マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月30日 (木)

うれしいダブル納車の日

あうあうあう、はいこんばんは!昨夜□△◎○(結構シツコイ(笑)) から練馬に帰還して、今朝は4時半起床で静岡の先の方まで納車の儀を挙行しに行きました。無事にお届けできてホントによかったデス。とろろ飯とお蕎麦(絶品でした)をご馳走してくださったので、生ビールで乾杯いたしました。
現地までは、比較的ツルツルと到達したのですが、連休のレジャー車と連休前の駆け込みシゴトグルマがともに市街地にはあふれておりまして、結構往生いたしました。
それでも6時前には千葉の拙宅に帰りつくコトが叶いました。ガレージには、はじめて対面するクルマが鎮座しておりましたが、ガソリンがスッカラカンなので、とりあえずガソリンスタンドを目指して恐る恐る走ってみました。「いいわ、コレ」
いよいよ、あさってはダメ男の集い開催デス。たこヨメは、皆さんをお迎えする準備に余念がありません。通常住んでないので荒れ果てていた庭も、ワタシが帰ってくるとスッカリきれいになってました。
あ、明日も色々やらなきゃならないコトだらけ。とっとと風呂入って寝よ。
それじゃーまた明日!

2015年4月29日 (水)

□△◎○よ、またね。

はい、こんばんは。ソレにいたしましても、楽しいひとときと申しますのは、アッという間の出来事ですね。ちなみに、ワタシのガラケーは、ついに当ブログのプラットフォームたるココログ様より、「セキュリティ証明書の更新がどーのこーの」などという御無体な理由により、ログインさせて貰えなくなってしまいました(大泣)。
只今、ヨメのタブレットを奪って、コレ書いてますが、まぁ、書きにくいコトこの上無しです。
あー、とりあえず練馬にいます。コレからコレアップして、速攻で寝ます。
朝市、連絡船、間歇泉と鳥羽一郎。いかめしでサクラ、月光仮面、めちゃうまクレープ。男子禁制修道院、露天風呂、牧場で牛。本日はそんな1日を過ごさせて頂きました。で、今は練馬にいると。
あしたは静岡の先へとまいります。何時に帰ってこられるかなぁ。
それじゃーまた明日!皆さんもよい連休をお過ごしください。

2015年4月28日 (火)

湖畔散策にはじまり、5万ドルの夜景でシメ

 はい、こんばんは。ハヤいもので、本日は旅行に出てから三日目でしたねぇ。お仕事に出ておられる皆さんもいらっしゃると云うのに、ちょっと申し訳ない気持ちもいたしますが、先ほど「大分で医聖と呼ばれる御セレブ大先生」より直々にお電話を賜りまして、30分以上にわたり怨嗟の声を散々聞かされました(泣笑)。まぁ、ワタシも日常的にはすべての土曜日といくばくかの日曜日と元旦を除くすべての祝日は出勤日とさせて頂いておりますんで、こうしてユックリさせて頂いております。お許しあれ。

  今日も結構走りまわりました。まずは、とある国定公園の大きな湖畔を一周、そしてハンバーガーをガラナで流し込むと云う遅めの朝食。その後は一気に西へと向かい、江戸幕府最強軍艦を訪ねたり、東洋のグランドキャニオンに行ったりしました。夕方前には□△◎○へと戻っておとといと同じ宿に帰還。休む間も無く「100万ドルのミシュラン三ツ星夜景」を見に行きました。・・・おとなりの大陸から大挙して襲来した観光客の群れに、純ジャパたちは辟易しながら肩身の狭い思いでロープウェイに乗りましたが、ガスってるんですよ、コレが(で、5万ドルなんです:泣)。昨日とか信じがたいホドに暖かかったですからね、また当地にくる言い訳が出来ましたヨ。ほうほうの体で帰ってきて、「やきとり(と云いつつやきぶたの)弁当」とモノホンの文字通りやきとりと、朝に湖畔で仕入れておいた高級地ビールで、部屋ディナーとシャレこみました。

 明日は一気に帰って一旦練馬行きです。ココで連続休暇は小休止、明後日は静岡県まで出張納車の儀をとり行いに行かねばなりません。で、新幹線でとって返して、その晩にようやく千葉拙宅へと正月以来の帰還と相成るワケです。そして、2日はダメ男だぁ。休んでらんないわ(笑)。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2015年4月27日 (月)

□△◎○周辺で一気にサクラ見物

はい、こんばんは!昨日のコメント欄で、「一松」さんより一撃ビンゴを喰らってしまいましたので、コマったモンですが、とにかくトボけて先へとまいります。
星型の要塞に、やきとり弁当とビール携えてまずは怒濤の花見&高見の見物。そりゃもー満開でラッキー極まりなし。続いては、女人禁制の修道院でソフトクリームを堪能。波ザッッパーンな岬めぐり。とことん最南端を目指す。海底トンネルと往年の最強横綱処。遅い昼飯はイカ定食。ああ、このあたりには宿が無し。とって返して110キロ。今や湖畔の宿で激メンワンタンメンを食べながらのブログ書きです。なぜか、目の前には駅も見える。今は真っ暗だけど、明日の朝は楽しみです。どんな風景が広がっているんダロ。
それじゃーまた明日!

2015年4月26日 (日)

吉例、ワタシはドコでしょう(笑)?

 レンキュー初日の本日は日曜日。本来は当ブログもお休みなのですが、連休期間中は日曜スペシャルをお送りいたします。せっかくの休みなのに、やっぱトシあるねのワタシはどーしても5時前には目が覚めてしまいます・・・

20150426012015042602 ・・・で、さっそく朝食を食べると、パブロフの犬よろしく条件反射的に”出勤(泣笑)”してしまうところも”かなしーサガ”でありんす。

 マイクロ・デポの誇る”路傍のガーデン”に植えられた花々やハーブたちも、気が付けば結構順調に大きくなっている様子です。朝の光に照らされてソレなりに美しい。しかしながら、そう思っているのはワタシたちだけの様で、道行くヒトビトは目もくれず、相変わらず自転車は普通に置かれ、吸殻や紙くずが平気で投げ込まれてしまいます。やっぱ都会って「や~ねぇ~」

 [イントロ]♪ちゃちゃんちゃちゃん(チャラリラ)、ちゃちゃんちゃちゃん(チャラリラ)、ちゃちゃんちゃちゃん(チャラリラ)、ちゃちゃんちゃちゃん。ピロリィ~らりらりぃ~、らりらぁ~りらりらぁ~。(ん)ちゃちゃちゃ、ちゃーんちゃーかスッちゃーちゃ、ちゃーんちゃーかスッちゃ、ピロリロリィ~ひれはれほ~、ほれはれひぃ~、ちゃらら、ちゃんからっかちゃん(ホロヒレ)

 「はぁ~○○○ぅ○○ぜ、□△◎○へ~」

 と云うワケで、喧騒の世知ガラい都会を離れて□△◎○に来ちゃいました。・・・すんげー難しい様でチョー簡単だよな、今日のは(笑)。さぁさぁ、乾杯しよー!!

 それじゃー、また明日。・・・予定はまったく未定デス。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2015年4月25日 (土)

明日からゴールデンウイーク休暇デス!

 はい、こんばんは!なんだか、長ぁ~い、長ぁ~い本日の一日と、正月明けからここまで。連休前の大ラス営業日であった土曜日は、電話も鳴らずに静かなモンでしたが、午後には、名古屋からわざわざクアトロポルテⅣのハナシが聞きたいと、Mさんが初めて御来店くださいました。例によって「水をブッカケる方面(泣笑)」の後ろ向きなハナシばかりをワタシが繰り出すので、若干ヒカれてしまいましたが、無事に御帰りになったかなぁ~。

20150425012015042502 夕方までには「おぐ」さんにも無事お納めするコトが出来まして、「我(ら)ながら、よく間にあったよな」と恐悦至極の至り。

 で、明日からの”連休巣籠りモード”を着々と形成しつつ、決算書の方も数字が出て”黒い方(喜)”で確定したらしい報を聞くコトが出来ました。こちらは歓喜雀躍であります。本当に当店顧客の皆々様並びに拙ブログの読者様・コメンテーター様方には感謝、また感謝です。有難うございました。一方、納車を御待ちの皆々様に於かれましては、いつもお待たせしていて申し訳ございません。お待たせした分御満足頂けますよう尚一層の仕上がりを目指して頑張る決意をしております。さらに協力会社様各位に於かれましても、尚一層の御指導をよろしくお願い申し上げます。

 そんなマイクロ・デポ、「マセラティ専門店でありつつ、”軽自動車からロールスロイスまで”等しく精魂傾ける」このポリシーのもとで、これからも全力で走り続けようと思っております。・・・しかしながら、正月明けから走り続けて当のワタシは些かおツカれモード。心身ともにネジを巻き直す必要を感じております。明日からの連休の間にシッカリと養生させて頂きまして、迎える5月7日(木)からは、またまた元気に全開営業をいたしますヨ。

 それじゃー、また明日!・・・連休中も当ブログは更新を続けまぁ~っす、ヨロシク!!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2015年4月24日 (金)

GWまで、あと一日だわぁ・・・

 はい、こんばんは!ゴールデンウイークの連続休暇まで残すところあと2日となった本日の金曜日。世の中はハヤくも明日から連休がはじまるヒトビトがハナキンの夜をエンジョイしているコトでありましょうけれど、ワタシゃなんだかんだでブログ更新もこの時間(とほほのほ:泣笑)。

20150424012015042402 ・・・午前中にはマセラティクアトロポルテⅣ前期型(小田原のMさん号)のリアショックアブソーバーの組み換え作業に取り組み、ソレがひと息ついた頃、実質的な月末につき様々な来客や御電話に次々と対応しつつ、ひたすら右往左往していたところでマセラティギブリⅡGTに乗った「おぐ」さんが御来店。とっても美味しそうな「お芋の蒸留ジュース(笑)」を頂戴いたしました。さっそくリフトアップ。ガッチリと固着してなかなかハズれなかったクラッチマスターシリンダーもようやく夕方近くにトレまして、なんとか交換するところまでは済みました(ホッ・・・)。明日の午前中にエアーブリードをやって、午後一番に入荷予定のタイヤ交換を首尾よく済ませれば、なんとかセーフと。ところで、アレ?これは、ナニ?!

 それじゃー、また明日。さぁ、あとヒト頑張りだぁ(もう”脳”が回らん。帰って寝よ:泣笑)!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2015年4月23日 (木)

はい、”GWダメ男”の点呼とりま~す!

 ・・・にしても、昨日のコメント欄には名フレーズが並びましたなぁ。中でも「一松」さんのコメントにあった「そこかしこに景色が見えるのです。」と云うのは、至極名言。いつもワタシがビトルボ系マセラティのコトを語らせられる時に「その魅力って何?」っと毎回聞かれるのですが、「ああ、ソレはそれぞれの持ち主さんの中でそれぞれに見出して頂ければ・・・」なんて抽象的な物云いしてたんですケド、今度からこう云おう!「そこかしこに景色が見えるんです」って。カッチョいい!

 はい、こんばんは!本日は来たる5月2日(土)に千葉拙宅にて開催予定の「ダメ男の集い2015」へのエントリーを本日現在までに表明されている皆様を、一応人数確認のために”分かりずら~くエントリー順”にお知らせしておきましょう。云わば”中締め”といったところで、〆切っちゃうワケではありませんからねっ!

 「ひこうき班長御夫妻様」「小田原のM久保様」「調布のUさん御夫妻様」「Wさま様(笑)」「Sm様」「練馬のH様」「Y様」「町内会のM様」「Hでございます御夫妻様」「川島町のN様」・・・あとは拙いホスト役の「たこちゃんズ御夫妻様(笑)」で、現在のところ総勢15名様が予定されております。まだまだ日程を調整されたり、御参加を逡巡されたりしている方々もいらっしゃると思いますが、今しばらくのあいだ、メールか当ブログのコメント欄にて御参加表明を受け付けておりますゆえ、都合の付く方々はよろしくお願い申し上げます。当日の天候がよろしければ、今回は「アウトドアプラモ」もオツなのではなかろうかと画策したりしております。参加資格は「とりあえずプラモを作る(ヒトとそのお連れあい様や御家族様)」という一点のみです。本当に毎回楽しいんですヨ。

 それじゃー、また明日!気が付けば、あと2日だぁ・・・頑張るしかねぇな(腕がアガんねぇ~:泣笑)。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2015年4月22日 (水)

ビトルボ系マセラティの立ち位置について考える

 はい、こんばんは!ここのところ日々の忙しさ(と云うよりも目まぐるしさかな?)に追われて、当ブログ読者の中で多くの皆さんがワタシの本業であると認識しているであろう「ビトルボ系マセラティ」について、キチンとお話出来ていなかった様な気がいたしますので、本日は原点に回帰いたしまして、そんな一席でお茶を濁そうと云う次第。

 ①:2015年春、日本に於いて、ビトルボ系マセラティの置かれた位置

 ・・・これから述べる事は、あくまでも専門屋としてのワタシが感じている私見に過ぎません。実は本日も、とあるお客さんが来店されまして、自らが現在持っているマセラティスパイダーザガートをリフトアップして評価して欲しいとの御依頼を(正直シブシブながら)お請けいたしました。率直に申し上げて、只今現在の当店(及びその顧客様)基準では”部品取り車”以前の残念な状況で、すべての液体類は漏れか滲みを発生しているし、謂わばトラブルを溜め込んだ典型的サンプルの様なマセラティ旧車でした。しかしながら、昨日新品バッテリーに積み替えて、それでもオルタネータのダイオード不良なのでしょう、バッテリー警告灯をチラチラ点滅させながら、結構な遠距離からお越しになるのですからキモが坐った方ではありました。リフトアップされた姿を御覧になって、御自身が当初抱いていたダメージよりは軽症であると判断された御様子で、これから徐々に手を入れていこうと云う結論を得て御帰りになりました。「マイクロ・デポに持って行って現状を把握させてもらう」と普段ダマしダマしの車検などを安価に請け負いつつ面倒を見てくださっていると云う整備屋さんからは「どれだけトラれるんだろう」と危惧の言葉まで投げ掛けられていたそうです・・・ハッキリ云って大きなお世話です(笑泣)。

 ところで、そんなスパイダーザガートに関しましては、泣いても笑っても、そもそもの正規輸入台数が200台です。今となっては当初の前期型89年登録車で26年落ち、95年登録の最終型プロジェクターランプ装備車でもちょうど20年落ちとなるワケですから、その健康に残存している台数は本当に僅少になりつつあります。222系各車も430も228もカリフも状況は「50歩100歩」どころか「20000歩40000歩(笑)」です。デ・トマソ期・第一フィアット期・フェラーリ期に亘って製造された”ビトルボ(IHI製ツインターボ装着)系マセラティ”は、すべてネオ・クラシック若しくはクラシック扱いとすべきであると改めて認識し、今ここに宣言いたします。当店顧客の皆さまはお持ちの愛車を本当に大事にしてくださいますようお願い申し上げます。

 ②:ビトルボ系マセラティには、とって代われるクルマが存在しないと云う悩み

 ・・・あまりにも存在感が大きかったビトルボ系マセラティは、絶対的サイズの方では、その存在感とは対照的にコンパクトであったので、乗り換えようと思っても代替車が見つからないのです。なぜなら、マセラティブランド各車が年々月々に大きく重くサイズアップを繰り返してしまったから。そしてマセラティブランドに比肩し得る存在はアストンマーティンくらいしか存在せず、且つ”先方”もデカいから。

 当ブログを御覧になっていらっしゃる”当店顧客外ビトルボ乗り”の方々にも多くそんな悩みを抱えていらっしゃるお客さんがいらっしゃると思います。”ビトルボ乗り”貴方の悩みはそのままマイクロ・デポの悩みであると考えております。真摯な態度で御相談頂けましたらトコトン親身になって解決策を見出すまでお手伝いいたしますし、当店でのみ、ソレは可能であろうと自負するところです。

 ③:マイクロ・デポはあなたの悩みを”トータルに”解決出来る、おそらく本邦で唯一無二の存在であると云う主張

 ・・・(新品&中古)部品の在庫量、ドナー車保有台数、ビトルボ系マセラティのレストア販売台数実績、国内及び海外での情報ネットワーク、旧いマセラティを実際に責任持って販売する能力・・・以上の点については創業以来18年有余、徹底的に追求してまいりました。かつて自らがマセラティオーナーであったワタシ自身が”マセラティの理想郷”を目指し、追求し抜いて作り上げた「マセラティアンチエイジングシステム」、それがマイクロ・デポなのです。ダレも「とって喰い(笑)」はいたしませんので、お気軽に御相談くださいな。勇気を奮い起してする一本の電話、その番号は03-5968-4717(御苦労はしないな)です。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2015年4月21日 (火)

ゴールデンウイークの連続休暇御案内 2015版

 はい、こんばんは!あぅ~毎日毎日次々と出て来るミッションをスパスパ捌いてはおりますが、差し歯は二本もトレるわ、天気はピリっとしないわで、毎朝”ほぼ日の出営業(笑泣)”の甲斐も無く、相変わらずの匍匐前進を強いられる日々を送っております。

 ふと見れば、昨日のコメント欄には”自称スパム(笑泣)”メールがたくさん入っておりますが、御自分の家庭内争議は御自身のブログで書けば面白いのに(反響が:笑)・・・やってみたら?

 いきなり”ぎょーむれんらく”、「一松」さんの御所望の品はすべて揃えました。ちょっと落ち着いたら金額など御案内申し上げます。「I」さんには、本日メールへの御返事が出来ませんでしたので、明日御連絡(仰せの線でオッケーですヨ!有難うございます。)申し上げます。「おぐ」さんは金曜日の午後、とりあえず一遍来てみてください。なんとかする方向で準備しております。「Hでございます」さん、ダメ男に御夫婦で御参加との由は承っておりますので御心配無く。とにかく懐かすいキャラ物プラモを所望しております(笑)。「”ワンオフラジエターサブタンク”にオファーをくださった方々」にもそろそろ詳細を御案内出来そうですので、あと少しお待ちください。

 ・・・はぁ、はぁ、はぁ・・・トシあるねの身はツラい。

 ところで、このように日々をジタバタと生きております中でスッカリ忘却しておりました。今晩ただいま気が付きましたが、いまだ正式に発表しておりませんでしたので、マイクロ・デポ、本年のゴールデンウイーク休業期間の御案内をいたしたいと思います。

 マイクロ・デポ株式会社の2015年GW連続休暇期間:4月26日(日)~5月6日(水)

 ここ数年のあいだ、ゴールデンウイーク期間は、連続して豪快に休みやすい暦ではありませんでしたが、今年の(対外的な)GWは久しぶりにユッタリ出来そうです。まっ、途中30日には出張納車ミッションも挟まったりして、実際には事実上連続してホゲホゲ出来ないのですが、少なくともいつもの”救急外来モード”的生活は脱するコトが出来そうですので、気分的には幾分リラックスすることでありましょう。顧客の皆様には御不便をお掛けいたしますが、どうぞお許しくださいますようお願い申し上げます。さぁ、残すところ4日間、気合い入れていこう、オー!!

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2015年4月20日 (月)

アド・ミュージアムにようやくイケたヨ!

 はい、こんばんは!本日も春の嵐が吹き荒れて、本当にピリッとしない天候が続きますねぇー。皆さんのお住まい周辺は如何でしょうか。そんなこんなで、この間の正月以来アッと云う間にゴールデンウイークまで残すところ一週間を切る時期となってしまいました(あうあうあう・・・:泣)。

20150420012015042002 ・・・昨日の日曜日は、午前中、ちょっと東京の城東方面へと査定ミッションに繰り出しました。

 意中のクルマ(内緒!)に試乗させて頂き、自らステアリングを握ったワタシは、ただただ真っすぐに走ってたダケなんですが、気が付けば千葉県(笑泣)に突入。あんまり爽快なモンでついつい長く走ってしまいました。日曜日、ホントは一日中ゴロゴロしていたかったのですが、せっかくのシゴトですから、この際積極的に楽しまなくてはね。

 で、久しぶりに”都心部”へと赴きましたんで、査定の帰り掛けに、ずぅ~っとワタシの中で懸案でありました当所を訪ねてみるコトといたしました。まずは意中のスポットが開いているのを確認して、とりあえず”ビ~ル(笑)”で喉を潤すのでありました。

2015042003201504200420150420052015042006 ・・・残念ながら、場内は当然の様に”撮影禁止”でありますので、入口に備えてあったパンフレットの画像のみで失礼をばいたします。

 カレッタ汐留の中にあります「アド・ミュージアム東京」、広告研究を(なぜか)コドモの頃から”趣味”としてきた(シブい!)ワタシにとりましては謂わば”聖地”であります。

 当スポットは開館以来、長らく日曜日を休館日としておりました。ところが、近年は日曜日も開けてくれているらしいコトを嗅ぎつけ(笑)、そのうち行こう行こうと思いつつもなかなか出不精のワタシは都心部へと出て行くコトは無かったのですが、ついに実現したと云うワケでありました。・・・嗚呼、イッてよかった&またイキたい。懐かしコマーシャルマニア的には三木鶏郎先生(ちなみに、トムとジェリー日本語版主題歌や鉄人28号主題歌もトリロー先生の作なんですヨ)をフィーチャーしたコーナーにはクギ付けとなるコトでありましょう。ソコだけでも昭和30年代前半の黎明期モノを中心に25本ものモノクロコマーシャルフィルムを視るコトが出来ましたが、大ムカシのCMは現在では考えられないくらいの長尺、一本が2分なんてモノもザラにありましたんで、そのすべてを立ったままの姿勢で”モニター凝視”のうえ小一時間は掛けて見ていました。学芸員のおねーさんからは、さぞや「相当胡散臭いオヤヂやなぁ~」と思われたコトでありましょう。ソレくらいに旧いCMは好き。とーぜん”たこヨメ”は一瞬で飽きましたんで、弩涛のアーカイブコーナーをジックリ視るコトまでは叶いませんでした。図書館の方も行きたいケド、こっちは日曜日休みなのね(涙)。またイカなきゃ・・・。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2015年4月18日 (土)

マセラティクアトロポルテV6エボルツィオーネの下回りを見る(何度目?:笑)

 はい、こんばんは!本日は朝から爽やかな気候でヤル気は充実!!「いざっ」と作業に臨んでおりましたが、午後になって、デポ隣家の基礎工事が勝手に佳境に入りやがり、場内のクルマを入れ替えて段取り替えをしようと、置き場に赴き車輌を持って戻ってまいりましたら、コンクリートミキサー車がデポ前の路地を塞いでおり、聞けば「コンクリート流し込んでるんで、小一時間ホド動かせないんですぅ~」とのコト。「そーゆー大事なコトは事前に連絡しろよぉ~。んザケんぢゃねぇ~よ、このタコ(はワタシ:笑)!」とココロの中で思いつつ、その怒りを30%程度に希釈した物云いで、現場監督を呼びつけてキツクお仕置きいたしましたが、どちらにしても後の祭り(って云うか、あとのカーニバル[Ⓒおぐさん:笑])・・・。

201504180120150418022015041803201504180420150418052015041806 ・・・本日は「八王子のK」さんにマセラティクアトロポルテ(Ⅳ)後期型V6を夕刻にお納めする予定で、朝から動き回っておったのですが、午前中の段階では、いまだ左右フロントドア内張りトリムが装着されていない状態でありました(いつも納車当日はこんな感じなんだけれども:泣笑)。

 内装組立作業と最終仕上げルームクリーニングの効率を極限までアゲるために一旦クルマをオモテに出しましたところで、頭上のリフトに載ったマセラティクアトロポルテ(Ⅳ)V6エボルツィオーネ”金”(只今絶賛発売中!)の下回り写真を撮影しておったと云うワケです。

 先ほど、大分の”すうぱあおせれぶせんせー(笑泣)”と久しぶりにスカイプやってしまいましたが、「アレ上品でイイよねぇ~。まだ売れないの?」と仰いますんで内心大きなお世話ぢゃと思いつつ、思いっきり愚痴垂れておきました(笑泣)。下回りまでこんなにキレイなのにねぇ~。ビトルボ系マセラティを本当に理解出来る方々には超お奨めの逸品なのですけれど、国産車や他の欧州車からの乗り換え組様には捉えにくいのかな(色目を含めて)。ところで本日の主役たる「八王子のK」さんは16:00頃に御来店頂きましたが、納車の儀が済んで御帰りになりましたのは20:00直前頃となってしまいました。本当にお待たせして申し訳ありませんでした!大事にしてね。

 それじゃー、また来週!・・・明日こそ寝るぞぉ~と思ってましたが、午前中に査定ミッションが入っちゃいました(泣笑)。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2015年4月17日 (金)

一転二転で七転び八起き

 はい、こんばんは!本日は、早朝から「え~っ!!」なコトになりまして、一日中クルマで走り回るコトとなりましたが、当ブログのコメンテーターでお馴染の「テツヲタ」さんから絶大なるパワーの援護を頂戴し、「大山鳴動してねずみ一匹も出ず」と云ったワタシにはよくある事象とならずに済みました。本当に有難いコトであります。

 ・・・朝一番で出勤し、出品時間の確認をするつもりでオークション情報を見れば、昨夜「テツヲタ」さんに連れられてわざわざ御来店くださった、高校→大学と鉄道研究会での後輩であったと仰る「Yさん」が御所望であったクルマ(次の連休中にお引っ越しになる新天地にて日常車とするための国産コンパクトカー・・・ですから”超ケツカッチン”なのです)が、まさかの当日情報変更となって、評価点が裏返って(悪化して)いたのでした。

 一瞬、アタマを抱えましたが、至急「Yさん」には急変した実情をお知らせするメールを投げかけ、とりあえずの爾後策を練るコトといたしました。なにしろワタシの場合には最後の一瞬までとことんアキラメないのが信条ですからね(ホントか?:笑泣)。合言葉は「ねばー・ぎぶあっぷっ!」ぢゃ。

 意中のクルマがいきなりスッとんでしまったハナシを聞かされた「Yさん」は、何しろクルマを購入するのも初めてと云う方なので、文字通り「アタマ真っ白」となっていた御様子。ソコに昨晩に引き続き「テツヲタ」さんが加勢してくださり、状況を咀嚼して説明して頂けました。

 もう一度、年式の枠を広げてオークション情報を見直すと、比較的近所で本日開催のオークション会場に、若干年式は落ちるけれども(女性)ワンオーナーで走行一万五千キロほど、車検は1年以上残り、車検毎にディーラーにて完全記録簿を付けてきたという良質(そう)な個体を発見!

 すぐさま「テツヲタ」さんに電話して「これから一緒にオークション会場行かない?」と御誘いいたしましたら快諾を得ましたので、コペ蔵の屋根カッとばして、関越道をスッとんで行きました。途中で予期せぬ雨に遭遇いたしましたが、現地では晴れており、無事に現車の下見を済ませつつ現地から「コレ、イケてますよ!」と実況生中継電話を「Yさん」に。「テツヲタ」さんと「Yさん」の信頼関係に寄り掛かるカタチでようやく「GOサイン」が出ましたので、速攻、踵を返してデポへとトンボ返り。パソコンの前に座れば出品時間は目の前でした。

 ・・・なんとか無事に落札出来ましたので、お二方には懇ろに御礼を申し上げつつ無事に御売約とは相成りました。なんだか、この24時間は非常にドラマティックで濃密な一日でしたヨ。こういった”超速クルマ選び”の在り方もありますよと云う一席。皆さんも如何ですか?スリリングで面白いヨ(笑)。

 それじゃー、また明日!ちなみに”ダメ男”は、も少し募集中ですぜ、お姉ぇさん(だからダメ男だっつーの!笑)。・・・はぁ、もー、風呂入って寝よ!明日もハードボイルドだぜぃ。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2015年4月16日 (木)

うっれしい時わぁ~ホォ~ルモ~ン(笑)

 はい、こんばんは!本日は、ようやく一日中晴れ上がり、弩涛の如くにシゴトをするにはちょうど良いチャンス!もう、早朝から走り回り続けた木曜日ではありましたヨ。20150416012015041602

20150416032015041604・・・で、まずはとりあえず”ネタ的”に云っておきますと、本日の標題は”ケロヨンのうた(思いっきり音出ます、注意!リンク先動画の0:37からの部分)”のメロディーで歌って頂けますと味わい深い(このブログには、よくケロヨン出て来るなぁ:笑)です。”トシあるね関係者”諸兄には懐かしいと思われます。

 本日のメインディッシュ作業は「小田原のM」さん(ホントにホントにお待たせしており、申し訳ありません:ペコリ!)のマセラティクアトロポルテ(Ⅳ)前期型のインタンクフューエルポンプAssy交換ミッションでありました。やはり、予防整備的には、やってヨカッタ!内部のホースやポンプ支持具は経年(ナンと申しましても、製造年度よりカレコレ18年ですからねぇ~)による劣化でポロポロになっておりましたので、コレで”燃料供給の部”は安心となりました。

20150416052015041606 そんな作業も佳境を脱し、光ヶ丘公園を周回しながら、Mさんのクアトロポルテの状況をチェックしておりましたら、零細企業の経営者たるワタシにとりましては、ヒジョーにウレしい報が入ってまいりましたので、今晩はせめてもの自分への御褒美といたしまして、またまたホルモン屋に行ってしまいました(でも、ものすごく頻繁に行ってるイメージを持たれてますが、実際には月に二回しか行ってないんですよぉ~:笑)。明日も頑張るぞ!オー!!

 それじゃー、また明日!ちなみに”ダメ男”は、も少し募集中ですぜ、お兄いさん(笑)。・・・はぁ、完全完成0時一分前でした!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2015年4月15日 (水)

春の味覚を天ぷらに

 はい、こんばんは!本日はもう、ワタシの意気込みに反して何もかもがカラ回りに終わった感のある徒労の一日ではありました。それでも、今朝がたの天気予報で「午後からは東京にも、降るぞぉ~降るぞぉ~」としきりに脅かしていた雹や霰(ヒョウやアラレ・・・読めるかっつーの!:泣笑)を伴う雷雨は結局降らず、時に”きつねのヨメ入り”的な天気雨がパラつき、強風こそ吹き荒れましたが、少なくとも練馬では何も起こりませんでしたのは、今日一日の頑張りに対する功徳であったと云えるかも知れません。・・・しっかしホンっとツカれたわ。

 で、こんな晩には、ウマいもん喰いつつ発泡酒とウーロンハイを一気にアオって、とっとと寝るに限ります。とっとと寝るから明日も4時半に目覚めてしまいそうですが(ちなみに本日も6時15分の出社でした:笑)。

20150415012015041502 ・・・で、コチラが「春の味覚”4題”」そらまめ・ふきのとう・ピーマン・タケノコ&玉葱のかき揚げと云った布陣でお届けいたします・・・って、なんだか”グリン・グリン”してますね。イタ語では”緑=ヴェルデ(Verde)”、ヴェルデテンプラ(笑)。ピーマンは夏野菜のような気がいたしますが、まったく春らしい”そらまめの天ぷら”とか”ふきのとうの天ぷら”って、ちょっと珍しいでしょ。以前にも御紹介したよな記憶もウッスラとございますが、特にそらまめは当然ながらビールのお伴にすこぶる合いますヨ。期せずして”エビ・イカ・豚・鳥”一切無しの、本格的お精進(味噌汁の具も油アゲとミョウガ、付け合わせにおかめ納豆)とは相成りました。タマには、植物性たんぱく質ダケを摂取する晩があっても良いなと思いました。普段あんまり量を食べないお米もたくさん食べられましたヨ。

 それじゃー、また明日!ちなみに”ダメ男”は、も少し募集中ですぜ、姐さん(笑)。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2015年4月14日 (火)

追憶の中にある”あげぱん”

 もうね、そろそろいい加減にしてほしいと思うワケですよ、ここんところの雨続きにゃ・・・はい、こんばんは!お陰様で毎日余計なシゴトが増えるばかりで、連休前だと云うのに泥沼の匍匐前進となっておりますヨ(ま、いつものコトですけどね:笑泣)。

 ところで、そんなワタシ、ここ3日間と云うモノは、何の因果か脳内が”あげぱん”を想い慕う気持ちで充満しております。ソレも、追憶の中にのみ存在する「昭和45年から51年の間に練馬区立小学校の給食室から送り出されていた」あの”あげぱん”が喰いたくて仕方がないのです。中学校のではダメです。小学校のでないと(笑)。

 もっとも、近年は”あげぱん”を供するレトロチックなムードをウリにする様なお店(給食○番とか)も多数存在いたしますが、あんなんぢゃ無いんですよねぇ。粉糖(ヨメが云うには、業界では”泣かない砂糖”と云うのだそーです←そーなの?「大阪のE」さん)を真っ白にマブした様なのは、ワタシのイメージする”あげぱん”にはあらず。

 ・・・まず、表面の砂糖は断じて”ザラ目”である必要があります。そして、表面は”こんがりキツネ色”なんてなナマやさしいものではありませんで、コゲるほどにアゲ抜かれ、黒糖かりん糖のバケモンみたいな見た目であるべきです。当時、ザラ目以外には”きな粉ミックス”バージョンがありましたが、ここまでは許そう(カフェラテ味って、なぁんぢゃそりゃ:笑怒)。

 よく、昨今の”あげぱん”のレシピには、まず「コッペパンを用意せよ」と書いてありますが、コッペパンなんか揚げても、きっと”昭和の練馬区立小学校仕様あげぱん”にはなりません。まず表面のザラッ!のあとには「はみゅぅ~」っとした独特の食感。エアと浸み込んだ油脂分(と、思わず多量に分泌したヨダレ:笑)を同時に噛んだ様な、アノひとくち目の至福をぜひもう一度味わってみたいと熱望しております。

 一方、給食にあげぱんが出てくる場合には、必ずと云っていいホドの高率でカップリングされていたのが、なぜか「豚汁(マズい!)」か「玉子と鶏肉がふよふよと浮かんだような中華スープの見た目なんだけど思いっきり和風だし味のスープ(いよいよマズい!!)」でした。そんな荒みかけたコドモ心におもねるかの如くに最終ウェポンたる「ミルメーク」も付いてくるんだな、コレが。

 いったい当時、ドコのベーカリーが、あの超絶にウマ懐かしい”あげぱん”を製造していたのでしょう。ググッてみても、なかなか有力な手掛かりが無いので、今度「探偵ナイトスクープ」にでも応募してみよっかなぁ(地元商店会の実力者たる「テツヲタ」さん、なんか知らない?:笑)。

 それじゃー、また明日!ちなみに”ダメ男”は、まだまだ募集中ですぜ、ダンナ(笑)。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2015年4月13日 (月)

ダメ男の集い”ゴールデンウイーク2015”の御案内

 ツユみたいな天候が続いて、毎日朝からびしょびしょの毎日デス。はい、こんばんは!と云ったワケで、すっかりシケたムードの東京練馬ではありますが、マイクロ・デポは燃える(萌える?:笑)闘魂を奮い起こしつつ日々頑張っておりますヨ。

 それでも、そろそろ楽しい連休の打ち合わせでも行いまして、明日への活力としたいモノですね。で、「ひこうき班長(ハンチョーと云う名の実はカイチョー)」さんと「小田原のМ(エキストラスーパーデラックス名誉会長)」さんに一昨日御電話をいたしまして、「ねぇねぇ、どーする?今度の(GW)ダメ男heart」と打診したところ、どうやらボンヤリと日程が見えてまいりましたので、発表いたします。

 sunダメ男の集い”ゴールデンウイーク2015”(仮称)開催日:5月2日(土)となりました。sun

 いつものように、ワタシがやってる最大公約数的な決定方法ですので、御都合のつかない方々もいらっしゃるとは思いますが、「オレはダメ男だぜ!」「アタシはダメ子よっ!」との自覚症状(笑)のある方は、どうぞ御家族ぐるみで(御夫婦でも恋人同志でも、お子さん連れでも)奮って御参加くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

 「既にダメ男”陽性”」の抗体をお持ちの方(以前に参加された御経験者様)には、御説明するコトは何もございません。いつもの千葉”たこちゃんズ家”は、当日の午前8時から夜11時くらいまで開放しておりますので、お好きな時間にお越しになって、とりあえず「プラモ作ってるふり(笑泣)」をして頂きつつ、お酒や手造り料理&デザートなどをササヤカにお楽しみ頂く趣向です。どちらかと云えば”夜の爆笑トークコーナー”を楽しみにしている向きもあるくらいなんですヨ。このブログのコメント欄かメール、若しくは御電話にて参加御希望人数と当日の到着予定時刻をお知らせ願います。

 また、このたび初めて御参加されたい方は、当店メールアドレスの方にその旨をお伝え願います。詳しい参加要領や、千葉拙宅へのアクセス方法などを個別にお知らせ申し上げます。

 日々、社会的責任の重圧に耐えながら、それぞれのお仕事に邁進していらっしゃる方々に、童心に返って思いっきりハメをはずして頂こうと云うこの”集い”は、ちょっと世の中でも稀有な存在であろうと思われます。ただ、「ヘンなクルマが大好き!」と云った共通項で集まる面々には、ココロの垣根が一切ございません。コレは本当に有難いコトであると思い、密かに誇りともするモノであります。また、決して”当ブログのオフ会”などではありませんので、排他的なムードもぜ~んぜんございませんから御心配なく。”初参加”の方も御気軽にどうぞ。一年の中でも、一番気候の良い時期に開催される”ダメ男”。この時期は、千葉拙宅周辺の散策なども、実は結構お奨めだったりいたします。御参加の方々は、どうぞユッタリとお過ごしくださいね。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2015年4月11日 (土)

ただドアミラーを付けようと思ったら(笑泣)・・・やっぱりマセラティ(その2)

 はい、こんばんは!今日も朝から、ツユのよう。そろそろ、もーいい加減にシロって感じとなっておりますが、そのような中でもジクジクと現場作業は続きます。ところで、本日お越しになった「杉並区のU」さん、引き続き前向きなる御検討のほど、ヨロシク御願い申し上げまーす(♡)!

201504110120150411022015041103201504110420150411052015041106 ・・・で、ジクジクの匍匐前進の方は、このようなカンジとなっております(あコレ、前回の続きデスからね)。

 ブッた切れてたコードは4本、明らかに”ブッた切れ予備軍”となっていた(皮膜に屈曲痕が付いていたモノ)コードが4本、合計8本のコードをハーネス保護ブーツの中では無くて、ボディ側と、ドア内部側のそれぞれにつなぎ目を設けて直す工法を採ります。

 切れているコードをブーツ内部の位置で繋いでも、ドアの開閉に伴う屈曲運動により早晩断線してしまうコトは容易に想像出来ます。よって、屈曲運動を強いられるブーツ内部にくる部分はイカにしても一本モノである必要があるのです。しかしながら、この工法にコダワリますと、作業性は著しく低下いたします。ここに提示した画像は、その一連のプロセスを御覧に入れておりますが、20本ほどもあるコードのうち、その中で8本ダケをカプラー内部のジャンパピンを介さずに直結繋ぎとしているのがお分かりになろうかと思います。コード8本分のクリアランスを確保するために、カプラーは一旦分解され、その一部にはあらかじめ”バカ穴(工業製品の設計用語で、精度を必要としない、とにかく入れたいモノより大きく開けておく穴のコト)”を開けておきました。ソレだけでも結構難儀な作業なんですが、工具の入り難い位置でコードとコードを繋いで絶縁するのは、”指先がイタい”シゴトばかりとなってしまいます(ああ、ソレでもまだ終わらずに、その3に続くのであった:笑泣)。

 それじゃー、また来週!ちなみに「Rたろう先生」はカクチョー低いコメントするのヤメてくださ~い(まぁ、ソレで日々のストレス発散となるのなら、甘んじてお引き受けいたしませうぞ:笑)。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2015年4月10日 (金)

パイルドライバー帰投

 はい、こんばんは!・・・相も変わらず、アメが毎日ショボラショボラ降るコトよのぉ~、な東京練馬ではありますが、極端に暑くなったり寒くなったりのジェットコースター気候で”トシあるね関係者(笑)”の方々は、皆さんガッタカタになっておられるかも知れません。はい?ワタシですか??もちろんガッタガタです(特に今晩は全体的に・・・:泣笑)。

2015041001201504100220150410032015041004 ・・・ガッタガタと云えば、昨日お隣に搬入されてきた”パイルドライバーマシン”なのですが、コレが実際に居たヤツです。昨日も今日も、杭を打つ打つ”ガッコン・ガッコン”と。

 なんか、ダマって見ていると、杭を打ち込んでいる途中で、溶接機を用いて、地中の杭のアタマに次の杭を上に繋ぎながら一本モノとしつつ、なにしろ深々と打ちこんでいってるみたいですね。三階建てを建て直すと聞いてたんだけど、地下階でもあるのかな?とにかく、モノすごい長さの杭を打ち込んでましたヨ。間近でこういった作業を見る機会はなかなかありませんので、見るモノ見るモノがホントに珍しい。で、数日に亘って、またしばらく”ガッコン・ガッコン”が続くのかと思いきや、今日の午後には、もう撤収!店の前にクルマを置いてあるソノ横を、コイツはカスめて出て行きやがり(笑)ました。そうして”ガッタガタ・ガッタガタ”と音をたてながら、積載トレーラーに自走で乗り込んで帰って行きました。・・・一台欲しいカモ(何に使うの?:笑)。本日も更新遅めで申し訳ありませんでした(今さっき帰ってきたモンで)。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2015年4月 9日 (木)

久しぶり、今月の”御言葉”

 はい、こんばんは!昨日に引き続き、今日の東京練馬は”春なのにキョーレツな寒さ”でした。ところで、ついにデポの隣では朝から新築のための基礎工事が始まってしまい、戦車みたいなキャタピラ付きの自走式杭打ち車輌(パイルドライバー・・・って、プロレス技だよな:笑)がいきなりトレーラーローダーに載ってやってきて、バス通りを数分間塞ぎつつ”キュラキュラ”と降りてまいりました。「こんなデカいの、この路地にどーやってイレるんダロ」と些か冷ややかに見ていたら、「あぁ~こうやって入れるのね」といった”サンダーバード”も斯くやと云うギミック(リンク先動画のヤツの子分みたいなマシンでした:音出ます、注意)により、スンナリとお隣の敷地内に入ってイキましたヨ。前後左右に装備された四本の油圧ジャッキでいったん自分自身を持ち上げてキャタピラを浮かせたら、そのままキャタピラ駆動ユニットを直角に90度回転させ、その状態にてジャッキを降ろせば、あの巨大なガタイが切り返しを要せずに路地から敷地内に入れると云った寸法でした(こういうの最初に考えたヒトは本当にスゴイよなぁ~)。

20150409012015040902 本日のお題は、”たこヨメ”が稲荷神社さんの今月の”生命の言葉”短冊を頂いてまいりましたので、ソレを御紹介するコトといたしましょう。

 久しぶりに御紹介する、今月の”生命の言葉”は・・・「人を信じよ。しかし、その百倍も自らを信じよ」 手塚治虫 ・・・いいコトバだなぁ。云わずと知れた”漫画の神様”の御言葉ですので、「ああ、やっぱ神様の御言葉に違いないよね」と、まずは思いました(笑)。

 時によっては信じ切っていた人々に裏切られることもある。そんなとき、自分自身が強い楯であり、味方であることが、絶望を克服できる唯一の道なのだ。」と説く。出典『手塚治虫 未来へのことば』

 ・・・と裏面にはありました。コレは深いです。人生長い事やってると、もう何度も何度もこんな気分になるハメとなりますよね。確かにいったんは(あるいは、ワタシの場合には”一瞬は”)誰しも落ち込みましょうが、んなコトで落ち込み続けていたら、少なくとも”中古マセラティ屋”なんぞやっておれません。今日一日ダケをとっても、そりゃもー色々な事象に遭遇するワケです。蹴倒されても、踏みにじられても、そのたんびに”いちいちシツコク”立ち上がるのですよ、いちいちシツコクね。明日からも”二万倍くらい(笑)”自らと自らの可能性を信じて邁進する勇気が湧いてまいりました。なんとしても、ワタシは原則的に性善説を採り続けるヒトでありたいデス。でも反面、けっして目先にダマされる事無く、したたかに生きようとは思っております。も一度、「いいコトバだなぁ・・・。」

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2015年4月 8日 (水)

はれときどきぶた

 うぉ~!・・・本日は、なんとまぁ、実に朝から雪が降ると云う快挙(笑泣)が成し遂げられ、色々と予定していた段取りが「あぅあぅあぅ・・・」となって、悩ましいばかりの一日ではございました。朝からカラダ中びしょ濡れとなりましたヨ・・・。

2015040801_32015040802_4 ・・・と云ったワケで、今日の天候は「雪ときどき雨のち曇り」ってなカンジの東京練馬ではありましたが、本日当ブログの表題は「はれときどきぶた」であります。

 今朝も4時半に目が覚めてヨロヨロと立ち上がり、傍らのマウスにケツマヅいたら前夜にスリープしていた(らしい)パソコン画面が自動的に立ち上がりました。「あぅ~また昨日も点けっ放しで寝てたのかぁ・・・」ゴロゴロと寝ながらネットサーフィンやってると、こういうコトもよくあります(フツー、ねぇーか:笑)ね。そんなグーグル様の画像検索画面には、昨晩「懐かしい(ホニャララ)」といった検索式で出てきていた画像たちがそのまま映り出されておりました。ねむけマナコでボーっと眺めてたら、この絵本の表紙画像にある”まんまる顔の小学生”に一瞬にして魅せられてしまったのです。

 ウィキ先生にさっそくお尋ねしてみました。どうも、シリーズ化されていたらしいですね。しまいには「はれときどきたこ」なんてワタシにとってはウレしいものまであるようです。デタラメに書いた未来日記が現実化すると云うところから始まるおハナシらしいのですが、空一面に浮遊する”ぶた”の絵はホントに可愛らしくファンタジックです。1980年にシリーズ第一作が上梓されたらしいんで、ワタシはすでに高校生。ソレぢゃいくらなんでも読んだコト無いワケであります。

2015040803_22015040804_2 ・・・されど、なんとはなしに、題名に聞き覚えがあったのは、だいぶん以前にアニメ化テレビ放映されていたせいかもしれません。コチラの原作とは違う「ぶたさん(”はれぶた”と云う)」絵柄は、やっぱ見覚えがありますね。それよりも、さらにワタシの興味を惹いたのが、この絵本の原作者(絵・文ともに)である矢玉四郎さんと云う方の(公式?)私設サイト矢玉四郎はれぶたぶたごや」でありまして、今朝初めてこの方を知り、初めてサイトを訪れたにも関わらず、その一途なまでにストイックな一徹さには一撃でノックアウトされました。

 まずは、幼児や児童にアナログ時計の概念を教育するために書かれた最新自著「時計がわかる本」などは、このリンク先ページだけでも、その充実度と読み物としての面白さに木戸銭払いたくなりました。時計をメーターとして捉える「時計は時間を計るメーターです」と云う視点がまず素晴らしい。今まであった様で、少なくともワタシの中にはまったく無かった視点でした。また”カルロフェラーラ”なるイタリアン企画スイスメイドの時計が中段に出てまいりますが、そのリンク先動画を幾ら眺めても、一向ワケのわからない摩訶不思議な動きには感動いたしました(こんなややこしい時計、ワタシにゃ、けっして読めないケド:笑)。続いて、長針と短針を別々の文字盤に分けた二眼時計は、この矢玉さん自らが意匠登録まで取得しているとのコト、いやはや徹底的に追求しておられます。

 さらに面白かった(と云ってはならないよな気もするが)のは、”子供”と云うコトバをいつの頃からか”子ども”と表記するようになった世の中の潮流に対して、多勢に無勢の状況下で一矢報いようと長い年月に亘って闘われているページの数々です。ココに披露されているダケでも膨大な分量の読み応えと説得力あふれる文章です。こんな論争(?)があったコトすらも、ワタシの認識にはありませんでした。児童文学者としての矜持が、この一般人にとっては一見「どうでもいい・どっちでもいい(ワタシ自身、決してそうは思いませんが)」と思われる事象や風潮に向かって、とことん闘いを挑ませているのだと感じ入りました。ぜんぜんベクトルは違うかも分かりませんが、ワタシも「マセラティはマセラティと呼んでください」と云う論陣(と云うホドの事は無いなぁ:泣)を張って、19年間”孤軍奮闘(笑泣)”してまいりましたが、ソレも多勢に無勢で押し流され続け・・・なんだかすごくシンパシーを感じちゃうんですよねぇ。とにかく、読み進めていくうちに、どんどん矢玉さんの術中にハマってまいります。御興味を持たれた皆さんは、御時間のある時にジックリと読み進めてみてくださいな。大人になったらアタリマエ過ぎて忘れてた、日本語に於ける漢字表記の重要性にあらためて気付かされるコト請け合いデス。

以下、抜粋・・・

テスト 下の日本語を声に出して読みましょう
「親も子どももももが好き」「子どもはどの子もどの子も子どもらしい」「もう子どももどうもだめ」「どもる子どももどもらない子どもも子どものうちは子どもどうしで気にせず遊ぶようだ」「親子ともども子どもみたいでもどかしい」「ドコモはどこも子どもでいっぱい」「もと子の子どもももう子どもじゃない」「男子は女子どもとばかにしないでね」「この椅子もこの子の子どものころのもの」「この子どもどこの子?」
これと比べたら(ワタシ注:文章の瞬間的な判読難易度の違いが)わかる。
「親も子供も桃が好き」「子供はどの子もどの子も子供らしい」「もう子供もどうもだめ」「どもる子供もどもらない子供も子供のうちは子供どうしで・・」「親子ともども子供みたいで・・」「ドコモはどこも子供でいっぱい」「もと子の子供ももう子供じゃない」「男子は女子供と・・」「この椅子もこの子の子供のころのもの」「この子供どこの子?」

・・・抜粋終わり

 そーなんですよね、ワタシもブログを書いてて何時も思うんですが、”てにおは”とか”も”とか”と”って云うのが文章の中にあると、延々とキレ目が無い場合には、一瞬にして意味を捉え難いんですよねぇ。で、気が付いてる方々もいらっしゃると思いますが、句読点の位置を色々と変えて(不自然さを感じる方もいらっしゃると思います)みたり、表記にカタカナを交ぜるなどしつつ推敲を重ねた結果、それでもどうにか読める様に心をクダいているワケです。

 ワタシの実体験として、甥が小学校在学中に、その教科書を「ドレドレ~、たこおぢちゃんが教えてあげよう」などとパラパラとめくって読み進めたら、アタマがクラクラしたコトがありました。学校の教科書と云うのは、当該学年まで(あるいはその単元を習う直前まで)に既に習ってきた漢字だけで”ムリヤリ”文章が構成されているんだったな。オトナの目には、中途半端に”かな”と漢字を混在させた文章は奇異なモノとしか映りませんし、第一、そのような文章を社会に出てから書けば、「このバカたれがぁ~」とオコられてしまいます。マンガ本やライトノベルのように、一旦はオトナが読める様に漢字でセリフを書きながら、学童にとって難しい文字にはルビをふれば良いダケの様に思います。きっと、戦後世代のほとんど多くの日本人は、そうして漢字を読める様になってきたのだと思いますし。

 (ハナシ戻って・・・)ああ、そうなのか。子供の”供”を嫌う風潮にはそういった(矢玉さんから見れば”誤った”)視点があったのか。そんなコトはちーとも知らずにワタシは今まで生きてまいりました。自分自身、あんまり「子ども」って書いたコトは無いよな気がしておりますが、如何でしょうか。云われてみれば確かに(ワタシの場合は直感的に)違和感を感じていたからなのだと初めて気付かされました。やっぱ、通常は”子供”。少し揶揄したり茶化したり、無機的なニュアンスを添えたい場合には”コドモ”とあえてカタカナ表記をしているように思います。錚々たるヒトビトを相手に「子どもは”子+(複数人を表す蔑称である)ども=ガキドモ”」であるから、あくまでも「子供(この場合の”供”の字には、へりくだったり蔑んだりする語感や意味が、そもそも漢字の歴史や伝来の変遷の中には無かったと思しい)」と表記すべしと主張し続け、どうやら勝利の日も近づいてきているらしい。矢玉先生(と呼ばせてください)、近々に著書を読ませて頂きます!先生のサイトだけでも、朝の30分で大いに勉強させて頂きました。翻って、「このブログってダメだよなぁ~(ひとりごと)」。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2015年4月 7日 (火)

よしなしごとばかり・・・

 わお~!今日はイキナリの”寒の戻り”攻撃&ツメたい雨の一日で、カラダ中がカチンコチンにかたまってしまいましたね・・・はい、こんばんは!コレぢゃ、東京練馬のサクラがスッカリぶっ飛んでしまった様子となってもイタ仕方あるまい。

 ここで、いきなり”ぎょーむれんらく”!「上京FMt」さんのフェラーリモンディアルtカブリオレは昨日無事に継続車検をパスして本日エンジンオイル交換も済みましたので、いちおう明日の御納車は御約束通りに出来ますが・・・きっと雨なんだけど、京都まで御帰りになれる気合いは果たしてあるのだろうか(ど~すりゃイイのよ:笑泣)、とぞ思ふ今日この頃。

 ・・・そして、「稲敷のK」さんは、明日8時にデポ集合!お待ち申し上げておりま~っす!!

 ところで、一昨日の日曜日は墓参二連発のあと、「ねえねえ、これから”ホンダS660”の試乗に青山ショールーム行かない?」「行かな~い!(と裾をメクり)こんな長靴のダサダサな格好してイケないわヨ、青山なんか」といった会話があり、仕方が無いんで、アキラメました。

 イヤ、実はもうじき”コペ蔵”がリースアップするらしいんで、次期戦闘機を色々と考えているところなのでゴザイマス。「当然、(マセラティ屋の主人たるオマエは)マセラティスパイダーにシロ!」と云う御批判があろう事はヤマヤマなのですが、ワタシん家はボンビーなので、買えるケド飼えません。とにかく、自分のクルマなぞイジってるヒマなど一秒も(気合いも:泣)ありませんからね、実際のところ。

 なんか、いいクルマ無い?ウチのヨメがオートマしか受け付けてくれないんで、ワタシ的には選択肢がグッと狭まっちゃうんだよなぁ・・・。やっぱ、コペンの再リースがいちばん早道なのか?

 ちなみに、只今俎上にアガっているのが、ニューコペン”ローブ”、トヨタMR-S、フェアレディZ33(バージョンT以上のATでオレンジレザー限定)、グッとお安くプジョー206CC、フィアット500(若しくは500C)ツインエアのドレか、などなど。う~、久しぶりに自分のクルマについて考えるのは楽しくもあり、キビしくもありですね。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2015年4月 6日 (月)

貸し切り、ワタシたちの夜桜

 はい、こんばんは!とにかく一気に春から初夏の陽気になっちゃって、南風は毎日ブースカ吹き荒れるし、せっかくの満開ザクラもそろそろ東京周辺では見頃を過ぎてしまったようです。今日は新学年で新学期を迎えた学生さんや児童も多かろうと思いますが、サクラ舞う入学式とは相成りましたでしょうかね。

20150404032015040404 ・・・一方、そんな状況を見越していた”たこちゃんズ”は、一昨日の土曜日に仕事がハネたあとで、もう一遍”夜桜見物”を挙行するコトといたしました。もちろん、ワタシの瞬間的な思いつきに拠るモノです。先日の光ヶ丘公園とは趣を変えて、この晩は、数年前まで仮住まいをしていたアパートのほど近くにある旭町内の区民農園前でのささやかなる宴といたしました。

2015040405201504040620150404072015040408 想えばココでは、以前アパートの目の前なんで、この樹の下にて花見をしようと赴きましたら、農園借主の一人から「ここホントは、一般のヒト(農園の非借主)は入れないんですよぉ、まっ今日は(仕方が無いんで)いいですケド」といった、”上から目線”ビームを浴びせられて、ヒドく心が傷つき憤った経験がございました。

 その時期にはこのサクラの樹が門の中にあった(改装前はこんなでした)んです。憤懣遣る方無いワタシは、翌日の月曜日に練馬区役所の担当課を調べて直電し、「オレは、2才の時から練馬に住んで、現在も十数年練馬に仮住まいしながら商売をしているのに、たまたま抽選に当たったダケの新参者からヨソもの扱いされてヒドく侮辱を受けた(要旨抜粋)」と一応”想いのタケ”を訴えてみました。電話口に出た担当者さんは、スゴク物分かりの良い丁寧な方で、「仰る御意見はイチイチごもっともでございます。暫時改善の処置をとらせて頂きますのでお待ちください」と極く殊勝な物云いでウレしかったのを憶えております。その電話の効き目かどうかは分かりません(きっと同様の訴えが多数あったのでしょう・・・だって、どう考えても理不尽ですもの)が、昨年に門扉の位置をサクラの樹より奥にして、その樹の下にはベンチを設え、同時に駐車場も数台分設けると云う改装(超改善:笑)工事が行われていたのを見ておりまして、この夜初めてその恩恵に預かったと云う次第でした。人形町”今○”で買ってきたと云う、メンチカツとコロッケを肴に呑むPB発泡酒の美味なるコトよ。たまには行政も粋な計らいをしてくれるモノだと有難く思いました。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2015年4月 4日 (土)

休む間も無い土曜日、京都からモンtと”大好きな※汁(笑)”がやってきた!

 はい、こんばんは!・・・本日土曜日は、朝からドアの中にウンウンと手を突っこんでハーネス結線作業をしていたワタシの前に、福岡から上京したと仰る大学生のお客さんがキョロキョロしながら御登場。「ここが、あの、よく本に出ている”マイクロ・デポ”なんですか?」と興味深げに見学なさって、丁重にお礼を述べつつ帰って行かれました。アニメ関係のイベントに御参加のため上京されたとのコトでしたが、大泉の東映アニメーションへの行き方教えたケド、試しに行ってみたかな。

 続いて、タイミングベルト&ウォーターポンプ交換などの整備を済ませたマセラティギブリⅡ納車のために、「安城市のH」さん(わざわざ新幹線での御来店)には御足労頂きました!本日は「中央道を使って帰ってみよう」と仰られておりましたが、調布まで渋滞に巻き込まれるコトなく、無事に御到着されたかなぁ。

20150404012015040402 ・・・と、そんなHさんの御帰りと同時に、今度は「世田谷区瀬田のSさん」が、三週連続の御来店でついにマセラティ車をキメてくださり(今後ともヨロシク御願いしまーっす!)、ワタシも感謝感激!!朝の6時半から断続的に、ヒマさえあればコレの続き作業に邁進(”大難渋”中なので、アップが遅れておりますが、そのうち”その2”を書きます)しておりましたので、ユビ先はホゲホゲ、目はシバシバになってたのですが、すっかりパワーを取り戻しました。・・・ってなところに、非常勤コメンテーター「上京FMt」さんこと「京都のF」さんが、自走にて無事に京都から御到着。ワタシたちの大好物(弟もウホホ~イ!)、お米のジュ~ス(笑)を三本も!ホントにいつも有難うございます(差し入れの京銘菓阿闍梨餅も大好物、只今も頂きながら書いております:笑)。

 夕方には、マセラティシャマルを御待ちの「松戸のAさん」と、「週に一度の脱線タイム」とワタシが勝手に称する”当面のアシグルマ探し”コール(のようで、毎回結局単なるクルマ好き同士の長電話:笑)でのやりとり。かれこれヒト月以上やってますが、なかなかキマりそーで、キマりません。本日はようやく微かに光明が見えてきたかな(笑)。とどめに営業時間終了間際には、常勤コメンテーター「I」さんと自動車保険更新の電話募集でのやりとり。なんだか、「I」さんの新しい赴任地にも訪ねてみたくなっちゃいましたヨ。海鮮モノにはヨダレが”じゅるる”です。

 それじゃー、また来週。今週も、こうして皆さんに支えて頂きました。心から感謝、感謝デス!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2015年4月 3日 (金)

春野菜を食べながら・・・

 はい、こんばんは!きょぉーの”暴風”吹き荒れ大会には、ホントにマイりましたヨ。東京練馬には、まさにサクラをいぢめるような”春の嵐”がブーブーと吹きつけておりました。そのような中で、「市川のOさん」マセラティスパイダーザガート後期型が、なんだか下回りに酷くオイル漏れがあるとのコトで、11時頃ローダーにて運ばれてまいりましたが、その場でリフトアップして、ステアリングラックからの漏れと即時判定し、その場で中古良品に交換、追ってお昼過ぎにわざわざ電車に乗ってお越しになった「Oさん(差し入れをたくさん有難うございました!)」御本人に作業の一部始終を御覧になって頂いた上で、なんとか本日中に自走にて御帰りになって頂くコトが叶いました。「イッツ・あ・ミラコー!」時節柄(すでに”弩涛のGW直前進行”となっておりやす:笑)早期お引き取りへの御協力に感謝、感謝!であります。

20150403012015040302 ・・・昨日、千葉拙宅に帰っておりました”たこヨメ”さんは、本日の夕方に戻ってまいりました。拙宅周辺はモノホンのド田舎なんで、地元の新鮮な食材には事欠きません・・・菜の花・ブロッコリー・レタス・トマト、そして最近ヨメが凝り始めた隣町の可愛いパン屋さん(屋号は店主の名字に由来)の食パン&デザート用のあんぱんを買いこんでまいりましたので、本日のディナーは御覧の様なモノとなりました。「アサリの酒蒸しとサラダ」・・・って、なんだか、アペリティフとサラダのみで主菜が無いよな気もいたしますが、まったくコレだけであります。せっかくだからと”ダメ男”時に頂いた白ワイン(ホントにいつも有難うゴザイマス!)も開けてみましたら、クチざわりの良い上品な風味。ま、メインディッシュは無かったケド、とりあえず春の宴らしくはあったな。ところで、この食パンがまた確かに絶品でした。洋食では有名な”T国ホテル”でパン部門の番人をされていた方が、引退してなぜか千葉の片田舎にお越しになり、御自ら生地を捏ね焼きあげたと云う有難~い逸品(しかーも、お安い!)なのだそうです。只今あんぱんの方も食しましたが、サッパリしていてコレもまたウマい。今度、”ダメ男の集い”にお越しになって頂いた方々には、この食パンも御用意しようと、今から御献立を考えておりますヨ。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2015年4月 2日 (木)

マセラティクアトロポルテ(Ⅳ)のフロントウインドーレギュレータ脱着分解修理ほか、アレやコレやを

 はい、こんばんは!今日はもう、”年間に幾日も無い”絶好の作業日和でした。風も無く穏やかな陽気である上に昨晩は花見まで済んだので、気分もスッキリで”何年に一度も無い(ワタシの場合:泣)”集中力の方も発揮出来そうです。

201504020120150402022015040203201504020420150402052015040206201504020720150402082015040209201504021020150402112015040212 ・・・と云うワケで、朝早く出勤し、早速昨日チットモ捗らなかった作業の続きを開始いたしました。 

 あ、はじめに云っておきますケド、今日はウチの常連さん方にはウケの悪い(泣笑)”本格的な本ネタ”ですからね、今晩は夜桜でも見に行ってくださいな(笑)。 

 昨日も御紹介した、この「八王子のKさん」号は、運転席のパワーウインドーが「勢い良く下げられはするが、上昇方向にはメチャクチャしぶい動きとなる」と云う症状を呈しておりました。 

 昼過ぎからは、昨日雨のために中断していた左右フロントドアのデント作業が予定されておりますので、まずは左右のドアともに内張りトリムをすべてハズしておきます。 

 で、左側のドア内部からウインドーレギュレータを取り出しますと・・・ハッキリと目視出来る”患部(不調の原因)”を見出すコトが出来ました。 

 一組のウインドーレギュレータAssyに付き四個が使われている樹脂製のアウターケーブル留め具。ここには常にものスゴイ負荷が掛かっておりますので、大概四個のうちドレかが折れてしまいます。 

 当然、この特殊な形状の部品だけが供給されるワケはございません(泣)。また、仮に部品が出てきたとしても、一旦インナーワイヤー先端のエンド金具を切断して、アウターケーブルなど含めたすべてを一方向に抜き取っての交換作業となりますが、御覧の様に特殊な六角形断面のエンドでないと、あとでリールの難しい動作の精度に支障を来たす可能性が高くなりますコトから、ココはなんとか触らずに(笑)突破したいと思うモノです。樹脂の留め具には、三段のミゾがありますんで、生きてる二段目ミゾを利用して、動作を再生させる試みです。そういたしますと、アウターケーブルが長くなっちゃったのと同じになりますんで、その分をあらかじめ短くしておく必要があります。インナーワイヤーにキズや折れを付けぬ様に、バネ鋼で出来た強固なアウターケーブルを目見当で慎重に切断し、”ぐるぐるバネ部”を”ニッパー二刀流”にて徐々に拡げ伸ばしながら撤去してまいります。

2015040213_22015040214_22015040215_22015040216_2 「PA66」と成型文字の入ったケースとリールを洗浄した上で高圧エアで吹き、特にリール外周に刻まれた螺旋状のワイヤーガイド溝がツブれていないかをよくチェックいたします。そして新しく良質なグリスを要所に塗布し直します。

 「PA66」とはポリアミド66と云うエンジニアリングプラスチック(エンプラ)でして、通常日本では”66ナイロン”と呼称されるコトの多いものです。機械的物性に優れ、耐溶剤性能も高いところから機械要素としてポピュラーに使われております。ま、しかし、この極めて複雑な構成の一体成型リールを射出成型で作ろうと思えば、金型の費用は相当なモノになろうかと思われますが、画像の様に、よりによってワイヤーのガイド溝を横断するように”パーティングライン”が設けてあります。この金型割りには金型製造原価を著しく安くアゲる(よって、プーリー一個あたりへの金型費用割り掛け金額も安く付くので、結果的に部品単位での一個単価が下がる)効果ダケが期待できます。真円度や、面粗度などは当然のように二の次(泣)となる考え方です。普通、こういった場合には旋盤やマシニングセンタなどによる機械的二次加工でパーティングラインをキレイに落としつつ、真円度・同芯度・面粗度までシッカリ出すのが日本では「アタリマエの物作り(もっとも現在の日本で量産モノなら、金型製造技術と材料技術、射出成型技術の方ダケで”後追い加工レス”での超精度一発抜きが出来ると思いますが)」なんですが、当時の彼の地では当然違います。ですから、経年や使用頻度の高まりによって、また至極当然のようにコワれます。なめらかに摺動するハズのワイヤーに引っ掛かる存在があらかじめ用意してあるんですから、あとは摩擦抵抗や転がり抵抗など物理の法則通りとなります(笑)。

2015040217_2201504021820150402192015040220 ・・・まっ、カタいハナシが続きましたんで、今度は分解しなけりゃ分からない中身のハナシではなく、「まぁ、キレイ!」か「おわ~キタネー!!」かが勝負の分かれ目となる”ビジュアル面”。

 夕方にはドアにうっすらと広範囲にあった凹み歪みがキレイに取り除かれました。

 室内の方はと云えば、経年で擦れていた運転席シートとセンターコンソールパッド(俗称”ヒジ掛けのフタ”)の皮革表面が美しく再生されました。いつものフィニッシャーさんには、昨日&今日と二日間にわたって”二度手間”掛けさせてしまい申し訳なく思っております。もちろん仕上がりの方は内外装ともバッチリです!さっ、日暮れまでにウインドーレギュレータを取り付けて調整しなくては・・・で、とりあえず完了しました。コレでワタシもようやっと帰れます(長い一日ではあった:泣笑)。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2015年4月 1日 (水)

光ヶ丘公園は夜桜の穴場ダヨ!

 はい、こんばんは!あー、「大分の大先生」は、今まさにビール缶を”プシュ”した瞬間に「イタ電」してくるから本当にコマる(と書いてたら、今度は、このブログ更新直前にもイタ電が・・・あうあうあう)。

2015040101201504010220150401032015040104 ・・・本日は、あいにくの雨模様。午前中から「八王子のKさん」マセラティクアトロポルテ(Ⅳ)V6後期型の外装デント作業と内装の皮革表面修復作業の予約を取っておりましたが、アキラメきれない様なビミョーな小雨が断続的に降ったり止んだりを繰り返すので、昼過ぎに中断して、明日(こそは晴れの予報)に残りの作業を行うコトといたしました。一方で、場内では「愛知県のHさん」マセラティギブリⅡ最終型のタイミングベルト&ウォーターポンプ交換作業が粛々と行われておりました。期せずして午後から空いちゃったワタシは、自賠責保険の名義変更のために西新宿の高層ビル街(の中の36階)へと久しぶりにクルマでまいりましたが、あまりの変貌に恐れをなして、這う這うの体でそそくさと帰ってまいりました。”出来るビジネスマン”然としたスーツ姿のヒトビトの中で、ユニ○ロフリースに薄汚れたシミだらけのジーンズの上下を来たワタシにゃ、やっぱ都会が肌に合わん。

20150401062015040105_220150401082015040107 ・・・そんな帰りがけに練馬区内を走れば(まっ、新宿も中央公園を覗けば、それこそたくさん咲いてたんだけれども)、そこかしこに満開の桜の樹を見るコトが出来まして、とりわけ、元の中央大学グランドであった豊島園にホド近い石神井川沿いには、見事な枝垂れ桜が延々と・・・。

 もはやこりゃ、ドコも完全に満開!

 よって今晩は、「もう、この期を逃したら、今年の花見は無かりけり」と思うにいたり、営業時間が過ぎたら速攻で光ヶ丘公園にイッてしまいました。もちろん、”たこヨメ”にはツマミと発泡酒を持ってこさせましたヨ。昼間に車窓ごしにチラっと見えていた公園内部の見事なサクラは、夜間になんのライトアップもされておらずに、真っ暗でだだっ広い草原の中に立つような趣きの茫洋たる風景なのですが、コレはコレで”いとおかし”。奥の方に灯りが見えるので、近づいて行ったら宴もたけなわ。汎用ジェネレータのエンジン音も勇ましく、煌々と自前の照明機材を三本も立てて、ド根性宴会をなさってました。確かに、同じ都立公園でも上野公園で”ド根性席取り”を新入社員に強いるより、この光ヶ丘公園で悠々と貸切宴会をするのは極めてクレバーな作戦だと思いました。皆さんも如何(笑)?

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »