マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 今日はもう、まかせたヨ・・・新連載シリーズ開始か? | トップページ | 今年、初の積雪・・・本日限定スペシャルサービス実施中! »

2016年1月16日 (土)

”自分さえよければ・・・”では世の中イカんと思ふ様な雑感

 はい、こんばんは!本日は朝一番からわざわざ新幹線に乗ってYさんがようやく初めて御来店くださいました。もうコレは昨年来の懸案(笑)でした。お忙しいところ時間を割いて頂きまして、ホントに心から有難く思うものであります。Yさん無事に間に合って御帰還されたかなぁ。とにかく感謝、感謝!

 で、本日は「八王子のK」さんも御来店。ウチ(千葉拙宅)の芝生の隅を”たこヨメ”が手動のハサミで地道にチョキチョキして仕上げてるという行状を以前”ダメ男の集い”でお越しになられた際に御覧になったのを気に留めていてくださっていたとの由、なんとまぁ、芝生刈り専用の電動バリカンを持ってきてくださいました。昨年も今くらいの時期がものスゴク寒かったので、デポ場内の寒さを見るに見かねてヒーターセットを賜っておりました。Kさん、ホントに恐悦至極であります(ケ○ロ軍曹風:笑)。

 ところで、昨日板橋のHさんのクルマの車検&登録で陸事のコースに入場しようとしたところ、シートベルト警告灯が点灯しなくなると云ったちょっとしたトラブルに見舞われ、他のすべての検査をいったん潜りぬけて警告灯のみ再検査となってしまいました。ワタシが交換用リレーを持って駈けつけますとすでにお昼の時間を回ろうとしておりましたが、ムカシでは考えられないケド、ラウンドを続行してくれております。おかげで無事午前中のラウンド内でコース検査の方はパスいたしました。ところが、書類を発行する事務所の方は昼休みなので、午後までは結局待たされ、車検証とナンバープレートが出てくるまで、どーにもコチラはクルマともども帰れないワケでして・・・。

 例えば工場ラインの流れ作業なんかもそうなんですが、すべての工程中で、一番時間の掛かる工程に掛ける時間を短縮するコトが終局的に全体的なライン生産性の向上に寄与するワケですね。サイテーなのが、ラインの故障などで流れそのものを止めるコトなのであって、上の例など、「一番時間の掛かる現場が幾ら頑張ってても・・・」と云った意味では、まさにソレなのでしょうね。

 なんか最近ねぇ、我が母校の先輩でもある糸井重里師匠様(って勝手に呼んでマスけど)の御金言(笑)に凝ってて、ネットを徘徊してはその御言葉を賜っているんですけど・・・

 例えばコレとかコレとかコレとかコレ。ワタシにとって、すべてを全面的に受容出来るかと云いますと、ソコは天才+努力のヒトVS市井の凡人対決ですから、「ムリっ!(笑泣)」なのですが、凡ゆる部分で切れ味鋭いモノの見方をされているのだなぁといつも着眼点に感心いたします。

 やっぱり、目先の損得や効率主義ダケを追求して「自分さえヨケレバ」なんて生きていくと、巡り巡って末路は寂しいモノになってしまう気がいたします。所詮、庶民は霞を喰って生きて行くワケにもまいりませんが、”無償の愛”的な相互扶助の部分なんかは、多少なりともあってしかるべきではなかろうかと思うワケです。ニッポンの古き良き伝統を悉く排除しようとするどこかの”ただ目先の得をしたい”ダケの誰かさんのために動くのは1秒たりとも御免蒙りたいですけどね。一方で自分の関係している誰かが喜ぶのを見るのは、自身の歓びにも繋がりますから、結局は自分のためにもなりますのにね。だいたい「情けはヒトのためならず」の本来の意味をも忘れちゃってるからなぁ、ニホンジン。

 それじゃー、また来週!今週も有難うございましたぁ!!・・・ところで昨日の続きはダレも書かないの(笑)?!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

« 今日はもう、まかせたヨ・・・新連載シリーズ開始か? | トップページ | 今年、初の積雪・・・本日限定スペシャルサービス実施中! »

コメント

・・・「おぐ」さん、いやぁ、「プルプルプル」イイなぁ。スゴイなぁ。
http://cyutako.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-b80a.html#comment-112472236
まだまだ続きをば。へてからどーした?

八王子のK様、本日は最新兵器有難うございました。今年は芝の手入れが楽になりそう~感謝感激です。今年も庭仕事頑張りま~す。ぺこりm(_ _)m

”自分さえよければ・・・”は、いつのまにか知らずうちに陥っているのではないかと振り返るときがあります。
相手を思いやる気持ち、ちょっとした気遣いは大事にしていきたいものです。

一方で↑おぐさまもー凄すぎです。さりげなく「投稿:おぐ」と書かれていて笑ってしまいました(笑)。

その時……
十年ほど前から南八丁堀で煮売り酒屋の亭主におさまっている仙台の万吉(sm)は、築地の方から万年橋のたもとにへさしかかった。
江戸の橋にしては傾斜のきつい万年橋をのぼり、その向こうの三十間堀に目を向けた時、ほとんど真横になった真っ赤な物体が土ぼこりを上げながら川岸に向かってくるのを認めた。
その大きな音に万吉は、思わず手にしていた小さな風呂敷包みを取り落とした。
やっとの思いで手に入れた極上の煎り酒2本を風呂敷に包んでいた。
煎り酒とは、江戸時代中期まで醤油がひろまる前にひろく用いられた調味料である。
特に白身魚に用いると、醤油ほど個性が強くなく、魚の味を引き立ててくれる。
高い嫌な音がして、橋の上に黒い染みがひろがった。
「ああ、おらの煎り酒が……」
おろおろと風呂敷を広げて、粉々に割れた2本の大徳利を認めた万吉は、いまいましげに紅い物体をにらんだ。
と思う間もなく、紅い物体は鼻先をこちらに向けてすさまじい速さでせまってきた。
紅い丸い大きな朝顔がいくつもはじき飛ばされ、貧弱な髷を結った初老の男が大きく宙を舞うのが見えた。
万吉はぺたんと尻餅をついた。
腰が抜けてしまったのである。


・・・・・・・・・・・・・・

周りの皆が楽しいから自分も楽しい。この人が楽しんでいるのを見ると自分も楽しい。
そんな心構えでありたいと思いつつ、何だかんだ理屈をつけては自分が真っ先に楽しんでしまうのです。
「情けは人の為ならず」、むつかしいのココロある。

十年前の夏。
万吉は、仙台で営んでいた薬種問屋「和泉屋万衛門」を高窓の九兵衛一味という盗賊に荒らされた。
命までは取られなかったけれども、金蔵にため込んでいたざっと九百七十両を盗られた。
それがきっかけで3か月後には和泉屋は店をたたんでしまった。
四角いV6の物体が盗賊たちに目をつけられたためだった。

そうですね。自分さえ良ければ、が、まかり通ってはなりませぬ。
某中部地区の廃棄食品流通事件、日本のモラルの低下もここまできたか・・・確かに、世界中で飢えている人達が多い中、飽食日本では大量の食品が廃棄されておりますが。似非モッタイナイリズム。廃棄物を食品として商売してはならぬ。

ところで、コメント欄。面白いけど、Why?

これ以上自分が持っていては難を逃れ得ないと悟った万吉は、長年連れ添ったV6の物体を、弟に託すことに決めた。

弟は長らく栗駒に正藍冷染(しょうあいひやしぞめ。通常の藍染は藍瓶を加温して発酵の加減を調整するが、これは加熱せず発酵を促し独自の風合いを醸す。栗駒の千葉氏のみに伝わると言われる。)の修行に行っていたが、そこで得たつながりを足掛かりに商いをはじめるべく、漸く仙台に戻ってきたところだった。

弟は狂喜乱舞した。長年憧れていた兄のクルマが、我が物となったのだ。
弟は「愛しのあいつ」とそれに名付け、しばし逢瀬を楽しんだ後、誰にもわからぬ場所に隠して行商の旅に出た。

弟とV6の物体が盗賊の魔手を振り切ったことを確かめて、ある晩、万作は仙台から消えた。
江戸に上ったのだ。

ところで路地にいた男は自らもタコ踊りを宙に舞い、果てたのか。
いやいやそう一筋縄でいくような男ではない。

タコ踊りを演じたクルマは、それでも狭い路地で家並みとの接触を幾度か紙一重に避け、ようよう運転手はヨー運動の統帥権を取り戻し、急停止を開始した。

男の直前で華麗に停止することを企図したものか。
だが、運転手はまた、当てが外れた。
男は朝顔に水を遣る前、埃除けのために何軒か先までの路上に水を撒く。その水膜に四輪が乗り、豈はからんや、クルマは男に向かってまっしぐらに滑走を始めた。

已むを得ん…、
バンパーが男の膝に届こうとする直前、男はさして身体に力を入れるでもなく、そのまま宙にふわり、と浮いた。長年激務に苛まれ動くのが億劫になった身体とはいえ、危機に瀕すれば昔取った杵柄もあろうというもの。
哀れ、逃れようのない朝顔の鉢達が、弾き飛ばされて男の周りで宙を舞う。

万作が見たのは、まさにこの瞬間だった。
まるでタコの親分子分、大群の宇宙遊泳のようだった、と、これはこの先、万作の客あしらいの定番ネタとなるのだが、それはのちのこと。

コメント欄が。。。コメント時代小説に。。。まあどうなっていくのか。。。楽しみ。
で、自分さえ良ければ、そういう風潮は、国内、国外を問わずありますね。テロしかり、廃棄処分のカツ販売しかり、、、

「ようよう運転手はヨー運動の統帥権を取り戻し」・・・池○サンに加えて小○サンや沢○さんまでも憑依(笑)しちゃってるのかな?いーなー、カクチョー高いなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/63483063

この記事へのトラックバック一覧です: ”自分さえよければ・・・”では世の中イカんと思ふ様な雑感:

« 今日はもう、まかせたヨ・・・新連載シリーズ開始か? | トップページ | 今年、初の積雪・・・本日限定スペシャルサービス実施中! »