マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 真白き表紙、セピアの表紙 | トップページ | 春はオークションも花盛り »

2015年3月11日 (水)

1460日経って、何を想う

 皆さん、すでに御案内の如く、本日は”3.11”。あの東日本一帯を襲った大きな地震とそれに伴う空前規模の津波、さらに原発事故によって壊滅的な打撃を被った日です。あれから満4年となりましたが、本日現在も仮設住宅での不自由な暮らしを強いられている方々をはじめとして、心の傷も癒えぬままに人生を彷徨っている方々がいまだに数多くいらっしゃる事でありましょう。ここ一週間程はテレビのニュースなどでも被災地域の現状を報道し、少しでも前向きに歩もうとする、ほぼ旧に復した漁業関係者の活気ある姿や、半面で国からの助成金を元手に新農法に携わるも、慣れない事業ゆえにあえなく頓挫した話など、同じ復興でも明暗が徐々に分かれてきている姿が印象的でした。

 4年が経過し、日々東京に住んで日常を送っておりますと、明らかなる”記憶の沈殿”を感じます。しかしながら、自分の脳内を掻き回す”マドラー”は自らが記した過去のブログの中に封印されておりました。

当日  翌日 翌々日  4日目 5日目

満一年

満二年

満三年

 ・・・実は、本日も義理の叔母を都心の斎場にて弔って帰って来たところです。数年前から、とある難病と闘う生活を送っていたとは聞いていたのですが、その病気が快方に向かっていた矢先の急逝でした。4年前に一撃目の大地震が発生した”運命の時間”には、先日延伸開通した首都高速中央環状線(C2)で帰路につき、一気に5号線の高島平ランプまで到達。新しい道はほとんどすべてが長大なトンネルである事に驚愕しつつも便利さを享受出来ました。けれども、このような閉鎖的空間でまさかの大地震に遭遇したらと思うと慄然とはいたします。

 昨晩伺ったお坊さんの説話にもありましたが、「今吸った息を次の瞬間に吐けるかどうかすらも分からないくらいに、人間の未来はカゲロウの如くに儚い」というのも本当だし、さりとて「じゃ、何もヤラずに無為に過ごすか」と云うのもこの世に折角生まれてきてあまりに勿体無いと云うものです。

 日々、時々刻々に、いま目の前にある「何か」を掴みとろうとしながら、冷静にジタバタと歩んで行くのが、自分の性には合ってる様です。また、さらに次の一年を頑張ろうと思いつつ・・・合掌。

 それじゃー、また明日。明日からは通常通りに営業いたします。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« 真白き表紙、セピアの表紙 | トップページ | 春はオークションも花盛り »

コメント

Iです。
本日は”3・11”ですね。
地震発生当時、クルマを運転していて、何か違和感を感じるなぁと思って停車してみると、クルマごと揺れていて地震だということを認識したものです。
早々に事務所に帰りカミサンや実家の両親に電話で安否を確認したのと、同じように外勤している部下に連絡し、できるだけ早く事務所に戻ることと家族の安否を確認することを指示した記憶があります。
確かに年数が経過すると記憶が薄れてきていますが、事あるごとに思い出し決して忘れてはいけないことだと思います。
さて、昨日から北海道は大荒れです。吹雪が止みません。明日は出張の予定があるのにこれ以上酷くなると、JRが不通となり出張不可になりそうです。天気が回復することを祈るばかりです。

本日、昼ごはん食べながら「もう4年か」と、仲間のおじさんと話ました。「まさか津波があんなに来るとは思いもしなかった」と。忘れたらいかんな。

本日地震発生時刻は出張先に移動中、その後客先にてプレゼンを行ってきました。
未だ苦労を重ねている方も多いですが、自分にできることは今ある人生を一生懸命生きるのみ。
この日は、個人的に”感謝”ということも思い出す日でもあります。

東日本大震災から4年も経過したんですね。
その頃自分は何をしていたのやら…貴重なのがこのコメント欄。自分の日記帳になっており当時の記憶が蘇りました。
本年3月11日は後輩と決算押し売りミッションを終えPM2:30に大館をたち仙台に向かいましたが至る所で通行止めが発生。
本日一日で20台程の事故車両に遭遇。
自宅に到着したのは午前零時…やれやれ。

もう4年、そのころはまだブログにもコメント入れていません。災害復興も優先順位があるから10年はかかってしまうのかな。地震、津波、火災の被害はあっという間だったのに。日々、各々が自分の仕事を全うすることに尽きますか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/59213035

この記事へのトラックバック一覧です: 1460日経って、何を想う:

« 真白き表紙、セピアの表紙 | トップページ | 春はオークションも花盛り »