マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« まさかの”ト○タしばり”で大喜利! | トップページ | 結局ヤルぞ!今週末の”ホルモン屋の集い”+おまけ »

2015年11月18日 (水)

エアコン&ヒーターケースの内情、その真実とは(その3:とにかく張替&錆止め、そして組立篇)

 はい、こんばんは!本日は、朝起きたらとりあえず晴れ間が見えてましたが、午後からは北関東の方から雨雲がヤッてくると、傍らのラジオはしきりに云っておりましたんで、デポ場内では「宇都宮のK」さんのマセラティクアトロポルテV6エボルツィオーネをリフトアップしてATミッション関係の整備を午前中いっぱい行っておりました。

201511180120151118022015111803201511180420151118052015111806201511180720151118082015111809201511181020151118112015111812 ・・・で、一方午前中のワタシは、晴れてるウチにと、マセラティギブリⅡ前期型(「名古屋のG」さん号←ああ、Gさん、本日午後には御電話を賜ったそうで有難うございました&ワタシが雨中作業中につき御相手出来なくてすみませんでした。)のエアコン&ヒーターケースユニットをリビルドする作業に邁進しておりました。

 先日各部の分解洗浄と劣化”ネチョドロ(泣)”ウレタンフォームの除去作業を行いましたが、ドチラかと云えばドンドンとゴールから離れていくよな方向性(やっててホントに悲しいくらい)の作業ばかりの様子に見えましたね、ハガして、洗って、拭き掃除ばかり。ソコで、本日は一気に折り返してゴールを目指そうとの決意を胸に(笑)頑張った次第です。

 各部の錆の進行を止めるための処理は、昨日の夕方までに行っておきました。今朝になると、ソレらの処理部位がスッカリ乾燥硬化しておりましたので、今度はひとつひとつの部材に合わせてウレタンフォームを切り出して貼り付けたり、フラップを作りなおしたりと云った作業をしながら、徐々に細部から組み立ててまいります。

 午後になったら、今度は電気屋さんがやってくる手筈となっておりましたので、そのタイミングに合わせて、時間を逆算しつつジリジリと進めます。

 この工程に於いてワタシが担当するラストのシゴトは、ブロアモーターの樹脂製シロッコファンにこびり付いたヨゴレを除去するための洗浄&清掃作業です。モーター部分に水分を入れない様に、垂直に立てた状態で片側ずつ洗浄→清掃→乾燥と作業を行いました。ちょうど作業が済んだところにジャストオンタイムで電気屋さん登場。「ちゎっス!」「あとはモーター吹いて給油して、動作確認するトコからお願いしやーす!」・・・で、オモテは予報どおりに雨となりましたので、電気屋さんの組立作業はデポニ階で行いました。ワタシは別のクルマをリフトアップして、雨の中でホイール洗いを行いつつ、エアコン&ヒーターユニットの完成を待ちました。「出来たよぉ~」・・・出来上がったユニット本体は、電気屋さんのクルマの荷台に載せられて、なんだか誇らしげにしております。明日になって雨がアガったら、今度はメインヒューズボックスの根源的対策を新たに施された車輌本体(その作業を行なうためにギブリⅡ車輌本体は電気屋さんに”入院”しているのです)にめでたく搭載され、エンジン始動が可能になったら、またギブリⅡ本体をデポへと移送いたしましょうね。

 ・・・さぁ、次イッてみよう!今日もまだまだ帰れそうにありません(泣笑)。

 それじゃ、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

« まさかの”ト○タしばり”で大喜利! | トップページ | 結局ヤルぞ!今週末の”ホルモン屋の集い”+おまけ »

コメント

Iです。
最近、ブログをアップする時間が早いですね。それでは、私も速攻コメントします。一番乗りを目指して!
今日は、歯科医に行くため早退しました。さし歯のぐらつきと定期検診を兼ねた受診です。医師からは「もうブリッジにした方がいいのでは、その方が安心だよ」と言われ、どうしようかと思案しております。
全く関係の無い話ですみません。

↑「I」さん、速攻コメント(笑)有難うございます!
・・・既に下あごの奥歯を左右ともに喪失しているワタシといたしましては、「差し歯(すぐトレる)→ブリッジ(しょっちゅうトレる)→結局すべて抜かれて部分入れ歯(も何セットも作りましたが、ドレも合わず)→無し(終局的にはインプラントを強く勧められる)」と云う経過を辿りましたので、抜いたり(健康な歯を)削ったりするのは、この段階でよ~~~~~~~~~~~く考えてからになさった方がよろしいかと思います。奥歯が無いのって、ホントにつらいですからね。土台の歯根が残っている限りはギリギリまで差し歯でネバった方がよかったと、今になって本当に後悔しております。御参考になれば幸いです。

Iです。
そうなんですよ。一旦はずっと差し歯でいくぞという考えに落ち着いたんですが、私の差し歯の土台は今から18年前に虫歯を放置した結果、見事に崩壊し歯茎を切開して手術した経過にあります。
で、その時に差し歯を取り付けるための挿入したセメントの土台と骨の間に隙間が出来ているという状態なのだそうで、今後も差し歯でいくのであればいずれ土台が持たなくなると言われたのです。それで再考となったわけです。

何と申しましょうか、この何とも言えない家内制手工業的な作業の連続。

そして歯。
自分は歯が丈夫なのか碌にくいしばってないということなのか、虫歯は幼稚園以来ご無沙汰、数年前に何本か硬いものを食べて欠けっちまいましたが、その他傷みなく無事に過ごしております。
油断しているとそのうち一気にぼろぼろいくのかしら。

エアコン&ヒーターケースユニットをリビルドする作業、まことにお疲れ様です。
そしてヒューズボックスの根源対策もまたお疲れ様です。
ここのこだわりがマイクロデポ社の真骨頂。
見えないところも綺麗に仕上げる事が絶大なる信頼性につながります。
しかし、内部構造をここまで綺麗に仕上げられると外板部はアクリルガラスのスケルトン仕様にして見せびらかしたいものです。
・・・前回のダメ男の会の為に購入したジェット戦闘機メッサーシュミットMe262、やってもうた~。ジェットエンジン構造を見せびらかすべくエンジンのカウリングがスケルトンですやん。
ドイツ機原理主義者はスケルトンのカウルをエナメルで塗り潰すのであった。

ワタシ、ありがたいことに歯は抜けないんですよ!

エアコン&ヒーターユニット、コレだけで飾っておきたいです。
それだけ素晴らしい完成度。

歯は定期的に歯医者に通っていますが、歯周病に気をつけてます。
健康な歯は抜くものではないですよね。

エアコンANDヒーターケースのフレッシュアップは、毎度ながら大変、しかしこれがちゃんとしていると車内空間は快適だから重要!いつも感じるのはウレタンの劣化早過ぎ。代替え品で、超寿命な部材はないんですかね。
歯は、大切です、知り合いは歯医者さんがこう言ってました。『ちゃんと歯医者選ばないと、はいしゃじゃなくて、はかいしゃになるよ』と、かといっておいそれとは歯医者さんは変えられないし。。。セカンドオピニオンみたいなことは、歯科業界では、まだ一般的ではないからね。

昔ラリーの全日本のドライバーの歯医者さんがいて、デビュー当時次々に車を壊していた頃「あいつは歯医者じゃなくて廃車だ。」と言われたとか。

次の大喜利のお題は、「あなたの今最も大きな健康上の不具合は何?」とかかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/62565192

この記事へのトラックバック一覧です: エアコン&ヒーターケースの内情、その真実とは(その3:とにかく張替&錆止め、そして組立篇):

« まさかの”ト○タしばり”で大喜利! | トップページ | 結局ヤルぞ!今週末の”ホルモン屋の集い”+おまけ »