マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« また、ホイール洗いのハナシ | トップページ | イヴの朝に思ふ »

2015年12月23日 (水)

アバルト595Cコンペティツィオーネの下回りを見る

 はい、こんばんは!本日は祝日で全国的にお休み。世間では明日のクリスマス・イヴに向けて、まさにテンテコ舞いだったのでしょうけれど、ウチにはあんまり関係ないみたいデス(泣)。朝から淡々と仕事に従事して、御預かりしていた二台のマセラティをお納め出来ました。午後からはあいにくと雨になってしまい、「町内会のM」さんと御約束していたマセラティグランスポーツのエンジンオイル交換は土曜日に延期とさせて頂きました(スミマセン!)。そんな、イヴイヴの夜はカルビーのりしおLサイズBAGをガバ開けしてザーっと口内に注ぎ込みつつ発泡酒を煽っていると云った情けなぁ~い体たらく。”たこヨメ”は役所関係の手続きのため千葉拙宅に帰っちゃったモンで、俄かチョンガーです。

2015122301201512230220151223032015122304201512230520151223062015122307201512230820151223092015122310 ・・・近頃更新された、当店公式サイト「マセラティに乗りませんか・・・」のトップページを御覧になって、「アレっ?」っと思われていた方々もいらっしゃるかも知れません。

 本日はそんな一台を、まずは”ハラのウラ”から御紹介いたしましょう。

 アバルト595Cコンペティツィオーネ(5速マニュアルミッション 左ハンドル)です。当ブログの非常勤コメンテーター、長崎県の「えびしま@おおむら」さん御夫妻からの御下命により、マイクロ・デポへとやってまいりました。

 昨日の夕方から、早速リフトアップして下回りの仕上げとチェックをいたしました。現在までの走行距離が1500Kmに満たない個体ですから、まぁ問題点はマッタクありません(あっちゃコマるんですケドね:泣笑)。

 こうして下から眺めてみると、チンク(ああ、そーいえば、ウチにはこんなサイトもあったんだっけ:笑泣)ベースと云ってもアバルトはアバルトなんですね。目を射るロッソキャリパーやロッソスプリングなどの”エッセエッセ”系な華麗さもさることながら、白眉はやっぱり蠍印輝く”レコルトモンツァ”エキゾーストシステムでしょうね。

 リアバンパー下部に設けられた整流板付きアンダースポイラーなんかも、フェラーリ599あたりをちょっと髣髴とさせます。このあたりを含めまして”コンペティツィオーネ(競技用)”を名乗るに相応しい装備品の数々が満載なので、下回りのみならず、そのうち内装もお見せいたしますね。ちなみに、同じアバルト595コンペティツィオーネでも、電動キャンバストップを持つ”595C”コンペティツィオーネは、極めて遺憾なコトにディーラー車には設定がありません。ひとつ下のグレード(旦那仕様:笑←スミマセン!)であるツーリズモまでと相成ります。特にマニュアル5速装備車はメッタなコトでは出てきませんので、そこんところヨロシク!でもこんなの見せちゃうと、ウチのお客さんは、揃いも揃って「マニュアルで屋根開け(しかも左ハン)」って云うんだよなぁ、きっと(Rたろう先生とか:泣笑)。

 それじゃ、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

« また、ホイール洗いのハナシ | トップページ | イヴの朝に思ふ »

コメント

Iです。
うちのチンクエチェントも”アバルト”に入替えようかな!

↑ぅわ~、スグにでも、入れ替えてぇーなぁ。なぁんでも探しますさかい(ナゼか大阪弁:笑)。

↑Iです。
じゃぁチンクエチェントとクアトロポルテも売りに出さないと。
でも、クアトロポルテはまだローン残ってるしなぁ~。

サソリのマークはそそられますねぇ。
えびしま@おおむらさま、納車が楽しみですね。

走行1500Kmに満たない個体。最初写真見て新車かと思いました。
左ハンドルマニュアル個体、サイズも相まって楽しそうです。
粋ですね。


まずは「えびしま@おおむら」様、納車おめでとうございます。
新しく家族の一員になる車、うれしいですよね。
私にはそんな感慨がありません。
実感がないんです、いまだに。
こんなことは初めてです。
ほぼ1年にわたり持ち主とやり取りし、541とのfirst cntactも済んだのに、まだ実感が薄いんです。
これはこれで寂しいものです。
きっと541が我が家に来て、思うまま九重などを駆け巡った時、初めて実感が湧いてくるんでしょう。
北海道の大地を駆け巡ってください。
きっと気持ちいいだろうなぁ。
でも、雨の日にカーブでスピード出しちゃだめですよ。

たこポンsign01俺は左ハンドルなんて言わないよsign01右ハンドル派だよsign01
そっちの方が便利に決まってんじゃん。
Shanalだって右ハンドルならなおさらよかった。
でも、屋根は開いてなきゃダメです。
外装・内装の色にも素材にもうるさいです。
言うに決まってんじゃん。
言ったらそうしてくれるから。
ゴリゴリと無理難題を押し付けても、ブツブツ言いながらやってくれるもんなぁ。
どMだろsign02たこポン。

えびしま@おおむらさま、納車が楽しみですね。しかし1500kmだからピッカピッカです。アバルト595Cコンペティツィオーネ(5速マニュアルミッション 左ハンドル)は、結構こうみると魅力的だな!!欲しくなってしまいます。世田谷のYさまどうですか?買いませんか?

アバルト595Cコンペティツィオーネ、ちっちゃくても凛々しく勇ましいではありませんか。
これは走りが楽しそうです。

水曜日、年末年始の遠出に備えてプントの冬用タイヤを新品に履き替えました。

今日は天気が良くあったかいクリスマスイヴやぁ~。頑張って作ったケーキ売れるかなぁ~心配ですわ、、、

エキゾーストの取り回しが面白いなと思いました。3つに分かれて1本はサイレンサーへ、残りの2本は左右に分かれてそのまま外へ。
まあ真っ直ぐ全部外へ出しちゃえばすっきりするのでしょうが。あ、赤いエキパイ吊ゴムもアバルト専用なのかしら。

あとディーラー車はなかなかMTのバリエーションがないのですよね。以前に乗っていた147も2ドア・左・2.0TSのマニュアルは入ってきていなくて、お手を煩わせた記憶があります。
ハンドルの右左はあまりこだわりませんが、右なら右でいつでも引けるようにサイドブレーキもしっかり右に移設されておらねばなりません。

皆さま、飼い主(ヨメハン)に成り代わり、お礼申し上げます。
屋根開き・マニュアル・何らかの色付きっていうざっくりした条件でお願いしましたら、だいぶヤンチャなのとご縁がありまして。
長崎の地に降臨のアカツキには、名前を熟慮の後、まずは近場の雲仙周辺(りゅたろう様、北海道、ちと遠過ぎ)などで契りを交わす所存でございます。
どがんあらすとやろうかねー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/63099402

この記事へのトラックバック一覧です: アバルト595Cコンペティツィオーネの下回りを見る:

« また、ホイール洗いのハナシ | トップページ | イヴの朝に思ふ »