マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ダメ男の集い”ゴールデンウイーク2015”の御案内 | トップページ | 春の味覚を天ぷらに »

2015年4月14日 (火)

追憶の中にある”あげぱん”

 もうね、そろそろいい加減にしてほしいと思うワケですよ、ここんところの雨続きにゃ・・・はい、こんばんは!お陰様で毎日余計なシゴトが増えるばかりで、連休前だと云うのに泥沼の匍匐前進となっておりますヨ(ま、いつものコトですけどね:笑泣)。

 ところで、そんなワタシ、ここ3日間と云うモノは、何の因果か脳内が”あげぱん”を想い慕う気持ちで充満しております。ソレも、追憶の中にのみ存在する「昭和45年から51年の間に練馬区立小学校の給食室から送り出されていた」あの”あげぱん”が喰いたくて仕方がないのです。中学校のではダメです。小学校のでないと(笑)。

 もっとも、近年は”あげぱん”を供するレトロチックなムードをウリにする様なお店(給食○番とか)も多数存在いたしますが、あんなんぢゃ無いんですよねぇ。粉糖(ヨメが云うには、業界では”泣かない砂糖”と云うのだそーです←そーなの?「大阪のE」さん)を真っ白にマブした様なのは、ワタシのイメージする”あげぱん”にはあらず。

 ・・・まず、表面の砂糖は断じて”ザラ目”である必要があります。そして、表面は”こんがりキツネ色”なんてなナマやさしいものではありませんで、コゲるほどにアゲ抜かれ、黒糖かりん糖のバケモンみたいな見た目であるべきです。当時、ザラ目以外には”きな粉ミックス”バージョンがありましたが、ここまでは許そう(カフェラテ味って、なぁんぢゃそりゃ:笑怒)。

 よく、昨今の”あげぱん”のレシピには、まず「コッペパンを用意せよ」と書いてありますが、コッペパンなんか揚げても、きっと”昭和の練馬区立小学校仕様あげぱん”にはなりません。まず表面のザラッ!のあとには「はみゅぅ~」っとした独特の食感。エアと浸み込んだ油脂分(と、思わず多量に分泌したヨダレ:笑)を同時に噛んだ様な、アノひとくち目の至福をぜひもう一度味わってみたいと熱望しております。

 一方、給食にあげぱんが出てくる場合には、必ずと云っていいホドの高率でカップリングされていたのが、なぜか「豚汁(マズい!)」か「玉子と鶏肉がふよふよと浮かんだような中華スープの見た目なんだけど思いっきり和風だし味のスープ(いよいよマズい!!)」でした。そんな荒みかけたコドモ心におもねるかの如くに最終ウェポンたる「ミルメーク」も付いてくるんだな、コレが。

 いったい当時、ドコのベーカリーが、あの超絶にウマ懐かしい”あげぱん”を製造していたのでしょう。ググッてみても、なかなか有力な手掛かりが無いので、今度「探偵ナイトスクープ」にでも応募してみよっかなぁ(地元商店会の実力者たる「テツヲタ」さん、なんか知らない?:笑)。

 それじゃー、また明日!ちなみに”ダメ男”は、まだまだ募集中ですぜ、ダンナ(笑)。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

« ダメ男の集い”ゴールデンウイーク2015”の御案内 | トップページ | 春の味覚を天ぷらに »

コメント

皆さんお晩です!

ただ今かみさんの実家高崎より帰還いたしました。
関越道を早く「クアトロポルテ」で爆走??したいとつくづく思った次第・・。
さて「あげぱん」・・超、超、超、だ~~~~~~~~いすきであります。
(還暦を迎えたジジイの表現方法としては如何なものかとは思いますが笑)
給食メニューが配られたときに「揚げパン」を見つけた日にゃ、もう指折り
数えて待ったもんでございます。でもって揚げパン当日は、この揚げパンを
必ず残す女子にかなり早い段階から「オイラに残りをくれよ・・・」と約束を
取り付けていたことは言うまでもありません!!!笑
あ~~~~無性に食べたくなります!家の近所にも「コッペパンの揚げパン」を
売っているところがありますが「品のいい」揚げパンで「う~~ん、こんなんじゃ
ないんだよなぁ~~~」といいつつたまに食べております。
どこかにあの懐かしい「揚げパン」を作っているところは無いのでしょうか??
でもいま食べたら・・・それほどでもないのかもしれませんが・・・
是非情報お待ちしてます!!!

↑「調布のU」さん、「う~~ん、こんなんじゃないんだよなぁ~~~」・・・なんですよねぇ~。

私の小学生時代は、砂糖付き、ねじり揚げパンでした!美味しかったー。確か、西荻窪の、今は無き栄喜堂というパン屋さんのものだったような!! 
ググってみると、関東のパン屋さんの系統って、明治時代から木村屋、丸十、栄喜の3つの系統があったようです(丁稚奉公して、暖簾分けみたいに関東の町のパン屋さんができたようです)。で、さらにググると、今の全国での三大パンメーカーは、ヤマザキパン、フジパン、敷島製パン(パスコ)のようですな。
たこちゃんが食べたい追憶の揚げパンは、関東の何処かのパン屋さんにあるかもしれないゾ! ということで、これからデポに伺う時は、揚げパンを持参してください、カワウソ!!

今も小学校には揚げパンがあるそうです。きなこ揚げパンだそうです。
セットになる汁物は肉団子スープです。

スパゲティはソフト麺ではなく、和洋中何でもござれ。
隔世の感がありますなぁ。

近所の昔ながらのパン屋さんは揚げドーナツしかないんですよね。

子供のころ練○区ではビンの牛乳だったのですが、ヨメの生育地の○田区では三角パックだったそうです。
鯨の竜田揚げの世代ですが・・・

Iです。
私は、小学から高校まで一度たりとも給食を食したことはありません。毎日必ずオフクロの弁当でした。当時、私の地域では給食という制度は無く皆が弁当持参で通学していましたよ。
ですので、職場で給食の話題になると、その話題には触れないようにしています。

昭和の”あげパン”、無性に食べたくなる気持ち分かります。
決して現在売っているようなものではないんですよね。
ザラメ等、リアルに表現されています。

個人的には、八宝菜との組み合わせが記憶に残っています。
スープ系のダブルマズいに大笑い(笑)。

昭和46年生まれの静岡県育ちです。
給食で揚げパンを食した記憶がありません。
普通に美味そう。牛乳に良く合いそう。
給食は美味しかったです。食パン2枚にイチゴジャムとマーガリンとまぶして牛乳をかっこんだのが懐かしい。クリームシチューなんかが嬉しく、ミルメークが付くと更に嬉しい。
ソフトメン・ミートソースなんかも人気メニューでした。
静岡だったので毎回、持参したコップに緑茶が注がれました。

↑そうなんです、私も記憶にないなー。
県内には給食を供するコンセプトの嚆矢とも言えるお店もありましたが、なんかメニューがしっくりこなかった憶えがあります。給食も地域差がかなりありますね。タカベビージャム(イチゴ)が懐かしい(誰か知ってますか?)。

一松さん、Smさん、駅の水飲み場の蛇口をひねるとお茶がでたりするんですか?静岡は? 

↑一部そのような設備の小学校があった気がしますが、、、お茶も腐りますし茶渋で蛇口も真っ黒になりそうです。

さすがに蛇口から緑茶は出ませんが、静岡で育った頃は緑茶文化で朝昼晩、緑茶を飲んでいました。父親(←婿養子)の実家もお茶屋だったもので。
ビールばかり飲むようになってからあまり緑茶を飲まなくなりましたが、ペットボトルのお茶じゃあ、なんだかなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/59643912

この記事へのトラックバック一覧です: 追憶の中にある”あげぱん”:

« ダメ男の集い”ゴールデンウイーク2015”の御案内 | トップページ | 春の味覚を天ぷらに »