マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ある感慨 | トップページ | 40年ぶりの沖縄へ(その2) »

2016年1月 7日 (木)

40年ぶりの沖縄へ(その1)

 はい、こんばんは!・・・ハヤいですねぇ、もう新年明けて一週間が経っちゃったんですね。七草であった本日はマイクロ・デポも新年初営業日でしたケド、なんだか久しぶりに電話やメール対応をしまくったんで気疲れしちゃいました。斯くなる上は「♪はぁ~やぁーくぅう、こ~いーこ~いー、おしょぉおがつぅ~」って歌うしかありません(って、昨年も一昨年も云ってた様な気がする:泣笑)。

20160107012016010702 ・・・んなワケで、初日から全力でゲンジツトーヒのねたをお送りしようと云う趣向。昨年はサボっていて、ほとんどヤッてなかった”たこちゃんズ旅行記”を新春一発目にお送りいたしましょう。時計の針は、今は懐かしい(泣笑)2015年の12月27日、日曜日まで戻りました。早朝に練馬区土支田の拙アパートを出まして環状八号線をひたすら南下、目指すは羽田空港であります。たこヨメの努力の甲斐あって、ようやく四日間の”通し”でトレた第四駐車場に滑り込みました。ココの駐車場では、どの棟の何階に停めたかをよ~く絵を見て憶えておかないとイケません。何日か経つとスッカリ忘却の彼方となりますんで。

2016010703201601070420160107052016010706 クルマを停めたら早速の”ガス補給”です。ここから先しばらくの間はいちいち”ガス室”巡りをしなければなりませんからね。ハナからクチからニ、三本を気の済むまで吸いまくり、軽く朝食を採ったら出発ゲートへと向かいます。

 「アレ?ひょっとしてオレたち乗ってくの、あの”ポ○モン号”だったりするの?」「・・・っぽいよねぇ~」

 はたして垂直尾翼にピカ○ュウをあしらったボーイング787-300へと定刻通りに乗り込んだ”たこちゃんズ”ではありました。シートバックにも、当マーキングの機体にのみ組み合わされるのであろう枕カバーがシッカリと巻かれておりました。ま、ネタ的にはおいしいんだけど、全日空のトリトンブルーストライプをコドモの頃から信望してきた身といたしましては・・・

2016010707201601070820160107092016010710 ・・・あー、もうどーでもいいや、そんなこたぁ。フト機体の外を見れば眩く雪化粧を施した富士山が。ところが、車窓(?)の風景を撮影するのは、結構至難だったのでした。窓側の御席には妙齢の御婦人(つかバ○ァ:泣笑)が始終おわしましたゆえ。

 ワタシが飛行機に乗った場合には、何よりも窓からの眺めを楽しみにしているので、時々チラっとでも眺めていたいのですが、なんとも残念。仕方が無いんで、ビールとつまみを取り寄せて、酔いにまかせて寝て過ごすコトと相成りました。二時間も経過すると、そろそろ降下態勢の準備段階となり、「もう九州は越えたかなぁ」などと会話してたら、「只今当機は奄美大島上空を飛行中です。」と機内アナウンスが。そのうち窓のソトにみるみる広がる大きな島、沖縄本島であります。5分もすれば那覇空港に無事タッチダウン!

201601071120160107122016010713201601071420160107152016010716 ・・・あー、まぁねぇ、どうして今回”沖縄”なのかと云うのには、さしたる理由も見当たりません。まだ沖縄県にはマイクロ・デポのユーザーさんもいらっしゃいませんし、ゆえに一緒に呑んでくれるヒトも無し。

 12月も第三週に入る頃、ある晩アパートに帰ってきたら「ねぇねぇ、沖縄行かない?なんか安くてお得なのよっ!」「だって真冬に沖縄へ行くヤツなんかどうかしてるよ。中学生の頃に家族旅行で正月に行ったコトがあるんだけど、なーんも憶えてないくらいにつまらんバスツアーだったし。あーそう云えば、ものスゴク寒くて家族全員で風邪ひいたヨ。喰い物もソーキそばと”ちんすこう”くらいしか記憶にないなぁ。・・・で、幾らすんのソレ。」「二人で三泊四日で往復の航空賃とレンタカー四日間と三泊の宿泊費、シメて税込98000円」「・・・行こう、ソレに決定(笑)」そんなレンタカーはどんなのかと云えばデミオでした。とりあえず事前にたこヨメが仕入れていたネタである嘉手納の”シーサイド・リストランテ”を目指して高速道路に乗りましたが、ヨメがナビに仕込んでいた電話番号が良く似た名前の別の店(コレは後日御案内予定)のモノであったため、かなり大きく行き過ぎまして、いったん高速を降りて、した道で戻る様に南下して嘉手納を目指しました。ああようやく到着みたい。ハラ減ったなぁ。

201601071720160107182016010719201601072020160107212016010722 ・・・この”シーサイド・リストランテ”は米国駐留軍の施設らしいのです。ですから広義では嘉手納基地の一部となる場所なのでしょう。しかしながら、ここに入るために、いかついMPが立っている検問所を通る必要などは一切ありません。まったくのフリーパスで”イチゲンさん”も大歓迎なのは嬉しいところです。

 マリーナの隣に建っている瀟洒な店舗の頑丈そうなトビラを開きますと、そこはもう完全に匂いまでがアメリカン。お客さん方は原則的に駐留米軍の御関係者中心だと思われますが、一部には現地のニホンジンな若者グループも散見されます。

 「どうせなら、オモテ(海)が見えるテラス席がいいなぁ」と思いつつ玄関のクリスマスツリーの脇に立っていますと、ビミョーにカタコトナイズされた日本語を操る(見た目もモンゴロイドの)おぢさんが、コチラの気分を察してか、自然に屋外のテラス席へと案内してくれました。事前情報として知ってはおりましたが、メニューを見れば本当にドル建てが基本なんですね、ここはアメリカ。ちなみに各社カードや日本円の現金でも支払えますがおつりはドルとセントでキマす。どういうワケか、たこヨメが40ドルちょっとを持ってたんで本日はソレで支払う算段です。

2016010723201601072420160107252016010726 ・・・ウェイターさんやウェイトレスさん方も皆モンゴロイド系の方々なのですが、日系三世とかの皆さんなのでしょうかね。ニホンゴは完全に通じますが、お化粧の芸風(笑)や立ち居振る舞いのひとつひとつが、どうにも洗練されていて、やっぱりアメリカナイズされているんです。極上テイストだけど低廉なカニスープに舌づつみを打っておりますと、運ばれてきたシーズニングの中に”A1ソース”を発見!「あ~、懐かしいなぁ、コレ。なんか歯磨き粉みたいなフレーバーが香るんだよな。」とか云いながら夫婦してキャッキャと騒いでおりましたら、このテーブルを担当してくださった日系と思しきウェイトレスさんが「そんなに喜んでくださると、とってもウレしいです!」と云いながら、メインのふた皿を運んできました。歯がダメなワタシはクラシックチーズバーガーにベイクドオニオンとカリっカリに焦がしたベーコンをオプショントッピングに載せてもらい、ヨメはたっての希望でアコガレのプライムリブ。すべての量がアメリカン、のみならず、きめ細かく行き届いたサービスと肝心の料理の方もベリベリーナイスでした。人生中で喰ってきた”ハンバーガー”と云う食べ物の中で、きっとぶっちぎりで第一位だったのではなかろうかと思います(雰囲気も込みで)。今あらためて想い出してもヨダレが出ますな(笑)。チップ込みで40ドルくらいだったそーです。もちろん消費税8%なんてありません。「デザートは如何ですか?」「・・・もう、ホントに美味しいんだけど、また次の機会に。」周囲の異国の方々が座るテーブルを見まわしますと、なるほど「どんだけ喰うんぢゃぁ~」と云うくらいにテーブルから溢れんばかりの大皿が並んでおります。やっぱ、ここはアメリカ。さぁ、ハラいっぱいに喰ったし、次イッてみよー!!

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

« ある感慨 | トップページ | 40年ぶりの沖縄へ(その2) »

コメント

たこ夫妻漫遊記沖縄編、始まりましたね。楽しみです。

メニューは日本語併記英語版、値段はドル建て、見慣れない身には違和感ありますねぇ。しかし、リーズナブルですね。

ハンバーガーは函館よりも旨かったですか?

モンゴロイドというと一瞬キラー・カーンを思い浮かべちゃったのですが、何だ、我々のことじゃん!

Iです。
とうとう始まりましたね。まずは”その1”ですね。
”その何番”まで続くのでしょうか。楽しみにしております。

「二人で三泊四日で往復の航空賃とレンタカー四日間と三泊の宿泊費、シメて税込98000円」
コレすごいですね。二人の往復正規航空賃だけでもモト取れてしまうと思います。

三枚目の写真、偶然でしょうが、ポスターのコメントとたこちゃんのタバコ姿がマッチしていてなかなかナイスです(笑)。

私は以前,横田基地に良く行ってた時期があり基地の中で食べたプライムリブステーキを思い出しました、アメリカ産の肉なので全然期待して無かったのが食べてみたら美味しく、デカくて最高。それと建物の中に入った瞬間此処は日本じゃないって空気が外国に行ってる気にさせてくれます。あ~ また行きたいな。

『私をオキナワに連れてって』 主演、たこちゃんズ、監督、たこちゃん、撮影、たこちゃん、プロデューサー、たこ嫁。全21話が始まりましたね。年明け通常業務の中、渾身のオキナワ600kmデミオ旅のブログ記事がどう展開するのか、楽しみです。
リブステーキは中々食べませんが、オキナワのも美味しそうです。
昔、アメリカ アナーバーにいた友人を訪ねて、友人と一緒に、シカゴで有名なステーキ屋さんで、デカイリブステーキを食べました、美味しかったが、満腹なんてもんじゃなかった。

沖縄旅行を満喫されたようですね。
アメリカンなランチは大ボリューム且つ大味と思いきや、激ウマなのですね。カニスープと肉尽くしを堪能されたようで何よりです。

只今、青森県を年始廻り中。夕方、仙台に戻ったら今度はロッソプントを駆り今晩はプライベートで新潟に宿泊予定。
明日から毎年恒例の北陸旅行大作戦なのであった。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/63354826

この記事へのトラックバック一覧です: 40年ぶりの沖縄へ(その1):

« ある感慨 | トップページ | 40年ぶりの沖縄へ(その2) »