マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« マセラティクアトロポルテⅣ前期型の下回りを見る | トップページ | マセラティ430後期型の下回りを見る »

2015年9月 1日 (火)

防災の日の思ひ出

 はい、こんばんは!今日の東京練馬も、「もー、降るんだか、降らないんだか、ハッキリせんかいっ・・・でも、結局は降るんだよなぁ~(泣笑)」みたいな、単にシゴトを増やすダケの天候が一日中。ホントにシケておりやす。それでも、「横浜のA」さんマセラティクアトロポルテⅣ前期型の継続車検は無事完了、御出張で海外のどこかにいらっしゃるAさんは来週にならないと御帰国されないんで、しばらく定置場にて封印(笑)するコトに。

 ところで、本日9月1日は関東大震災にちなんで制定されていると云う「防災の日」でありました。当ブログの読者諸兄の中にも、公立若しくは私立の小中高等学校の教諭を生業にされている方々はいらっしゃると思いますが、避難訓練とか今でもやってるんですかね。

 今朝ラジオをラジコで聴いてたら、8時45分から関東圏の主要全ラジオ局(NHKも含む)共通の防災インフォメーション番組が突如はじまりまして、ソレを聴きながら「調布のU」さんマセラティクアトロポルテV6前期型の内装トリムのクリーニング作業を行っておったのですが、「お~、往年の”行く年来る年”みたいでなんだかゴージャス。」と云う感想をまずは持ちました。TBS聴いてるのに他局のアナやFM局の”有名ナビゲーター”諸氏が次々に登場してコメントするんで、得も云われぬ高揚感があります。

 ソコで聞かされたハナシで、最も印象的かつ意外であったのは、現在では大きな地震が起こったら「まず火を消しに行かなくてもよい」コトになってると云う事実。「大きな地震が起こったら、まず自らの身を守ってください。思わぬヤケドなどをいたしますので、火を消しに行くのはおやめください。」・・・なんですって、皆さん知ってた?

 ライフラインの一角を担う東京ガスのヒトが云うには、阪神淡路大震災以降、現在のガス器具には地震を感知すると自動的に栓が閉じて消火する安全装置が装備されているそうです。まったくもって技術の進歩は素晴らしい。ケド、そんなの知らんかった(オレだけ?:泣笑)。

 ワタシがコドモの頃には、今も来てない「関東大震災級の地震が東京を襲う」と云う事象が、あたかも明日やってくるかの如くに言説されていた数年間がありました。”ノストラダムスの大予言”とか”日本沈没”とか、1970年代中盤の時期はその手の”終末系”映画も大流行りでしたもんね。

 そのようなワケで、ワタシの小学校でも、戦時中の”防空頭巾”の構造をアレンジして、普段は椅子のクッションとなる”防災頭巾”と云うモノの設計図(と云うか、型紙)が全戸に配られ、ソレをいついつまでに作って学校に持って来いなんてコトがありました。住所、氏名、それに血液型も書いてありましたっけ。生地は好きに択んで良いコトになっておりましたんで、ワタシが練馬春日町のクボ(呉服屋あがりの洋品店)だったか、池袋のキンカ堂だったかで購入してきたのは、”サンダーバード2号色”たる濃いグリーンのモケット地のモノでした。あ~思い出すだに懐かしい。まさかの時には、ソレ被ってグラントハイツ(現在の光が丘公園)までとりあえず逃げろ、と。そんなシミュレーションを防災の日などには散々やらされたモノでした。

 もっとも、そのようなモノを使わなくてもよいのが一番なんですケドね。しかしながら、天災だけは本当に”神のみぞ知る”世界です。「備えあれば憂い無し」と云うコトバ、常に心のドコかには留めておきたいモノです。

 それじゃ、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

« マセラティクアトロポルテⅣ前期型の下回りを見る | トップページ | マセラティ430後期型の下回りを見る »

コメント

あガス栓が閉じる仕組み、いざとなったら頼りになりますが、一人暮らしの折りよく誤差動しておりました。
真冬にかび臭いお風呂に入っておもむろに蛇口をひねり、いくら待っても待っても待っても待っても水がお湯になりません。
口の中で呪詛の言葉を呟きながら、全裸にどてらを羽織って外部階段を下り、再起動をしていたなあ。

ワタシは防災頭巾記憶にないなぁ・・・
今の小学校は市販のがあり、必ず備えていなければならないそうです。
座布団兼用になっており、体育館で座るときには座布団になっています。

濃いグリーンのモケット、旧型国電の座席そのまんま。

”現在のガス器具には地震を感知すると自動的に栓が閉じて消火する安全装置が装備されている”件、たこちゃん同様全く知りませんでした。
おそらく都市ガスのみの機構では。
ウチはプロパンガスですが、装置ついているのかなぁ。怪しいなぁ(笑)。

防災頭巾は小学生のときはやはり座布団代わりで用意してました。
木の椅子の上で座布団代わりということで、ケツ痛(下品ザマス)にならず冬場はそれなりに暖かかったので重宝したな。
学校ではカンパンにミネラルウォーターも備蓄されていて、卒業のときもって帰って食べた記憶があります。

こんな天候ではデポの仕事、はかどらないですね。
と言いつつもAさまのクアトロポルテの継続車検完了・・・デポ仕事は匍匐で進捗しております。
震災の翌日午後、カップラーメン食べたくてお湯を沸かしたかったのですが、あれだけの大地震だったのでガス漏れしてたら火災の危機。
で、集合住宅のプロパンガスのガスメーターの針が回っていないかチェックしました。
メーターは全部止まっていたので多分ガス漏れ無いと思い、意を決してガスコンロでお湯沸かしました。
その時食べたカップラーメンは格別に美味かったです。

火曜日、いわきへ日帰りミッション完了。
水曜日朝、利府行かなきゃ。。。

防災の日は、海外からの友人がきて、遅くまで飲んでいました。イスの座布団になる防災頭巾ありましたね、私のは黄色でした。あと年一回、非常食の乾パンの缶詰をもらいましたよ。角砂糖入った奴。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/61421613

この記事へのトラックバック一覧です: 防災の日の思ひ出:

« マセラティクアトロポルテⅣ前期型の下回りを見る | トップページ | マセラティ430後期型の下回りを見る »