオイルを初めとする各油脂類の交換やバッテリー交換などを含めた軽めの整備メニューで乗り出して頂く事をお奨めいたします。

 初めてマセラティ車にデビューを飾ろうと云う方や、「ボクは納期が待てないの」と云う方にはうってつけかも知れませんね。

 内装のライトグレー色も他社のクルマには在り得ない様な独特の色調で、ビミョーにグリーンを”隠し味”の様に配合して一層の深みを出してある雰囲気です。コレばっかりはデジカメ撮影の画像ではどのように撮っても表現出来ませんので、万難を排して(笑)御来店の上で現車をその目で御覧頂きたいモノです。

 派手なアイボリー革装とはまた違った味わいの色調は、却ってパンチングレザーを持たない”非スペチアーレ系エボ”のシートデザインには馴染んでおり、こうして美しさを保った内装であれば尚更の事、見るたびに乗るたびに新しいオーナーさんの目を愉しませてくれるコトでありましょう。

20150309192015030920201503092120150309222015030923_22015030924_2 ・・・実は、先月と今月は、すでに「調布のU」さんにはとっくにバレていた様に(笑)、「Goo-Net」さんの方にも”金”と”銀”を両車ともに掲載して頂いております。

 そういった方向からも、専用フォームを通じて徐々にお問い合わせが入って来ておりますが、出来ましたらば可能な限り”直電”03ー5968-4717か、直メール(リンク先の”マイクロ・デポへメール送信”の字をクリックすると自動的に閲覧者のメールソフトが開きます)で直接ワタシにお声を掛けてくださいますと有難いです。

 ”金”・”銀”の両車ともに、(なぜか:笑)遠方からのお問い合わせが多いので、おいそれと御来店頂けないかも知れません。ワタシのチカラの及ぶ限り、誠実に車輌状態の詳細をお届けする気持ちでおりますゆえ、どうぞなんなりと率直にお尋ね頂きたいと思っております。・・・と、云った舌の根も乾かぬウチになんですが、明日3月10日(火)はPM16:00までの営業とし、翌3月11日(水)は勝手ながら終日のあいだ私事にて臨時休業とさせて頂きます。「Goo-Net」さんの専用フォームからお尋ねの場合も、当社のメールアドレスへ直接お問い合わせ頂いた場合も、12日(木)以降の御返事となります事を予め御諒承くださいませ。今週末の天気が良くなるとウレしいんですけどね、御試乗予約を御待ちしております!

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2015年3月 7日 (土)

イタリアンな童謡(?)アレコレ

 はい、こんばんは!ひょ~、本日はお寒ぅございましたぁ!久しぶりの”日中ヒト桁℃”はコタえましたね。そんな寒さも吹きトバす勢いで、マイクロ・デポから徒歩10秒の”ホルモン屋”では、只今まさに宴もたけなわでございます(御参加の叶わなかった方々、ホントにスミマセン:笑泣)が、土曜日でもありますので、当ブログ読者様方にも肩のチカラがヌケヌケになるよな懐かしネタをお送りいたしましょう。

20150307012015030702 ・・・皆さんはイタリアの子供向け音楽祭”ゼッキーノ・ドーロ”と云うのを御存知でありましょうか・・・ちょっと唐突でしたね(笑)。

 いや、実は3日ほど前の晩に、オヤスミ前の”ナイトキャップ・ネットサーフィン(造語:笑)”をしておりましたところ、ひょんなところで、懐かしの幼児向け番組「ピンポンパン」に出ていた”酒井ゆきえおねーさん”の当時物動画に出くわしてしまい、「いやいや、オレの中では世代的に”石毛恭子おねーさん”だろ」と云うコトになって、その筋(笑)をアレコレと追っかけておりましたら、「あー、”ニッキニャッキ”って歌、あった、あった!懐かしぃーなぁー」と・・・アレ?その関連動画には、あろうコトか”チンチンポンポン”までを発見。この2曲の懐かしい新作童謡(当時)はワタシを一気に小学校四年生の時分へとタイムスリップさせてくれました。その当時、ものすごく仲がよかった”K海君”の家に毎日上がりこんでは、てんとう虫型のレコードプレーヤー(コロンビアの・・・確か”ドレミファドン”に出ると参加賞みたいに貰えたヤツ:笑)にこのレコードたちをエンドレスで掛けつつ”天才バカボン”を読み耽っていたモノです。

 で、当時のワタシをあれほどまでに魅了した2曲からは、(その歌詞の内容はともかくとして:笑)どう聞いても”異国のカホリ”を感じ取らずには居られません。調べていったら色々と出てきたんですよ、冒頭の”ゼッキーノ・ドーロ”なるイタリアン新作童謡コンテストのハナシが。しかも毎年、マセラティ創業の地ボローニャで行われていると云う・・・こりゃ、ワタシが惹かれるのも、むべなるかなでありますね。

 冒頭の画像は”ニッキニャッキ”のレコードジャケットと云うよりも、世間一般では”黒ネコのタンゴ”のソレとして認知されているモノですが、なにせ1970年代の初頭に260万枚も売れちゃった童謡ですから我々世代に知らぬ者は居ないくらいの有名曲ですよね。ですから、”黒ネコ”につられて”ニッキ”の方も、それなりに(ついでながら)聞かれていたと思われます。ワタシの中では、自分が所有していたレコードではありませんでしたので、”チンチンポンポン”こそ”黒ネコ(ぶっちゃけ、コレはあんまり好みでなかった)”のB面であったモノと長らく勘違いしておりました。そして、このたび判明したのが、コレ全部”イタリア製”の新作童謡で、件の”ゼッキーノ・ドーロ”で入賞した曲たちであったと云う事実でありました、今さらながら(笑)。

 以下リスト、リンク先はすべて音が出ます、注意!

黒ねこのタンゴ→Volevo un Gatto Nero(黒いネコがほしかった 1969年:第11回)

ニッキニャッキNicchi Sgnacchi Mucchi Mucchi(1969年:第11回)

チンチンポンポンCin Cin Pon Pon(1972年:第14回)

 で、原詩も訳詩も諸々著作権関係がややこしいので、御興味のある方々(居ねぇーか:笑)には独自にネット徘徊をして頂くコトとして、情報を総合いたしますと、”黒ネコ”は「黒いネコ」が出てくる以外はほとんど原型を留めていないらしく、”ニッキニャッキ”は、日本版では食べ物の好き嫌いをモチーフとした歌ですが、原詩との整合性や関連度は不明(イタ語が解読不能なため:泣笑)。”Cin Cin Pon Pon”とはイタリアで「しゅっしゅっぽっぽ」の意味らしく、”小さな汽車が行けば、ソレを見送る小ヒツジが「めぇ~」”みたいな雰囲気の品行方正かつ明朗なモノです。皆さんがご存知の和訳(と云うか改作)詩の「Rたろう先生的な含意(笑)」はツユほども無いところを強調しておきたいと思います。「Rたろう先生」にはくれぐれも”放送禁止コメント”を送らないようにお願いしておきましょう。コチラが呑んでると思って「そのスキに」とんでもないモノを送って寄こさぬように、みんなでチェックしてますからね。もっとも、土曜日の晩ですから、”都町でウヒウヒ気分(ホドホドに:笑)”の境遇にあるやも知れませんケド。

 それじゃー、また来週!皆さんも土曜日の夜をお楽しみくださいませ。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2015年3月 6日 (金)

ディアゴスティーニは、しょーがない(笑)

 はい、こんばんは!今日はまた”花粉症関係者”の方々はヒドいコトになってましたね。もうみんな目の周囲がハレハレ、お鼻はグジュグジュで可哀想な事この上なし。コレ、国の林業行政の失策が原因なのはもはや明らかなんでしょうから、なんとかして欲しいところですよね。毎年毎年、徐々に暖かくなってくるのに、本格的な春の到来を素直に喜べなくなるとは、なんと申し上げたらよいのやら。そんな本日は啓蟄だそうです。カエルもヘビもみんなみんな顔を出す、そんな春に向っての情緒ある響きですね。

 いやね、昨日ブログを書いてたら、その画面のヨコにコイツのコマーシャルバナーが出てたんデスヨ→コレ:週刊 スカイライダー・ドローン・・・今チマタで流行ってる、”空撮機能付きラジコンジャイロヘリ”。毎週毎週チマチマ買い進めるコトによって完成へと導かれるらしいです。全57回(ううっ!) だってさ。ちなみに”デザイン・バイ・ピニンファリーナ”って書いてある。色んな”ショクナイ”やってるな、天下のピニンファリーナ様も(笑)。

 で、近年はスッカリ地上波民放テレビを見なくなってるんで、まったくコマーシャルの方もチェックしておりませんでした”ディアゴスティーニ”様の現在は如何なるモノとなっとるか見てみようと公式サイトへイッてみました。

 冒頭に出てくるのが、本日現在では”クレヨンしんちゃんDVDコレクション”なので、コレは目出度くまったく興味の外ですから、まずはヒト安心(何が?:笑)でした。

 ところが・・・

・・・週刊 蒸気機関車C57を作る・・・あー、C62だったら、イッてしまったかも知れない(笑)。

・・・週刊 マイ3Dプリンター・・・コレは先月ホンキで買おうかと2時間ナヤんで踏みとどまったヤツだぁ。

・・・週刊 仮面ライダー オフィシャル パーフェクト ファイル・・・結構安いので、リアルに喰いつきそう(笑)。

・・・週刊 ランボルギーニ カウンタック LP 500S・・・ヨカッタ、LP400(黄色)ぢゃなくて。買わずに済む。

・・・週刊 日本の名車・・・コレも相当ヤバいラインナップだよなぁ~、安いし。

 まー、ワタシら”ジジイども”の心の琴線にビロンビロン触れまくりのラインナップは健在ですね。よくもまー、ネタが尽きないモノだと感心いたしますヨ。ところで、このブログの読者様方の中で、ディアゴスティーニ(やソレに類する”通販コレクションモノ”)の何らかのシリーズをコンプリートコレクションした上で、完全完成にまで持ち込んだ方々はいらっしゃらないモノですかね。その完成度や満足度についてはヒジョーに興味があります。

 さて、明日は”ホルモン屋”が待ち受けております(笑)。”たこちゃんズ”を除いて7名の猛者(笑)様方が”万難を排して”来てくださるそうでウレしい限り。明晩6時半にお会いいたしましょう!お気をつけてお越しくださいますよう。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2015年3月 5日 (木)

偉大なり、インスタントラーメン

 はい、こんばんは!今日の”たこちゃんズ”は一日中グランデプントの中で過ごし(ルークリ作業)ました。北風はツメたかったケド、気温は昨日より少々低い程度であったので、真冬のコトを想えば、まぁ楽させてもらった部類でしょうね。

20150305012015030502 ・・・今朝早く、いつものようにデポに出てきて、パソコンを立ち上げネットに繋ぐとグーグルさんのトップページがこのようなスペシャル版となっておりました。

 最初に出てきたのが左の画像。チラっと見たダケでは、なぜか白髪のじーちゃんがビールジョッキを片手に宇宙遊泳しているように見えました。「いったいナンなんだ、コレ」・・・しばらくしてネットを立ち上げたら、今度はなぜか小屋の絵に。「アレ?絵が変わった。・・・あ、なんとなくコレは知ってるぞ!」

20150305032015030504 ・・・試みに画面を右クリックして”最新の情報に更新”スイッチを数回押してみると、そのたびに絵柄が変わります。

 もう、お分かりですね。本日はインスタントラーメンの始祖で日清食品創業者”安藤百福御大”の生誕105周年記念日なのだそうで、ソレにちなんだスペシャル画面であったと云うワケでした。”小屋”が試作を繰り返している苦闘の時期で、”顕微鏡”が有名なメンの内部構造の把握シーンで、”砂時計”が試食→「ウマい!やったぁ!!」の”ついに完成”のシーンで、宇宙遊泳は晩年近くのエピソードにちなんだモノらしいんで、ホントは「二枚目→三枚目→四枚目→一枚目」の順番なのかな?今度そのうち創業の地、大阪池田にもイッてみたいモノです。もしも、いまだこの世にインスタントラーメンと云うモノが無かりせば、大袈裟でなく、ここ50年ばかりに於ける世界の様々な事象(の結果)が変わっていたコトでありましょう。なにしろ、コトが”食”だけに、色々な意味でライフスタイルの根幹にも関わってくる革命的な発明ではありませんか。ワタシのカラダはインスタント麺で形成されたのではなかろうかと思うくらいに、コドモの頃には喰いまくってたモンです。なんだかホノボノとムカシを思い出して懐かしくなりました。「う~寒っ!カップヌードル喰いてぇ~」

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2015年3月 4日 (水)

やっぱ、フィアットもいいよな・・・

 はい、こんばんは!今日はもう一気に桜が開花しちゃうんではなかろうか(無い無い:笑)と云う雰囲気の東京練馬でしたが、花粉症関係者の方々はさぞやおツラかったろうと推察いたします。寒けりゃサムいし、暖かければ花粉が降るし、いったいこの国に居る限りどーしたらよかんべな。

20150304012015030402 先週末あたりの天気予報は、本日”水曜日の東京は雨”と云う悲観的なモノでありました。ソレを見て「あぅ~、またボディ磨きの予約段取りを変えなきゃならんかなぁ」といささかゲンナリしておったのですが、迎える3月8日(日)の午前中に「是が非でも取りに来いよな(要旨抜粋:笑)」との強い意志(のアラワレが今週末の”ホルモン屋大会”に帰結:笑泣)を表明してしまったからにゃ、初志貫徹せねばなりますまい。天に祈りが通じてか、今朝上がった雨は雨雲ごとみるみる遠のき、却って絶好の磨き日和とはなりました。・・・一方、お隣にとっても絶好の解体工事日和なので、終日至近距離で戦車が走っているような地響きを伴っておりましたが(泣笑)。昨日のひなまつりに登録を済ませたナンバープレートも午後には到着いたしましたヨ。

20150304032015030404 ソレにいたしましても、イタリア車ってホントに”デザインの権化”みたいなヤツらですよね。

 ま、実際のところ、この「Sm」さん用グランデプントもジウジアーロ先生の絵から生まれたモノなんでしょうけど、例えばワイパーブレードひとつとっても、他車との互換性への考慮などドコ吹く風、「オレのさえ拭けて、カッチョよければ、ソレでよし」と云わんばかりの”デザイン重視さ”加減であります。まだまだ春も遠い仙台に向けて送り出すために「冬タイヤ付きの(フィアットグランデプント)デュアロジック”ギガ”とか同”テラ”用純正ホイール」を入手してあらかじめ履かせておきました。

20150304052015030406 本日は併行して内装の本格的なクリーニングにも着手いたしました。

 例のパルスエアーガンを用いて「ぱたぱた」ハタきながらジュータンやフロアマットの奥深くに沈殿したホコリや砂々を吸い取って行く作業です。かなーり大きな音響を発するのでいつも近隣に憚りながらの作業となるのですが、まだまだ隣の解体工事は続くらしいので、このスキに徹底的にやってしまおうと目論んでおります。明日もガンバロ。

 ・・・ところで、今週末の”ホルモン屋大会”、只今「5名様」の御参加予定を承っておりますが、まだまだ募集中に付き、御希望の方々は遠慮なくお知らせくださいね。お待ち申し上げておりまーす!

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2015年3月 3日 (火)

”ひなまつり”であって・・・

 「♪あかりをつけましょ、ぼんぼりにぃ~、おはなをあげましょ、もものはなぁ~。ごーにん・・・(いい加減にダレか止めて:笑←コレばっかし)」・・・はい、こんばんは!本日は3月3日で”ひなまつり”なんですね。昨夜まで、まったく気に掛けてなかったんだけど、今朝ニュース見てたらそう云ってたんで、ようやっと気が付いた(ホント)。

 と云うワケで、今晩の”たこちゃん家”では、手巻き寿司とハマグリ(台湾産:笑)潮汁のディナーであるそーです。久しぶりに定時で仕事をアガり、只今、風呂からもアガってコレを書いております。あ、そうそう。風呂と云えば「八王子のK」さんから先日頂いた”温泉の素”が我が家で大活躍。今日の仕事の中にあった”ウインドーレギュレーター洗い(パーツクリーナーでビショビショにしたウエスでニギニギし続ける苦行:笑)”でスッカリ凍傷になりかけた指先がジ~ンとしてとってもいい気持ちでしたヨ。

 ところで、3月3日と云うのは、”ひなまつり”であるのみならず、ゴロが良いせいか何かと記念日に制定されている様子です(以下ウィキペディア先生の抜粋ですが、リンク先は工夫して変更してあります)。

  • ・上巳(じょうし/じょうみ)、桃の節句(日本) 五節句の一つ。各国では3月3日だが日本では新暦で祝う。
  • ・雛祭り(日本)・・・サスガに、こりゃ知ってる。
  • 解放記念日(ブルガリア「♪めいじぶるがりあよーぐるとぉー」) 1878年のこの日、オスマン帝国から独立してブルガリア王国が成立した。・・・へー、そーなんだ。
  • 平和の日(世界) 1984年の国際ペンクラブ東京大会で、日本ペンクラブの発案により制定され、1985年から世界中で実施。「女の子の健やかな成長を祝う雛祭りは平和の象徴である」との考えから。・・・初めて聞いた。

  • ・聖クニグンデの日(世界) 聖クニグンデの命日。・・・って、ダレ(泣笑)?
  • ・聖キャサリン・ドレクセルの日(世界) 聖キャサリン・ドレクセルの命日。・・・って、ダレ(泣笑)?
  • 耳の日(日本) 日本耳鼻咽喉学会が1956年に制定。3月3日の「33」が「みみ」と読めることに由来する。「3」が耳の形に似ているから、また、電話の発明者グラハム・ベルの誕生日であったからとも言われる。・・・コレは知ってるヨ。
  • 民放ラジオの日(日本) 日本民間放送連盟ラジオ委員会が2008年に制定。「耳の日」にちなむ。・・・コレは聞いたコトある。
  • オーディオブックの日(日本) オーディオブックは耳で聴くことから、3と3の語呂合わせに由来する。・・・なっんぢゃ、ソレ?

    金魚の日(日本) 江戸時代後期頃、3月3日に雛壇に金魚を飾る風習があったことに由来する。・・・初めて聞いたヨ。

    ・三十三観音の日(日本) 三十三観音ネットワーク会議が2010年に制定。・・・やっぱ初めて目にした。

    サムギョプサルの日(韓国) 韓国の農業協同組合が2003年に制定。サムが数字の3を意味し、3が重なることから。・・・サスガにコレも知らん。ただしサムギョプサルは美味い(笑)。

     うー、ちなみに、平泉の中尊寺が建立(1105年)されたり、スバル360が発表(1958年)されたりもしたらしいです。

     なんだか今日は、”み○もんた”が昼のワイドショーでやってた「今日は何の日?(フッフッ~♪)」コーナーみたいなネタでしたね。

     それじゃー、また明日!

     マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

     また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

     このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

    2015年3月 2日 (月)

    マセラティギブリⅡのドア内部諸々・・・

     ♪はぁ~るがきぃ~たぁ~、はぁ~るがきぃ~たぁ~、ドーコーへきたぁ~、やぁーまにき・・・(いい加減にダレかトメて:笑)・・・はい、こんばんは!本日は午前中から急遽都心部へと出張作業に出向きましたが、道行くそこかしこに春の訪れを感じるような好天に恵まれました。北海道では猛吹雪なんですってね、そんな天気予報を見ますと少し申し訳無く思えます。とまれ、全国的には少しずつではありますが、春の軽やかな足音が聞こえてきた感じがいたします。想えば昨日から3月に突入ですもんね。

    20140228012014022802201402280320140228042014022805201402280620140228072014022808201402280920140228102014022811201402281220140228132014022814201402281520140228162014022817201402281820140228192014022820 ・・・で、いきなりですが、本日は”直球的本ネタ”をお送りいたしましょう。ホントは一昨日の土曜日に出そうと思っていたネタなんですが、”ホルモン屋”で一杯引っ掛けてアパートに帰りましたところ、”ほぼ酩酊(笑)”状態となっており、この枚数の画像にキャプションをイレるのは困難と判断したのでした(スミマセン!)。

     で、ここのところ御馴染みのマセラティギブリⅡ最終型(福生市のKさん号)なんですが、天井に残存した接着剤をせっかくキレイに落としたので、今度はアルカンタラと新規ウレタンフォームを貼る工程に進みたいと云う当方の希望を打ち砕くように、隣家の建替工事に伴う解体作業が先週から始まってしまい、色んな粉塵が場内に舞い落ちてくるモンで、コッチの工程を先に行うコトといたしました。

     「ドア内部の”諸々”をどーにかする工程(ビトルボ系全車共通)」

    ①:ドア内貼りトリム脱着分解清掃調整

    ②:防滴ビニール(ポリ)シート脱着清掃若しくは新規製作取付×2(インナー&アウター)

    ③:ドアランチャンネル脱着清掃給油調整×2(フロント&リア)

    ④:ウインドーレギュレータAssy脱着分解洗浄給油調整

    ⑤:ドアウインドー脱着清掃調整

    ⑥:ドアラッチ金具脱着洗浄給油調整

    ⑦:ドアアウターハンドル(ノブ)脱着洗浄給油調整&内蔵キーシリンダー分解洗浄給油調整

    ⑧:ドア灯脱着清掃若しくは(変形のある場合)交換&電球対策品交換&ギボシ新品交換

    ⑨:集中ロックユニット脱着清掃調整

    ⑩:ドアストッパー金具清掃給油&増し締め

    ⑪:ドア内部全洗浄若しくは清掃&ドレーン孔チェックの上、ドア底水抜き部分の防錆処理

    ⑫:各ハーネス及びカプラーチェック、絶縁皮膜追加

    ⑬:ドアパネルびびり防止措置

    ⑭:ドア灯スイッチ脱着洗浄、接点回復措置&ギボシ新品交換

     ・・・ざっと列記いたしますと、一枚のドアに以上の様な工程を費やしております。

     しかしながら、このギブリ君の場合には、歴代のオーナー様方が雨天にほとんど乗ってなかったとみえて、珍しくサクサクと作業が捗りました。

     同じ作業でも、何もかもがすべて”逝っちゃってる(大泣)”場合には、ホントに往生しまっせ(笑)。明日は天気がアヤしいんで、場内にコモって続きをヤリましょうね。

     あ、そうそう、例の新しいサイト「フィアット500を中古車で!1ページで分かるチンク」なんですが、夕方御来店になった「テツヲタ」さんより、「アレ、どーやって入るのが正解なの?」と云う極めて原則的なおハナシ(そう云えば、導入ルートがほとんど無かったわ:笑泣)を賜りましたんで、本日公式サイト「マセラティに乗りませんか・・・」のトップにバナーを設けておきました。当面はそこから入って頂くか、グーグルやヤフーで「フィアット500pw」と入れて頂きますと一発で出るようになりましたので、ソチラもお試し願います。当面は皆さんの「いいね!」と口コミだけが頼りですので、よろしく御披露目頂きたくお願い申し上げます。広く御覧になって頂ける様になりましたら、とっても嬉しいです。

     ちなみに”pw”と申しますのは「プロフェッショナル・ワークス」とでもトラえてくださいまし。

     それじゃー、また明日!

     マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

     また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

     このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

    « 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »