マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ”師走”、初日の有様 | トップページ | ダンチョーの思いか、感謝のココロか、ナミダ雨 »

2015年12月 2日 (水)

旧いビトルボ系マセラティのラジエターファンって、どーよ?

 はい、こんばんは!・・・「もう今日こそは」と朝一番にトビ起きて、隣の工事人軍団がやってくる前にマセラティクアトロポルテⅣV6後期型(ビアンコアルピ/アヴォリオ革)の商品車写真を撮影しようと試みました。

20151202012015120202 そもそも一日中薄曇りで夕方からは降雨の予想が出ておりましたので、撮影には絶好のコンディション。まずは、「いまだしっかりした写真を得られていない内装から・・・」とオズオズやってたら、次々とスクーターやら軽トラやら、しまいにゃ予期せぬ4トン車まで集結してくる始末(大泣)でまさに多勢に無勢。ソレにもメゲずに、どうにか外装も撮りましたが、落ち着いて撮影出来ないし、クルマの入れ替えもシンドイんでホントにまいってしまいます。で、”白いの”はいったん格納させて頂きまして、今度は「おぐ」さん専用ギブリ(笑)の継続車検整備で下回り仕上げの続きをば。

20151202032015120204 ・・・夕方になって、ようやくデスクワークから開放されたワタシが、今度はオモテに出してた”紺色の方(名古屋のGさん号)”のルーフ裏側に残存している劣化接着剤剥がしをやろうかなと思った途端に無情の雨がポツポツと・・・。タイミングベルト交換の下準備で分解を始めていた「おぐ」さん号をリフトアップして、やっぱり結局御馴染みの「親ガメ&子ガメ」状態となりました。

 ところで、このギブリⅡもそうなんですが、より以前のデ・トマソ期ビトルボ系マセラティのタイミングベルト交換作業では、原則的に(最低でも)ラジエターファンを降ろすのが必須項目となっております。で、この画像は「おぐ」さんの電動ラジエターファンAssyがハズされて清掃が済んだ状態です。このブログを頻繁に訪れながら、今一つ旧いビトルボマセラティに食指が動かない方々の多くは「旧いイタリア車なんて、夏場はオーバーヒートして乗れないんぢゃないの?」と思われているかも知れませんね。だが、しか~し!こんなに冷却水温度の管理がやり易いクルマはなかなかありませんぜ、ダンナ(笑)。

 ・・・この電動ファン、なかなかコワれないよなぁ~、ホントに。あ、但し回らなくなっちゃうコトはファンユニットの問題以外に色々と原因因子があって、結構有り得る事象デス。ま、ファン制御リレーの不良なんかは代表的な因子ですね。よく「カプラーが焼ける」と云われているのが、上右画像の右上部分。このタイプのカプラーは接触不良を起こしていても目視で分かり難いのが難点です。もっと旧いタイプのヤツはヒジョーに分かり易くコゲて(泣笑)いたりしますんで、あらかじめギボシ交換などを施しておけば心配御無用です。

 ラジエターファン関連項目として、過去記事を挙げておきましょうね。

 エボ系のハナシ1 エボ系のハナシ2 ・・・意外にも、今まで頻繁に取り上げてなかったんですね。

 あ、今気付いたケド、本日の小ネタは、あまり真冬向きのネタではありませんでしたね(泣笑)。

 それじゃ、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

« ”師走”、初日の有様 | トップページ | ダンチョーの思いか、感謝のココロか、ナミダ雨 »

コメント

Iです。
昨日は、”フォーチュンクッキー踊り隊”が一堂に会しての飲み会だったのでコメントできませんでしたー。
フォーチュンクッキーの練習に明け暮れた日々が懐かしく思われ、終わってしまうと暇ですることがなくなったねぇとの声も聞かれました。

「I」さん、いつも有難うございます!「”フォーチュンクッキー踊り隊”が一堂に会しての飲み会」ってなんかスゴそうだなぁ。・・・って、その歌、いまだに知らないし(笑泣)。

電動ラジエーターファンが壊れ難くて良かった。
しかし、ワタシのビトルボEはもうじき30歳なので、、、
何が起きても変じゃない。
そんな時代さ覚悟は出来てる・・・いやいや出来てませんて。
喜びに触れたくて明日へボクを走らせるSm(Silvertrident Mask)。。。

ラジエターファン、確かに夏場でもへこたれません。
エアコンも効きますしバッチリ乗れます。

マイクロ・デポ出身車は色々対策がなされていますので、丁寧(且つカジュアル)に扱えば日常の足になり得ます。

タコちゃんに、言われたのは、オーバーヒートの心配より、オーバークール?に気をつけた方がいいと。ただし、お約束は接触不良の、電気系統トラブル!!やはりここがキモなんですね。昨晩からの雨で、できる作業も限られますね、なんとか師走に、祈願納車ラッシュ❗️

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/62780788

この記事へのトラックバック一覧です: 旧いビトルボ系マセラティのラジエターファンって、どーよ?:

« ”師走”、初日の有様 | トップページ | ダンチョーの思いか、感謝のココロか、ナミダ雨 »