マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« りゅたろう先生の野望(笑)、完遂か? | トップページ | 9月の御言葉 »

2015年9月18日 (金)

マセラティクアトロポルテV6エボルツィオーネのドアトリムをハズしてのあれやコレや(その1:まずは、トリムをハズす)

 はい、こんにちは!またまた地球の裏側では大きな地震があったとの事で、今朝のニュースは日本列島の津々浦々までの津波情報を報道し続けておりまして、騒然たる雰囲気でした。一方で、東京練馬は海が無いゆえ、ただひたすらソボ降る秋の長雨との闘いの日々であります。

2015091801201509180220150918032015091804201509180520150918062015091807201509180820150918092015091810201509181120150918122015091813201509181420150918152015091816 ・・・本日は、そーでなくてもブログコメント欄がもっとも”盛り下がる(泣)”と云われているハナキンで、おまけに明日からは皆さんお待ちかねのシルバーウイークだよぉ~ん・・・で、こんな番外地のブログを見てる方はいらっしゃらないモノと愚考しておりやす。そこで本日は、どーせ、ダレも見ちゃいないのをイイ事に、実践技術的な本ネタをそっとお届けいたしましょう。

 患者さんは、もうじき納車予定のマセラティクアトロポルテⅣV6エボルツィオーネコーンズセリエスペチアーレ(文京区のTさん号)であります。とりあえずの患部は、右リアドアの集中ロックモーターユニットです。動作時に、時々ウナる様な音を発しながら、中途半端な位置までしかインナーロックノブを引っ張れていない様子なので、おそらく減速機構内のギアが一部ナメてると思われます。

 こうしてドアの中身の機械要素に何らかの疑わしい問題がある場合には、多くの場合に内張りトリムをハズすところから始まるので、この手のトラブルが最も多い(ドア枚数も多いから)クアトロポルテⅣの場合には、ドアトリムの正しい脱着方法を知っておく事が肝要です。

 左に御案内しておりますエボ系の工程は、全クアトロポルテⅣシリーズの中で最も簡単なものです。

 新旧を問わず、マセラティやフェラーリなどのイタリア製少量生産車の場合には、内装トリム取り付け用のボルトやビスを可能な限り見えないところに隠してあるので、ソレがどのように配置され、ナニをハズせばビス等のアタマが顔を出してくれるのかを知る事が必要です。初めて接するトリムの場合には、若干の経験則がほとんと通用しないくらいに「ええ~っ!」と驚く様な設計に出くわしますので、まさに推理を最大限働かせての作業となります。

 また、イタリア車の場合には、多くの国産車のように「プラスドライバー一本と10mmのボックスレンチ、それにグロメットリムーバー」だけで勝負出来るほどにはアマくありません。プラスドライバーは先端の規格違いが3~4種類、長さも長短様々に必要です。六角レンチ(アーレンキー)やトルクスレンチもところどころランダムに出てまいります。

 カプラーなどを抜く時には、後で記憶に頼るコトの無き様に、必ず写真を撮影しておいたり、直接マーキングを書いておいたりして、組立時の間違いや悩みを防ぎます。隣り合わせにまったく同じ形状、同じ色のカプラーが並んでるなんてコトも普通にあるのがイタリアンの世界ですからね。

 ・・・等々とゴタクを並べている間に、ドアトリムがハズれました。今度はドア内部に腕を突っ込める様に段取りしなくてはなりませんが、この続きは、またお届けいたします。・・・ささ、現場にモドろ。

 それじゃ、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

« りゅたろう先生の野望(笑)、完遂か? | トップページ | 9月の御言葉 »

コメント

今日も多い。
現場から逃げて煙草吸ってます。

おお今日は早い。
ああ眠い。

ブログ更新早い!さらに↑、この人達、コメント早い!仕事せんで、とーひしているな!
私は、現場Aから、現場Bへ移動の道中!
ドア内部のあれこれが大変だから、それが4倍かかるから、クアトロポルテって名前なんですね、ガッテン❗️

りゅたろうさま、りゅたろうさま、マイクロ•デポから勝手にウソ業務連絡です!541には、ETCと、バックカメラも付けますか?さらにキーレスも付けますか?大至急、ご連絡を!ロッソウソ❗️❗️

↑ワタシ、シゴトから帰って来て、これから”とーひ”予定(笑)。皆さんも”とーひ”したいよなぁ、きっと。どーしてここのコメンテータさん方にはシルバーウイークってモンが無いヒトが多いんでしょ(シンパシー感じるなァ)。

私もシルバーありません。

地球の裏側、そこは地底世界。
大地震の震源はアガルタか、ペルシダーか。

ドアトリム外しの写真付き解説が親切です。
これでアナタもクアトロポルテのドアトリムが外せるかも。

シルバートライデントウイークにシルバートライデント仮面が久々に登場する予感。。。

皆さんお晩です!

相変わらず、凄い!
でっ、ブログ書いてから現場に戻るんだ?
これまた凄い!

実践技術的な本ネタ、そっと見届けました。
軽く「最も簡単」とおっしゃっていますが、素人には無理です。
細心の注意を払い素材を傷つけることなく作業を進める訳であり、頭が下がります。

しかしこの内外色組み合わせ、シックな色合いが多い中珍しいと思いますが、素敵な色合いですね。

ううう、今日も多い。
やっとの思いで煙草吸いに部屋に戻ったが。
今日は何時に外来が終わるのでせうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/61662251

この記事へのトラックバック一覧です: マセラティクアトロポルテV6エボルツィオーネのドアトリムをハズしてのあれやコレや(その1:まずは、トリムをハズす):

« りゅたろう先生の野望(笑)、完遂か? | トップページ | 9月の御言葉 »