マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ラ・フェスタミッレミリア La Festa Mille Miglia 2015 | トップページ | やっぱ、ゴールドって響きはいいねぇ~(笑) »

2015年10月20日 (火)

ランチアイプシロンのヘッドライトレンズで大ハマりの予感する継続車検に敢えて正攻法の正面突破でチャレンジする

 はい、こんばんは!今日も朝から日本晴れな東京練馬、然れどもワタシたちのアタマの中は朝から暗雲タレこめる曇天でした。無いアタマを使うのは、ホントにカラダに良くありません(笑泣)。

20151020012015102002201510200320151020042015102005201510200620151020072015102008 ・・・ま、とにかく、お役所的機関の気まぐれに振り回された一日。

 ハナシの発端は、先週「浜松のU」さんから掛かってきた一本の電話。たまたま出た三男に「あーイプシロンなんですけどねぇー、コッチの知り合いの整備屋で継続車検取ろうと思ったんだけどねぇー、ヘッドライトの検査通すのがコッチの陸事ではま~ず難しいって、他の整備ぜーんぶやり終わってから放り出されたモンで、ほんなコト云われてもねぇー、どーすりゃいいですかね?」「あー、それぢゃコッチに持ってきた方がハナシは早いですヨ、きっとなんとかします。」「んじゃ、そーします。19日の夜に発って、20日の朝に付く様に行きますワ、積載車に乗って」

 で、ワタシもそう云ったヤリトリがあったと報告を受けてはおりましたが「自信無ぇーなぁ~(ま、三男なんとかするダロ:笑)」くらいの穏やかならざる心持ち。無手勝流ではイカんと、”周辺事情”を再度一からチェックし直しました。従来は車検でのヘッドライトの検査はハイビームでのみ行なうものでありましたが、近年にいたって、HIDやLEDのヘッドライト球が主流かつ安価になった事に伴って、やたらめったら対向車を幻惑させる様な(特にあと付けの)ロービームが問題となったらしく、先の9月1日から”ロービームでの検査”と云う事になってしまいました。お陰で、そうでなくても日常的に混んでる東京の陸事では終日敷地のソトまで受検車が並んでしまうくらいに大混乱。なぜなら、国産車を含めてほとんどのクルマがパス出来ない様なレギュレーションになっちまってるから多くのクルマが一旦不合格となり、その再検査のため場内をグチャグチャに受検車が走り回るしかない状態となってしまうためです。

 一応、平成10年8月31日以前の製造車は「従来通りに”ハイビーム合わせ”で良し」と除外対象にされてはいるのですが、このイプシロンは平成16年登録車なので、間違いなく”ロービーム合わせ”の対象車です。

 ムカシのガラス製ヘッドライトレンズ時代は、ディーラー車も並行輸入車も右側通行用光軸の”左向きカット”を持ったレンズに、国内新規登録時にはほとんど例外なく交換対策(でないと、ナンバー付かなかった)されていたので、このあたり大きな問題とはならなかったのですが、樹脂製のレンズ主流になってからと云うものは、レンズ自体にはカットが入っていないのが通例です。よって光の拡散具合や方向は内部にあるリフレクターのカットでキメておりますゆえ、事実上分解が不可能な樹脂製ヘッドライトAssyに於いては、その対策は困難を極めます。

 国道246号線の事故渋滞により、Uさんの到着が予定より2時間半も遅れている間に、急遽”直前作戦会議”を開催。「どのようにリフレクター(の一部分のみ)への照射を遮るか、またその方法は如何?」「レンズはバラせない、となればバルブ穴からでしか勝負出来ないぢゃん」と喧々諤々の”理系的(笑)”議論の末、現地対応用の装備を選定してコトに臨みました。

20151020092015102010 Uさんが積載車の中で仮眠をとっている間、ワタシたちは新車検対応仕様の”実験”に取り掛かりました。作業の比較的楽な右目の方だけに、まずは三男が寝ずに考案した”魔法”を掛けてみました。テスター屋さんの自動検査機を占有(笑)して、テスター社長の御意見を伺いながら少しずつ改装。どうにか満足の出来るモノに到達し得たのはお昼を回った頃でした。左右を同じ理念の仕様とし、勇躍三人で陸事へ。午後のラウンドで無事に継続車検をパスするコトが出来ました(喜)。とりあえずウチの場合、今度はマセラティ3200GTあたりでチャレンジしなけりゃなりませんね。当然”魔法”の中身は企業秘密であります(笑)ヨ。いつもの様にイタ車の神様降臨に感謝する事しきりです。

 それじゃ、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

« ラ・フェスタミッレミリア La Festa Mille Miglia 2015 | トップページ | やっぱ、ゴールドって響きはいいねぇ~(笑) »

コメント

おおおお疲れ様でした。

まあでもやっぱりクルマは魔法とか神様が関わってるののほうが(乗っている方はもとい乗らせて頂いている方は)魅力的ですからねえ。鶴亀鶴亀。

ライトひとつでも匍匐前進。流石です!
ヒストリーチャンネル明日22時、初代ギブリ出ますね。

今日のタイトルは長い! そして、さすが無事に切り抜けました!! 良かった良かった!めでたい、めでたいな。浜松のUさんおめでとうございます。
うちの紺色も来年の車検では、同じ問題に直面しますね。。。。あゎゎ

うちの車にも、座敷童?!乗車してるかな??  

Iです。
マイクロ・デポ社は魔法も使えるのですね。
是非、私に”恋するフォーチュンクッキー”を完コピできる魔法をかけて下さい。

ま、まじで?。
光軸は奥が深いね、こんなに深くする必要もないと思うんだけど、まぁ「決まり」って言われたら仕方無いけど。

お三人方、継続車検パスおめでとう&お疲れ様でした。
レギュレーション変更、初耳です。
ということは、クアトロポルテⅣでも年式により”ハイビーム合わせ””ロービーム合わせ”が選択になる訳ですね。これは大変だ。

何はともあれ車検通過おめでとうございます。

最近まぶしい車増えましたよねぇ。
これでようやく少なくなるか。
「車検場、現場は大混乱」8時だヨ!全員集合!のコントみたいですね。

今日は朝から段取り悪く神栖市まで2往復するはめに・・・(500kmほど)
思ったほどは疲れませんでした。
しみったれて高速料金節約しながらだったので、高速300km下道200km。

他車の流れに身を任せた節約運転の結果、燃費も16km/Lと大変優秀。

イプシロンもいいけどC3もね。

イプシロンのヘッドライトの中は光電子増倍管で満たされたスーパーカミオカンデかな。
車検を通すにはニュートリノビームを筑波から300㎞先のスーパーカミオカンデに打ち込みデータを解析せねば。う~ん。マイクロデポのお仕事にもイグノーベル賞。
・・・臨界に達したイプシロンのヘッドライトは青い輝きのチェレンコフ光を放つのであった。
本日のネタ、科学か魔法か錬金術か。
ニュートン力学か相対性理論か。
本日もコメントしてる本人自身が意味不明のコメント、すまぬ。
しばらく放置しているビトルボのバッテリーは大丈夫なのでせうか。なんとかなるさ。

先のコメント間違え。ヒストリーチャンネルはインディでした。

大変ご迷惑をお掛けしました。

無事 車検をパスできてうれしい限りです。積載車での500km移動はめちゃくちゃしんどかったですが、仕事をサボって出かけた甲斐がありました。ありがとうございまいた。

仮眠中にイプシロンに掛けた魔法の中身を知って この人たち天才!!(笑) って本気で思いましたね。次回は最初から持ち込みますのでよろしくお願いましす。

あああ 言いたい 声を大にして魔法の中身を自慢したい・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/62136906

この記事へのトラックバック一覧です: ランチアイプシロンのヘッドライトレンズで大ハマりの予感する継続車検に敢えて正攻法の正面突破でチャレンジする:

« ラ・フェスタミッレミリア La Festa Mille Miglia 2015 | トップページ | やっぱ、ゴールドって響きはいいねぇ~(笑) »