マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 突然、日本海が見たくなった・・・ | トップページ | 南の風、風力7・・・で枯葉舞い踊る師走の一日 »

2015年12月10日 (木)

ネチョドロ・びヨヨ~ン

 はい、こんばんは!本日は曇り空ながら、寒さも緩んで気温は穏やか。とにかく、やってもやっても尽きるコトのない匍匐前進作業(泣)に明け暮れるには絶好のコンディションです。ソレにいたしましても、当ブログでは毎日毎日「ユメもチボーもない」よな裏バナシばっかりが出てまいりますが、アクセス解析を見ておりますと、近頃では20代&30代のお若い方々が読者層のメインとなりつつあるのが見てとれます。ビビってるんダロな、きっと(泣笑)。おぢさんが想うに、「すんごくメンドくさいことをガマンしてやりぬかないと、けっしてカッチョよくはなりませんよ」なムードをハダで感じて頂くにはこういった手法しかなかろうと云ったところなんですケドね。ワタシの目には地平線の向こうにたたずむカッチョいいイタリアンエキゾチックカーから、カゲロウ立ち上る中で後光差しているのが見えます(天井剥がし作業で色んなモンかがされて、脳ミソがトロけてるから幻覚が見えてるのか?←ってなコトばっか書くから、いよいよビビる:笑)。

201512100120151210022015121003201512100420151210052015121006 ・・・朝一番には昨日の主役、マセラティギブリGT(「おぐ」さん号)を御忙しい中取りに来て頂きました。

 そんな「おぐ」さんにも、今週月曜日にネタとした「フェラーリ・ランボルギーニ・マセラティ 伝説を生み出すブランディング」の第一章にある”スーパーカーの定理”は「ヒジョ~に正鵠を突いてる」と、御本を見せながらワタシゃ熱弁奮いましたが、「あ、その本なら、もう買いました」ってアッサリかわされましたワ。このブログを毎日アナの開くホド御覧になってるお若いマセラティ予備軍の方々は、少なくとも、この第一章と第三章・第六章は何度も精読してほしいと念願するモノです。

 その後は、そんな”スーパーカーの定理(四箇条)”に極めて真面目な姿勢で向き合い精魂込めて作られた(分かると思いますが、こりゃアイロニーですよ、ひ・に・く!:笑)”往年のビトルボマセラティたち(の、しかも20年以上オチ:泣)”を相手に、真面目な姿勢で向き合い精魂込めて作り直す作業を行う一日になりましたっと。ちなみに画像中段はマセラティギブリⅡ前期型(名古屋のGさん号)の天井剥がしのトドメ作業。画像下段はマセラティシャマル(黒○Aさん号←本日はお忙しいところ御電話有難うございましたぁ!)の”降ろそうとしたら分解してしまったラジエター(大泣)”の図です。「すんごくメンドくさいことをガマンしてやりぬかないと、けっしてカッチョよくはなりませんよ」・・・分かった、分かった、分かりましたよぅ(泣笑)。

 それじゃ、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

« 突然、日本海が見たくなった・・・ | トップページ | 南の風、風力7・・・で枯葉舞い踊る師走の一日 »

コメント

あちゃー、本日は皆さんまだコメントしてませんね。忘年会で忙しいのかな。
たしかに 確かに タシカニ ネチョドロ・びヨヨ〜ンを乗り越えて行かないと、イタリアの民芸品、カッチョーイー マセラティ ビトルボ達は、再生されないんですよね。
本日、忘年会その2が終了!! 雨の中、自転車で帰宅でした。

本日はネチョドロ・びヨヨ~ン大作戦。
スライムとの格闘の末の勝利、お疲れ様です。
たこちゃんはスライムに勝利した。
たこちゃんは経験値1をゲットした。
てれれれってれ~♪
たこちゃんは、レベル5「伍長」にレベルアップした。

しかし、たこちゃんクエストの道のりは長い。
たこちゃんは何時の日か研ぎ澄まされたトライデントで最後のボスキャラ、レッドドラゴンに立ち向かうのであった。
ボスキャラの正体はアルファロメオか、はたまたウェールズ代表か。。。
そこまでの道のりは厳しく、フェラーリの跳ね馬、ランボルギーニの闘牛を倒さねばならぬ。。。

「すんごくメンドくさいことをガマンして・・・」は、試験勉強と重なります。
頑張れば、合格がもらえます。
ゴールは見えたぞ(ホントか?)、頑張れたこちゃん。

はい、ビビってます笑

このコメントの少なさが各々方のひき具合を如実に表しているというべきか。

きれいなものかっちょいいもの気持ちよいもの、ゲームの中の3Dイメージとかだとそれらはただそれらとしてあるだけですが、実物はただそれとしてあるだけに非ず。
その裏側も危険も情念も全て込みでおつきあいして行かないとなりません。
遠くから見るとそれはあ、めんどくせっ、と見えますが、ちと足を踏み入れてみればそれはそれ、斯くあるからこそのめくるめく奥深き愉悦の世界でございまして。
さあ皆様、カモンカモン。

おぐ様のギブリは、飛ばしまくって、ガンガン振り回してるので、エンジンが完全に出来上がっているとたこポンが申しておりました。
10万キロ目前にして、一番いい状態だと。
私の147GTAも88000キロを後にしましたが、異常にエンジンの調子がいい。
かる~いアクセル、力強く、しかしあくまで軽く吹け上がるエンジン。
レッドゾーンぎりぎりを週6日行っているためでせう。

でも私、思い出したんですが、初めての222SRの時、御三男様に怒られました。
「この車はいわばおばあちゃんなの。それを毎日レースしてるような走り方をすれば壊れるの当たり前でしょsign01そこのところをよく考えてくださいsign01子供じゃないんだから…ちゃんと交通法規を守って、おとなしくしててください」
しばらくおとなしくしてても壊れるもんは壊れる、と後に悟りました。
いくらきれいにしても、いくら手を入れても壊れます。
当たり前でしょsign02あんた、マセラティですから。
まあ、壊したりもしますが。
だがしかしsign01壊れても壊れても離れられない、まるで蜘蛛女の糸に絡みつかれているような。
性悪女だってこと、とうにわかっていますとも。
自分で自分の人生を傾けているのでせうか…いやいや、私は微笑んでいるんですよ。

黒シャマル(黒○Aさん)のラヂエターは、決して黒シャマルのせいではありません。
思うに、どうやら黒○Aさんの若かりしころの所業に原因があるのでは中と思われて仕方ありません。
「外道」と言われた私が彼につけた名が「非道」、もう一人「邪道」もいましたが、それらの事々を鑑みると、そう言わざるを得ません。
私のように所業を悔い改めることをお勧めいたします。
早く治るといいねheart01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/62900427

この記事へのトラックバック一覧です: ネチョドロ・びヨヨ~ン:

« 突然、日本海が見たくなった・・・ | トップページ | 南の風、風力7・・・で枯葉舞い踊る師走の一日 »