マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« マセラティギブリⅡの内装組立風景(その5) | トップページ | マセラティ・モストロ・ザガートのハナシでも・・・ »

2015年5月28日 (木)

原初のマセラティギブリⅡに会いたい一心で・・・

 はい、こんばんは!夕方になっても、なんとなくムシ暑い東京練馬です。今朝早くからイッてきた場所では、薄手の長袖を着ていてちょうど良い感じだったんですケドね。

2015052801_42015052802_22015052803_22015052804_22015052805_22015052806_2 ・・・そんなワケで、朝一番に地下鉄の成増駅まで”たこヨメ”に送ってもらいました。

 東京メトロの地下鉄はそのまま東武東上線に乗り入れ、朝霞台でいったん降りてスグとなりのJR北朝霞駅へ。武蔵野線で南浦和へ行き、そこから京浜東北線で大宮へ・・・はぁはぁはぁ、もーツカれた(通勤電車に乗り慣れないモンで:笑)。

 初めて乗る北陸新幹線は”はくたか”ってなんだかポン酒の銘柄みたいなヤツ。

 本日、”往路”に乗ったのは、東海道新幹線で云う”ひだま(ひかりとこだまの中間みたいな、良く停まるひかり)”モードで、んまぁ、ちっとも進んだ感じがいたしません(実際には結構ハヤいんですけれども)。全線完全禁煙もツラい。喫煙デッキが装備されておりませんのでね。大宮の次の停車駅は高崎、このあたりまではスッカリ通勤列車の趣きで一気に乗客が居なくなり、自由席でも快適なヒロビロ空間となりました。新高岡駅は新幹線の開業に合わせて強引に田園地帯に作っちゃったところらしく、エキナカ・エキソトともに、周囲にはとことん何も無い(マックわぁ、ヨシギューわぁ、駅ソバわぁ~:泣笑)。

2015052807_22015052808_22015052809_22015052810_2 超立派な新幹線駅舎とはまったく別に設えられた、新しいながらも”無人駅”であるJR城端(じょうはな)線の駅舎。次の列車は小一時間も待たないと来ないらしいです。

 ヒマを持て余し、駅前の広場と城端線のホームを行ったり来たりしてましたが、そのうち、ホームに居た御婦人がケータイで会話しているのを聞くに及び、一瞬”戦慄(笑)”がハシりました。何でも城端線のとある駅で枕木から発煙していたとのコトで、上下線ともに大きく遅れが出ているらしいハナシ。それでも、城端方面の列車は数分遅れで新高岡に到着。ワタシを無事に目的地まで運んでくれました。

2015052811_22015052812_2 ・・・査定の依頼主さんがわざわざ迎えにきてくださいました。駅からクルマで15分ほどの案内頂いたシャッター付きガレージには、2台のマセラティ様が磨き上げられて鎮座しておりました。

 まずは、「青い方」の一台を陽光のもとに引き出して頂きました。ワタシ自らが操縦して、ひたすら続く田園風景の中を快走いたしました。パーフェクトに近いです。珍しくナニも云うコトはござんせん。来週、練馬にやってまいります。マセラティギブリⅡ前期型5スピードマニュアル、ブルーセラ/タン革、4.8万キロ、フルレコード付きデス。”本物”を御理解頂ける貴方に自信を以ってお届けいたします。乞う、御期待!

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

« マセラティギブリⅡの内装組立風景(その5) | トップページ | マセラティ・モストロ・ザガートのハナシでも・・・ »

コメント

おお❗️こっ、これは‼️

お世話になります やっぱ 前期型ギブリのブルーセラは良いわ〜!

あるとこにゃあるもんだ。
ところで随分ムカシ222Eが入庫なんて話がありましたよね、どうなったのかな。

皆さんお晩です!

むむっ!出ましたね!
とーーーーーくに行った甲斐が有りましたね!

出張お疲れ様でした。
昔、城端線は出張で何度か乗りました。
今の季節は、砺波市のチューリップが有名と記憶しています。

ギブリ、皆さん絶賛ですね。
これは買いです。

素敵なガレージに、二台のマセラティ!羨ましい環境で、大事にされていた綺麗な紺色のギブリIIです、シャマルホイールとシャマルボンネットダクトカバーですな。えぇなぁ!(何故か関西弁)

城端線の城端駅は、その昔、伝説の名レイアウト雲竜寺鉄道祖山線祖山駅のモデルになった駅でございます、と一人興奮するワタシ。

それにしても皆さんおっしゃるようにあるとこにゃあるんですねー。

戦国時代から脈々と富を築いてきた地域は本当に奥が深いですね。

Iです。
酔って、帰ってきたのでコメント出来ません。

おお~っ!グレーの壁の中に埋め込まれた白と紺のマセラティが超絶カッコ良スなぁ。
まさに秘密基地。地球のピンチにヒーローがこの基地からマセラティを駆り出撃するのですね。
通常のビトルボ系マセラティならば大東亜戦争末期の疾風並みの稼働率でしょうが、デポ謹製マセラティならばフォッケウルフ(Fw190A)並みの稼働率でしょうか?
…エリア∞∞で、崖に開いた穴の中にあった航空基地にも似ております。

ギブリもかっこいいんだけど、Zagato’s 2015 il Mostro Nuovoもかっこいい。
これなら欲しいぞ。

ガレージに二台のマセラティ、めっちゃエエなぁ(ほんまもんの関西弁)

ギブリ欲しくなってきたぁ!

Zagato’s 2015 il Mostro Nuovoに自分も一票でございます。

新高岡、城端、この前通りました。金沢やら氷見を巡って高山に赴く折りに。
城端線って名前の読みだけで心が躍るのですよね、なぜか。

そしてギブリ。原初の。自分とこのが原初の反対な感じになりつつある昨今、こうした個体は相応しい持ち主と巡り会わんことを祈るばかりです。
自分とこのは、まあ、運動性能を最大限発揮するという点で、車に相応しい扱いをしているつもりではあるのですが。

お久し振りです!
タイトル見て何気に何処へギブリを見に行かれたのかと思ったら…
新高岡?城端?!新高岡は金沢駅から、「かがやき」ですと10分ちょっとです。
しかも、今はむかし、ぼくが乗っていた前期のブルーセラでしかも5Fと同じ仕様!
そんなんいたんですね~は~ぼくが飼いたかった(笑)
しかし、遠くまで、お疲れさまでした(^^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/60168742

この記事へのトラックバック一覧です: 原初のマセラティギブリⅡに会いたい一心で・・・:

« マセラティギブリⅡの内装組立風景(その5) | トップページ | マセラティ・モストロ・ザガートのハナシでも・・・ »