マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 光が丘の春うらら | トップページ | ”ワーゲンのあるバーゲン”のようなビートル »

2015年3月14日 (土)

天晴れ、アルファ4Cがやってきた!

 はい、こんばんは!今日は風も吹かずに暖かい絶好のシゴト日和。午前中には「我孫子のF」さんがエンジンオイル交換のために御来店、クアルツォドロミテ色のマセラティクアトロポルテV6エボルツィオーネは相変わらずギンギラギンに輝いておりましたが、ホワイトデーのプレゼントまでを用意して御越しくださいました。夕方には「テツヲタ」さんも同じくホワイトデーのためにわざわざ御来店くださいました。さらに夕方には「練馬のH」さんがマセラティシャマルのエンジンオイル交換のために御来店、さらにさらに閉店時間になる頃「八王子のK」さんもフラッと御来店され、活気ある土曜日となりました。皆さん有難うございました!

20150314022015031403201503140420150314052015031406201503140720150314082015031401b ・・・じゃ~ん!ついにマイクロ・デポの敷地(領土:笑)内にアルファ4Cが襲来。

 想えばプロトタイプが発表された段階では、当ブログでもコメント欄で散々取り沙汰されておりましたが、こんなに早く現車が旭町にやってくるとは思いもよりませんでしたヨ。店の前にツケたら、まさに掃き溜めに鶴(赤いケド:笑)。

 これだけデーハーで存在感のある上に、まだまだ市中では珍しいマシンですから、道行くヒトビトの関心を惹かずにゃおれません。スポーツマフラーは轟音と云っても過言ではないホドに威勢の良いサウンドを奏でております。

 マセラティクアトロポルテV6エボルツィオーネ”銀”の待つ”秘密の第五ヤード”までアルファ4Cに同乗させて頂き御一緒いたしましたが、その道すがら「そもそもこの色、マツダと提携してるせいか、同じ色のがあるんですよね」なんて車中でお話を伺っていたところ、路地からオモテ通りに出たら、まさに”ソレそのもの”が居たんで大笑い(のような:泣)。ともあれ、この個体は世界限定1000台、日本国内導入100台のローンチ・エディションと云う導入時限定車なんです。いまだ総走行距離300キロに満たない新車同様車ですが、オーナーさんは「売りたい!」と驚愕の御発言をされておりますんで、本日こうして御案内している次第。どうして売りたいのか、ソレはこのアルファ4Cと云うマシンが事前の想像を遥かに超えて”スパルタン”で”レーシー”な仕立てであったコトに拠ります。そういった意味では、正しくミッドシップピュアスポーツです。乗車するにあたっては万全の体調と精神力がことさらに必要で、マセラティシャマルをも含んだビトルボ系マセラティ各車の如き”癒し癒され感”はブッチャケ皆無です。このマシンに関してはヒヤカシは御免。御興味のある御仁は、まずメールか御電話でワタシまで御一報くだされば、現オーナー様に御取次させて頂きます。とにかく”超硬派”なマシンでありますゆえ、そういった世界を求めていらっしゃる方々には比べるモノが無いほどの逸品であります。世界的にプレミアが付き始める前にどうぞ!もちろん即納の大チャンスですヨ。

 それじゃー、また来週!今週も皆さん、毎日の御愛読有難うございましたぁ。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

« 光が丘の春うらら | トップページ | ”ワーゲンのあるバーゲン”のようなビートル »

コメント

”スパルタン”で”レーシー”sign01
素晴らしいsign03
おまけに現代の車だし、足に使えそうじゃないか。
まあ、なんだって足にするけど。
サイドミラーは是非変えたい。
ここだけだ、かっこ悪いのは。
いつか買うと思う。
たぶん。

うーん、あとヘッドライトも変えたい。
勝手言ってますが。

皆さんお晩です!

4C私も現車を見ましたが、運転する以前の問題で
私には乗り込むのが大変で、腰を痛めそうです笑
やはり癒される車がいいなぁ〜
は〜やく来い来いポルテちゃん!!

ハードさは好きになればなんとかなる!ってレベルではない?ですか。

シートデザインがアルファロメオらしくて、ここはすぐ慣れそうです。

4c チョット私にはきつい、、どうしてこのタイミングで、、、
ビックリ。
 

Iです。
はぁ~るばる来たでぇ、は~こだて~。さ~かまく波をのぉりこえて~。
ということで函館に来ちゃいました。いやいや観光とか出張ではないです。転勤です。
札幌から函館に引っ越しました~。

4Cは、私も気になっていて札幌在住時にディーラーに展示されていたのを見に行きました。もちろん購入には至ってませんが。でも4Cを購入できるだけのお金があったら、やっぱりマセラティを買うと思います。

確かにミラーとヘッドライトですかねえ。ライトのほうは乗り始めたらアバタもえくぼになるかもしれません。
トランスミッションはTCTしかないとすると、マニュアルがとかは言いっこなしとして、あとはエンジンがどんなだか、気になるところです。

その後4Cについてつらつらと考えていましたが、やはり私はもうちょっと頑張って8Cが欲しい(買えるなら)という結論に達しました。
4C価格1000万を頭金にしてあとはローンします。

だって…8Cの方が圧倒的にかっこいいから。

さらに、同価格(中古価格)ならフェラーリより8Cの方がかっこいい。
ああ、でも、だがしかしsign03どうしてクラシックは天上界に去ってしまったんだろうかsign02
やっと少し手が届きそうになったのに。

だがしかし、悲しんでばかりもいられません。
本日送られてきたJENSEN OWNERS' CLUB機関紙を前に541への思いを新たにしました。
だって表紙からして541なんだもん。

正直、今回の写真で4Cを知りました。
現在のクルマに疎くなっていることを実感。
デザインはやはり進化してますね。

4cは癒やし癒やされ感が皆無の精神高揚エンドルフィン・マシーンなのですね。
いやいや素敵です。この超絶非日常を堪能してみたいものです。

土曜日は同じアパート仲間の転勤引っ越しのお手伝い。
夕方、転勤する同僚を仙台駅に送り届けて土曜日の任務終了…達者でな~!

 土曜日は、約束時間に遅れるし、急いで行って、手土産持っていかないわで、大変すいませんでした。ホワイトデイだったんでしたね。
 4Cのスタイルはカッコいい!マフラー音は微妙、でも限定ですからコレから人気でるでしょうね、プレミアつきそうです。シャマルと並ぶと、幅はほぼ同じ位だけど、明らかに低い!、そしてやや大きく感じました。
 0−100mは、4.5sって、グランスポーツより、グランツーリズモより速い!!! たしかにヘッドライトとサイドミラーが問題ですが、個人的にはこのヘッドライトもいいかなと(シャマルにつけたろか!?)、ミラーはゆくゆくカッコいいのがどこからか販売されそうです。
8Cは2回程みたことがあります。このスパイダーが台数少なくて、見たこと無いですね。8Cは、日本80台くらいでしたっけ? なかなか市場に出てきませんけどね。りゅたろうさんイキマしょう!!
金銀のクワトロポルテも売れて!4Cも売れるといいですね!!!

8Cはー。好き好きかもしれませんが写真より実物は地味じゃないですかー?、正直リュタローセンセーには上品すぎる気が。あ、あ、ごめんなさい、ごめんなさい。

ひょっこり顔を出してるクアトロポルテがカワイイですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/59267575

この記事へのトラックバック一覧です: 天晴れ、アルファ4Cがやってきた!:

« 光が丘の春うらら | トップページ | ”ワーゲンのあるバーゲン”のようなビートル »