マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« マセラティギブリⅡ×2 | トップページ | 群青の園(笑)に白も »

2016年2月17日 (水)

マセラティギブリⅡ(前期型の場合)、ウッドパネル&スリット

 おいおい、ソイツは無いぜ、ベイベェー(笑)!ってくらいに、急激な寒さがキョーレツに襲ってきている東京練馬では、先だっての日曜日が夏日寸前(ホント)までいってたダケに”ダマサレ感”はより一層強く、カラダ全体が、もうガッチガチに凝りかたまっておりやす。周囲でもインフルエンザの声を遅まきながら聞くようになってまいりました。皆さんくれぐれも御用心、御自愛くださいね。ところで、「大阪のE」さんはダイジョブかぁ~。なにしろ、一日もハヤく立ち直れる様、八百萬にお祈りしておりますヨ。

2016021701201602170220160217032016021704 ・・・そんな午前中には、環状8号線を南下して、車輌を回送しに行く業務を行いましたが、行き掛けに反対車線をフト見れば、とあるビルヂングの建設工事のために、一車線をまるまる占有して工事関係車輌が停まっているせいで、そのあとは、行けども行けどもずぅ~っとド渋滞の様子。「こぉうりゃ、きっと帰りはタイヘンだぞぅ」

 その帰り道、はたしてやっぱ、ド渋滞(泣笑)。ラジオの交通情報でも、この4キロ突破するのに一時間掛かると云う。時速4キロはタマらん!ワタシは国道20号を右へ、アシ車で随走してきた”たこヨメ”は左へと舵を切り、思い思いにウラ道使って、なんとかほぼ一時間で帰りつくコトが叶いました。ハヤく帰りたかったワケは、コレの続きをやりたかったから。マセラティギブリⅡ前期型(「名古屋のG」さん号)のダッシュボードAssy再生の一環として、ウッドパネルをはずして磨き、すべてのエアコン送風口(スリット)を修復・洗浄・調整・給油しながら復元していく作業であります。はずしたダッシュボードをただ”ポン”と載せるのではありません。ダッシュボードをはずした時にしか出来ないコトを心ゆくまでやっておくと云うのが、地味ながら当店の流儀。でも、コレの大切さを分かってくれるヒトが昨今少ないのよねー(泣笑)。

 つくづく今日も思いましたのが、マセラティギブリⅡ前期型までのウッドパネル(ロゴがいまだ”Ghibli筆記体”ではなくて”Maserati筆記体”のヤツ)の品質感の高さ。20数年を経過したとは思えぬ艶やかさを湛えております。翻って中期以降のギブリⅡの場合でも、一度当店で再生したウッドパネルなら御心配には及びません。オリジナルを遥かに超えた品質感と耐久性で、オーナーさんの御期待に沿う様に踏ん張ってくれます(たぶん:笑)。さ、ポパイ鍋でも喰いつつビールかっクラって寝よ。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

« マセラティギブリⅡ×2 | トップページ | 群青の園(笑)に白も »

コメント

はぐれたのか抜け道競争したかったのかわかりませんが、渋滞を前に左右に分かれ行く本体と随行車(それ随行とちゃう)。ってなかなかかっこいいというか微笑ましいというか。

ギブリさんのウッドパネルにも色々あるのですね。
オリジナルの品質感と耐久性を味わったことがないからあれですが、満喫させて頂いております。

あー・・・ウッドの美しさ・・・

ところでポパイ鍋の〆はラーメンを強く推奨いたします。ってもう遅い?

お疲れさまです!本日はメール問い合わせ、早速のお返事感謝でございます。
ギブリⅡ前期型までのウッドパネルの品質感って、そうなんですねー⁉️
自分は、ムカシ?機関が222 4vそのもののギブリ最初期型を経験しまして
その反動で進化したバリモノの後期ギブリかシャマルを是非に手に入れたいのですが…
見えないところの品質は古いモノが良いということなんですね(^.^)

↑御三方様、いつもコメントを有難うございます!
「おぐ」さん、事前の打ち合わせをしておいたのですが、ヨメがなかなか20号に入ろうとしないので、業を煮やしてワタシが先に飛び込んだのが実相です。
「テツヲタ」さん、先ほどは御来店(&差し入れ)有難うございました。ちょうどメール打ちまくりでアイソ無しでスミマセンでしたね。
「石川のU」さん、このたびも有難うございます。どのようなギブリⅡもどうにかいたしますのが、当店の存在意義(笑泣)であります。引き続きヨロシク!

ウチの職場でも、今週までにインフルエンザ3名かかっています。
体調管理に気をつけましょう。
大阪のEさま、早く直ることを願ってます。

エアコン送風口(スリット)の復元作業、派手さはないですがこれもマイクロ・デポ社の真骨頂。
普通のお店ではまずここまでやりません。
手抜きをせず、妥協しない取り組みがお店とクルマの価値を高めます。

甲州街道を左右に分かれて、どっちが早かったのか興味があるところです。右にいった“たこチャン”は井の頭通りか、環七か?左にいった“たこ嫁”は、烏山付近をさらに右折して、細い裏道攻撃だったのか?!

ウッドの品質も初めのころの方がよくて、段々コスト削減で、悪くなったわけでしょうか?あの白っ茶けちゃうのもやはり後期なのでせうか?
うちのシャマルは大丈夫だー、たこちゃんのおかげ! 有難うございます!!

今のところ、職場でのインフルエンザの罹患者はいませんが、用心しないとね。

マセラティギブリⅡ前期型のウッドパネルの質感は素敵ですなあ。
なるほど、この◇状のスペースに憧れのラサールのアナログ金時計が入るのですね。
ワタクシの初期ビトルボは木目調にデジタル時計だったりするのですが、これはこれで味わいがありまして。
しまった、しばらくビトルボをほったらかしておりました。
ポパイ鍋美味そう・・・。
しまった(その2)、まつやのとり野菜味噌を送り届けねば・・・。

たこちゃん様(あっ初めてたこちゃんって呼んだ笑) Wさま様(さまが二回あるやん!)
お気遣いありがとうございます。おかげさまで良くなりました今日1日安静にして明日から復帰しようかと。手洗いうがい徹底しましょう!

甲州街道裏道バトル、私の勝利でした。うん十年ぶりの裏道だったのですが、途中から勘が戻り渋滞を尻目に走り切りました。久しぶりにわくわくのタイムトライアルでした。

あやっぱり競争だったのですね。
甲州街道を左に折れるというと、久我山の少し西を通って西荻窪のほうに抜けるルートでしょうか。右だとやはり大宮八幡のあたりを通って環七か。
勝敗は時の運ですかなあ。

おぐさん、大正解!!久我山周辺があっちこっち工事でうねうねしましたが、無事通過、意外と道を憶えていて、人間の記憶ってすごいと思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/64006176

この記事へのトラックバック一覧です: マセラティギブリⅡ(前期型の場合)、ウッドパネル&スリット:

« マセラティギブリⅡ×2 | トップページ | 群青の園(笑)に白も »