マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« マセラティクアトロポルテⅣ後期型のリモコンミラースイッチなどのハナシ | トップページ | ランチアイプシロンのヘッドライトレンズで大ハマりの予感する継続車検に敢えて正攻法の正面突破でチャレンジする »

2015年10月19日 (月)

ラ・フェスタミッレミリア La Festa Mille Miglia 2015

 はい、こんばんは! 一昨日の土曜日はクアトロポルテⅣまみれの通常全日営業、昨日の日曜日は午前中に墓参り三連発→練馬アニメーションカーニバル2015(ぶっちゃけ年々パワーダウンしとるゾ:怒泣)へのちょびっと参加→寝る!!であった休日、本日も原則的にクアトロポルテⅣまみれの続き・・・であったワタシにとって、世の中では例年通りに”天上界”の方々が派手なイベントを盛り上げておられました。「豊島区のM」さんから初日(於:代官山蔦屋Tサイト)の模様が送られてきました(いつも、”ネタ提供”有難うございます!)ので、本日はソレをホンの少しだけ御案内です。

201510190120151019022015101903201510190420151019052015101906 ・・・実は14枚もの画像を賜ったんですが、トリミングやモザイク加工でチカラ尽きて(本日も腕がプルプルなんでスミマセン!)、6枚ダケの御紹介となりました。詳しいコトを御覧になりたい方はラ・フェスタミッレミリア La Festa Mille Miglia 2015公式サイトの方を御覧になってくださいましな。

 ワタシ、サイクルフェンダーのクルマは基本的にロータスセブン以外は「あうと・おぶ・がんちゅ~」なのですが、唯一のマセラティ参加車だと云うコトでとりあえず小さい画像を載せておきました。Tipo63バードケージや450Sあたりが走ってくれれば見に行きます(笑)。

 ワタシにとっての白眉はランチアフラミニアザガートだナ。惜しいのは、コレで鉛色だったらと、ソコが悔やまれてなりません。・・・あー、アッピアザガートの方も居る!コレも小さくて可愛いナ。ともあれ、参加車はロッソなのが多いのね。エントリーリストを拝見いたしますと、多数の著名人や同業者諸兄も参加している様子ですが、実際にはフレンチブルーのブガッティ・イヤーであったらしく、世界各地から同社製造車に乗った方々が来ているみたいですね。ソッチの方はいよいよ興味ウスいんで、”オーバー70”の方々にお任せいたします。このイベントも国際的に格上げを図っているらしく、年々本格的に”当時レギュレーションしばり”にコダワリをみせておりますが、アルファ33とか、フェラーリ312とか、ストラトスが走り回る(可能性のある)タルガ・フローリオの方が、ワタシには刺さりますので、ソレの国内リメイク版を所望。1963年生まれのワタシは60年代・70年代に強く惹かれます。本日の午後、「中央区のT」さんが、マセラティギブリⅡのパンク(サイドウオールを画鋲ブスッ!:いたずらヒドい:怒泣)修理のため、人形町の人形焼を携えて(いつもスミマセン!)御来店くださいましたが、ソコで「ジャッカー電撃隊(音出ます、注意!)」の主題歌を歌い合えたのが、本日一番の収穫でありました(オレたちゃ、あくまでも”庶民的レトロ”を追求するんだモンね:笑)。あー、そういえば、もう一年以上前にアップした”懐かしのラジオ音源ねた”の方にも、昨日付けで当該チャンネルのアップ主様御本人より暖かいコメントを賜りました。こちらも庶民的レトロ追求の成果(笑)でありましょうか。

 それじゃ、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

« マセラティクアトロポルテⅣ後期型のリモコンミラースイッチなどのハナシ | トップページ | ランチアイプシロンのヘッドライトレンズで大ハマりの予感する継続車検に敢えて正攻法の正面突破でチャレンジする »

コメント

ラ・フェスタミッレミリア La Festa Mille Miglia 2015・・・いやいや優雅です。
クルマに華があった時代。マセラティが真に名門だった時代。ああ、素晴らしい。
でも、エントリー車両は雲の上の狭き門。
このしがない小市民のSm(仙台のm)が唯一、エントリーする道はデポでビトルボEをメンテし続けて辛うじて20年後にエントリー可能となるかも。
その頃たこちゃん齢七十歳・・・。

タルガフローリオ・・・サンドロ・ムナーリをリスペクト・・・。
ブログ最後の方は読んでません。後程拝見させていただく次第。

↑「Sm」さん、このイベントには厳しいレギュレーションが有るんで、どんなに旧くなっても出られないのよ、きっと(泣笑)。まぁー、こちらはこちらで楽しくヤリましょうぜ、ダンナ!高野山行こ。

やっぱりこれでしたか。
というのは、昨日法事で甲府盆地の外れまで行ったのですが、途中の道で(中央道含む)エントリーしそこなった(失礼)ような所謂クラシックカーを数台見かけたものですから。
エントリー費用もシャレがわかる方向きですね。
子どもの名前を封筒に書こうとしていたヨメが金額を聞いて自分の名前書いちゃいました(笑)

同じシャレでも昨晩ワタシは円蔵師匠の動画に行っちゃいましたよ。ご冥福をお祈りいたします。

そ~なの?
ああ、憧れのミッレミリアから拒絶されたビトルボ系は荒城の月。
この儚くも美しき造形美を愛でようかな…。

Iです。
先週に引き続き今日も旭川にいます。
昨日は、りゅうたろう様の仰せの通りDVD付きCDを購入して踊りのチェックをしました。
で、今現在は、クラフトビールを飲みつつコメントをしています。以上です。

”お節もいいけどカレーもね!”って感じで、ジャッカー電撃隊に懐かしのラジオ音源ねたにもササってしまいました。
ラジオ音源ねたの記事は1年も前だったんですね。
たまにグルグルミュージックされます。

実は1997年の第1回大会には神戸の方に誘われ、Jaguar E-Typeでエントリーしていました。
でも壊れちゃってねぇ…グッズだけ頂きました。
その後も参加の機会があったのですが、なんか合わなくてね。
そのうちE-type売っちゃったんで、縁のないミーティングとなりました。
まあ、きっとデポをはじめ皆様は、私なんかがあんなセレブな集まりにそぐわない人間と、もうとっくにご存じでせうから、今後も参加することはなさそうです。
私が行きたいのは”ヴェトロモンターニャ高野山”だけです。
今回、実はブツの到着が間に合わないことがわかり、泣く泣く参加をあきらめました。
実行委員会の方が、セヴンで参加したら?とご自分の車を貸して下さるという事でしたが、傷心の私は丁重にお断りいたしました。
馬鹿だったんです、ええ、はい、馬鹿だったんです。
本当にぬか喜びだったんですねぇ…
まあ、私の人生、こんなもんですぅ。

I様、頑張ってください。
出来ますsign03
あんなもん、いったん分かればちょろいもんです。

テツヲタ様、今エントリーフィーを見て私もビックリビックリでした。
1回目は、確か10万した・・・かなぁ??
もう忘却の彼方です。
離婚するかしないかの頃だったけ…

りゅたろうさま、高野山のルート、すごいところ走るんですねぇ。

ゴールの海辺は祖母と縁ある場所ゆえ子どものころから何度も訪れています。

最近は空路ですが20代の頃は数回車で行き、件の龍神スカイラインも走りました。

そのころはすんごい道でしたが最近は整備されイベントもできる道になっているんでしょうね。

機会を見つけて参加はできないでしょうが、見に行ってみたいと思います。

ラ•フェスタミッレミリアが開催されていたのは知ってましたが、金曜日朝スタートとなるとほぼ観戦不可能です。レース途中や、ゴールは見に行けなくはないが、、、
ヴェトロモンターニャ高野山といい、この手のタイムラリーはスピードだけを追求しないので、プロレースドライバーからしたら楽しめないかもしれませんが、一般の人にとっては、なかなか面白いと思います。いつかは出てみたいですが、参加可能車両が天上界ばかりですからね。
そういえば、高野山は今年は開創1200年というキリの良い年なんですね。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/62123041

この記事へのトラックバック一覧です: ラ・フェスタミッレミリア La Festa Mille Miglia 2015:

« マセラティクアトロポルテⅣ後期型のリモコンミラースイッチなどのハナシ | トップページ | ランチアイプシロンのヘッドライトレンズで大ハマりの予感する継続車検に敢えて正攻法の正面突破でチャレンジする »