マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月30日 (土)

アンタも好きねェ・・・(笑)

 はい、こんばんは!ようやく喧騒の月末モードも済みホッと一息なところに、次期”アシぐるま”の選定打ち合わせのため「Y」さんが閉店間際に御来店くださいました。あーだ、コーダと車種を詮議している中、「ほんじゃ、とりあえずホルモン行っとく?」ってハナシに急遽決定してしまいまして・・・。

20160130032016013004 ・・・アルファ147GTAセレスピードの快音を轟かせつつ御帰りになったのが、つい先ほど。と云うワケで久しぶりのギリギリガールズ(笑)更新となってしまいました。「Y」さんは「この際、Hさん呼びましょう」と電話をお掛けになり、下戸であるYさんは、「はいはい、お家まで送って差し上げますから来てくださいっ!」と結構強硬な姿勢(笑)。「練馬のH」さんは、夜勤明けで超睡眠不足状態であるにも関わらず(しかーも、明朝はハヤい:泣)、ムリヤリ帰宅途中のところを、不承不承旭町まで来させられるハメ(笑)となってしまいました。とりあえず、有意義な会合とはなりましたが、御両人様には却って御迷惑様でしたネ。でも、「Y」さんは来たる11日の”例会”には所用で御参加頂けないとのコトでありましたので、期せずして”プチホルモンの集い”となりましたのは、ヨカッタ、ヨカッタ!と。

 ・・・なんてな、超小ネタで今月はシメ。それじゃー、また来週!!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年1月29日 (金)

マセラティ222 4v・・・玄人筋には大評判。ダレか買うてぇ~なー。

 はい、こんばんは!まぁ~た今晩夜半から雪になるとの予報が出ている東京周辺ですが、朝から超曇天で今にも泣き出しそうな空を眺めつつ「10時から取材なんだけどなぁ。なんとか1時間ダケでも踏ん張ってもらえないかなぁ・・・。」と関係各所(笑)にお祈りしておりましたら、奇跡の様に取材陣が帰ってきたところでパラパラと降り始めました。とりあえず、速攻で置き場にしまいに行き、しっかりとカバーを掛けるコトが叶いましたヨ、あーヨカッタ、ヨカッタ。

20160129012016012902 ・・・で、本日は”Gooワールド”からの取材依頼で、昨年末から御約束していたモノ。ホントは18日に予定されておりましたが、当日は積雪のために速攻で延期確定となってしまっていた案件でした。実質的な月末金曜日の本日は、ちょうど約束の10時くらいから人々の出入りがハゲしくなるのが想定されていたため、早朝からワタシも席を暖めるヒマなく動き回り、取材車を準備しつつ”降雪対応”をしておったと云うところです。御約束の10時に熊倉重春さんが登場!久しぶりにお目に掛かったら、当時は存分に伸ばされていたアゴ髭が無くなってスッキリした印象に。「まだ他のメンバーは来てませんか?」「ええ、まだおみえになってませんねぇ。」「(取材車の2224vを眺めつつ)こういうクルマは、ここみたいなコレばっかりやってる専門店のノウハウでメンテナンスしないとエライ目に遭いますからねぇ」「ソレにしてもキレイですねぇ」「やっぱりマセラティはファッションの要素が大事ですからね」「(ですから)内装は命なんですヨ」・・・なんて2分ほど会話をしてたら、タクシーで取材陣が到着。すでに15分ほど暖気をしていた4vに乗り込んだ三名様は、いずこともなく走り去りました。ワタシが二階で来客応対をしているうちに、小一時間ほどすると4vのエキゾーストノートが聴こえましたので、階下に降りると上気した笑顔の三名様がクルマから降りて待っておられました。「25年の時空を超越してる」と取材陣からは絶賛を受けました。理解して貰えるとホントに嬉しいモンです。「コレASKと云われてますけど、だいたい想定価格はイカほどなんでしょうか」ソレにお答えして希望販売価格を告げますと「そりゃ、安すぎますよぉ」とも云われました。「そうは云うケド、その値段でこの品質感でも、なかなか(ビトルボ系)は(シゴト量に見合った妥当な価格で)売れないんですヨ。だからウチはこうしてボンビーなんですから(泣笑)。」「こういう良さが理解される世の中じゃないんですかねぇ。」

 んなワケで、違いの分かるビトルボフリークのマニアックなお客さんをお待ちしております。

 ①:クラッチペダルを踏める体力のある方

 ②:この内外装色こそが粋だと思える方

 ③:御購入の判断を御自身で出来る方、若しくはすでに御家族の賛同を取り付けている方

 ・・・以上の条件に該当する(半ば冗談ですが:笑)ワレこそはと想われた方、冬の晴れ間に御試乗なさいませんか?ネオクラシックマセラティの真髄をいきなりガレージに収めるコトが出来るまたとないチャンスですヨ。トータルバランスの優れた222 4vを本当のクルマ好きの方にお納めしたいと願っております。むしろ御若い方にこそチャレンジして頂きたい。貴方がもしも、旧いマセラティを希求する強い御気持ちをお持ちなら、ワタシにも充分に熱意は伝わって、イイことがありますヨ、きっと(笑)。

 当マセラティ222 4vの関連記事

 マセラティ222 4v、超絶の新入荷!

 マセラティ222 4v、曇り空なれど”ハレの取材”を受けたヨ

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年1月28日 (木)

ホルモン屋2月例会のハナシ(中間報告:笑)

 はい、こんばんは!本日もルノーウインドゴルディーニの一日車検やら、新入荷車(ナイショ♡)の受け入れやら、月末直前のせいもあってか、やれ電話だ、やれ来客だと息をつくヒマもない状態でアッと云う間に一日が過ぎました。そのような中で傍らのラジオから終日流れ出ずる放送は、ドレもココロがすさぶばかり。政治経済ネタもさることながら、特に近頃頻繁に耳にする”児童虐待系事件”のハナシには、毎度ながら慄然とさせられます。世の中にはホントに無責任な輩が多過ぎる。・・・そのように想うワタシがいくら東京の片隅で地団駄を踏もうとも、世を儚もうとも、あまりに無力で、せいぜいユニセフに微財を投ずるコトくらいしかやってこれてません。

 そんなこんなを想うとホントにイラつくわけなんですが、そんな浮世のウサ晴らしには、ホルモン&ホッピーセットが一番!!と云うコトで、いきなり、イベント(笑)開催のおハナシなんですけれど、まぁ、件の”ホルモン屋2月例会”は、本日現在ワタシ自身を入れて8名が御参加予定となっておりますが、只今帰り掛けにホルモン屋前でソレとなく店の中をちらっと見ると、たまたまオモテを眺める様に立っていたママさんと目が合ってしまった(笑)ので早速座敷の予約、「最低8人は来るみたいよ」と、とりあえずの人数であいまいにオサえておきました。まだまだキャパありますからね、過去の実績から云えば18人くらい大丈夫(か?)だったんで。いつもの土曜日開催と異なって、開催日の2月11日は祝日となりますんで、当店も”祝日モード”で午後5時までの営業ですから、当然の如く5時からヤリますよ!既に泊まり掛けでお越しになるという豪の者(笑)もいらっしゃいますが、翌日も御仕事でたいへんな方も、8時とか9時にアガればなんとかなるのではなかろうかと愚考するモノです。

 とにかくストレスは須らくためちゃイケません。歪んだら、必ずハヤいうちに元に戻しましょうね。・・・あ、クルマ買うのもそう。「何時の日か」なんてガマンしてると「何時の日」は来ないままに人生は終わってしまいますよぉ(笑泣)。日々是全力投球&完全燃焼で毎日を大切にお過ごし頂きたいと願うモノです。そんなウサ晴らしに最適な”伴侶候補”をこれから続々と御案内してまいりますね。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年1月27日 (水)

天候に翻弄されとります(泣笑)。

 はぁ~・・・今日の東京練馬は久っさしぶりに、超絶な寒さも和らいで、ココロおきなく屋外現場作業に邁進出来た一日でした。ニュース報道に拠れば大雪の影響で断水している地域も多い様子で、当該地域の方々はさぞや御不便なさってるのではなかろうかと・・・御見舞申し上げます。

2016012701201601270220160127032016012704 ・・・「湯河原のN」さんのマセラティ222SRの予備検査を本日無事に突破してまいりました。昨年末からの懸案事項であったので、年が明けたらすぐやろうと思いつつ、突如として雪が積もったりと、まぁ色々ございまして、遅れてしまいましたコト、心からお詫び申し上げます(ペコリ)。と云うワケで、Nさんには印鑑証明・車庫証明などの御調達を御願いする次第デス。ウキウキの最終仕上げの御打ち合わせもいたしましょうね。以上、極めてパーソナルな”ぎょーむれんらく”でしたぁ~。あ~あ、今週末も金曜土曜と続けて天気がくずれそうなんだよなぁ。リフトの上に乗っかってるヤツのデビューも急ぎたいところではありますが、その前にお知らせしたいヤツも控えております。次々と旧いマセラティを集めてくるのもたいへんだよなぁ。有利にマセラティを売りたい方、まずは一声掛けてくださいネ!(詳しくはコチラを)。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年1月26日 (火)

カリメロ、マイブーム中。なんで?

 はい、こんばんは!全国的に雪に埋もれる中(泣笑)、数少ない非積雪地域で営業している身のワタシは、ココで頑張らなければ申し訳無いとの思いを以ちまして、一日中リフトアップしたマセラティの下でダストを御掃除したり、そこかしこを磨いたり、あれやこれや塗ったりと、朝から日没まで格闘いたしました。マスクはすれども、髪の毛から、眉間の深ぁ~いシワの中、目の周辺を始めとして、身体中くまなくチッピングガード(フロア防錆用の特殊塗料)のミストを被り続けておりましたら、夕方には顔が”逆パンダ”の様に真っ黒けとなりまして、ほぼ炭坑夫然とした見た目になってたらしいです。

 ところで、真っ黒けで想い出しますのは、なぜか現在ワタシの中ダケで”マイブーム”でありますところの”カリメロ”。「♪ぴよ、ぴよ、かりめろー(音出ます、注意!)」って歌が、四六時中アタマの中でぐるぐるとしております(なんで?:笑)。とにかく、この”イタリアンなネロひよこ”は可愛い。「ママの匂いがする」と云って、自らが出てきたタマゴの殻を帽子代わりに被っております。もっとも、ワタシが小学生の頃に日本で作られ放送されていた、先の主題歌を持つアニメ版は、その明るい主題歌の曲想とはうらはらに結構救いが無いと申しましょうか、理屈っぽいと申しましょうか、特に、アタマがでかくて体が華奢、当然ケンカは弱いと云った、カリメロの見た目同様のコンプレックスを持ってた小学生時のワタシにとっては、同類相哀れむと云った同情する気分を通り越して、「なんで、そんなにヨワっちーんだよぉ~」「どーして、そーゆー誤解されるよーなコトするんだよぉ~」と、心優しくお人好しのカリメロを毎度見るたびにイライラしていたのも懐かしく想い出されます。監修に御大である山○太一先生がついておられたのですね、どーりで、”不ぞろいの○○たち”にも似た「なんだかスッキリしねぇ~よなぁー」感が横溢するワケであります。こんなんでは、原作者陣からの不評もむべなるかな。

 このカリメロ、本国イタリアでのオリジナルストーリーでは、生まれた時には白いひよこだった(おそらくコレが”第一話”:音出ます、注意!)のですね。ミラ・ランツァ(MIRA LANZA 公式サイト?)と云う洗剤メーカーの、専らAVAと云う洗濯用洗剤シリーズのキャタクターとして生まれたようです。1963年に、イタリアのCarocelloと云う、企業コマーシャル仕立てのコンテンツばかりを一気に流す番組(ホラ、サンテレビとかTVKテレビなどの地方局でよくあるローカルCMばかりを羅列する番組があるでしょ。あんな感じの番組の大掛かりなヤツなんだと思う。)内でデビューしたカリメロ君は奇しくもワタシと同い年。53年間もインターナショナルな存在感を誇示しているなんて小さいケドすごいことです。CM内でのキメ台詞は「E' un ingiustizia però」。カリメロ公式サイトに拠れば、英語バージョンでは「It's an injustice, it is!」となってますから、「あー、なんて不公平なんだぁ!(超意訳すれば、なんでボクばっかりヒドい目に・・・)」みたいなコトなんでしょう。関連動画(calimero avaとか、carosello miralanzaでググると、そのシリーズがたくさん視聴出来ます)のおおまかなストーリーは、ドレをとっても「(真面目にやってる)カリメロが、ダマされるか、誤解を受けてとりあえずヒドい目に遭う→ブツブツ呟きながらトボトボ歩く→その先には何故か”オランダ娘(コレがそもそものメーカーキャラクターらしい)”が居て、カリメロを洗濯桶か洗濯機につまみ入れる→カリメロ一瞬にして真っ白に戻って大喜び!→コマーシャル本篇の実写映像に・・・」と云った他愛の無いモノです。毎度、オランダ娘にぶつかるシークエンス直前に「E' un ingiustizia però」と云ってる様子です。そんな、世を儚む存在であったのに、今ではスッカリ陽性なキャラ付けの上、3DCGでリメイクされ、現在の本邦でも放映されているらしいカリメロ。本邦でもよく知られたイタリアンキャラクターとして、これからも頑張って欲しいモノであります。オリジナルの”プリシラ(ああ、あこがれの彼女デス)”がミョーにソフィア・ローレンに似た目を持ったイタリア女然としているところも笑えました。・・・今日のネタはからみ難そうですね(泣笑)、でも少しはイタリア語のベンキョーにもなりますヨ。なんとかネーロとか、なんとかビアンコとか、なんとかツィオーネとか、所々に聞き取れるのが、イタリア車ファンにとってはなんとも興味深いところであります。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年1月25日 (月)

大雪御見舞い

 はい、こんばんは!まぁーとにかく、一昨日、昨日と、ほぼ関東平野以外の日本全域に雪が降りまくっておりやした。特に普段メッタに積雪するコトのない太平洋側の西日本各地では大混乱してしまいますよね。九州自動車道は全線通行止めだったと云うし、新幹線もダイヤが大幅に乱れていた様子です。その一方でも、伊豆諸島では雪こそ降らねど今朝は氷点下の気温であったらしいし、沖縄本島でも北部の名護市では、39年振りで観測史上2度目のビミョ~な降雪(ミゾレは降雪扱い:笑)を記録したとのコトだし、奄美諸島にも降ったらしいし、ホントに凍てつく日本列島全土であります。

 なにしろ、雪国で鍛え抜かれた方々と、ワタシを含めた雪に慣れていない地域の”普通のヒト”とは、雪上や氷上での運転技術や経験値、そして、そもそもの市街地や道路の作りまでもが違い過ぎますので、決して自らを過信せずに、路上運転は出来るだけ路線バスやタクシーなど公共交通機関のプロにお任せしましょう。もっとも、その公共交通機関すらも運休しているところもあったらしいのでコマったものですが。ちなみにワタシは若い頃、雪が積もると必ず走行して必ずクルマをぶつけてました(四駆のジムニーですらも路肩に突っ込ませた:泣笑)。ですから、まったく雪には不向きだと自覚しておりますゆえ、今では、降雪時には一切クルマの運転はしないと固く心に決めております。

 今日も、傍らのラジオから時折流れてくる全国の様子を聞きながら、大分の「Rたろう」先生や「だんちょ」先生、長崎の「えびしま@おおむら」さん、「四万十のS」さんを初めとする西南方面の方々のコトを一日中考えながらシゴトしてました。北国の豪雪地帯の方々から御覧になられますと、アタフタするのは如何にも奇異に映るかも分かりませんが、鹿児島では、「(寒いのに積雪に対応する)着るモノも靴も持ってない(泣)」と云うところから始まっちゃいますんで、ワタシなどは老婆心を発揮してついつい心配してしまうのですヨ。現にもっと南国の台湾では大きな被害でたいへんなコトになっております。機械による除雪もままならない南国の着雪は晴れてからこそが勝負(坂道のアイスバーンには特に御注意を)ですから、くれぐれも油断召されぬよう、細心の注意を払いつつ走行してくださいね。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年1月23日 (土)

あー、もうとにかくなにしろ”ホルモン例会”はヤリますからね、2月11日(木:祝)に。

 はい、こんばんは!あー本日は、予定を変更いたしまして急遽”イベント告知(笑)”をいたします。

2016012301_22016012302_2 ・・・皆さん待望の、”ホルモンの集い”なんですが、昨日「牛久のS」さんから御電話を賜りまして、「2月11日の建国記念日の夕方にクアトロポルテを持ちこみま~っす!ついては、そのままホルモンになだれ込みたいのでヨロシク御願いしやぁ~っす!!」との由。ああ、想えば、この1月例会がトンぢゃったので、それもいいかなと愚考いたしまして、0.2秒でとりあえずは開催決定いたしました。

 で、本日の夕方には「練馬のH」さんが御来店くださいましたので、そのハナシを試みにフッてみたら「ああ、その日は空いてますヨ」と15秒ホドで御参加に快諾を頂きました。と云ったワケで、本日只今現在の確定参加者は3名。既にウチの”たこヨメ”は所用があって当日の不参加が決定しておりますので、「あぁ~んなハナシ」や「こぉ~んなハナシ」をジジイばかりが集結して語り合うには絶好のチャンス(笑)であります。今回初めて土曜夜の開催ではありませんので、次の日はちょっとたいへんですが、祝日夜の御参加が可能な方中心に、ぜひとも御参集頂きたくお願い申し上げます。本日の夕方に、たまたまペットボトルを捨てにオモテに出たところで、ホルモン屋のママさんに出くわしましたので、僭越ながらも今晩はたこちゃんズで味見(笑)をしてまいりました。超絶にウマかった事は云うまでもありません。ストレス解消に、美容と健康に(笑)、極上カルビ喰いまくるよりホルモンはいいっすよ!!過去の開催実績を均しますと、だいたい御一人様4千円オールでこの至福のひとときが。

 それじゃー、また来週!今週も皆さんのコメントに支えられました。感謝、感謝!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年1月22日 (金)

イタリアン民芸座布団(笑)

 はい、こんばんは!今朝一番はやっぱり寒かったけれど、比較的に風向きがよかったせいか、屋外作業も昨日までよりは気分よく行えました。「町内会のM」さんにも、「調布のU」さんにもクアトロポルテⅣを無事にお納め出来ましたので、まずはヨカッタ、よかった(感謝!)。

20160122012016012202 ・・・あー、本日は、「どーせダレも見て無い”ハナ金曜日”」でありますゆえ、本ネタながらもライトなヤツにてお茶を濁そうと云う次第。

 ”イタリアの民芸品(工芸品にはあらず:泣笑)”とワタシが云い始めてから幾星霜。今では、そのような喩えバナシも通じないホドにデ・トマソ期ビトルボマセラティは遠い遠い過去の旧車と成り果てましたが、マイクロ・デポでは相変わらずそんなのばかり取り扱っております。イタリアン民芸座布団と云えば、マセラティビトルボスパイダー&スパイダーザガートのみが有する、古今東西国際的に見て希有な形態のリアシート座面のコトであります。もっとも、本邦ではサスガにこんな形態のリアシートが許されるハズもなく、両車ともにディーラー物では2シーター登録となってしまいますが。上は、そんな26年を経過したリアシート座面をクリーニングするとどうなるかを比較した画像です。左側画像はフラッシュ撮影したもので、両者の色合いが斯くの如く違うのが簡単に見てとれます。一方の右側画像に於きましては、室内パルック光のモトで撮影するとあんまり違いが分からないと云う”真実”をお伝えするコトが出来ていると思います。んなワケで、中古車は自然光下で見せてくれる(そうせざるを得ない:泣笑)、ショールームも無いようなお店で買いましょう(ドコのコトかな:笑泣)。あ、ちなみに、上記の”清掃後”のヤツは、これでもチカラ8割。決してヤリ抜いてはいない状態なんですヨ。10割で揃えるとイイよぉ~!スパイダーザガート。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年1月21日 (木)

マセラティクアトロポルテⅣな一日

 はい、こんばんは!夜になりアパートに帰ってきて、昨日のコメント欄を拝見したらば、なんとまぁ、たくさんの御祝辞を賜ってましてビックラいたしました(喜)。暦の上でも大寒の本日、日本列島にはなんだか次々とスゴイ寒波がやってきてるらしいんですけど、皆さんの暖かい御言葉の数々でワタシのココロの中は、むしろポカポカとしております。昨日のコメンテータ様方は、ごくごく創業時以来のお客さんから昨年末に初めてのお付き合いを頂けた方、頻繁にコンタクトをとってる方から御無沙汰の方、そして北は北海道から南は九州にいたるまでと実に幅広く、コレが19年間の重みと云うものかと、ワタシ共もあらためて襟を正しております。皆さんホントにホントに有難うございました。これからもマイクロ・デポをどうぞ御贔屓に(軽自動車から保冷車まで:笑)ヨロシク御願いしま~っす!

20160121012016012102 ・・・今朝もハヨから、昨日緊急招集(笑)をお掛けした「調布のU」さんには、お忙しいところ半ばムリヤリお越し頂きまして、如何にも時節柄どーでも良さそなエアコンコンプレッサー交換修理を行いました。完全に直りまして、除湿もバリバリ効く様にはなりましたが・・・この季節だと”有り難た味”が無いねぇ~(泣&スミマセン!)。久しぶりに見るヴェルデツンドラメタのマセラティクアトロポルテⅣ前期型は、「ある時にはあるケド、無い時にはトコトン無い」ワケなんですが、ここのところ白いヤツばっかり見てたモンで、ものすごく新鮮に思えました。続いては「町内会のM」さんの同型車、”ブルーセラメタ”を運び入れまして、時に発生する”ブッポポ病”のシュート。・・・「今日は(症状が)出ませんねぇ(大泣)」・・・のっけから、何故か絶好調!エキゾーストからは”水分ぴゅ~ぴゅー(完全燃焼の証)”なのですが、マフラーカッターにうっすら堆積したカーボンが見てとれますので、時折点火不良となっていた時間がある事は間違いの無い様子です。症状を再現させるために30分ほどアイドルさせておきましたが、ノープロブレムなので、今晩は三男サンが走り回って様子を見るコトといたしました。こういったシュートには時間が掛かるモノですが、根気良く頑張ってみようと思っております。ソレにしてもブルーセラもまたイイ色ですねぇ。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年1月20日 (水)

マイクロ・デポは満19年を迎えました(大喜び)!

 今日あたり、今度は日本海側やら名古屋を中心とした東海地方にも大雪をもたらした低気圧三連発野郎ども(笑)なんですが、東京ぢゃソイツらが行っちゃったせいで、今度は寒いのなんの!もう、ユビがトレちゃいました(笑泣)。東京の寝雪も、まーだまだ残りまくりデス(こりゃ当分トケんわ:泣)。

 ところで、「八王子のK」さん、「市川のT」さん、昨日の当ブログにて「お手すきな時間に御電話かメールをくださいな。」と振っておいたら、ホントに御両人とも御電話をくださいました。メールよりブログ上の方が通じてしまうところが、これまたスゴイ(御両人様、御多忙中に有難うございましたぁ!)。

2016012001201601200220160120032016012004 ・・・と云うワケで、はい、こんばんは!

 あ、実はですね、本日マイクロ・デポ株式会社は、あろうコトか満19年の佳き日を迎えたのを想い出しました。昨年は翌日に想い出したんでしたっけね、そーいえば。

 せっかくの”法人創業記念日”ではありますが、ワタシが日没までやってたコトと云えば、毎度おなじみ伝家の宝刀(笑)、ホイール(裏まで)根性洗いであります。聞けば、明日が”大寒”らしいデス。・・・そりゃ寒いにもホドがあるワケだよなぁ。こうやって19年も続けて来られたのは、とにかくなにしろ、当店を支えてくださる顧客の皆さんのおかげ。今日だって、少しだけ思っちゃいましたヨ「あー、コレぜってー(絶対)落ちねぇー(落ちない)よ、こんなの!」って。25年間こびり付いてたブレーキダストの根性は生半可ではありません。そんな時ゃ、コチラも徹底的に闘います。気温が低過ぎるのも相まって落ちにくいところをアノ手コノ手で掻い潜り、ついには落としきるところまで頑張るワケです。

 とにかく、「不可能!」とか「出来ねぇー!」とか「ムリっ!」って云いたくない。この性分さえ無ければ、もっとラクな人生を送れた様にも思われるのですが、ラクぢゃない分、もっともっと大きなモノを、有形無形に顧客の皆さま方から頂戴しております。感謝、感謝!!・・・明日から20年目のマイクロ・デポ、何か少しは成長したところを見せなくっちゃ。あー、昨年は(18才になぞらえて)高校三年生だったらしい当店、今年は大学浪人中なのか、それとも首尾よく志望大学に入れているのか、ソコは大いにナゾでありますケドね(泣笑)。とにかく、20年目のマイクロ・デポに御期待くださいっ!

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年1月19日 (火)

かなりパーソナルなぎょーむれんらく(笑)

 はい、こんばんは!昨日の積雪による影響は本日も”なんとな~く”続き、それでも根性で数台のマセラティを回送いたしましたが、ところどころ凍結してるんでコワゴワと走行するコトと相成りました。宅配のクルマや郵便のカブなど、見ていてちょっと気の毒な感じでしたヨ。踏み固められた寝雪はちょっとやそっとでは融けないモノです。雪掻きを怠った日の当らない路地などでは、昨日の夕方と今日の夕方でほとんど風景がかわっておりませんでしたからね。ほとんど轍の付いた”スケート場”状態。

2016011901201601190220160119032016011904 ・・・で、そんな”日の当らない路地”と云いますと、真っ先に想い浮かぶのが、”デポ前路地”でありますが、昨日のうちに完全な雪掻きをしていた甲斐もあって、本日はサクサクと業務に邁進出来ました。

 リフト上はマセラティクアトロポルテⅣV6後期型(「八王子のK」さん号)でありますが、朝一番に、エアコンガス漏れの原因であったエキスパンションバルブを交換し、真空引き、ガスチャージ、ガスサーチの一連作業を済ませまして、追加で御依頼を賜ったエンジンオイル交換とバッテリーキルスイッチ装着も完了!そこで、ぎょーむれんらく。「八王子のK」さん、お手すきな時間に御電話かメールをくださいな。納車日を御打ち合わせいたしましょ。もひとつ、ぎょーむれんらく。「市川のT」さん、年末からの懸案、マセラティシャマルのタイベル&ウオポン交換準備をしてお待ちしておりますヨ。その件で先週メールをお送りしたつもりなのですが、届いてないのなかぁ(スパム扱いされてる?:泣笑)。コレ見たら、御電話かメールをくださいな。

 そこにやってきた”黒いヤツ”、ちょっと気になる存在デスが・・・(笑)。とりあえず、リフトの下に収納して、しばらくは”様子見”としておきましょうかね。あ~、カタもウデもコシもきてるわぁ(雪掻きのツカれが今頃出てきたかしら:泣笑)。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年1月18日 (月)

今年、初の積雪・・・本日限定スペシャルサービス実施中!

 あひぃ~?!おはよーゴザイマス。やっぱ、朝起きたら東京練馬も”白銀の世界”に・・・

20160118012016011802 ・・・てか、笹目通りは”ドドメ色の世界”となっとりますが(笑)。雨が、ひょっとしたら雪に変わるかなくらいに思っておりましたが、しっかりと積もっておりましたわ。

 土支田のアパートをとりあえず出ましたが、靴が”夏仕様”なので、出発90秒後には、イイ感じでヒタヒタになっておりやす。笹目通りも画像では交通量が少なく見えますが、あとでいちいちナンバープレートを隠す画像処理がメンドくさいので(笑)、ちょうどクルマが切れた一瞬を撮影したまで。ホントは上下線ともほとんどマヒしております。

20160118032016011804 ・・・いつもは、元気良く三分ほど歩くと到着するデポ社屋ですが、たったこれだけの距離でも難儀するんですから、通勤の方々はたいへんだろうと思います。

 テレビのニュースを見れば、主要なJR・私鉄ともにダイヤは乱れ、周辺の高速道路や自動車専用道路もほとんど通行止めとなってるみたいです。ホントは本日、午前中には雑誌のインプレ取材予定が組まれていたのですが、当然の如くに順延となり、かと云って、一切の段取り変えも出来ませんので、身もココロもポッカリと穴が開いちゃってる状態(泣笑)ですヨ。先ほどホンの30分くらい、雪掻きの真似事をしてみたら、ミゾレに濡れてジャケットもジーンズも上下ともに即グッチャリ!靴下やら手袋やらをとっかえひっかえ乾かしながら、なんとか作業を進めたいと思ひます。

 ・・・あ、そういったワケで、本日御来店頂きますと、そりゃもー、ユックリと心行くまで商談が出来ます(試乗はムリだけど:笑)ヨ。ホントに御来店&御成約(御予約)頂けましたら、感謝の意を込めまくりまして、ハイパースペチアーレサービスしちゃうモンね。お待ちしておりまぁ~っす!!・・・って、どーやって、ここまで来たらいいのでせう(泣笑)?ともあれ、皆さん転ばぬ様に足元お気をつけて。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年1月16日 (土)

”自分さえよければ・・・”では世の中イカんと思ふ様な雑感

 はい、こんばんは!本日は朝一番からわざわざ新幹線に乗ってYさんがようやく初めて御来店くださいました。もうコレは昨年来の懸案(笑)でした。お忙しいところ時間を割いて頂きまして、ホントに心から有難く思うものであります。Yさん無事に間に合って御帰還されたかなぁ。とにかく感謝、感謝!

 で、本日は「八王子のK」さんも御来店。ウチ(千葉拙宅)の芝生の隅を”たこヨメ”が手動のハサミで地道にチョキチョキして仕上げてるという行状を以前”ダメ男の集い”でお越しになられた際に御覧になったのを気に留めていてくださっていたとの由、なんとまぁ、芝生刈り専用の電動バリカンを持ってきてくださいました。昨年も今くらいの時期がものスゴク寒かったので、デポ場内の寒さを見るに見かねてヒーターセットを賜っておりました。Kさん、ホントに恐悦至極であります(ケ○ロ軍曹風:笑)。

 ところで、昨日板橋のHさんのクルマの車検&登録で陸事のコースに入場しようとしたところ、シートベルト警告灯が点灯しなくなると云ったちょっとしたトラブルに見舞われ、他のすべての検査をいったん潜りぬけて警告灯のみ再検査となってしまいました。ワタシが交換用リレーを持って駈けつけますとすでにお昼の時間を回ろうとしておりましたが、ムカシでは考えられないケド、ラウンドを続行してくれております。おかげで無事午前中のラウンド内でコース検査の方はパスいたしました。ところが、書類を発行する事務所の方は昼休みなので、午後までは結局待たされ、車検証とナンバープレートが出てくるまで、どーにもコチラはクルマともども帰れないワケでして・・・。

 例えば工場ラインの流れ作業なんかもそうなんですが、すべての工程中で、一番時間の掛かる工程に掛ける時間を短縮するコトが終局的に全体的なライン生産性の向上に寄与するワケですね。サイテーなのが、ラインの故障などで流れそのものを止めるコトなのであって、上の例など、「一番時間の掛かる現場が幾ら頑張ってても・・・」と云った意味では、まさにソレなのでしょうね。

 なんか最近ねぇ、我が母校の先輩でもある糸井重里師匠様(って勝手に呼んでマスけど)の御金言(笑)に凝ってて、ネットを徘徊してはその御言葉を賜っているんですけど・・・

 例えばコレとかコレとかコレとかコレ。ワタシにとって、すべてを全面的に受容出来るかと云いますと、ソコは天才+努力のヒトVS市井の凡人対決ですから、「ムリっ!(笑泣)」なのですが、凡ゆる部分で切れ味鋭いモノの見方をされているのだなぁといつも着眼点に感心いたします。

 やっぱり、目先の損得や効率主義ダケを追求して「自分さえヨケレバ」なんて生きていくと、巡り巡って末路は寂しいモノになってしまう気がいたします。所詮、庶民は霞を喰って生きて行くワケにもまいりませんが、”無償の愛”的な相互扶助の部分なんかは、多少なりともあってしかるべきではなかろうかと思うワケです。ニッポンの古き良き伝統を悉く排除しようとするどこかの”ただ目先の得をしたい”ダケの誰かさんのために動くのは1秒たりとも御免蒙りたいですけどね。一方で自分の関係している誰かが喜ぶのを見るのは、自身の歓びにも繋がりますから、結局は自分のためにもなりますのにね。だいたい「情けはヒトのためならず」の本来の意味をも忘れちゃってるからなぁ、ニホンジン。

 それじゃー、また来週!今週も有難うございましたぁ!!・・・ところで昨日の続きはダレも書かないの(笑)?!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年1月15日 (金)

今日はもう、まかせたヨ・・・新連載シリーズ開始か?

 はい、こんばんは。今朝はスキーバスの起こした惨事のニュースで目を覚まされましたが、本当に痛々しい。操縦していた当事者たちも既に亡く、これから真実の下手人捜しとはなるのでしょうけれど、須らくなんでも安くて便利ならいいという風潮もいい加減にしておかないといけないし、かと云ってバイトで稼いだなけなしのお金でたまのレジャーを突貫日帰りツアーで楽しもうとしていた若者たちの気持ちも慮れるし、65才の些か老齢な運転手が弾丸バス運行のメインを張ってるコト自体にも老齢化社会の歪みを感じるし、原因はいまだ闇の中ですが、なんにしても年始早々心が痛む話ではあります。なんか、もっともっと心温まるハナシを聞きたいものですが、株価はピリっとしなくなってるし、例のヒトたちも事務所内の人間関係の縺れにより解散するらしいし・・・もうホント、日々のニュースには耳を傾けたくありませんね。いやでも傍らのネット情報から目には入ってきちゃうんだけど。

 ここでムリヤリ気分を一新いたしまして・・・先ほどあらためて昨日のコメント欄を拝見いたしましたら、なにやらまた、本文の内容とは一切の関連が無い”池波正太郎が如き不穏な文章(笑)”が。ところが、読み進めていくうちに格調高い(よな、そーでも無いよな)文体に絆されて、グイグイと惹き込まれてまいります。作者の方は何を思ったのでしょうか。あ、いやホントに御本人の著作なのか。真相は闇の中(笑)。

 ・・・

 ・・・

 ・・・

真夏とはいえ早暁のこと、涼しいというほどではないが、昼日中からすればまだしのぎやすい。
浜町河岸に程近い、煤ぼけた仕舞屋の並ぶ裏路地で、一人の初老の男が軒先の朝顔に水を遣っていた。
この辺りは朝が遅く、ちかくに人影はまだない。

男は長年の激務の所為で歯は欠け腰は曲がり、手は始終プルプルプルと震えていたが、その震えっぷり故に水を均等に鉢に振りまくことができているからか、男のところの朝顔は毎夏、町内で一番大きな花をつけた。
殊に、赤いヤツはその大きく丸い姿かたちから、浜町のタコと称されていた。

ふと男は柄杓を動かす手を止めた。
遠くから濃密な機械音が響いている。
男は伸びない腰を精一杯伸ばし、天を仰いで耳を澄ました。貧弱な髻がぷらん、と揺れた。
それはやがて爆音となり、こちらに近づいてくる。

V8か、…。
それは寝静まる善良な市民からすればひたすら迷惑以外の何物でもなかったが、分る者にはわかる類いのそれであった。
男の耳は長年の経験から、その音の主を正しく聞き分けていた。
大きくなってくる音。お、男は眉をピクンとさせた。

シングルプレーンだ。フェラーリか、いや、まさかな。
南蛮商人の到来からこのかた、江戸市中のフェラーリは散々に買い漁られ、今世紀半ばには、すっかり姿を消していた。

と、思う間もなく、音は橋を渡り、路地の入り口のある表通りに入ったようだ。
男はいうことを聞きたがらない全身の関節を無理くり稼働させ、上出来なロボットダンスのような挙措で東を向き、路地の入り口に目をやった。

その刹那、爆音の主は表通りから路地に向けてコーナリングを開始した。
男の目に映るのは、クリッピングのはるか手前からこちらを真っ直ぐ睨む、四角い縁取りのなかの異形のライト。
すっ飛んでくるクルマに高々と蹴り上げられた土煙が、日輪を隠す。

勢い余ったクルマのリアバンパーが、アウト側の軒下に積み上げられたガラクタの山を物凄い音とともに掻っ攫い、その直後にはイン側の天水桶をどかんと爆裂させ、その辺りで漸くグリップを回復したようで建物はどうにか避けたけれど、鼻面はまた外を向いて、細い路地を勢いよく蛇行してくる。
クルマの中では誰が大汗で立て直しに必死のはずだが、こちらからは逆光で運転手は見えない。

タコおどりが、…!
思わず、男は、歯のない口のなかでモグモグと悪態をついた。

 ・・・

 ・・・

 ・・・面白いから続きをどなたかに頼みたいと思います(変形大喜利:笑)。自称「おぐ」さんでもいいですヨ。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年1月14日 (木)

・・・かもネッ!かもネッ!!

 はい、こんばんは!う~っ、にしても毎日寒い日々が続いておりますなぁ。昨日はコメント欄でも御指摘がありましたように、アバルト君を新年納車第一号として送り出したワケなのですが、本日はマセラティスパイダーザガート後期型(ダークアクアマリン)の車検も無事にパス出来ました。もう、とにかく寒風をついて続々とお納めする所存(気持ちダケは張り切っております)ですんで・・・とにかく頑張りまっす!!

 さてさて、もうじき当社決算の2月も迎えますコトですし、少しは”商売直結”のハナシもしておかなければなりません。そこで久しぶりに”当ブログの原則論(笑)”を書いておきましょうね。

 はい、初めての皆さんこんばんは。当ブログ「マセラティでイッてみよう Part3」は、本来、ちょっと旧いマセラティやフェラーリなどなどをメイン題材といたしまして、時にフィアットやアルファロメオなど他のイタリア製のクルマについての談義も交えつつ、さらに時々、まったくイタリア車とは無関係なクルマの話題で御機嫌を伺いながら、しまいには”旅行記”とか”懐かし特撮物”といった趣向のネタに現実逃避したりするサイトなのですが、今やブログ主である当社シャチョーの”たこちゃん”と云うヤツが「えぇ~?、一日のシゴトが済んだあとにクルマのハナシすんのヤダよぉー」な気分になってしまうホドにハードな日常を送る日々が続いているため、今しばらくの間は”もんのすごく深いクルマのハナシ”が時々しか出てまいりません(キッパリ!)。・・・で、モノ足りない方々のためには、すでに過去記事が1500ページくらいはあると思われます。ページ左側のサイト内検索機能や、”過去記事へ一気にジャンプ”ページを駆使して頂きつつ、ひまつぶしに御照覧くださいますようお願い申し上げます。

 で、”とりあえず喰い物のハナシ”カテゴリーの記事にそっと忍ばせるところが如何にもワタシらしい(いじわる:泣笑)のですが、近いうちに入荷するかも知れない(かもネッ!)と云ったレベルの”ウスい”新入荷予定車情報を列記しておきましょう。確定ではありませんからね、あくまでも予定ですから。もっとも、ここでのハナシに喰いつく方が多いクルマから順に実現の度合いも高まろうと云うモノですので、御興味を持たれた方々はドシドシ御電話とメールをください。お待ちしておりまぁ~っす。

 マセラティクアトロポルテⅣエボV6(ビアンコバードケージ/タン革)

 マセラティビトルボSi(ネロマセラティ/黒革)

 マセラティギブリⅡ前期型(ブルーセラ/タン革)

 マセラティギブリⅡ中期型(ロッソマセラティ/タン革)

 マセラティスパイダーザガート後期型(ネロマセラティ/タン革)

 マセラティシャマル(詳細は、ここで云えねぇ。←外装が赤くなくて、内装が黒くない:笑)

 以上、詳細はワタシ(たこちゃん)まで直接メールか御電話にてお問い合わせくださいネ!

2016011401201601140220160114032016011404 ・・・にしても、今日は”本題”の扱いが小さいなぁ(笑)。

 え~、ただいま当ブログにて絶賛連載中の”たこちゃんズの沖縄旅行記”なんですが、本日はソレの”スピンアウトねた”と云った感じでしょうかね。

 昨年末に沖縄行から帰ってまいりまして、まだ二週間ちょっとしか経ってないのに、もはや三年くらい経過したかの様に懐かしく思えるくらい重度の”沖縄ロス”を発症している我が家では、とにかく、なんとかして、練馬の土支田に居ながらにして沖縄気分を味わおうと就寝前のネットサーフィンに興じているワケですが、そのような中からたまたま見つけてしまったのが、沖縄の御当地アイドルであるらしい”らぐぅんぶるぅ(公式サイトウィキ)”ちゃんたちであります。今回の沖縄滞在中には、ほとんどテレビを見てなかったモノですから、現地ではまったくノーマークであったのですが・・・

 まぁ、ナニしろ(特に「Wさま」さんには:笑)ハマって、明日は”脳内グルグル”するので、ココロして見てください。沖縄の企業ソングを専門に引き受けているらしいのですが、CMソングの原初の姿が確かにここにはあります。彼女らの”持ち歌”の中でも、特にコビリつき度が高いのが、次の2曲デス。コレでハマった上級者の方々(笑)は関連動画をアサってみてくださいな。

 おかしごてんのレストラン天気予報(音出ます、注意!)←本日の表題は歌詞に由来してます。

 おかしごてんのレストラン フル(音出ます、注意!)

 ラララタコライス(音出ます、注意!)

 ラララタコライスの東京でのライブ (音出ます、注意!)

 そのまんまタコライスの作り方(音出ます、注意!)

 「光が丘IMAのカ○ディコーヒーファームで売ってるの見たコトあるっ!」と叫んだ”たこヨメ”は、チャリ漕いで速攻買いに行き、件の”オキハム タコライスの素”が手に入りました。昨晩の食卓で、粉チーズ・プチトマト・スライスオニオン・目玉焼きなどをあしらって食してみましたが、簡単でとっても美味!オジー自慢のオリオンビール(音出ます、注意!)との相性も抜群でございました。アボガドなんかも合いそうですね。明日の夜は皆さんもレッツ・ちゃれんじ!・・・かもね!?かもね!?

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年1月13日 (水)

納車準備作業、匍匐なれども・・・

 はい、こんばんは!きょぉーの東京練馬、朝早くに動かそうとしたら、夜露がタップリ載ったワタシのクルマ(コペン)がそのまんま凍ってました(泣笑)。ところが、次第に天候はよくなってまいりまして、午後になる頃にはモコモコに着込まなくても良さそな気温に回復。ああ、コレくらいじゃないとね。

2016011301_22016011302_2 ・・・本日のミッションその1は、アバルト595Cコンペティツィオーネ(ああ、毎回舌を噛みそうで書き難い:笑)の”気分は納車の儀”であります。「えびしま@おおむら」さんのところに送り出すのが本日の午後だったんです。昨年末までにはだいたい仕上げてあったのですが、朝から半日掛かりで内外装各部に”とことんフィニッシュ”を施しました。実際に長崎県の大村に到着するのは21日の予定なんだけど、その間天候が良ければ嬉しいんですケドね。

2016011303_22016011304_2 ・・・で、ワタシの方はマセラティギブリⅡ前期型(名古屋のGさん号)の”ドア内部に手を突っ込み系”作業の続き。ここのところ、断続的にずぅ~っとこのギブリ君を弄ってますが、ウインドレギュレータやドアラッチ等々、すべてをいったん分解清掃給油調整いたしまして、左右ドアとも既に組み立てられております。ドア内部もすべて水洗いとした上で、底部の水の溜まり易い部位には防錆処理を2回やっておきました。以前にこのクルマを弄ってたワタシの知らないヒトが防滴用ビニールシートをボ○ドG17系の接着剤を塗りたくって貼っちまってたおかげで、ソレを左右とも完全に除去するのに通算丸二日掛かってしまいましたが、”ウチの子”にするためには不可欠な作業なので頑張りやした。

2016011305_22016011306_2 ・・・ってなコトやってるうちには陸送業者さんがいらっしゃいました。アバルトのボディ表面を入念に出荷前チェックしてもらい”完全ノーマーク(無キズ)”を達成(歓)。無事に送り出すコトが叶いました。で、今度はリフト上にあるマセラティスパイダーザガートの下回りやエンジン各部のチェック&整備を行い車検突破を目指しての作業は済みました。このクルマも昨日まではエアコンコンプレッサーとともにフューエルクーラーホース&高圧ホースなどの交換作業を行っておりまして、ノンフロン134ガスが使用出来る様にレトロフィット対策も完了。ゴールも目前(かナ?)・・・でしょう(笑)、きっと。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年1月12日 (火)

40年ぶりの沖縄へ(その4)

 はい、こんばんは!今日の東京練馬には、明け方までに”初雪”が降ったそうですね。ワタシが起きた時分には、もう既に弱い雨となってましたが、いずれにいたしましても今シーズン一番の冷え込み具合で、夕方まで揮発性溶剤を手にして冷え切っていた指先は回復の見込み無く(泣)、今こうして事務所でキーボードを叩くにも手袋(昨シーズン、見るに見かねた「テツヲタ」さんがワタシにくださったモノ←嗚呼、有難や!:ペコリ)をしながらと云った有様ではあります。とにかく、ズッシリと寒い。

20160112012016011202201601120320160112042016011205201601120620160112072016011208 ・・・そんな身も心も冷え切った夜には、”常春”の地を想い返しつつ、明日への英気を養いたいモノです。さて、4回目となりました沖縄シリーズですが、まだ一日目の昼下がり、12月27日(日)の出来事からとなりますヨ。

 まぁ、皆さん御案内の通り、沖縄の街並みには一種独特のものがありますね。嘉手納を出まして、とりあえず現今話題の普天間を目指す道すがらの風景を、興味の趣くまま手当たり次第に撮影しておきましたが、あらためて東京に帰ってきてからこうして並べてみると、やはり味わい深いモノがあります。

 冒頭画像の薬局は、たまたま信号待ちをしていたところで目に入った建物。建築様式やその色彩感覚、店頭に居並ぶサトちゃんやピョンちゃんもさることながら、店舗のそこかしこに縦横にちりばめられた”琉球オヤヂギャグ”には笑いました。

 街道脇の街路樹には、ことごとく”ヤシの木系”の南方テイスト溢れる樹木が選定されており、この日が新年まであと数日であるとは考えられないくらいに緑があふれた情景です。沖縄独特の”フツーに読めない”難読地名の数々はエキゾチックな気分をさらに盛り上げてくれます。肝心の、”ワタシの目についたクルマ”たちは・・・こんな感じです(旧いアメ車は意外にもレア、MGF屋というのも色々な意味でスゴイ:笑)。

201601120920160112102016011211201601121220160112132016011214 ・・・でそのうち、意中の普天間に着いたは着いたのですが、普天間飛行場を望むポイントを知らなかったので、色々と基地周辺らしきところを回ってはみたものの、この日”ひこうき関係”の見学は一切叶いませんでした。日の丸と星条旗が仲良く並んで翻っている光景を、いざ目の前にしますと、その是非はともかくとして色々な意味でインパクトがあります。

 ところで、普天間と云う地名は、無学なワタシなどが東京に居る限りでは、近年オスプレイ問題が表沙汰になってからの報道によって初めて耳にした様に思うのですが、云うまでもなく宜野湾市にある町の名前です。

 たまたま通り掛かった街並みを拝見しますと、市街地走行中にいきなり出て来た普天間宮周辺などは結構歴史に裏打ちされた古風且つ和風な空間であるのに驚きました。なんか、空気感が昭和40年代くらいまでの東京下町みたいなんです。心なしか生えている樹木の種類まで他とは趣きを異にしている様にすら思えます。こういった如何にも懐かしの日本然とした部分もあれば、いきなり網の中はアメリカだったりするところに、あらためて歴史的に沖縄の置かれてしまった立場の複雑さを垣間見る想いがいたします。

2016011215201601121620160112172016011218 夕暮れも近づいてまいりましたので、本日から三日間定宿とするホテルへと急ぎました。戦前の軽便鉄道を除いて、つい近年まで沖縄本島には”駅”と呼ばれる施設がありませんでした。今では御覧の様にモノレール(ゆいレール)が那覇市内を巡り、それぞれの停車場を”駅”と呼称しております。

 たこちゃんズが目指すホテルは、那覇の中心歓楽街からは離れた位置にあり”那覇新都心”とも呼ばれるおもろまち駅から歩いていける距離の場所にありました。「ホントはチェックイン済んだらモノレールに乗って、国際通りまで呑みに行きたいんだけど、サスガにツカれてメンドくさいなぁ・・・あっ、ココなんかいい感じの店じゃない?」っと、目的地到着直前に車窓から発見したお店を今晩の呑み処とするコトに”二秒で”決定(笑)いたしました。やっぱ、呑んだアトにチドリ足で歩いて帰れると云うのは魅力的です。

201601121920160112202016011221201601122220160112232016011224201601122520160112262016011227201601122820160112292016011230 ・・・まぁ、こういうところダケは、いつもながらワタシの直感が冴え渡っております。

 真新しい建物の中に入りますと、予約もしていない夫婦二人連れをキレイなおねーさんが個室に案内してくれました。周囲の各部屋では年末という時期もあってか、既に大いにデキ上がったヒトビトが大声で盛り上がっております。ワタシたちも沖縄ならではのオリオンビールとお通しの枝豆でまずは乾杯!です。キンキンに冷やされたグラスが嬉しい。

 「とりあえず、”もずくの天ぷら”とか、名物っぽいモノが喰いたいね」とメニューを眺めると、なぜかソコには”タコポン”の文字が・・・嗚呼、「Rたろう先生」の呪縛は遠く沖縄までも及びます(笑)。

 このお店は「沖縄の台所ぱいかじ沖縄本店」というらしいのですが、とにかく東京近辺では、よほどの高級店でも味わえないであろう”厭味の無いサービス精神”に満ちておりました。このあたり、ワタシも商売人として大いに見習わなくては。でも、公式サイト見ると都内周辺にも支店が複数あるみたいです。この本店のクオリティが保持されているならぜひとも御邪魔したいナ。今度イッてみよ。

 琉球衣装をキメたおねーさん方がいきなり個室に入ってきて記念写真を撮影してくれたのに気をよくしておりましたら、酔うホドに他の部屋からは三線の音色に併せて朗々たる歌声が響いてくるのが聞こえてまいります。「となりの宴席には、流しのおぢさんでも呼ばれてるのかな?」と耳を傾けつつ、興に乗って手拍子などしておりましたら、件の”三線おぢさん”が我が部屋にも来襲!「えっ、まさか?」「はい(ニコニコ)。」「さっきから(隣の宴席で披露されていた”島唄”とか”島人(しまんちゅ)ぬ宝”)聞いてうまいなぁとウットリしてたんだけど、まさかココにも来てくれるとは思わなかったデス」「2曲歌わせて頂きます。リクエストをどうぞ。」「(たこヨメ)ぢゃぁ、”てぃんさぐぬ花”をお願いします。」「(たこ)何?ソレ。ずいぶんマニアックなの知ってるんだなぁ。」「ムカシ、児童合唱団で歌ってたのヨ」「はい、分かりました。」・・・一応、その”カブりつきライブ”は動画(音出ます、注意!)に撮りましたが、なんと2曲目(たこちゃんリクエストの”ハイサイおじさん”)の途中でメモリーカードが尽きやんの(泣笑)。美味い料理と旨い酒、そして最高のもてなしで迎えられた楽しい酒席のあと、上機嫌で支払いを済ませてオモテに出ると、琉球衣装ちゃんから「お気をつけてお帰りください」とパインケーキをそれぞれに。・・・ああ、感服いたしましたヨ、”ぱいかじ”さん。きっとまたイキますんで。シットリと夜景も美しい、そぼ降る雨のおもろまちの夜は、こうして更けていったのでした。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年1月11日 (月)

成人の日に想う:2016

 はい、こんばんは!本日は三連休のラストデー、成人の日で祝日でした。そんな”さんれんきゅ~”には、大概クルマを買いに来る系の御相談で来店されるお客さんはいらっしゃらない(泣笑)モノなのですが、朝一番から「そんなら静かに組み立て作業に没頭出来るナ」と通常業務をキメこんだワタシが普段通りにドアの中へと腕を突っ込んだままの一日を過ごす中、有難い事にフタ組のお客さんがマセラティ御購入の御相談のためにわざわざ御来店くださいました。

 そんなワケで華やかな晴れ着のおねーさん方を見るコトもなく過ぎてしまいましたが、それでも、傍らから流れているラジオ音声では「成人の日特集」として、ちょうど20年前にヒットした曲の数々を流しつつ、当時の世相などを織り込んだハナシをしておりましたんで、ちょっとシミジミと成人の日の感傷に浸っていたワケです。

 いまや遥か彼方の出来事となり果てた自分の”成人の日”の時分を想い出してみますと、バブル期だったのもあって、明らかに今よりも希望に燃えてた様な気がいたします。ソレが今ではもう・・・50も過ぎれば、なんだか”先”が見えてきちゃいますから。翻って、閉塞感漂う現代の新成人は如何なモンなんでしょうね。”たこちゃん家”には子供が居ないので、アレなんですが、もし、結婚から数年内に産まれていたら、そろそろ今年あたりに成人式を迎える年の子供となってたんだろうと思いますと、それなりに感慨無量なモノです。

 ところで、ワタシにとりましてはコドモ同然のマイクロ・デポもあと9日で満19年を迎え、1月21日以降は20年目に向って漕ぎ出すコトとなります。立派なヨソのお子様(笑)と比べますと、如何にも貧弱で恥ずかしいばかりではありますが、いちおうは一本”芯”の通った子にはなってくれている様子です。これから先20年となりますと、ワタシゃ73とかになっちゃうワケで、やっぱ、ソコまでやってるんだろな、きっと(ホカにやる事なさそうですからね、この際”使命”に殉じようと:笑泣)。

 さぁ、本日息子さんや娘さんの成人式を迎えて、ついに”子育て”を完遂された、クルマが好きで好きでたまらないケド我慢していた親御さん方!ワタシに御相談ください、ドゾよろしく(笑)。御希望のクルマがマセラティで無くともまったく問題はありません。旧いクルマから最新型、欧州車から国産車にいたるまで、お探しになる前に一度マイクロ・デポへと御来店頂きたいのです。皆さんが子育てに一生懸命だった間、クルマ一筋にわき目も振らずに生きてきた人間のハナシを聞いてから、ひょっとして人生最後となるかも知れないクルマ(んなこたぁないか:笑)を選んでも決して遅くはございません。御気軽に御来店くださいね。御待ちいたしておりまぁ~っす!!

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年1月 9日 (土)

40年ぶりの沖縄へ(その3)

 はい、こんばんは!本日からは、また”さんれんきゅ~”なんですってね。昨日のコメント欄を拝見いたしましても、皆さん結構ウキウキ旅行やイベント参加などで、微笑ましいモノです。きょぉーの東京は、結構寒かったっす(グシュっ)。ウインドーレギュレータ分解して、パーツクリーナーかけて”ニギニギ”と洗ってたら、そのうち両手の感覚がアヤシクなってまいりました。嗚呼、ワタシも二週間前に戻りたいワ・・・。

2016010901201601090220160109032016010904 ・・・はい、戻りましたぁ(笑)!今度は嘉手納から北西方向に走り抜けつつ”読谷村(よみたんそん)”を目指しています。

 沖縄本島各地の地名って、コドモの頃から結構テレビのニュースなどから見聞きしてきてますんで、初めて訪れるのに、なぜか親近感を感じるモノです。

 那覇市内中心部以外の沖縄県内の街は、どこもなんとなく雰囲気が似ているように思いました。ものすごく旧い赤い瓦ぶきの建物がもっと残っているのかなと思いきや、潮風に曝されるせいか、経年の割に独特のサビ方やアレ方をした”屋根がまったいら”な建物が、それなりに密集して建っています。少し市街地を走ると、御覧の様に閑散としつつも「♪ざわわ、ざわわ」と、さとうきび畑に囲まれた風景に出会うコトが出来るところもワタシなどには却って嬉しいものでした。

201601090520160109062016010907201601090820160109092016010910 海岸線に出ますと、ちょっとワタシには見慣れない光景に出くわしました。周囲に広がる岩礁の形状と質感が本当に独特であったので、クルマの中から目を惹いたのでした。

 この日はあいにくと抜けるような青空ってワケでもありませんでしたので、画像で見ますと海水の色も若干澱んでいるように見えてしまいますが、よくよく目を凝らせば驚くホドの透明度です。 

 ワタシの千葉拙宅からは、割と近所にある九十九里浜に行くコトが出来るので、比較的に”ソト海”の雰囲気は見慣れておりますが、まず砂の色合いが関東の砂浜とは圧倒的に違います。そして、遠浅なので海の生物(海草や亡骸も含めて)が非常に多彩です。

 潮の満ち干や、寄せる波・返す波が悠久の年月をかけて穿ってきた芸術的な穴や凸凹の数々はしばらく見ていて飽きるコトがありません。

201601091120160109122016010913201601091420160109152016010916 続いては”残波岬”。沖縄本島最西端に位置する沖縄で一番大きな灯台を見に行こうと云う趣向。今では絶景を楽しむ観光客で賑わっておりますが、先の大戦末期の沖縄戦では、この岬から米軍が上陸したとの事で、些か複雑な心境となります。現地に居る時は屹立する残波岬灯台や周囲の景色を眺めては、ただただ「あーキレイだなぁ」なダケだったのですが。

 目の前の海は東シナ海。隆起サンゴ礁の高さ30mから40mの絶壁が2キロにも渡って大きく突き出した岬となっています。公益社団法人灯光会の公式サイトには次の様にありました。

 「かって、地方の道路は、那覇や首里を除き馬車等が行き交うほどの幅員はなく地方への往来はほとんど海路が利用されていました。レーダー等が無かった昔の航海は、星と地上物件を目当てとしており、この岬は大きな:目標とされていたと思われます。「おもろさうし」(沖縄最古の古謡集)によれば、「この岬をかわすおざ時には、手を擦って祈り船を走らせなさい」と記されており、宇座誌(地元郷土史)「残波の里」には、航海の安全を祈る神の屋として「東の神の屋、西の神の屋、潮吹ガマ」があると書かれています。古来より、本土から、そして山原から那覇へ向かう船には、神に祈る心境にさせるほどの航海の難所となっていたようです。また、この地は昭和20年4月1日、米軍はこの岬を目印に激しい砲撃を加え上陸を開始、あの悲惨な沖縄戦が始まった地でもあります。」

20160109172016010918 そんな灯台の傍らには・・・う~コノ人はダレだっけ?・・・調べてみますと、琉球王朝時代の1373年に察度王(さっとおう)御名代の進貢使として初めて中国に行った、読谷村出身の泰期(たいき)サンと云う方だそうです。同地の豪族であった泰期サンは、五回も船に乗って中国に行き、彼の地の文物を琉球に導入した「商売の神様」として、こうして故郷の地にモニュメントが建てられているのだそうです。ワタシもこの際、商売繁盛を祈って、同じ”指差しポーズ”で泰期像とともに写真を撮ってもらおうといたしましたが、周囲にあまりにも(各国の)観光客が多くてさしもの恥知らずなワタシも断念しちゃいました(笑)。

 それじゃー、また来週!・・・さっ、ワタシゃこれから”新春初ホルモン屋”ぢゃ(笑)!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年1月 8日 (金)

40年ぶりの沖縄へ(その2)

 はい、こんばんは!本日の東京練馬、ちょっとした小春日和となりまして、ワタシはマセラティギブリⅡ(名古屋のGさん号)のドアの中身に手を突っこんだまま(笑)で、ほぼ一日を過ごしましたが、それなりに快適でした。

2016010801201601080220160108032016010804 ハイハイ、今日も続きでしたね、沖縄の・・・ちなみに、あ~コレ”全21話”らしいです(ってホントにそうならないよーに気を付けておかないと:笑)。

 昨日御案内した嘉手納のシーサイド・リストランテからは、ホド近い位置にある”道の駅 かでな”ってところにヤッてまいりました。なんでもココは、本来二階建てまでが限界で、ソレ以上の階層を建ててはイケない地域らしいのですが、特別に許されて四階建てとなったモノらしいです。駐車場にデミオを停めて周囲を歩きまわりますと、”野國總管”なる、無学なワタシなど初めて御名前(まっ、コレは役職名らしく、本名は別にあるらしいのですが)を聞く方の像が屹立しておりました。なんでも甘藷を嘉手納に伝来させた張本人であらせられるとの由。去る2005年は甘藷伝来400年だったらしいです。いまだ色々と知らないコトがたくさんあるから、いつまでもベンキョーになります。

2016010805201601080620160108072016010808 ・・・まー、ソリャ許可も必要なワケだよなぁ。四階の展望席からは、対面に広がる米国駐留軍の嘉手納基地がほとんど隅々まで見渡せてしまうと云う”ひこうきオタク”には絶好のロケーションなんですからね。展望台にはプレス専用席(と云ってもただのベンチなんだけど)までも用意されており、一朝コトあらば、報道陣で溢れかえったりしているのかも知れません。

 ワタシもなんとかF-15イーグルとかF-16ファイティングファルコンとかF22ラプターとかが飛来してこないモノかとしばらく待ち続けましたが、この日にかろうじて撮影出来たのは、ちょうど着陸してきたこの一機(たぶんRC-135S ”コブラボール”=ミサイル追跡用電子偵察機)のみでした。ある意味でちょっとレアな機体だったのかなぁ。

2016010809201601081020160108112016010812_22016010813201601081420160108152016010816 この”道の駅 かでな”の三階フロアは、嘉手納町が運営しているらしい学習展示室と称する資料館となっておりました。

 エレベータを降りるとイキナリ嘉手納基地配属の米軍機が模型で標本の様に貼り付けられております。現用機が左側、ベトナム戦争時が右側の布陣だそうです。40年の時の流れにより、配属されている機体も大きく様変わりしている模様ですね。いまや何かと”電子戦”の時代になってるみたいです。

 確かに沖縄県内には、目立つし人口にも膾炙した嘉手納・普天間の両基地があります。さらにそれだけには留まらず、実際この後で県内をほとんどくまなくデミオで周遊するコトとなるのですが、基地以外のいわゆる”米軍施設”なるものが如何に沖縄全県の各地に点在しているかを知るコトとなりました。

 昭和21年以来の日本列島に於いて持続している平和と繁栄は、こうした沖縄の存在によってもたらされたものなのではなかろうかと、あらためて感謝の心と幾許かの後ろめたさをおぼえました。ボンヤリと平時の基地を眺めている分には、美しいばかりなんですケドね。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年1月 7日 (木)

40年ぶりの沖縄へ(その1)

 はい、こんばんは!・・・ハヤいですねぇ、もう新年明けて一週間が経っちゃったんですね。七草であった本日はマイクロ・デポも新年初営業日でしたケド、なんだか久しぶりに電話やメール対応をしまくったんで気疲れしちゃいました。斯くなる上は「♪はぁ~やぁーくぅう、こ~いーこ~いー、おしょぉおがつぅ~」って歌うしかありません(って、昨年も一昨年も云ってた様な気がする:泣笑)。

20160107012016010702 ・・・んなワケで、初日から全力でゲンジツトーヒのねたをお送りしようと云う趣向。昨年はサボっていて、ほとんどヤッてなかった”たこちゃんズ旅行記”を新春一発目にお送りいたしましょう。時計の針は、今は懐かしい(泣笑)2015年の12月27日、日曜日まで戻りました。早朝に練馬区土支田の拙アパートを出まして環状八号線をひたすら南下、目指すは羽田空港であります。たこヨメの努力の甲斐あって、ようやく四日間の”通し”でトレた第四駐車場に滑り込みました。ココの駐車場では、どの棟の何階に停めたかをよ~く絵を見て憶えておかないとイケません。何日か経つとスッカリ忘却の彼方となりますんで。

2016010703201601070420160107052016010706 クルマを停めたら早速の”ガス補給”です。ここから先しばらくの間はいちいち”ガス室”巡りをしなければなりませんからね。ハナからクチからニ、三本を気の済むまで吸いまくり、軽く朝食を採ったら出発ゲートへと向かいます。

 「アレ?ひょっとしてオレたち乗ってくの、あの”ポ○モン号”だったりするの?」「・・・っぽいよねぇ~」

 はたして垂直尾翼にピカ○ュウをあしらったボーイング787-300へと定刻通りに乗り込んだ”たこちゃんズ”ではありました。シートバックにも、当マーキングの機体にのみ組み合わされるのであろう枕カバーがシッカリと巻かれておりました。ま、ネタ的にはおいしいんだけど、全日空のトリトンブルーストライプをコドモの頃から信望してきた身といたしましては・・・

2016010707201601070820160107092016010710 ・・・あー、もうどーでもいいや、そんなこたぁ。フト機体の外を見れば眩く雪化粧を施した富士山が。ところが、車窓(?)の風景を撮影するのは、結構至難だったのでした。窓側の御席には妙齢の御婦人(つかバ○ァ:泣笑)が始終おわしましたゆえ。

 ワタシが飛行機に乗った場合には、何よりも窓からの眺めを楽しみにしているので、時々チラっとでも眺めていたいのですが、なんとも残念。仕方が無いんで、ビールとつまみを取り寄せて、酔いにまかせて寝て過ごすコトと相成りました。二時間も経過すると、そろそろ降下態勢の準備段階となり、「もう九州は越えたかなぁ」などと会話してたら、「只今当機は奄美大島上空を飛行中です。」と機内アナウンスが。そのうち窓のソトにみるみる広がる大きな島、沖縄本島であります。5分もすれば那覇空港に無事タッチダウン!

201601071120160107122016010713201601071420160107152016010716 ・・・あー、まぁねぇ、どうして今回”沖縄”なのかと云うのには、さしたる理由も見当たりません。まだ沖縄県にはマイクロ・デポのユーザーさんもいらっしゃいませんし、ゆえに一緒に呑んでくれるヒトも無し。

 12月も第三週に入る頃、ある晩アパートに帰ってきたら「ねぇねぇ、沖縄行かない?なんか安くてお得なのよっ!」「だって真冬に沖縄へ行くヤツなんかどうかしてるよ。中学生の頃に家族旅行で正月に行ったコトがあるんだけど、なーんも憶えてないくらいにつまらんバスツアーだったし。あーそう云えば、ものスゴク寒くて家族全員で風邪ひいたヨ。喰い物もソーキそばと”ちんすこう”くらいしか記憶にないなぁ。・・・で、幾らすんのソレ。」「二人で三泊四日で往復の航空賃とレンタカー四日間と三泊の宿泊費、シメて税込98000円」「・・・行こう、ソレに決定(笑)」そんなレンタカーはどんなのかと云えばデミオでした。とりあえず事前にたこヨメが仕入れていたネタである嘉手納の”シーサイド・リストランテ”を目指して高速道路に乗りましたが、ヨメがナビに仕込んでいた電話番号が良く似た名前の別の店(コレは後日御案内予定)のモノであったため、かなり大きく行き過ぎまして、いったん高速を降りて、した道で戻る様に南下して嘉手納を目指しました。ああようやく到着みたい。ハラ減ったなぁ。

201601071720160107182016010719201601072020160107212016010722 ・・・この”シーサイド・リストランテ”は米国駐留軍の施設らしいのです。ですから広義では嘉手納基地の一部となる場所なのでしょう。しかしながら、ここに入るために、いかついMPが立っている検問所を通る必要などは一切ありません。まったくのフリーパスで”イチゲンさん”も大歓迎なのは嬉しいところです。

 マリーナの隣に建っている瀟洒な店舗の頑丈そうなトビラを開きますと、そこはもう完全に匂いまでがアメリカン。お客さん方は原則的に駐留米軍の御関係者中心だと思われますが、一部には現地のニホンジンな若者グループも散見されます。

 「どうせなら、オモテ(海)が見えるテラス席がいいなぁ」と思いつつ玄関のクリスマスツリーの脇に立っていますと、ビミョーにカタコトナイズされた日本語を操る(見た目もモンゴロイドの)おぢさんが、コチラの気分を察してか、自然に屋外のテラス席へと案内してくれました。事前情報として知ってはおりましたが、メニューを見れば本当にドル建てが基本なんですね、ここはアメリカ。ちなみに各社カードや日本円の現金でも支払えますがおつりはドルとセントでキマす。どういうワケか、たこヨメが40ドルちょっとを持ってたんで本日はソレで支払う算段です。

2016010723201601072420160107252016010726 ・・・ウェイターさんやウェイトレスさん方も皆モンゴロイド系の方々なのですが、日系三世とかの皆さんなのでしょうかね。ニホンゴは完全に通じますが、お化粧の芸風(笑)や立ち居振る舞いのひとつひとつが、どうにも洗練されていて、やっぱりアメリカナイズされているんです。極上テイストだけど低廉なカニスープに舌づつみを打っておりますと、運ばれてきたシーズニングの中に”A1ソース”を発見!「あ~、懐かしいなぁ、コレ。なんか歯磨き粉みたいなフレーバーが香るんだよな。」とか云いながら夫婦してキャッキャと騒いでおりましたら、このテーブルを担当してくださった日系と思しきウェイトレスさんが「そんなに喜んでくださると、とってもウレしいです!」と云いながら、メインのふた皿を運んできました。歯がダメなワタシはクラシックチーズバーガーにベイクドオニオンとカリっカリに焦がしたベーコンをオプショントッピングに載せてもらい、ヨメはたっての希望でアコガレのプライムリブ。すべての量がアメリカン、のみならず、きめ細かく行き届いたサービスと肝心の料理の方もベリベリーナイスでした。人生中で喰ってきた”ハンバーガー”と云う食べ物の中で、きっとぶっちぎりで第一位だったのではなかろうかと思います(雰囲気も込みで)。今あらためて想い出してもヨダレが出ますな(笑)。チップ込みで40ドルくらいだったそーです。もちろん消費税8%なんてありません。「デザートは如何ですか?」「・・・もう、ホントに美味しいんだけど、また次の機会に。」周囲の異国の方々が座るテーブルを見まわしますと、なるほど「どんだけ喰うんぢゃぁ~」と云うくらいにテーブルから溢れんばかりの大皿が並んでおります。やっぱ、ここはアメリカ。さぁ、ハラいっぱいに喰ったし、次イッてみよー!!

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年1月 6日 (水)

ある感慨

 はい、こんばんは!只今元気よく千葉拙宅から練馬の拙アパート(笑泣)へと無事に帰ってまいりました。まずは春日町や旭町周辺の各定置場をすべて現認して回り、その無事を確認。デポに立ち寄り、年末年始に頂戴したすべてのメールやFAXもチェック・・・ああ、ヨカッタよ、とりあえず事故や故障の連絡は入ってない模様。なにしろコレが一番ですからね。

 それにいたしましても、久しぶりに首都高速を走って東京の”カッチョいいどころ(笑)”を、若干の渋滞を避けるため結果的にくまなく巡りつつ帰ってまいりましたが、んまぁ、ホントに大きなビルヂングやタワーマンションが隅々まで林立してるんですね。所謂バブルの頃の風景とすらも大きく違って、本当にものスゴイことになってました(って、皆さんはとっくに知ってますよね:泣笑)。

 翻ってマイクロ・デポ店舗に帰ってまいりますと・・・「ああ、小せぇなぁ(泣笑)」と。もうすぐ創業20年目を迎えようかと云うのに、いまだにショールームも無ければ、ユッタリとお客さんに寛いで頂けるスペースすらもありません。こんなに小さく、吹けば飛ぶよな店を愛してくださり支えてくださる方々が全国にいらっしゃるコトを、あらためて”(奇跡的に)有難い”と、店の前でタバコを一服しながらつくづくと想いに耽っておりました。

 さぁ、2016年の開幕です!明日からも張り切ってまいりましょう。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年1月 5日 (火)

二人ババ抜きの様なゲーム大会

はい、こんばんは!
たこちゃん家の正月休みもようやく終盤に近付いてまいりました。プラモ作りにもツカれたし、オモテに出るのも朝方は寒いし・・・たこヨメはダラダラとしているワタシを尻目に、日々庭の手入れなどに勤しんでおりますが、なんか正月休みらしい手軽なレジャーは無いものか・・・おお、先日のダメ男に 「Wさま」さんが女子会用(笑)にと置いていかれた「人生ゲームポケット版」とか「トランプ」、「テツヲタ」さんが同じ理由で持ってきていた「ジェンガ」と「UNO」がココにあるではあーりませんか。
まず、ワタシの場合には、カードゲームはトランプも含めてルール知らんのでパス(笑)。だいたい、夫婦二人で日がなババ抜きなどヤってたら、正月早々に「なんだかなー」という気持ちになってしまいますね。ソコで、大して変わらん様な気もいたしますが、まずは「二人ジェンガ」を試すコトといたしました。あ、ジェンガっつーのは、あらかじめスクエアなヨコ断面にキッチリと積み上げたスティックを、順番に一本一本抜いては積み、抜いては積むの繰り返しで、自分の番でスティックのタワーが崩れたらマケとなる立体的なパズル状のゲームです。タブレットでの記述ではうまく説明出来ない(T0T)ので、ご存知ない方々はググってみてください。・・・コレが結構ハマるんですヨ。白熱の勝負は、「Y」さんに頂いた電気ブランを嘗めながら、二人でも半チャン(笑)くらいは続けられます。
一方の人生ゲームは、もう響きが懐かしいですね。サスガに盤面の方はリニューアルされていて、「億万長者になるか、ビ○ボー農場に行くか」なんてモノではありませんで、さっきまでタレント業やってたのに、数マス進むと何故かお医者さんに成れたりするという、また、フリーター(ウチでは「え~!なんにも成らないで、プーのままイクのぉ~?!」と実際の会話:笑)でも結構イケちゃったりするという、時代を映してか、大アマな展開になりやすい「人生」ではあります。ドル札のデザインがまったく初版のものと同じなのが、オールドファンには嬉しいところ。ただし、ポケット版なんで、そのサイズの小さいコトと言ったらありません。もっとも、懐かしいムカシの人生ゲームでは、メッタなコトでは金持ちには成れなかったモノなので「好きなモノは、寿司」とか答えやがる(笑)今のコドモが遊んだら全員で泣いちゃいそうです。さぁ、夕飯済んだらもう一戦とまいりましょうか。たまにはメッタにヤラないゲームに興じるのも面白いモンですね。正月気分をようやく満喫した次第です。 それじゃー、また明日!

2016年1月 4日 (月)

今日が元旦?!

はい、こんばんは!・・・昨日は皆さんからたくさんのコメントを賜りまして本当に有難うございました。またダメ男御参加の皆様、遠方までおツカれ様でした。今日から仕事初めの方々には申し訳なく思います。一方のたこちゃん家では、ホストの重責(笑)をなんとかツトめ終えてホッとするやら呆けるやら。ようやく御正月がやって来た気分です。でも、ホンの少しだけ準備してあったおせち料理はとっくになくなっちゃて、「Wさま」さんに昨日頂いたペヤングと「ひこうき班長奥さま」からのお餅のお裾分けが大活躍。なんとか凌いでおりやす。
夕方までダラダラとしてたら、ようやく少しはカラダを動かしたくなってまいりました。ちょっとオモテに出てみようかな・・・。
それじゃー、また明日!

2016年1月 3日 (日)

ダメ男さん方、本日は有難うございました。

はい、こんばんは!
・・・いやはや本日も超盛り上がりの中で、只今無事に終わりましたダメ男の集い2016正月バージョン。お正月で何かと御忙しい中にも拘わらず、多くのダメ男さん方には「辺境の地(笑)」千葉の拙宅までお越し頂き、おかげさまで大盛況となりました。「世田谷のS」さんからダメ男用にと頂戴していたシャンパンでの乾杯で幕を開ける事も叶い、また御参加の皆々様方からは、それぞれ心尽くしのお差し入れをたくさん賜りまして本当に心から感謝いたしております。
また、毎度の事ながら、ぜぇーんぜんダメじゃない、「ひこうき班長」さんの奥さま&「調布のU」さんの奥さまには、終日たこヨメのサポートをしていただきました。さらに特筆すべきは「町内会のM」さんの奥さまからの大量多品目の手作り御料理の数々。奥さまには一度も集いへの御参加は頂いておりませんのに、いつも大好評の御料理の差し入れには、当方で質量ともに御用意の足りない部分を大いに助けられております。御好評につき、すべて皆さんで完食させて頂きました。
今年のお正月休みは日程組みが難しかったので、御参加を断念された方も多かろうと思います。またの機会をお待ちくださいませ。まずは御参加の方々全員の無事帰還をお祈りしております。
本当に有難うございましたぁ! それじゃー、また明日。

2016年1月 2日 (土)

ダメ男の皆さん、楽しい正月を!

2016年のお正月も二日目となりました。元旦の昨日は稀に見る晴天でありましたけれど、今日の千葉の空は・・・若干日が差す薄曇りといったところでしょうか。昨日は、初日の出も拝んじゃったし、初詣にも行ったし、初海辺探訪もしたし、初プラモ(笑)も夜中まで頑張ったし、初日からトバし過ぎたかなぁ(笑)。一夜明けまして、ダラダラまったりしているかと思いきや、ワタシは相変わらずにプラモ作りに邁進(・・・しなくていい?)。たこヨメの方はダメ男の準備作業に没頭しております。皆さんのお正月は如何お過ごしでありましょうか。
明日はいよいよ、ダメ男2016正月バージョンの開催日です。御来場を承っているダメ男の皆さん、どうぞくれぐれも安全運転でお気をつけてお越しくださいませ。楽しみにお待ち申し上げておりまーす!
さぁ、プラモの続きをガンバラナクッチャ。 それじゃー、また明日!

2016年1月 1日 (金)

2016年、明けましておめでとう!

はい、明けましておめでとうございます!
当店顧客の皆様並びに当ブログの読者諸兄の皆々様方も新しい年をハレバレと迎えたコトと思います。
マイクロ・デポ20年目の本年も全力で邁進してまいります。当店を支え続けてくださる皆さんにいつも安心してイタリア車道楽を楽しんで頂けます様、持てるノウハウのすべてを傾注し専心努力してまいります。とにかく、明るく楽しくまいりましょう。

2016年も引き続きよろしく御贔屓のほど、心からお願い申し上げます。「今年もヤルよぉー、たこちゃんは!(笑)」

マイクロ・デポ株式会社 代表取締役 岡本和久(たこちゃん)

それじゃー、また。

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »