マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« アツけりゃアツいで・・・ | トップページ | 少年の心を想い出そう、御同輩。 »

2016年2月20日 (土)

時代小説の巻(笑)

 ちょわ~!!昨日の急激な暖かさに文句付けてたら、今度は気温が急降下爆撃な上、ツメたい雨までが降ってくる状態となり、気圧の変化に過敏な自他ともに認める「トシあるね」関係者の我々など、ひとたまりも無くオカシクなってしまいますよね(・・・って、オレだけ?)。

2016022001_22016022002_22016022003_22016022004_22016022005_22016022006_2 ・・・はい、本日は、日本の文壇に燦然と輝く(であろう:笑)時代小説をお届けいたしましょう。

 「連載デポ小説 一月十四日付け新入荷予定車情報に捧ぐ」って表題が、まずはそのまんま過ぎてアヴァンギャルドな雰囲気を漂わせております。

 本日の画像は、お手数ですが、すべて拡大しながらお読みください。著者の先生(笑)は、昨日突然、この生原稿PDFを「重要書類」の表題を付けて送ってきやが・・・あ、いや、送信してくださいました。なんというエスプリの効いたヤリトリでありましょうか、ワレながら。

 すかさずワタシは、・・・コレ、ブログねた「おK?」(笑)と一応原作者さまにメールでお尋ねいたしました。「縦書きがミソなので、使えまい、とふんでおりましたが・・・。。。」と許諾を得たとも得られずともとれる文面のみが返ってまいりました。ワタシは速攻でPDFファイルを一気にJPG画像に頁毎分解変換するフリーソフトを検索して探し出しダウンロードいたしました。本日は、そのソフトを用いて、各ページを画像化した上でセピア色に加工し直し、頁割の文字を入れる編集を加えたダケです。原著作権は「©おぐ」さんにあります(コレをパクって文学賞に応募するなよな:笑←しねぇーか!)。

 それじゃー、また来週!・・・さぁ、これからドシャ降りの中を”秘密基地”へGOだ。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

« アツけりゃアツいで・・・ | トップページ | 少年の心を想い出そう、御同輩。 »

コメント

Iです。
私もこのような文章が書けたならと物思いにふけっております。
今日も飲もうっと!

なんとまあ、お口あんぐり目ん玉飛び出して呆然とする全国一千万読者のお顔が目に浮かびますなあ。誰が読むんだこれ。
まあ既にタコちゃんさんは秘密基地にてぐでんぐでんでしょうからあれですが。

ちなみにこれは著者が3者おりますね。著作権が心配だなあ。とかいったりして。(ああ3者見積がおさまらない。。。)

是非文学賞にノミネートしませう、おぐさん。
特別賞もらえるかも(笑)。

練馬の気温がハンス・ウルリッヒ・ルデルの急降下爆撃なのですね。
恐怖のサイレン、ユンカースJu87シュツーカのプラモを探さねば。

サイコパス上司の差し金で本日自宅で報告書を作成し先ほど終了・・・ってか、日付変ってますがな。

おおっ、おぐさんの小説、縦書きにすると味がありますなあ。
文芸誌の書き物よりも面白いです。
最近、読書の量が減ってるのでたまに文芸誌を購入しており、就寝前に読もうとすると直ぐに眠くなるので睡眠導入に役だっておりますが、要は小説がつまらんのです。
文芸誌の小説の面白さが理解出来ないワタクシがアホだって事で。。。

・・・あれ、パラレルワールドのワタクシが登場してたりして。これはデジャヴュか・・・。

 この時代小説を車雑誌に投稿しませんか?? 
 そして、デポユーザーでどなたか絵心のある方にイラストか、できれば版画がいいですが、葛飾北斎の浮世絵風で、冒頭のタコ踊りするV8の描写、会津盆地の田舎道を駆け下りてくるV6の様子や、江戸から離れた土支田村に鎮座する2台の姿を(情景が眼に浮かびますね。。。) 描いて頂きたいです!!
誰かお願いしまーすよ。どうせなら、町内会のMさん、Hでございますさん、調布のUさんのお力を借りて、短編映画化しましょう! Smさん、たこチャン、遊び人風のりゅたろうさんは、当然出演ですね(笑)。

↑皆さんコメントを有難うございました!
・・・そうです。ホントに昨晩は何時になくグデングデンまで逝き(正気を保つ限界超え:笑)ました。
「町内会のM」さん、「調布のU」さん、「Hでございます」さん、大いに食べ大いに呑んで語り合える楽しいひとときを有難うございました。なんとか帰宅は出来たものの、傘やら色々忘れてきちゃったみたいデス。御迷惑をお掛けいたしました(ペコリ)。

私の147GTAはびっくりするほどきれいになって帰ってきました。
でも、フロントフードの飛び石による細かい傷は消しませんでした。
消してもドーセつくし。
3速の伸びが素晴らしい。
222 4VもShamalも147も3速が最もSweetと感じてしまいます。

仙台の万吉がその後盗賊・笠山の瀬兵衛となり、江戸の町で暗躍する…と考えていましたが、だるだるポンとなってしまって書けませんでした。
それだけにこれを完成させた先生の事は心から感服いたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/64052013

この記事へのトラックバック一覧です: 時代小説の巻(笑):

« アツけりゃアツいで・・・ | トップページ | 少年の心を想い出そう、御同輩。 »