マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 40年ぶりの沖縄へ(その1) | トップページ | 40年ぶりの沖縄へ(その3) »

2016年1月 8日 (金)

40年ぶりの沖縄へ(その2)

 はい、こんばんは!本日の東京練馬、ちょっとした小春日和となりまして、ワタシはマセラティギブリⅡ(名古屋のGさん号)のドアの中身に手を突っこんだまま(笑)で、ほぼ一日を過ごしましたが、それなりに快適でした。

2016010801201601080220160108032016010804 ハイハイ、今日も続きでしたね、沖縄の・・・ちなみに、あ~コレ”全21話”らしいです(ってホントにそうならないよーに気を付けておかないと:笑)。

 昨日御案内した嘉手納のシーサイド・リストランテからは、ホド近い位置にある”道の駅 かでな”ってところにヤッてまいりました。なんでもココは、本来二階建てまでが限界で、ソレ以上の階層を建ててはイケない地域らしいのですが、特別に許されて四階建てとなったモノらしいです。駐車場にデミオを停めて周囲を歩きまわりますと、”野國總管”なる、無学なワタシなど初めて御名前(まっ、コレは役職名らしく、本名は別にあるらしいのですが)を聞く方の像が屹立しておりました。なんでも甘藷を嘉手納に伝来させた張本人であらせられるとの由。去る2005年は甘藷伝来400年だったらしいです。いまだ色々と知らないコトがたくさんあるから、いつまでもベンキョーになります。

2016010805201601080620160108072016010808 ・・・まー、ソリャ許可も必要なワケだよなぁ。四階の展望席からは、対面に広がる米国駐留軍の嘉手納基地がほとんど隅々まで見渡せてしまうと云う”ひこうきオタク”には絶好のロケーションなんですからね。展望台にはプレス専用席(と云ってもただのベンチなんだけど)までも用意されており、一朝コトあらば、報道陣で溢れかえったりしているのかも知れません。

 ワタシもなんとかF-15イーグルとかF-16ファイティングファルコンとかF22ラプターとかが飛来してこないモノかとしばらく待ち続けましたが、この日にかろうじて撮影出来たのは、ちょうど着陸してきたこの一機(たぶんRC-135S ”コブラボール”=ミサイル追跡用電子偵察機)のみでした。ある意味でちょっとレアな機体だったのかなぁ。

2016010809201601081020160108112016010812_22016010813201601081420160108152016010816 この”道の駅 かでな”の三階フロアは、嘉手納町が運営しているらしい学習展示室と称する資料館となっておりました。

 エレベータを降りるとイキナリ嘉手納基地配属の米軍機が模型で標本の様に貼り付けられております。現用機が左側、ベトナム戦争時が右側の布陣だそうです。40年の時の流れにより、配属されている機体も大きく様変わりしている模様ですね。いまや何かと”電子戦”の時代になってるみたいです。

 確かに沖縄県内には、目立つし人口にも膾炙した嘉手納・普天間の両基地があります。さらにそれだけには留まらず、実際この後で県内をほとんどくまなくデミオで周遊するコトとなるのですが、基地以外のいわゆる”米軍施設”なるものが如何に沖縄全県の各地に点在しているかを知るコトとなりました。

 昭和21年以来の日本列島に於いて持続している平和と繁栄は、こうした沖縄の存在によってもたらされたものなのではなかろうかと、あらためて感謝の心と幾許かの後ろめたさをおぼえました。ボンヤリと平時の基地を眺めている分には、美しいばかりなんですケドね。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

« 40年ぶりの沖縄へ(その1) | トップページ | 40年ぶりの沖縄へ(その3) »

コメント

今年の夏休みは沖縄行ってこよかな、夏の沖縄って大阪より暑いんかなぁ……

Iです。
ブログをキチンと読んでませんが、もう酔っ払いなので無理です。明日ちゃんと読みますよ。
ということで三連休です。何しようかなと悩んでます!

ホント、現在の日本の平和と繁栄は、こうした沖縄の存在によってもたらされたものだと思います。
行ってみないとなかなか気づかないものですね。

三連休は幼稚園の餅つき、親その他親族との昼食会などで過ごします。
基地の基準は知りませんが、普通の飛行場でも滑走路の端から1/7という緩い勾配の制限より高くは建てられないことになっています。
んなこと調べてから土地買えよなと、近い過去に思いました。

あー酔っていて、しっかりブログが、読めません!本日一年に一回、毎年日本で会う異国に住む日本人の方と飲み会でした、荻窪で。
あー明日は仕事、なのに夜から国際線に乗ります❗️
消化していない休みを強制的に取ります!だからコメントいれられないかも。。、

南国沖縄、いいところのようですね。
温暖で気候が良くて、風光明媚で、人柄も良くて、トロピカルなメシもうまそう。
休暇を沖縄で過ごし思いっきりリゾート気分を満喫したいものです。

…只今、新潟のホテルに到着。明日早朝、北陸を目指すのであった。
明日の昼食は穴水で牡蠣のフルコースです。じゅるじゅる…。

沖縄ですかー、もうハブ対マングースのショウはやってないみたいですね、もう40年くらい行ってないです。

道の駅 かでな の隣も5階建てのような?道の駅 かでな 3階の資料室の模型は、やはりモデラーさんが作製するんでしょうか?ひこうき班長さん、Hでございますさんや町内会のMさんのような。
甘藷伝来410年とは、美味しい甘藷が食べられるのも、野國總管様に感謝しないと、いけませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/63367949

この記事へのトラックバック一覧です: 40年ぶりの沖縄へ(その2):

« 40年ぶりの沖縄へ(その1) | トップページ | 40年ぶりの沖縄へ(その3) »