マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« マセラティ430後期型が独白する夕暮れ時 | トップページ | 新入荷!マセラティクアトロポルテV6エボルツィオーネの美しさ »

2015年8月 8日 (土)

りゅたろう先生はホントにジェンセン541を持ってくるらしいゾ(笑)

 はい、こんばんは!はひぃ~!こんな時間になっても、ま~だ帰れないのワタシ(大泣)。明日からは8月18日(火)まで夏季休暇を頂戴する予定ではあるのですが、休むのって結構タイヘンですね(笑泣)。
 ところで明日は、いきなり千葉拙宅に於ける”ダメ男の集い2015盛夏”が開催されます!御参加予定の方々は、くれぐれも安全運転でお越しくださいね。今回はkkmustang君もわざわざ大阪から駆けつけてくれるらしいので、本当に喜んでおります。
 本日は、朝の5時からやってましたが、ぜ~んぜん予定通りに進行しておりやせん(泣笑)。焦燥感に苛まれていたところ、ソコにひょっこりと「町内会のM」さんが御来店くださり、京都の銘品を差し入れしてくださいました。しばらく談笑してたら、なんだか肩のチカラが抜けて心身ともに体調も回復!Mさん有難うゴザイマシタ(明日も会うケド:笑)。
 万難を排してお越しくださった「練馬のU」さん、早速御売約(有難うゴザイマス!)を賜った「杉並の”法人M”のT社長」さん、本当に御時間をとらせて申し訳ありませんでした。御両人様とも引き続きよろしくお願い申し上げます。
 
 とどめに、夕方いきなり初めて御来店くださった「越谷のY」さんも、ぜひ前向きなる御検討の程を・・・。
 って、書くコトも無くなったんで、時間も無いコトだしコレでもいっとくか(オサえの切り札:笑)。
・・・
・・・
・・・
おかもたこポン様←もう既に”と”が抜けてる(筆者注:笑)
現車確認の結果が送られてきました。詳しいレポートは後ほどということです。
伊藤龍太郎 拝
「以下をご覧ください。

http://yahoo.jp/box/xXb2Aa


エンジン始動/走行時のビデオは別途編集したらYouTubeにアップしますのでお待ち下さい。

素晴らしい走りでした。


実車確認レポート:

Jensen 541 1957年、70991マイル走行、4速+オーバードライブ

書類とシャシープレートナンバーはマッチング。


ペイント:ダークブルーで良質、★左フロントのフェンダーに数カ所のひびがある。

バンパーは新品。

補助電動ファン確認:外気温28度Cにて70-80kmでの走行時は使用しなくても水温75度C以下。

電磁ポンプ作動良好。

車高は下げられるがマフラーとが接地しやすくなるので奨められないとの事。

内装/シート:グレーのレザーできれいに仕上がっている。★左ドアー上部に剥がれあるが接着にて修復可能。

トランク:カーペットは新品同様、ジャッキのみあり工具なし、ファンベルト2本あり ★奥の左にボデイーが見え少々の錆がある。

ウインドー/三角窓左右とも作動完璧。

フロント/リヤーウインド傷はなし。★左右リアーウインドーの上部のクロームにはげがある。

タイヤ4本:70% ミッシュラン 185HR15XVS +スペアタイヤ 50% Gislaved 185/65R15

★ガソリンタンクのキャップのクロームにはげあり。

ミラー左右良好。

★トランク開放じボデイー上部に1.5cm2の傷がある。

★マフラーとスペアタイヤつり上げステーが干渉。

★クラクションのコンタクトが不完全だが修理要請。

★右リアブレーキに減速時のノイズありチェック要請。

★フロントのクーリングプレートの開閉システムが不良、チェック要請。」
・・・
・・・
・・・
と云うワケで、それじゃー、また明日(ってなんぢゃ、そりゃ:笑)!
 いやね、昨日の夕方にイタ電が掛ってきて「メール読んでくれた?」とおっしゃるモンで、「あうあう」云ってたワタシなのですが、ぶっちゃけ明日以降の休みに入ったらしっかりと精査出来る様に、自分のブログにアップしておこうといった魂胆が本日のネタなのでした。
 あっ、あっ、・・・バスの時間が(まだこのあとにホームページの更新作業が残されておりやす)・・・生きていたらまた会おう、皆の衆(笑)!

 それじゃ、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

« マセラティ430後期型が独白する夕暮れ時 | トップページ | 新入荷!マセラティクアトロポルテV6エボルツィオーネの美しさ »

コメント

これもやはりデポさんでメンテナンスをされたうえで大分に送られるのでしょうか。
入庫の暁には弁当と水筒持って、見学に行こう。

↑なぜか、千葉に入港する事にしてるらしいです(マジ)。

まさに真夏の祭典!
今後が楽しみです。
千葉に入港とは、やはりご縁があるのですね(笑)。

たこちゃん、ギリギリまでの仕事で明日はダメ男、ご苦労おかけします。
明日はよろしくお願い致します。

はひ、はひ、はひ・・・。湾岸線上の高速バスなうです。16時間のほぼ肉体労働のあとには、せめてシウマイ弁当くらいはたべながらビール飲みつつ帰りたかったケド、東京駅のえきなかは、スベカラクみな終了。ファミマのおむすび齧りながらいっぱいヤッております。皆さまも、良い夏休みをお迎えください。

ジェンセン541が遂に本土上陸なのですね。
デポで仕上げるのでしょうか。
何はともあれ、りゅたろう先生おめでとうございます。
いつぞやのフィクションが現実となろうとは、よもや・・・。
きっと数々の歓喜と苦難が待ち受けておられる事かと。それが人生。

ジェンセン541にデポステッカーが貼られることになるのですね。そして、やはり、また、たこチャンズとりゅたろうさまで、高野山のラリーに参加!!か! ジェンセン541は、きっと日本に1台でしょうな。。。。

皆様、ご声援、本当にありがとうございます。
541の存在をはっきりと認識したのは数年前。
まさか手に入れたいと思うことすら予想しませんでした。
Eタイプを手放して以来、旧い車とはご無沙汰でしたが、常に心の中にはありました、欲しいsign01と。
だがしかし!いろんな方々から「これはどお?」なんていうありがたいおすすめがありましたが、まだそれに手が届きませんでした。

きっかけは147GTAです。
当初MGAを足にしちゃろうと本気で考えていましたが、たくさんの心無い(もしくは心有る)方々から猛反対され、147GTAという普通(MGAだって普通だよ)の車になってしまいました。
それで強く決意しちゃったんですね、「うう、買うちゃるsign01旧い車買うちゃる、ぜっていにsign03」と。
ところが、アメリカの景気が徐々に良くなり、旧い車の価格がどんどこ上がり始めちゃったんです。
2013年夏くらいからです。
で、いろいろ天上界にご昇天してしまいました。
イタリアの紅い宝石たちは無論、英国、欧州のフライングアローたちも。
JENSENはそんな世の中の流れに取り残されてたんですね、完全に。
たこポン曰く「JENSENだからね~」。

541の後継車はCV8という相当醜い車なんですが、ちょっと興味を抱き、それを見ていくうちに「なんだ、541があるじゃないか」ということになったんですね。
「541」なんて、ちっともカタルシスを呼び起こさないネーミングで、見た目も普通、「価格から言ってもこれしかなかった」というのが正直なところです。
でも売り物がなかった。
日本には1台もないし、検索しても世界的に全く売り物がなかった。
そこで私は古典的な方法をとりました。
一番確実そうだったから。
2014年2月にオーナーズクラブに入っちゃったんです。
日本人第1号です。
ということは、JENSEN OWNERS’ CLUB 日本支部長です。
JOCに入って感じたのは、みんな熱いsign01
JENSEN総生産台数は19002台なのに、豪華総カラー機関誌を年6回+α出し、フォーラムでは非常に活発な議論をしています。
何十年も(JOCの設立は、確か1970年代だったと思うけど)一体何の話をしてんだろう?と思わずにはいられません。
まあ、車の話って話しても話しても尽きませんけど…でもJENSENだけで、だよsign02
そのForumなどで「俺は541が欲しい」と書きまくったんです。
さすがJOC、いろいろな方が情報や売り物を言ってきました。
ぽっしゃった件もありましたが、ロッテルダムのHanさんがメールをくれたのは、昨年12月でした。
オランダJOCの会長をなさっていました。
以来、他に非常に魅力的な541(やアバルトやブリストルやなんか)が出ても指を加えて眺め(いえ、ちょっと問い合わせのメールしちゃいましたが…)、Hanさん一筋にやり取りを重ね、ついに先日現車確認が終わったのです。
ううう、本当に来ちゃうかもしれない。

やってみると、意外と出来ますよ。
メールやSkypeで顔見ながらお話が出来ちゃうもん。
完全に個人から買うのでさえ私に出来ましたから、業者から買うのならもっと簡単でしょう。
日本に持ってくれば、あとはたこポンがいる。
「う~、嫌だ、このごろそんなのばっかだもんsign01」というたこポンの悲鳴は無視して、お願いしちゃいます、私。
千葉に着いて、横浜で排ガス検査して、たこポンにチェックしてもらって、大分でナンバーを取って…と考えていますが、皆様、よろしいでせうか?

情熱は国境と言語を越えるってことですね。たこちゃんには毎年高級な品々を献上してください!
心配なのは、ジェンセン541を可愛がりすぎて、しばき倒すことかな。。。。ワクワクですね、今から!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/61087327

この記事へのトラックバック一覧です: りゅたろう先生はホントにジェンセン541を持ってくるらしいゾ(笑):

« マセラティ430後期型が独白する夕暮れ時 | トップページ | 新入荷!マセラティクアトロポルテV6エボルツィオーネの美しさ »