マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

« マセラティ430は高田純次みたいなヤツ | トップページ | マセラティ430の天井をハガして見る »

2015年7月 8日 (水)

リアシートに見る、マセラティ4ドア車の変遷

 はい、こんばんは!きょぉーも雨ダヨ(以下同文:笑)。作業予定もブッとんで(泣)、またまた日がな二階でのルークリ作業がメインとなった一日でした。階下では、マセラティクアトロポルテⅣV6前期型(「調布のU」さん号)のタイミングベルト&ウォーターポンプ交換作業を絶賛実施中ですが、アッチもハマってるみたい。・・・う~、もう全体的にフヤけてますよぉーだ!

20150708012015070802 ・・・で、ハタと気がついた。コレは「マイクロ・デポ的な図解写真」の撮影には絶好の機会では無かろうかと。

 そうです。たまたま、ビトルボ系マセラティ4ドア車のシートが、しかも渾身のルークリ(泣笑)を済ませて美しくなった状態で、このデポ二階には一同に会していると云う珍しい事実に気がついたのでありました。まずは、昨日のネタの姉妹篇とも云える画像、クアトロポルテⅣの御先祖様、マセラティ430のリアシートであります。フンワカしつつもコシのある独特の座り心地(凝った設計と、”テキトー・ドレープ”の勝利:笑←詳細は昨日の記事参照)が、画像から伝わると嬉しいのですケドね。

20150708032015070804 ・・・続いては、階下で整備中のUさん号の中身たるリアシート、一週間に及び断続的にクリーニング&修復作業を施した結果、なんとかここまでもってきました。

 あとは、画像では見えないレベルのキズやスレ部位を部分的に修復塗装して、表面ケア剤を塗り上げれば完成形の”超絶仕上げ”と相成ります。車齢18年のアイボリー革装は、やはり簡単には仕上がってくれませんでしたが、この手の内装色車をお持ちの方で、ソレが内装リフレッシュするに足る個体であるならば御相談に乗りますヨ(当店御購入車以外でも)。

20150708052015070806 ”しんがり”は、諸事情ありまして(主に作業場所確保の問題:泣笑)、ホントは一刻も早くデビューさせたかったんだけど、なかなかその全貌が明らかにならないクアトロポルテⅣV6エボルツィオーネ(しかーも、今どき3万キロ台)の商品化作業中に降ろされているリアシートセットです。このクアトロポルテ、外装色の方はブルーネッチューノ(紺メタ)ですから、この”明灰白色(若しくは明灰緑色←分かるヒトだけ分かってください:笑)”のセンスよいシートが搭載された時の”粋さ”はちょっと筆舌に尽くしがたいモノとなりそうです。本日も「クアトロポルテⅣの現物が見てみたい」と”相模大野のIさま”が初めて御来店になりました(降雨のため、満足に御対応出来なくて申し訳ありませんでした)が、このクアトロポルテの商品化が済みましたら、御高覧&御試乗を賜りたいモノです。

 さすがに、丸三台の4ドアマセラティから内装セットを降ろしておりますと、文字通りに足の踏み場も居場所もございません(キレイなショールームと接客ラウンジは夢のまたユメ:笑泣)。只今御来店頂きますと、もれなくこの”凄絶な(笑)”状況下で缶コーヒーが飲めます。「ヘンタイでビョーキな方、いらっしゃぁ~い!!」

 それじゃ、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

« マセラティ430は高田純次みたいなヤツ | トップページ | マセラティ430の天井をハガして見る »

コメント

明灰緑色も魅力的ですねぇ。。。。

グレーのシート、思っていたより明るく、伊達な感じでした。
ボルドーのフロアマットなんか入れたら、ゴージャスですよね。
クアトロポルテのシートを眺めながら頂くコーヒーは格別でした。
でも、入浴後、クアトロポルテのナビシートに身体を投げ出し、オーディオ聞きながらスコッチを頂くのは、至福の時間です。
欠点は、翌朝、セルの回りが悪くなる事ですが。。。。
金時計の点灯の件、まだ諦めていません!

430・・・クアトロポルテⅣとはまた違うあの内装の香(臭い?)もいいですね~ また座りたくなってきた。

ああこの三車のリアシートが一同に会する場と言えば、洋の東西を問わずここな土支田しかありまずい。これを人外魔境と呼ばずして何と呼ぶ(個人的には褒め言葉の最上級)。

めいかいりょくしょく(冥界緑色と変換された)に心踊るのであれば、もう、行かなくちゃと思うのであります。レッツゴー。

う~む。マセラティの超絶リアシート、超絶カッコ良スなぁ。
黒も、アイボリーも、明灰緑色も。
そしてビトルボEの赤茶革も。
ああ、こんなに美しくもイカれた内装が素敵。。。
高貴且つヘンタイでビョーキです。。。

久々に輪島だんだら一句。
ミリタリー誌、僚機と編隊に描記。
猟奇と変態に病気、ワタクシのコト?

皆さんお晩です!

う〜ん、凄いの一言!
明灰緑色もそそりますなぁ〜
ホントお手数かけてます。

さすが、マイクロ・デポです、4ドアマセラティたちの、シート比較文化論!! これを展開できるのは、全国、いや全世界広しといえども、ここ、マイクロ・デポしかないでしょう!
Uさんのシート、トライデントマークが入っているんですね。シャ○には入っていないぞ。。。

こんばんは
今日は朝から飛行機に乗って高松に行ってきました。空き時間に【本ならなんでも揃う】が謳い文句の宮脇書店の総本店に寄る機会がありましたのでMASERATI COMPLETE GUIDEを探してみました所、ありました。早速お買上♪
読むのが楽しみです
因みに一緒に行ったツレはキングダムの28巻が売ってなくてガッガリしてました。

こうして座面を並べてみると、クアトロポルテⅣの座面の端っこ(乗車側)がエボ前後で異なるのですね。
勉強になりました。
どの椅子も甲乙つけがたいです。

これは凄い!是非ともお邪魔したいものですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リアシートに見る、マセラティ4ドア車の変遷:

« マセラティ430は高田純次みたいなヤツ | トップページ | マセラティ430の天井をハガして見る »