マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 52才となりました(ウレしいような、カナしいような)。 | トップページ | スマホやガラホで当店公式サイト「マセラティに乗りませんか・・・」を御覧の皆様へ »

2015年11月24日 (火)

ジェンセン541がついにやってきた(ウレしいような、カナしいような:笑)。

 はい、こんばんは!昨日はワタシ如きの誕生日にお祝いコメントを多数お寄せ頂きまして、誠に有難うございました。皆さんからの御励ましに、日々どれだけ支えられるコトか(感謝、感謝!)。

 そんな本日、”さんれんきゅ~”も過ぎ去って、ようやく通常業務で淡々と納車準備や商品化仕上げの続きが出来るわいと、朝からヒーコラ頑張ってたところに、一本の電話が・・・「あ~、ジェンセンなんですけども、今日これから予備検行くんですけど、午後には済みますんで、そのまま積んで行こうって思ったら搬入先の指定が”なぬ?練馬?!”・・・で、マイクロさんのコトだったんですね、このクルマの持ち込み先って」「なぁ~んだ、(Rたろう)先生が(間接的に)手配した予備検業者さんって、社長のトコだったんだぁ。だったら、ウチで請ければよかったよ(泣)。」

20151124012015112402201511240320151124042015112405201511240620151124072015112408 ・・・ってコトならハナシが早い。さっそく午後から、予備検査の現状把握のために、とある自動車検査場まで高速トバして出向きました。

 嗚呼、名にし負うジェンセンのクラシック、541。ついにワタシの眼前にまします。はるばるニッポンにようこそ。ド肝を抜くエンジンフードの開き方が、まずは強烈な第一印象としてココロに刺さります。なんだかドでかいエンジンとSUキャブレターが存在感を主張してますね。

 ワタシとたこヨメが到着した時、いまだ検査の真っ最中。予備検屋の社長(ワタシは正面突破の正攻法で闘い抜く宇宙一の予備検屋さんだと思っております。いつもお世話になりっぱなしで感謝、感謝!)サンは汗ダクダクで奮闘していらっしゃいました。それにしても、これだけ旧い(しかもヒジョ~に素性が分かり難い:笑泣)クルマを、よくもまぁこの短時間でパスさせるモノだと、いつもながら感心するコトしきり。

 ようやく無事に予備検査をパスしたところで、続いては職権打刻コーナーに赴きます。ガバチョと開いたエンジンルームには、メインフレームも露出しており、直列縦置きエンジンでもありますので、打刻位置をキメ易く、ここは異例の簡単さ加減で突破出来ました。

20151124092015112410 ・・・とは云え、本日は予備検査を突破したに過ぎません。いざ陸揚げして、実際に走らせてみると、旧い旧いクルマゆえに様々な予期せぬ問題点も見えてまいります。

 なにしろ、そのムカシにワタシがベアリング屋であった頃、大手トラックメーカーの技術畑一筋で来られた帝大出の重役から直々の御指導を賜っておりましたが、問題の解決法の第一には「現地・現物・現認」がくると常々仰られておりました。・・・嗚呼、イッて見てヨカッタ!帰ってきてから、Rたろう先生には、先生にしか見るコトの出来ないユーチューブ動画(限定動画)を作ってアドレスを送り、電話で詳細を御説明いたしました。ソレで当面の間、デポに持ちこまれるコトは無くなってしまいました。「ジェンセン541が見たい!」との御要望が多かったので、ソコだけは”ダンチョ~の思い”でありますが、期待されてた皆さんにはワタシが謝ります。「ごめ~んネ」っと(笑泣)。

 それじゃ、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

« 52才となりました(ウレしいような、カナしいような)。 | トップページ | スマホやガラホで当店公式サイト「マセラティに乗りませんか・・・」を御覧の皆様へ »

コメント

たこちゃん様
遅ればせながらお誕生日おめでとうございます。
ウレしカナし日々(笑)
実り多き1年でありますよう御祈り申し上げます。
Rたろう先生
上陸おめでとうございます。
度肝を抜かれっぱなしの一読者としてお祝い申し上げます。
一日でもはやくお手許に届くよう御祈り申し上げます。

おおお、ついにタコちゃんさんご覧になりましたか、541。
暫くはデポさんにてまみえること能わずとのこと、残念至極でございます。

が、何時の日かデポさんにて541をちらと拝見し、ホルモンにて御大と対面の叶う日のくること信じて疑わず、楽しみにお待ち申し上げ候でございます。
クリスマスくらいかな。

やっと、やっと、やってきた! 541がやってきた。五四一がやってきた!! 嬉しいような、悲しいような、五四一がやってきた!! ぴぃーひゃら、ぴーひゃら、ぴーひゃら !
やっとこ、さっとこ、やってきた、と思ったら、デポを通り過ぎ、大分にいっちゃう541! 五四一!
ジェンセン五四一! 来年は、高野山でデビュ−だ、ⅤⅣⅠ、541、五四一!!
おめでとう、御芽出度う、オメデトウ、りゅたろう様、おめでとう!! 
よかった、よかった、嬉しいでしょうね、待ち遠しいでしょうね、541、五四一!
もうすぐ、大分、541、五四一!!
5引く、4は、1、5−4=1、541、五四一!!!

ああ、541は良いデザインですね。
ユーモラス且つ威厳がある不思議な造形美がお茶目です。
子供の頃のスーパーカーブームの影響で、セダンなどまるで興味が無くクサビ型のクルマこそカッチョイイと刷り込まれ、30歳過ぎてスーパーカーのクサビ型とセダンを両立したビトルボ系のデザインに魅せられて現在に至るワタクシ。
クサビ型とは対照的な541ですが、ルーフからリアにかけての流麗な曲線美と、威厳あるフロントノーズのデザインは秀逸です。これは楽しい。
てか、何の知識も無いワタクシの思いつきコメントは置いといて、どなたかジェンセンのデザインを解説してくださいまし。
しかし本邦初上陸なのですね。マスコミの皆様、是非ともこの541を取材してください。
取材の暁にはその紙面を購入させていただきますから。

りゅたろう先生、ちょっと早いですが、まずは初上陸おめでとうございます。

みなさま、激励をありがとうございました。
まだまだこれからです。
何しろ1957年製の車ですから。
たこポンにネガティヴなことを散々言われて、逆に発奮しました。
そりゃさ、おまえ様の所から買った車じゃないしさ、1954年に最初に作った車だったから名前が「541」だなんてダサいしさ、たこポンの所に置くと迷惑でしかないしさ、実入りはないしさ…わかるよ、わかりますぅ。
でも、546台しか作っていない車を探して、オーナーズクラブに入って、車を見つけて、船に乗せて、予備検を取るところまでたどり着きました。
わたしゃ感無量です。

だから探しました、旧い英国車が得意なところ。
私は3年間関西にいて、Eタイプに乗っていた時に色々なところに顔を出して、お知り合いがたくさん出来ました。
堺市にある車屋さんは、ブガッティ、ベントレー3L、ロールスからフェラーリ166、アルファSZ(古い方)、無論私が持っていたEタイプなどもみてもらっていました。
二つ返事で引き受けてくれました。
良かった。
綺羅星のような車たちに比べれば、JENSENなど大したことはないのかもしれません。
まずは引っ付きかかっている右リアのドラムブレーキを生き返らせてもらいます。
細かなクラックなどは気にしません。
現車と早くご対面したい。

たこポンには、また改めて困難だけど出来ないことはないミッションを指令することにしますね。
またここのコメント欄を(無許可で)お借りしてご報告いたします。
どうかよろしくお願いします。

祝上陸、りゅたろう先生おめでとうございます。
これはすごい。とくにリヤウインドーに釘付けです。
そして程度のよさにも驚きです。
いいお宝をゲットされ、喜ばしい限りです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/62660822

この記事へのトラックバック一覧です: ジェンセン541がついにやってきた(ウレしいような、カナしいような:笑)。:

« 52才となりました(ウレしいような、カナしいような)。 | トップページ | スマホやガラホで当店公式サイト「マセラティに乗りませんか・・・」を御覧の皆様へ »