マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« マセラティ、色とりどり | トップページ | ”雨籠り”の一日 »

2015年11月 9日 (月)

ウラまで作り込んでこその”商品化”

 はい、こんばんは!先週とは打って変わって、朝からドンヨリ雲、午後からはシトシト雨の月曜日となりました。今日もリフト上ではマセラティクアトロポルテ前期型(「小田原のM」さんロッソオリエンテ号)の足回りをナメ回す様に(笑)シツコク納車整備しておりましたが、本日は先週のある日のリフト風景をお届けしております。

2015110901201511090220151109032015110904 ・・・コチラも、只今絶賛商品化仕上げ中のマセラティクアトロポルテ前期型(ビアンコアルピ/アヴォリオ革)であります。

 もう、今ね、併行して三台のマセラティを商品化作業中なんですが、他の納車整備業務や継続車検業務のスキマを縫う様にリフトアップしたり、ジャッキアップしたり、分解清掃したりと多彩なメニューをコナさなくてはなりませんので、もう、アタマの中はホンに”マセラティ漬け”の日々であります。あ、ちなみに、本日のリフト上をこうして下から撮影した場合には、”輪郭枠”がビアンコアルピからロッソオリエンテに替わるダケ(笑)。着地させれば、ムリに覗きこまない限りは決して見えないところまで仕上げているのが”悲しいサガ”の麗しきところでございますヨ。旧いマセラティなら「売るのも、買うのも」マイクロ・デポにお任せくださいね。

 それじゃ、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

« マセラティ、色とりどり | トップページ | ”雨籠り”の一日 »

コメント

雨やなぁ。 
 
今日からクリスマスツリーを店で飾ってまーす。
やっとスタッフが揃ったので年内デポさんとこ遊びに行く予定なのでそんときはヨロシクでーす。

Iです。
本日、車検のためクワトロポルテを地元のクルマ屋さんに入庫しました。今日一日中、クアトロポルテに係りっきりで整備して、明日、陸運局で車検を通すそうです。なので、また明日クルマを引き取りに行かないといけません。
そういえば、ヘッドライトの光軸は絶対引っかかると言ってました。

新キャラ・せんだみつお仮面の登場だよ。ナハナハッ!
ビアンコアルピとロッソオリエンテ、下回りだけでなく外装も見比べてみたいものですが、天候も良からずお仕事も忙しそうなので、またの機会にでも。
しかし、さすがは業界屈指のオンリーワン店。

ここで一句

マセラティ
売るのも買うのも
たこの店

旧車は一期一会、市毛良枝(・・・随分昔に、どなたかがこんなコメントしてたような記憶が)。
気になったらマイクロデポ社に即アポです。
頭金は、むじんくんで調達。御売約の暁にはダメ男の会で、せんだみつおゲームをば。

せんだみつお仮面、このキャラ今回きりだな・・・。

最近の作業の入れ替え具合、目を見張るものがあります。
いかに効率よく最短ルートで作業が進むか。
このあたり、独特の勘が働きますね。

そして念入りの整備も、デポ社(車)の特徴です。

商品化やら納車整備やら車検やらマイナートラブル対応やらで、場内、場外など、グルグルと車入れ替えとそれに伴う諸作業は、毎日変化するダイヤグラムといったところでしょう。スパッと全て上手く行くと、気分いいですね。これに雨が入ると、やれやれですかな。できることが限られてくるし、雨で濡れないようにしながらだから大変ですね。

せんだみつお仮面登場してくれましたが、これっきり、これっきりですか〜〜。

そうそう、今日ふと思ったのですが、最近お題出して書込み募集するネタやってないなあと。

でちょっと考えてみました。(なんか前にもやったようなのばっかりですが。)

・「デポ禁制・マル秘改造計画」あなたのクルマ自由に改造できるなら何をしたい?
・「夢のないクルマ選び」
 ・五十万以下、あるいは○ヨタしばり、○イハツしばり、或いはローバーしばりなど
・「あなたのクルマの原風景」物心ついて最初に記憶に残るクルマは何?
・あなたの転機となった一台「このクルマで私は道を踏み外した」

などなど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/62436667

この記事へのトラックバック一覧です: ウラまで作り込んでこその”商品化”:

« マセラティ、色とりどり | トップページ | ”雨籠り”の一日 »