他のアカウント

マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

« エアコン&ヒーターケースの内情、その真実とは(その1:現状把握篇) | トップページ | 晩秋に、久しぶりの大喜利大会 »

2015年11月13日 (金)

エアコン&ヒーターケースの内情、その真実とは(その2:なにしろ洗浄篇)

 はい、こんばんは!・・・あーもう日暮れちゃったヨ、ホントに近頃メッキリ日没時間が早くなってまいりました。冬の訪れを実感するよな、ちょっと寒い本日ではありましたが、やってたコトはぜ~んぶ昨日の続き(もはや曜日の感覚も無い:笑泣)でした。当ブログの方も昨日の続きでエアコン&ヒーターケースを「どないしょっかな~(どーしてくれようか:笑)」なネタ。

201511130120151113022015111303201511130420151113052015111306201511130720151113082015111309201511131020151113112015111312 ・・・で、とにかく、こーするしかあるまい(笑泣)。分解された部材のひとつひとつを水洗い出来るものは洗浄・拭き上げ・乾燥に供し、水で洗えないモノはとことんドライクリーニングを施します。

 一番上の画像がヒーターケース本体の”顔”にあたる部分。四角いエアコン中央噴出口が左右に開いた両眼の如しに見えます。下の方でチョコンと足を投げ出した様に見える四角いダクトはリア中央噴出口への導入ルートの始まりの部分に相当いたします。

 内部のフラップに着いていた、昨日も御案内した劣化モロモロウレタンフォーム以外にも、”ネチョドロ”関係者がありまして、ヒーターケースの各通風口とボディ開口部やダッシュボード内のエアコン噴出口裏など同士を密着させるために用いられている、”ウレタンフォームにタール液を滲み込ませた様な物体(コレ正式には何て云うんでしょ)”の劣化によるポロポロ落ちは”ホントに最っ低~”であります。

 今日もクアトロポルテⅣのフロアカーペットに染み付いた汚れを除去する作業に従事しておりましたが、経年でコレがチョコっとポロったダケで、踏んづけたら大変、たいへん!シミ抜きをする様に除去していかなくてはならず、まさに匍匐前進を強いられるコトになります。かと云って放っておくと、踏んづけるたんびにヨゴれがうつりますので、見つけたら即除去が鉄則です。

 ああ、第一フィアット期からのマセラティに好んで使われているハーネス結束用の粘着テープも、これまた経年すると”ホントに最っ低~”でありまして、布テープに滲み込ませた染料が色落ちしつつ、かつベタベタねちょねちょ、おまけに臭い(そのホコリの様なニオイはいったん手に付着すると、シンナーで汚れを拭い去り、その後10回強力な洗剤で手を洗っても翌日の夜くらいまで残るくらいにシツコイ)。だから、コイツの場合には上から普通のビニールテープを巻き直し、オリジナルテープが露出しない様にしておきます。汚れは、てってーてきに洗浄・清掃、そして除菌、そして将来の汚れの素になるモノは徹底排除若しくは封印、こうしておけば20年経過したクルマでもサワヤカに足となり得ると云うモノです。ドレーンホースも、ちゃんと水が排出する様になりました。

 それじゃ、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

« エアコン&ヒーターケースの内情、その真実とは(その1:現状把握篇) | トップページ | 晩秋に、久しぶりの大喜利大会 »

コメント

Iです。
とりあえず、弘前なう!

↑「I」さん、いつも有難うゴザイマス&御出張ドつかれさまです!
・・・ところで、念願のビールけんてー2級合格おめでとうございます!!
サスガの”一浪”での合格。弘前にはなんかウマいモンあるのかなぁ。
ワタシはアパートで鍋を突きつつの晩酌中デス。

Iです。
弘前はプライベートです。目的は、伊奈かっぺい氏のライブです。氏は13日の金曜日だけライブを行うので、それを見に来ました。

しかしいつも感心してしまうのは、ここまで分解されてきちんと元に戻すということです。
ワタシなんかは絶対真似できない。巧みの技です。
そして、オーナーさんにとって作業進捗が判るので、有難い限りです。

おお、今回はプラモデルネタですね。
内部の樹脂部品をよくぞここまで綺麗に清掃したものです。
実際のプラモデルでも、飛行機のエンジンなどをピンセットの先っちょで苦心して組み立てた上で、結局カウルで囲ってしまう事も度々・・・見えない箇所への拘りも男の美学ですなあ。
サムライは刀を抜くことが無くとも常に手入れは怠らず。
鞘の中に最高の切れ味を秘めているのである。
これは道なのである。たこ師匠、マセラティ道、極めたり。

金曜日は終日月報でしたが、夕方、下期緊急売上報告の指令を受け、夕方から試算しておりましたがドツボにはまり、夜11頃、本日の試算は捨て、前回に試算した下期売上見込みを基に報告書類を作成。帰宅出来たのは25:30。
しかし、金曜日が納期の書類が他に2つ。その他書類作成も残っているため、土曜日もデスクワークの覚悟を決めたのであった。あたた。。。
自宅なう。飲んだら寝よう。

ここまでして頂けると、オーナーさまは嬉しーですよね。神は細部に宿る、神は見えないところに在るということでしょうか。。。。
Iさま、祝ビール検定2級!!
11月9日のおぐさんのお題コメントは、なかなか秀逸だったのに、、、、なんだかスルーになっちゃいましたね。。。大分後出しだったから??
http://cyutako.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/post-8f0f.html#comments

そうそう、ほんと、最近は見えない地下の杭がどーなっていても、とりあえず大丈夫そうだから、偽データだしときましょって。。。ディーゼルエンジンのデータまずいけど、まあ大丈夫でしょ、誰も気が付かないでしょって。。。“神は見えないところに在る”ってことでしょうヨ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« エアコン&ヒーターケースの内情、その真実とは(その1:現状把握篇) | トップページ | 晩秋に、久しぶりの大喜利大会 »