マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 少年の心を想い出そう、御同輩。 | トップページ | うぅ~う、ウォンテッドっ!!(超絶委託販売しませんか?) »

2016年2月23日 (火)

マセラティギブリⅡ(前期型の場合)、リアクォータートリムの造作

 あちょ~!今日も「心はスーパーカーに首ったけ!」の時間がやってまいりました(そんな表題だったけか?:笑泣)。「♪ボクのあこがれ、ボクの恋人、スーパーカー(この動画はブーム時を知らない御若い方への基礎テクストとして最高:音出ます、注意!←かなーり画像が粗いのが難点ではありますが)」・・・の類の中では、後々までヒジョーにお買い得であった四角いマセラティたち。今ではスッカリ市場にも姿を見せなくなってきたビトルボ系マセラティを希求して、当店を訪ねてくださるお客さんが日々いらっしゃいますのは心強い限り。今朝も一番から「渋谷区のK」さんが、マセラティスパイダーザガートのハナシを聞きたいと、わざわざ御来店くださいました。聞けば、御友人から「四角いマセラティのハナシを聞くならマイクロ・デポを訪ねるとヨイ」との御宣託(笑)があったそうで、ウチも意外と知名度あるんだなぁと感激するコトしきりでありました。まぁ、知名度と商売の上手さは必ずしも比例しないワケでして(大泣笑)。ともあれ、Kさんの御友人様にも感謝、感謝!であります。

201602230120160223022016022303201602230420160223052016022306 ・・・そんな四角い時代のビトルボマセラティの中でも、中興の祖と云えるマセラティギブリⅡなんですが、現在も名古屋のGさん号を日々組み上げているのでございます。

 「えっ?組み上げてる?!どう見てもバラしてるぢゃん」との無粋なツッコミはお願いだからしないでください(笑)。創造のための破壊ってコトバもあ~るぢゃありませんか。

 とは云っても、決して豪快に破壊するワケはありませんで、ごくごく、やんわりと丁寧至極に取り扱って、各部を地味に再生していく作業をジクジクと続けるのでございます(今日は口調が「大奥では・・・」みたいでございます:笑)。あ、いやね、そのままブブっと表面を清掃して積んじゃってもいいのではなかろうかとも(いつも)思うのですが、トリムの一つ一つの微妙な形状や触感にまでコダワリを持ちますと(と云いますか、ソレの心地よさを知ってしまうと)、ついついヤリ過ぎてしまうワケです。御覧の様に前期型ギブリⅡはシャマルと同様にFRPで成型したトリムベースを持っております。これは量産試作型に特有の製法(極少量生産の手法)であり、いかにも手作り感覚が溢れる逸品です。実は表面に複雑な”R(局面)”を湛えているのが本来の姿であるコトまでも、徹底的にハガして復元すればこそ、こうして浮き上がるように見えてくるものです。このような視点で見ると、キチンと作り直した前期型にも一層格別の価値を見出すコトが出来る様になりますね。旧車レストアのココロは、それぞれの持ち味の復元にあるのでしょうかね。

20160223072016022308 ・・・で、左右のリアクォータートリムが出来上がりましたので、次に室内に組み入れる順番がくる部材を作り直しています。

 コレはリアウインドー下のトレー部分のトリムです。ハッキリ云って、そのままでも見た目だけはキレイなものでしたが、やはりアルカンタラ部分を触った時の触感に弾力性が乏しかったので、ハガして見れば御覧のようにウレタンフォームは砂となってました。新品のフォームに貼り変えて、アルカンタラは御洗濯→乾燥中の今宵であります。さぁ、もうヒト息だぁ!

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

« 少年の心を想い出そう、御同輩。 | トップページ | うぅ~う、ウォンテッドっ!!(超絶委託販売しませんか?) »

コメント

四角いマセラティは素敵です。
マセラティ100年の歴史を分割、分割、微分して・・・ほんの一瞬だけ現れた奇跡の事象ビトルボ系に乾杯!

中興の祖と云えるマセラティギブリⅡ・・・なんて表現が粋ですなあ。さすが、たこ師匠。
クォータートリムの再生なぞは、まさにマイクロデポの真骨頂。素敵です。

もしかして明日は、2.24vの日?

↑「Sm」さん、いつも有難うございます!毎日元気に闘って、そして呑んでマスか!!
そうですね、2月の三週目からは毎日が日本全国酒飲み音頭状態(笑)。
「♪22日は”222の日”でサケが呑めるゾー!サケが呑める呑めるゾー!サケが呑めるぞー!・・・24日は”2.24vの日”で(以下同文)、28日は”228の日”で(以下同文:笑)。
あ、ちなみに。26日(金)夜には”プチホルモン会”決定。また「牛久のS」さんのせい(笑)。

だって、ホルモン食べたいんです。。。Ghibliは憧れ。。

”♪ボクのあこがれ、ボクの恋人、スーパーカー”
本日もグルグルでした(笑)。

リアクォータートリム、確かにパフパフ感は一度気になると直したくなりますね。
仕上がり具合が美しいです。

↑ああ金曜は神奈川の工場で来客対応です。
ホルモンはお預け、残念。

本日、水曜日朝からお邪魔しました! これで一連のことが終了しました。有り難うございました。。。
今日は寒いですね、仕事がとど懲りなくいくことを願っております!! YさんのVWはデカいですね、思ったより。土曜の納車まで後少しですね。

ギブリさんのリアシートというと中古車雑誌等には何とかの一つ覚えの如く「使用感なし。」とか書かれていてそりゃそうでしょうなかなか辛いもの座るの、と思いますが、それでも劣化して、それでも綺麗にして頂いて、我が家のギブリさんは絶賛幼児により使用中であります。

それはともかく、なに今度の金曜の夜?

乱入させていただきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/64107208

この記事へのトラックバック一覧です: マセラティギブリⅡ(前期型の場合)、リアクォータートリムの造作:

« 少年の心を想い出そう、御同輩。 | トップページ | うぅ~う、ウォンテッドっ!!(超絶委託販売しませんか?) »