マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 原初のマセラティギブリⅡに会いたい一心で・・・ | トップページ | 地震ヤラ、噴火ヤラ・・・色々たいへんです。 »

2015年5月29日 (金)

マセラティ・モストロ・ザガートのハナシでも・・・

 はい、こんばんは!今日は一日中ハッキリしない雨模様のお天気。実質的な月末デーでもありましたから、朝から金融機関の御担当者方や集金関係者が出たり入ったりで、主に午前中はドタバタしておりましたが、一転して午後になると「静かなモノよのぉ~」といった感じで、小ネタ作業中心にジクジクとやってました。あ、そうそう、夕方に「(元祖)世田谷のS」さんが一瞬お立ちよりくださったそうで、またまた”入れ歯ケア関係”の品々を頂戴いたしました。有難うございました!!御挨拶も出来ずに申し訳ありませんでした。

 「どーせ、”ビトルボ屋”」と世間から思われている、拙マイクロ・デポではございますが、ワタシたち経営陣三兄弟(笑)の意識といたしましては「(あくまでも)マセラティ屋」をやってるつもりなモンで、こういった「きっと御縁の無さそうな(泣)最新高価格帯スペシャルモデル」もマセラティの心臓を積む以上は、「精神的にはマセラティ」なワケで、しかーもソレは、かのZAGATO工房が生み出したモノであると知っては、ここでチラっとぐらい触れさせて頂いてもよろしいかと・・・。

 実はこのクルマの話題、マニアックにZAGATO道を追求しておられる、「爺さんではないヨ(笑)」のキャプションで御馴染みの「品川のG」さんから、一週間以上前に”ネタ提供”して頂いておりました。なんだか、昨日のコメント欄にて、この新しいスペシャルマセラティについての話題が出始めてまいりましたので、遅ればせながら取り上げてみようと思った次第です。

 往年のレーシングスポーツ、マセラティ450Sをモティーフとしたボディ全体のフォルムがまずはステキです。バタフライ型開閉のガルウイングも、らしくてイイですね。超扁平タイヤに大きな径のホイール、そして武骨なテールウイングには大いに意義を申し立てたいところですが、コレが無いと”飛んじゃう”か”ひっくり返っちゃう”と思いますんで、仕方が無いか・・・。

 リンク先を御覧ください・・・皆さんの御感想は如何ですか?

 コレを手にする方々は、世界でたったの5名様だそうで、デリバリー先もすでに決まっているそうです。それでも、久しぶりにちょっと”ユメ”を見させてくれるモデルが出てきたワイと、密かに喝采を送っております。本社自体が”正規品”扱いで取りあげてくれれば、なお一層面白いのにな。マセラティと云えば、本当の大昔には須らくカロッツェリア製のスペシャルモデルがラインナップされていた銘柄でしたからね。

 さぁさ、”どーせビトルボ屋”のウチでは、せっせと中途半端な時代(笑泣)のマセラティを作り込むコトに精を出さねばね。投資などとは無縁な、”ピュアなクルマ好き”の方々と一緒に楽しんでまいりましょう!昨今のスーパースポーツ高騰には、アタマを抱えておりますヨ。ビトルボ系マセラティも、そろそろ決して例外では無くなってまいりました。善は急げであります。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

« 原初のマセラティギブリⅡに会いたい一心で・・・ | トップページ | 地震ヤラ、噴火ヤラ・・・色々たいへんです。 »

コメント

Iです。
このクルマの情報は全く知りませんで、昨日のコメントで知りました。確かに買えるものならと思ったりもしますが、選ばれし者しか購入出来ませんのでね。

さて、昨日のブログに出てきてましたギブリになんだか惹かれますね。我がクアトロポルテと交換という手もありかなぁなどとバカなことを考えてみたりしてました。
というのも最近そろそろマニュアル車に乗ってみたものだと思っていたところでしたので、ついこのような考えが芽生えたのだと思います。

お世話になります どーせビトルボ屋 のがカッコいい!

モストロすんごいですね。ザガート、原田氏のデザインです。日本に1台入るらしいです。ザガートが大好きな方がいて、購入されたらしい。そのうち、御披露目会(みせびらかし会)があるかもしれませんね。楽しみだ。

なるほど、初めて見ました。
ロングノーズの古そうで新しいデザインカッチョいいです。

でもデザインの安心感は、個人的にはギブリⅡかな。
好みの問題です。

んっsign02
今回のブログはなんだsign02
ちょっとビミョーじゃないかい?
自分らを卑下しつつ微妙な上から目線。
ちょっとヤだな。

これドエロいじゃないですか!
最近のイタリアンモデルでは圧倒的なエロさだと感じたのは僕だけでしょうか?やるなマセラティ!(オマエは何様だって話ですよね)多分こりゃアストン以上だなぁ、内装も気になります。
しかしいろんな意味でも日本人でこれを乗りこなせるような人はそう多くないでしょうね。
あっデリバリーは1台ですか、チャンスがあれば見てみたいです。

おお~っ、モストロザガート、ギザカッコ良ス(←死語)。
未だにガラケーなのにもかかわらずリンク先にアクセス出来ました。

すみません、表現が不適切で不快を与えてしまいました。
申し訳ございません。

↑皆さん、いつも有難うございます!・・・「Wさま」さんはいきなり謝っておられますが、ぜ~んぜん不適切でも不快でもないですヨ(笑)!スゴイけど、同時にヘンなのはマセラティ(若しくはザガートデザイン)の伝統芸能みたいなモンですから。とにかく引っ掛かりのあるところが、”味”なのでありましょうね。

↑Wさま、違うんです、私がちょっとヤだな、と思ったのはたこポンの文章に対してであって、決して、Never、Wさまに対してなんかじゃないんです。
誤解を与えてしまったのではないかと危惧しています。
誠に申し訳ありませんでした。
あれもこれもたこポンが悪いsign03ということでお許しください。

↑Wさま、たこ師匠、Rたろう先生の三つ巴ツンデレ大合戦がギザ楽シス。
もっとヤレ!もっと!

↑↑りゅたろう先生
コメントありがとうございました。
ほっと一安心です。
でも、コメント内容によっては誤解を与えてしまうということを、今回の一件で痛感しました。反省です。
↑↑↑たこちゃん
あたたかいフォロー、ありがとうございました。
↑Smさま
これで収束です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/60180688

この記事へのトラックバック一覧です: マセラティ・モストロ・ザガートのハナシでも・・・:

« 原初のマセラティギブリⅡに会いたい一心で・・・ | トップページ | 地震ヤラ、噴火ヤラ・・・色々たいへんです。 »