マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月31日 (木)

世の中、年度末でしたが・・・

 そりゃもー、「ウ・チ・ア・ゲ」さっ。なんだかんだ申しましても月日の移ろいは年々ハヤくなってますね。シゴトや日々の雑事に追われる毎日を過ごす中で、なんとか自らを正常に保つためには、”決まりゴト”をキチンと励行するに限ります。・・・で、只今”夜桜見物(と云う名の、単なるソトメシ)”から帰ってきた次第デス。正月以来三ヶ月、色々とツカれましたからね。いったん”シメ”と云ったところ。

201603310120160331022016033103201603310420160331052016033106_2 ・・・なにしろ時折スタックするので、ナビのデータ更新作業からは目が離せませんね。

 で、「どちらにしても、年度末で終日ヒトの出入りが多くて右往左往するばかりなゆえ現場での実作業には身が入るまい」と思ってた本日31日は、主たるシゴトをデスクワークに絞って邁進いたしました。

 マセラティクアトロポルテⅣV8エヴォルツィオーネを御待ちの「戸田市のT」さんから御預かりしているカロッツェリアサイバーナビの無償データ更新期限が迫ってきているので、本日は更新作業をデポに居ながらにして完遂するのにチャレンジしてみました。まずは、ワタシの席の傍らにバッテリーを持ちこみまして、ナビを開梱し、各部のハーネスを結線。コレで準備は完了であります。あとは、繋がり難いコトでお馴染の(泣笑)メーカーのサポートセンターに電話して「ねー、コレとまっちゃったケド、どーすればいーの?」なんて時々ブーたれながら、目の前のパソコンからネットを繋いで、SDカードを出したり入れたり、ジクジクとダウンロードしたりアップロードしたりするワケです。時々、来店した金融機関の担当氏やら、協力会社さんやらの御相手したり、階下でホイール修正作業をしたりしながら時が経つのを待つと云った作戦は見事にウマくいきまして、どうにか19時前には更新完了出来ました。・・・ホっ。で、ヨザクラにイッたと(笑)。さぁ、明日から平成28年度に”更新”だぁ。新年度、決意も新たにして、頑張らなくっちゃ!

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年3月30日 (水)

ぶらり、緑と戯れる。

 はぁ・・・光が丘公園の裏側から、夕方歩いて帰って来てみたら、サスガに遠いデスね(笑泣)。

201603300120160330022016033003201603300420160330052016033006 ・・・まぁ、昨日の晩、たこヨメが帰ってくるのを待って夕食にしようと思ってたのですが、やっぱり待ちきれなくて、ベビースターラーメンにピーナッツと柿の種が混ぜてあるヤツを「ザ~」っと口中に流し入れ、ソレを奥歯の無い口でにゃんにゃんしながら発泡酒で流し込んでいた上に、シメにサッポロ一番しょうゆ味とチャルメラしょうゆ味を交互に食すると云う、今どきの高校生でもヤラないような不摂生をしでかした祟りか、今日はなんとなく朝からハラの具合が今一つ。

 今朝は、緑のケロちゃんみたいなクルマの目ん玉を定置場までハズしに行くところから・・・只今はレンズを磨きに出しました。おっとりしていてイイ感じの緑色ボディに映えるヘッドライトレンズを目指してもらってますからね。さて、こんな時は、歩き回ってハラを空かせるに限る(そんなモノかぁ?)とばかりに、午後に事前の御約束通りにお越しになった”とある高貴なお方の御令息(御土産をわざわざ有難うございました:ペコリ)”を駅までお送りしたその足で、昨日引き取ってきたクアトロポルテ(そういえば、コレも緑=ヴェルデツンドラ)を塗装工場に入庫させました。ホントは光が丘公園周辺の桜見物がてらに散歩してやれとの下心もあったワケなんですが、意外と桜がいまだ本調子ではない様子で、どちらかと云えば、青々と茂る緑の風景に目を奪われたモンです。公園周辺の緑の木々や草花はササクレタ心を癒す効果が抜群です。ところで、残念ながら週末から今度の日曜日も練馬は天候が今一つの予報。明日あたりに夜桜イッとかなきゃダメかなぁ。年一の楽しみだから、頼むよ~!

 それじゃー、また明日。さらに、お花見に向けて頑張ろう、お~(実現するのかなぁ:泣笑)!!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年3月29日 (火)

Fライナーで行き、クアトロポルテで帰る

 本日は暖かい快晴、マセラティクアトロポルテⅣV6エヴォルツィオーネの”納車の儀”も無事に済ませるコトが出来まして(Sさん、有難うございましたぁ!)、ちょっとダケ肩の荷が降りましたが、まだまだ両肩には合わせて2万3千トン(笑泣)くらいの荷重が掛かっておりますゆえ、明日も這う様に頑張らねばなりますまい。

20160329012016032902 で、”納車の儀”のすぐあと、駐車場に置いていてドアをヤラレ(こすられ)たマセラティクアトロポルテⅣ前期型を引き取るために、お客さんの住む街中のマンションまで、急遽向かうコトといたしました。東京メトロ地下鉄の小竹向原(こたけむかいはら)駅で有楽町線から副都心線に乗り替えようと待ってたら、”Fライナー”と云う快速仕立てのヤツが来て、このあとは池袋・新宿三丁目・渋谷と停車し、東急東横線内に入れば特急と化すと云う。この”Fライナー”は、つい3月26日から運用開始だったらしいデス。知らなかったケド、ラッキー!東横線沿線にお住まいの方々、東京の北の果てまで”Fライナー”でスグですヨ!!喧騒の街ん中は全部ブッとばして、ちょっと遠足気分で、のんびりとした練馬へと足を伸ばしてくださいな。このあたり、光が丘公園の桜も見ごろですからね。

2016032903201603290420160329052016032906 ・・・ああ、今乗ってるのは、10万キロ近くの走行距離を刻んだマセラティクアトロポルテⅣ前期型なんですが、快調そのものデス。

 近頃では、普段近所を回送するくらいしかマセラティを乗り回す機会はありませんが、こうして街の方(雑踏の画像は原宿駅前・もひとつは代々木公園)から東京のぶっパズれ(笑泣)地帯まで混んだ月末の道路をドライブするのも、またオツなモンです。渋滞の交差点で信号待ちをしている時に「このクアトロポルテⅣに乗った時に感じる特有の癒され感(シートにめり込んで走行するよな感じ)って、ナニに起因するんダロ」と感じ入っておりましたら、ひらめきました。ワタシ独特の”街乗り専用ドラポジ(左側画像)”が極めて自然にとれているのだなぁ。左ひざを立てて、左腕は左ももの上に載せ、そのまま自然に掴める8時の位置に左手があります。ももに載せた左ひじを支点にし、手首の返しダケでステアリングに修正舵をあてています。右手はいつでもセレクターそのほかを触れるように基本プラプラで、右ひじをセンターコンソールのヒジ掛けに載せた状態で、たまにステアリングに時々添えるダケ。一方の右足はかかとを支点として、スロットルペダルとブレーキペダルの操作に集中。アクセレーションひとつで安楽自在にデレデレとも走れるところが、クアトロポルテⅣのいいところなんだよなぁ。久しぶりに堪能しちゃった。

 それじゃー、また明日。お花見に向けて頑張ろう、お~(笑)!!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年3月28日 (月)

花見も直前!ぎょーむれんらく集

 いよいよ、光が丘公園の桜たちも見頃になってきたらしいです。ワタシ昨日の日曜日は、ほぼ終日のあいだ床に突き刺さる様に(笑)寝ておりましたが、光が丘のハーフマラソンに出場した方から伺いました情報デス。今週を乗り越えれば、とりあえず、次の日曜日には”お花見”イケるかなぁ。天候が心配ですケドね。

 ・・・もうね、本日は”ぎょーむれんらく”のみで失礼をばいたしやす。

 世田谷の「Y」さん、要旨は夕方にメールをお送りいたしましたが、なにとぞヨロシクお願いします。

 「磐田のF」さん、お待たせいたしました。スロットルバルブ(中古美品)を手に入れましたので、送り先の御住所を念のためにメールで御教示くださいませ。

 「一松」さん、朝早くから御電話有難うございました。御希望の”ブツ(笑)”が見つかりましたら御案内を差し上げますネ。

 「TERRA」さん、明日以降に追加の御案内を差し上げますのでヨロシク御願いいたします。

 「りゅたろう」先生、”例のブツ”はまだ到着いたしません(泣←やっぱ一週間かかるんだ、きっと)。

20160328012016032802 「名古屋のG」さん、マセラティギブリⅡ前期型に、ノーマル(オリジナル)サイズで前後の銘柄を同一にしてタイヤを選定しようとすると、御希望のミシュラン若しくはピレリの双方ともに、いまや用意されていないコトが判明いたしました(泣)。本日、ホイールと古いタイヤを分離して、ホイール修正業者にガリ傷直しのため出しましたが、ソレが戻ってくるまでにタイヤの銘柄を選定いたしたく思っております。本日御電話を賜ったあとに出てきちゃったハナシなので、たいへん申し訳ございませんが、明日にでもお手すきな時間に再度御電話を賜れれば有難いデス。スミマセン!

20160328032016032804 一方で、「S」さん御所望のオーディオは御覧の様にスッキリと装着するコトが出来ました。こうして完成してみると、やっぱカッチョいいですね。FM・AMともにキチンと音が出ております。

 こちらも、ちょうどワタシがゴニョゴニョとSさんのクアトロポルテ内に潜り込んでたところにSさんより御電話を賜ったそうで、出るコトが出来ずに申し訳ございませんでした。明日も朝から内外装の仕上げ作業を続けます。今日のお天気、なんとか保ってくれたのが僥倖でしたワ。明日午後までに間に合うかなぁ。

 それじゃー、また明日。お花見に向けて頑張ろう、お~(笑)!!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年3月26日 (土)

マセラティクアトロポルテV6エボルツィオーネの下回りと、ついでにオートマティックトランスミッションの中身も見る

 まぁ、よくよく考えたら、本日は土曜日と申しましても、世間では”年度末&月末&週末”と云った感じで、きっと、全力での引越し・気の早い花見・遅い御彼岸などで首都圏各地の道路は大渋滞だったコトでしょう。御来店くださった方々が口々に「きょぉーは、混んでまっせ(あくまで文意:笑)!」とおっしゃっていました。

20160326012016032602 ・・・そのような中、朝8時半頃に御来店くださった「S」さんを皮切りに、続いて”マセラティ222 4v 納車の儀”のためにお越しくださった「O」さん、奈良からの御旅行中にわざわざお立ち寄り頂きました「I」さん御夫婦、おなじみ「調布のU」さんと時間刻みで賑やかなコトこの上ない土曜日となりました。本日御来店の皆さん、渋滞を掻い潜っての御来店と御土産の数々には心から感謝いたしております。また、「戸田市のT」さんからは祝いの品を賜りました。このたびもわざわざ御手配頂いた様子で、いつもながら恐縮いたしております。本当に有難うございました。「O」さんは、無事に御帰還されたかなぁ。あ、「I」さん御夫妻も長野に着いたかなぁ。混んでそうな高速ばっかだもんな。

2016032603201603260420160326052016032606 あー、はい、本日は久しぶりにマセラティ車の下回りを見せるネタとなっております。マセラティクアトロポルテⅣV6エボルツィオーネをリフトアップして、いつもながら車体の真下から見上げる様な角度で撮影したカットです。

 ワタシたちは、この角度から見上げるのが日常的なのですが、オーナー様方にとりましては、云わば”珍景(笑)”というワケです。御忙しい中で、わざわざ時間を作って土曜日の朝一番からお出ましくださる「S」さんの心意気にお応えいたしまして、ただの”珍景”に終わらせず、この際”絶景(って云っていいのか?:笑)”にしてやれとばかりに隅々まで作りこんで御覧に入れるコトが出来ました。やはり、エボ系とは申しましても、現代のクルマたちには見ることが出来なくなった手造り感横溢の下回りをしておりますね。

2016032607201603260820160326092016032610 ・・・4枚のブレーキローターには揮発性有機溶剤を大量に用いた清掃&洗浄を施したのち、美観を整えるための装飾塗装をしてあります。ローターそれ自体は云わば消耗品なので、本来ここまでやる必要は無いワケですが、ホイールの向こうにかすかに覗く部分がキレイであれば、より一層気分良く愛車と向き合えるとともに、なにしろ”カッチョいい”ではあーりませんか!

 上段がフロントローター左右、下段がリアローター左右です。出来るだけシャープに仕上げるために、今回もエアブラシを用いて吐出量を抑え目にしつつ、ちょこちょこと時間を掛けて塗り上げました(笑わば笑え:泣笑)。

201603261120160326122016032613201603261420160326152016032616 ・・・激動の土曜日も、日が暮れる時間ともなってまいりますと、朝の6時から闘い続けている三男さんにはサスガにツカれの色が見えてまいりますが、もう一息であります。

 エボルツィオーネ系クアトロポルテⅣとエボ前V8(オットーチリンドリ)、そして3200GTにも採用されているBTRエンジニアリング製電子制御オートマティックトランスミッションは、ドレーンコックを有しておりません。なぜなら、そもそもは原則的に完全メンテナンスフリーを謳った製品であったからです。にも関わらず、オートマオイルパンガスケット&フィルターの単品供給がちゃんとあります・・・ソレって、やっぱ交換が必要なシチュエーションがあるってコトぢゃん(笑泣)。前述の様にこのタイプのミッションには、オイルを抜くためのドレーン穴がありません(油量ゲージすら無いから、上抜きも不可能)から、ATF交換の場合には「オイルパンをカポっとハズして(!)」行うコトしか出来ません。3.4万キロほどの走行距離を刻むこの個体、内部のスラッジ吸着マグネットが頑張っていたのもあって、ATFの汚れ具合はこんな感じでした。新しいフィルターとガスケットをセットして、内部を洗ったオイルパンを装着いたします。今度は新鮮なATFを再注入するワケなんですが・・・ま、ホントはこっからが勝負なんです(要領はナイショだけど:笑)。トップリと日も暮れましたが、階下ではエンジンを始動して、ATFがある温度まで上昇するのを待ち侘びております。

 それじゃー、また来週・・・今週も激動の一週間、有難うございましたぁ!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年3月25日 (金)

夜桜の宴がなつかすいなぁ・・・

 ”花冷え”ってのは、今日みたいな気候のコトを云うんですかね。ハナキンの今宵、全国的に見たら、気のハヤい方々ですと夜桜見物にチャレンジしているかも知れませんね。防寒シートを敷き詰めたり、ストーブ焚いたり、色々と完全武装して臨まねば、カラオケ唸ってるうちに風邪ひいちゃうよな(笑泣)。

20160325012016032502 ・・・して、今宵の”アパート目の前公園”はこんな感じ。左の画像にデッカイ切り株があるでしょ(背景のカバー被せてあるヤツは222SRなんですヨ)、コレがかつてサクラの樹だったヤツです。ここに仮住まいを設けてから数年の間は、毎年毎年ちょうどこのくらいの時期になると、夜桜を楽しみながら、おでんを喰ったり、焼そばを喰ったりしながら発泡酒を酌み交わしたりする楽しみがあったんですが、ソレも今は昔と成り果てました。おそらくは、虫が付いちゃったりして、近所から苦情でも来た(たこヨメの実家の桜も隣家から文句云われて泣く泣く切り倒しましたし)のでしょうけれど、”粋”を貫くのが難しい世の中となったモンです。それでも、光が丘公園外周路の桜がチラホラと咲き始めているのを昨日の試乗時に目にいたしました。も少し落ち着いたら、散歩がてらプラプラと桜の樹の下を歩いてみたいものですね。皆さんの御近所には桜の名所はありますかな?

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年3月24日 (木)

エボルツィオーネ2題

 いきなりサム~くなってしまった本日は、ヒートテック”モモヒキ(てかタイツ?:笑)”の上に、バレリーナが練習中に履いてる様なレッグウォーマーを着用し、全身のいたるところに使い捨てカイロをハリまくってなんとかしのぎましたヨ。

2016032401201603240220160324032016032404_2 ・・・おおっ!時計を見ればあと30分ほどの”シンデレラ更新”ですな、急がなきゃ(久しぶりのキンチョー感だにゃ:泣笑)。あいにくの雨模様の中、今朝一番に到着したのは、先日もチラっと御案内したマセラティクアトロポルテⅣV8エボルツィオーネコーンズセリエスペチアーレ(ビアンコバードケージ/タン革←長っ!)であります。

 ちょうど場内ではマセラティクアトロポルテⅣV6エボルツィオーネ(「S」さん号)の下回りを仕上げる作業を絶賛実施中でありましたので、V6とV8が揃い踏みとなったワケでした。意外とこの組み合わせを同時に御覧に入れる機会は今まで無かった様な気がいたしますので、本日はコレで許して頂こうと云った次第。ところで、ここ数日の間、関東圏に滞在なさってた「TERRA」さんは無事に福井の御自宅に帰り着いたかなぁ。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年3月23日 (水)

デポにも春が来た!

 いぇい!今日も春霞のかかる空なれど、気温は穏やか目で過ごし易かったですね。西の方からは桜の開花宣言が続々と寄せられております。ようやく春が来たなぁ。ラジオからはムスメ時代の松たか子が歌う「♪あぁーしたーはるがきたらー」って曲が流れてます。思えばコレもずいぶんと懐メロになったモンだなぁ。

2016032301_22016032302_22016032303_22016032304_22016032305_22016032306_2 ・・・本格的な春の訪れとともに、マイクロ・デポも少しずつ色付いてこないモノかな?と思いますが、”おぢさんたちの巣窟(あ、いや魔窟?:笑)”だけあって、次々と入ってくるクルマたちはどちらかと云えば”オトコノコ色”の部類に属するのばっかりではあります。

 そんな中で、昨日はポルシェ911(タイプ996前期型)カレラが入荷してまいりましたが、レインフォレストグリーンと云う、”オトコノコ色”ながら目にも優しい色目。緑いっぱいのワインディングを走れば春気分も満開でしょうね(全開はダメよ。ね、わかってる?:笑)。

 夕方になると、先日の当ブログでチラっと御案内したアルファロメオ156GTA6速マニュアル車が本格的な査定のためにやってまいりました。ワタシがステアリングを握りまして、近所を軽くヒト回りしてみましたが、コレがもう素晴らしいの一語。初年度登録は平成15年、走行距離は先日の御案内時から少し伸びましてちょうど10万キロを刻んだところですが、艶やかなデイトナブルーのボディをはじめとして内装機関ともに隅々まで手が入り丁寧に取り扱われてきているマシンはオドメーターを見なければ総走行距離3万キロ程度の個体にしか見えません。沸々とオーナーさんの愛情が滲み出ている様でした。コレ本当にお奨めなんで、当ブログの読者様方の中でどなたか快くお引き受けくださる方はいらっしゃいませんかね?とにかくまずは御照会を(置き場が確保出来ないので近所に置いてません。御試乗には事前の御予約が必要ですが、御気軽にどうぞ!)。

2016032307_22016032308_2 ところで、ワタシども如きの結婚記念日を祝ってお花も届きました。Kさん&Tさんの御両人様、暖かいおもてなしとともにホント有難うございました!抱えて歩くのが気恥ずかしいホドに立派なアレンジで、こういうのが似合わないタイプの人間といたしましては些かくすぐったいものですが、今朝も窓際のテーブル上でとってもいい香りを漂わせておりましたヨ。ツボミもたくさん付いているので、まだまだしばらくは楽しませてくれそうです。感謝!感謝!!

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年3月22日 (火)

マセラティギブリⅡ前期型のメーター裏側を見る

 あちょ~!昨日の午前中にアラヌ体勢で一心不乱に作業を続けた(自覚は無かったのだけれど)のが影響したのか、昨晩から左半身のアチコチが「運動会の次の日モード」と化してまして、いつもの”しんけーつぅー”ぢゃなくて”きんにくつぅ~”となっております。それでも、何日かしてから発症していないところを見ますと「オレもまだまだ若いな」とヘンに喜んでたりして。

20160322012016032202201603220320160322042016032205201603220620160322072016032208 ・・・そのようなワケで、本日のワタシは屋外現場作業をすべて弟さんに丸投げし、着席姿勢で地道に行なう作業をやろうと云うコトと相成りました。

 ううっ(泣)、先日華々しく当ブログで御案内いたしました様にメータークラスターケースの修理まで完了したマセラティギブリⅡ前期型(「名古屋のG」さん号←本日は”全快報告”の御電話有難うございましたぁ!・・・今年のインフルはヤバかったらしいっス)なんですが、先日メーター本体ユニットとクラスターケースを組み上げようと云う段階で、「一応ポチってみよう」とトリップゲージのリセットボタンを押してみたら、コレが固まってて動かんワケですよ。

 で、本日はコシを据えて、いつもの「建設のための破壊(笑)」と申しますか、これから組み立てようと考えていた物品をいよいよバラしてしまうと云った”ゴール遠のき系”作業に従事するコトを決意するのでありました。「あー、この時期のスピードメーターって、単体でハズせなかったんだっけなぁ。」と始めてスグに思い出し、些か挫けそう(笑泣)になりましたが、写真を撮影したり、各部にマーキングしたりしながら、ホイホイと”患部”に到達。引っかかってたトリップメーターを「ゼロ・ゼロ・ゼロ・ゼロ」にリセットいたしました。・・・あとは一旦組み立て直して、クルマに積んで走らせる”実技”が必要なんだけど、トリップメーター動くかなぁ&戻るかなぁ。ま、ダメなら、また”バラすダケのコト”なんですケドね(泣笑)。

 そんなところに、先日の”ホルモン国際大会(笑)”で通訳として大活躍してくださった「TERRA」さんが、福井からわざわざ再々度の御来店。地元の御土産をたくさん有難うございましたぁ。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年3月21日 (月)

サンレンキューなれど、色々やったモンだ。

 はひはひはひ・・・。世間的には本日は春分の日の振替休日だったりするモンで、御彼岸関係でのドライブとなった方々も多かろうと思います。ワタシは先週の日曜日に、”ホルモン国際大会(笑)”の翌日であったにも関わらず午前中から三つのお墓参りをして御彼岸のマネごととさせて頂きましたので、ほぼ今日は、朝の7時過ぎから”通常営業”でありました。一応祝日なので、18時にはアガらせて頂きましたケドね。

20160321012016032102 ・・・まずは、マセラティギブリⅡ前期型(「名古屋のG」さん号)のボディにガラスコーティングを施すため、8時前には「稲敷のK」さんが、重装備を積んだクルマで駈けつけてくれました。ソレに間に合わせるために、定置場からギブリを運ぶのが、ワタシに課せられた本日の第一ミッションであったのです。お昼過ぎ、オモテでのコーティング作業中に「S」さんが御来店。御自身が納車を待つマセラティクアトロポルテⅣV6エボルツィオーネの場内リフトアップ中の風景を御覧になりたいとの御要望にお応え出来ました。同時に「S」さんのお知り合いの方もマセラティクアトロポルテⅤでいらして頂きましたが、急な事とて、当方も御満足頂ける対応が出来なかったのが心残り。で申し訳ありませんでした。

20160321032016032104 ・・・件のギブリⅡ前期型のボディガラスコーティング作業を済ませましたら、いったん場内に収納いたしました。

 今度はマセラティ222 4v(「O」さん号)を持ってまいりまして、納車にあたってのボディの表面メンテナンス磨きを実施しようと云った魂胆(ヒト遣いがアラい:笑←Kさんスミマセン!)であります。艶やかさを取り戻した4vも、いよいよステキですね。

2016032105201603210620160321072016032108 ・・・なんてなところに、タイヤ屋さんがやってくる段取りを組んでしまいましたので、「S」さんのクアトロポルテⅣV6エボからホイールをハズしてウラオモテを清掃し、「んじゃ、タイヤをハズしてきてね」と頼んでおきましたら、小一時間でホイールたちが戻ってまいりました。明日からホイール修正塗装業者にてガリ傷の修理作業です。

 ・・・てなところに、いつものデント&皮革修理のフィニッシャーさんが、木曜日に予定していたのですが、これまた急遽本日来られると云うコトになりまして、ギブリⅡ前期型のリアフェンダーのデントを行ってもらっている間に、ワタシは4vの左ドアトリムを分解してデントの準備を進めつつ、外装はKさんが磨いてると云った当店ならではのカオスってる状態となりました。続いて4vの左ドアにあった数か所の小さな凹みも無事に除去。4vの運転席シートと肘掛け部分は皮革表面修理のためにハズして持って帰ってもらいました。

20160321092016032110 ・・・ホントは今朝一番の状態では、エボV6の下に居たのはこの4vでありました。ワタシが午前中に従事していたのは、前後長の深い1DINオーディオを如何にキレイに収納するかといった作業。ここ数日の苦闘(笑←Oさん御心配をお掛けいたしました)の甲斐あって、御覧の様にリバース時には車輌後方の様子を小さなモニター画面で窺える様になりました。Oさんの発案、面白いでしょ、コレ。

 それじゃー、また明日!アレ?今日は結婚記念日だったんだぁ、忘れそうぢゃった(泣笑)。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年3月19日 (土)

Ludovic Lazareth(ルドヴィク・ラザレス) LM847、えっ?マセラティV8エンジン輸送用のオートバイ?!

 今日は、一日中雨が降ると思って覚悟をキメておりましたら、意外にもお昼くらいからカラっと晴天に変わり、サンレンキュー最初の土曜日は順調に過ごすコトが叶いました。あー、有難や有難や。

2016031901201603190220160319032016031904 ・・・あ~、もうビョーキ、ヘンタイ、あんたバカ?・・・思いつく限りの”賛辞(笑)”を贈りたくなるオートバイが発表されておりやす。

 数日前から当ブログのコメント欄に於きまして、函館在住のお馴染み「I」さん(本日は保険更新の御電話有難うございましたぁ!)が、この”うるとらすーぱーはいぱーましん”のハナシを囁いておられましたが、あんまり”喰いつき”が無かったので、ワタシが大々的にプッシュしようと思い立ちました。あんまりオートバイネタに興味無いの?皆さん。なにしろ我がマセラティのV8・4200エンジンを搭載してるんですヨ!フランスにあるらしい、このLudovic Lazareth(ルドヴィク・ラザレス)って会社は、こういった”色モノ”ばっかり開発しては世に問うているみたいですね。ここの公式サイトを見るとビョーキ・ヘンタイ・バカ(ずぇぇ~んぶホメ言葉ですヨ、ココでは:笑)なのばっかしで、まったくもって素晴らしいとしか言いようがありません。クァッド・バイクっつーんですかね、こういうカテゴリーって。駆動系・操舵システム・バンク機構など謎が多くて興味は尽きません。ホイールリム内周いっぱいに貼り付けられた超大径ディスクローターを内側のキャリパーで制動するなんて逆転の発想も面白いですが、こんなのフルブレーキ掛けたら、ニンゲンは前方にすっ飛んでイキそーです。だいたい、我がマセラティのV8・4200ccエンジンはカタログの透視図写真から抜け出してきたかの様で、まるでそのまんま載っかってマス。コレに覆いかぶさる様な格好で乗車するワケですよね・・・どう考えても熱いよね、コレ(無粋ですか:笑)。・・・アホ?ワタシは試乗したくありません(キッパリ!)。庭のオブジェに一台欲しいモノではあるなぁ。力強く、意外と美しく、その上、目ん玉が吊り上がってないところがいい、今どき。

 ・・・ホンによくぞ作ったモンだよなぁ。上のユーチューブ動画、当然音出ます、注意!デス。

 それじゃー、また来週!もう少しでシゴトも済みます。今日もホルモン屋に行こうかな、これから。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年3月18日 (金)

春の嵐の中で

 本日も、昨日に引き続いて、大安吉日に相応しくハレバレとした好天からはじまりましたが・・・

20160318012016031802 ・・・コレが、昨日も云ってた、”たこちゃん巣(アパート)”の目の前児童公園の今朝の模様です。

 そうそう、今年はサクラの開花もハヤいらしいのですが、毎年恒例であった、このベンチに座っての夜桜見物も、枝ぶりも良くスコブル立派だったサクラの樹が切り倒されてしまいましたので、残念ながらお楽しみがひとつ減っちゃいました。それにしても、春の朝に陽光降り注ぐの図はシアワセな気持ちになるモンですね。

2016031803201603180420160318052016031806 ・・・もうね、なんだかワケが分からなくなっちゃうくらいにアタマを切り換えつつ業務に邁進するのですが、途中からものすごいイキオイの強風が吹き荒れる天候に豹変いたしまして、いよいよ「どーちよ~」と云った按配でした。

 朝一番に陸事まで自走でナンバーを付けに行ったMINIクーパーSコンバーチブルには、ETCが装備されていないコトがいまさら判明(笑泣)いたしまして、帰ってきてから急遽装着工事に突入。夕方までにはなんとか「ふじみ野市のU」さんにお越し頂きまして、無事に”納車の儀”に漕ぎ着けるコトが叶いました。一方では、場内でリフトアップ中のマセラティ222 4v(「O」さん号)のホイールに新品タイヤを装着してもらい、二階ではマセラティギブリⅡ前期型(「名古屋のG」さん号)の内装部材がようやくすべて完成。このまま一気に推し進めたいところなのではありますが・・・

 ・・・無情にも明日の予報は終日のあいだ”雨”なのだそうで、ガックシです。仕方が無いので、Gさんのギブリをいったん定置場に移しまして濡らさぬ様にカバリング。土曜日は4vの中で過ごすコトになりそうです。まー目まぐるしいコトっ(笑)!

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年3月17日 (木)

ぜっこーちょーな天気!

 あちょ~!昨日聴いた天気予報の通りに、朝起きてオモテを見たら”ズどどピーカン”で雲ひとつ無い青空。朝食前には、久しぶりに目の前の児童公園を散策しつつ深呼吸をば。すぅ~はぁ~、あー、きんもちいいなぁ。

20160317012016031702_2 ま、本日は珍しく全国的に晴天だったと思われますので、この気分を日本全国の当ブログ読者様方と共有出来るのが嬉しい限りです。

 けれどね、こうやって急激に暑くなるのも、結構カラダにコタえるモンです。御老体な人間にも影響を及ぼしますが、御老体なクルマの方にも気を遣って頂きたいもの。リフトの上ではマセラティ222 4v(Oさん号)の下回り防錆塗装などの作業が行われております。ところで、この二枚の画像、昼間と夕方なんですが、その違いはお分かりにならないかな・・・。

201603170320160317042016031705201603170620160317072016031708 ・・・ワタシの方は、ワケあって、朝から昼過ぎくらいまで散発的にパソコンの前にへばりついてなきゃならない状態であったため、せっかくの好天であるにも関わらず、地味な内装部材組立作業に従事いたしました。

 この画像ではマセラティギブリⅡ前期型(「名古屋のG」さん号)のドア内張りトリムを一から十まで組み立てる作業を行っているところの最終工程の一部のみをお見せしています。

 ビトルボ系マセラティではスッカリお馴染の、このドアポケット部はビヨ~ン・びよ~んと手前に孤を描く様に引っ張れるのが特徴ですが、その”メカ部分(って云うホドのもんぢゃありませんが:笑)”を組み立ててる光景デス。先日いったん皮革部をハガしてウレタンフォームを新しく内装いたしましたので、充分な乾燥時間をおいての組立作業で万全を期そうと云う魂胆でありました。バネ鋼には防錆塗装を施しまして、組み立て作業中に思わずアルカンタラ表皮を汚さぬ様に気を遣いながら触ります。ようやく最終コーナーがほんのりと見えてまいりましたヨ(ホンにホンノリと:笑泣)。

 ここで、”ぎょーむれんらく!”本日、3月後半と4月中に自動車保険の更新がある方々に、全般的にインフォメーションをメールでお送りいたしました。とくにBIANCO・UNOさんは、満期迫っておりますゆえ、お早めに御連絡くださいネ!御待ちしておりまぁ~っす!!

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年3月16日 (水)

マセラティギブリⅡのメータークラスターとマセラティクアトロポルテV8エボルツィオーネのウッドパネルを直すハナシ

 あー、今になってハラ減ったなァ。さすがに、たぬきうどんダケでは、夜までパワーが保ちませんワ。いやね、昼間はあんまり食欲が湧いてこなかったモンで。ずぅ~っと、ソンキョの姿勢のまま両膝で掃除機のノズルを挟んだ状態を保ち、左手には相手部材を、右手にはエアーサンダーを握って研削作業し続けると、騒音と微振動と立ち上る微粒子も相まって、そりゃもー、食欲など無くなろうかと云うモノです。

201603160120160316022016031603201603160420160316052016031606・・・そんな本日のワタシのパートナーを一日中ツトめてくださったのが、コチラの方でぇ~っす!

 この画像は、マセラティギブリⅡ前期型(「名古屋のG」さん号)に装着するメータークラスターに発生している経年による熱変形をどうにか直していく作業であります。

 特に、黒やネイビーの内装色を持った個体の場合には、いつも納車前に避けられない項目の作業なんです。濃色系の皮革が、真夏の陽光を燦々と吸い込みまして、経年する間に縮んでくるワケですが、メーカーでの製造時に革の端をガッチリ接着&固定していない個体では、革が届かなくなって中身の樹脂が見えてしまう様になり、一方で、ミョーにガッチリ固定が利いてる個体におきましては、土台の樹脂クラスター自体がオニの様に変形いたします。で、本日のクランケは後者の状態を呈しておりました。なるほど、画像にはありませんが、このクラスター裏側では、革の端っこ(のりしろ部分)に親の仇の様にタッカーが何十発も打ち込まれておりまして、まずはソレをすべて抜き取るのに往生しましたばい。

 ①:まずは表面の皮革部材を出来るだけ丁寧にダメージを与えぬ様にハガす。

 ②:内部でモロモロになってる劣化ウレタンフォームを真空掃除機で吸い取る。

 ③:ガストーチで直したいクラスター変形箇所のウラオモテを炙り、素手若しくは足の裏で修正する。

 ④:それでも出きらない表面に生じた凹み部分には豪快にパテをてんこ盛りする。

 ⑤:オリジナルのカタチを想像しながら、樹脂クラスターのウラオモテをエアサンダーで研削する。

 ⑥:だいたい雰囲気が出たら、もう一度炙って細部を調整→パテ盛り→研削の繰り返し。

 ⑦:メーターの機構部分やダッシュボードなどとの形状整合性を何度もチェック、ダメなら⑥に戻る。

 ⑧:表面に新しいウレタンフォームを張る。

 ⑨:皮革部材を元通りに被せて、裏側ののりしろ部分を強力に接着する。

 ⑩:とりあえず完成!

 ・・・本日の画像は、作業前の状態と③と⑩のみですね・・・他の写真なんか撮れるもんかぁっ(笑泣)。

20160316072016031608 ・・・続いて、ここのところワタシに課せられているミッションには、マセラティクアトロポルテⅣV8エボルツィオーネ(「戸田市のT」さん号)のウッドパネル表面修理作業と云うのが、あります。Tさんからのスペシャルオファーは”楽器のように艶やかな水も滴るワインレッドであって、且つ木目が透けて見えるように”と云うモノ。テストピースを数回トライして作ってみました・・・赤みがなかなか出し難い。ようやく少し雰囲気が出て来た様な気がしてますが、こんな感じでは如何(写真より現物の方が赤みが強いデス)でしょう。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年3月15日 (火)

マセラティクアトロポルテⅣ V8エボルツィオーネ コーンズセリエスペチアーレっつ!ですぜダンナ:新入荷速報だヨ。

 うひょ~!本日も使い捨てカイロ4枚にヒートテックももひき&レッグウォーマー重ね履き&靴下二重履きで迎撃しておりましたが、強い北風はホンにコタえますなぁ。皆様くれぐれも御自愛のほど。

2016031501201603150220160315032016031504201603150520160315062016031507201603150820160315092016031510 ・・・本日は、そんな寒さも吹き飛ぶくらいに目の覚めるようなビトルボマセラティを御案内いたしやせう。

 まぁ、まだあるところには、あるモンですね。御覧のマセラティクアトロポルテⅣはV8エボルツィオーネのコーンズセリエスペチアーレⅠであります。昨日の晩に急遽、当店への入荷が決定して、さっそく明日現地を出立する予定となっておるのですが・・・画像からも香り立つオーラが噴霧(笑)しまくっているのがスゴイところ。

 内装・外装・エンジンルームと、隅々まで丁寧に使われてきた来歴と云うのが、いやがおうでも伝わってまいりますね。前オーナーさんの愛情が偲ばれます。実に7万キロ程度は走ってきてるんです、これでも。まずは、そんじょそこらの”自称3万キロ”車など吹き飛ばす超絶コンディションに萌えろ(笑)ドラゴン!

 初年度登録が平成13年4月ですから、2001年降ろしモデルと云うコトになりますが、今年は何年だっけか?・・・あう~、2016年(平成28年)ですから、このクアトロポルテは4月で満15才を迎えるワケですね。這って歩いたアノコがなんとやら。中学三年生ってか?

 この個体は、ずいぶんと遠方から当店にやって来てくれる予定となっておりますので、到着するのは次週後半となりそうです。入荷したら、さっそく各部を入念にチェックして、そのうち本格的に御案内いたしますヨ。もっとも、本当にクアトロポルテⅣの好コンディション車を御望みの諸兄には絶好の個体ですから、御来店&御試乗の予約ダケは、お早めにあらかじめ入れておいてくださいね(願)。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年3月14日 (月)

”ホルモン屋”国際大会(笑)、有難うございました!

 おぉ~サブっ!もう本日は完全に冬の雨がザンザンの寒い寒い月曜日で、まったく止むコトを知らない冷たい雨は終日降り続きました。サスガに雨中のヒト桁℃はキツいヨなぁ。土曜日のアレは夢?

20160314012016031402 ・・・で、ついに、ヤッてしまいました。っつーか、来てしまいましたヨ、「りゅたろう」先生がホルモン屋に。

 一昨日の土曜日夜、ホンの数日前にオランダから来日されたばかりの「ハンさん御夫妻」を引き連れて・・・いったい、ナニをどのよーに説明して連れてきたのか分かりませんが、とにかく御覧の様に炭火のケムリ棚引く中で「誤り解釈されそーな日本情緒(笑)」を存分に楽しんでいらっしゃいました。云うまでもなく「りゅたろう」先生は大分から、初参加「TERRA」さんは福井から、お馴染み「Sm(仙台の万吉:笑)」さんは仙台から、「牛久のS」さんはそのまんま茨城県牛久から、古参顧客ながらやはり初参加の「とちぎ」さんはなぜか町田から、「越谷のC」さんはそのまんま埼玉県越谷から<以上、遠い順:笑>、それぞれわざわざお越しになってくださっているのですから、皆さんの「りゅたろう先生見たさ(あ、”会いたさ”か:笑)」の情熱はものスゴイものがありましたね。練馬ナンバーエリア在住とは云っても、「おぐ」さん、「練馬のH」さん、「テツヲタ」さん、「町内会のM」さん<やっぱ、遠い順:笑>も、御仕事忙しい中で万障お繰り合わせの上でのムリヤリ参加・・・「ヨっ、”りゅたろうセンセー”人気者!!」

 ワタシの面前エリアでは、主に「練馬のH」さんが中心となっての”爆笑ハ○トーク”が繰り広げられ(そのスジ歴の長い「テツヲタ」さんの隣なのに:笑)ておりましたが、そのうちチットは真面目なハナシとなり、「Wさまの“三行コメント”は本当に秀逸である」と皆さんが絶賛されてました。一方の”ハンさんエリア”の方では、”英語の喋れる三人衆(笑)”がソツなくとりなしていた様子でしたが、そのうち「りゅたろう」先生が「あ~、ツカれたぁー。どーせニホンゴでしゃべってればナニしゃべってても分からないからいいんだよ・・・」と、とっととコッチに逃げていらっしゃいましたケド、ナニか?(でもイツに無く上品だったよねぇ、先生?:笑)

2016031403201603140420160314052016031406 ・・・だいたい8時半くらいまでには参加予定者全員が打ち揃いましたが、ダレか新たにお越しになるたんびに「Proost(プロースト:オランダ語で乾杯の意)!」の嵐。”たこヨメ”がそのあと帰ってきたあたりの時間帯には既に”爆裂酔っ払い軍団(笑泣)”と化してました。

 それでも、英語が堪能な「牛久のS」さんと「TERRA」さんに助けられ、決してコミュニケーション不足による国際紛争に発展するコトもなく(笑)、ホルモン屋さんでの盛り上がりは結局深夜まで及びました。「デポの前にイッて、みんなで集合写真を撮ろう!」と、りゅたろう先生に促がされた参加者全員で「はい、ポーズ!」ブルガリア御出身だと仰る美しいハン婦人と、”(そーでもない:笑泣)たこヨメ”はしばらくハグハグして別れを惜しみ、拾ったタクシーに乗り込む三人様を皆さんでお見送りいたしました。まったくハリケーンの様な四時間はアッと云う間・・・

20160314072016031408 ・・・で、終電間際の「とちぎ」さんも先にお帰りになって、前後不覚の酔っ払い集団(笑)が呆然と残されましたが、「はい!イキましょぉ~」と、二次会はいつもの”カラオケBanBan”に。

 「とにかくアニソン&特ソンが充実してる部屋にしてね」とオファーして入った部屋(左画像)の曲予約リモコンの具合がマズく、さらには曲の終わりがすべて切れてしまうので文句を付けたら、「じゃ、いったんリセットしますんで・・・」と若い店員。いつまで経っても立ち上がらないので業を煮やしていると、どうも本格的に機材の調子がダメになったらしく、「それじゃ部屋、換えましょう」と云うハナシになりました。今度の部屋(右画像)は広々していてリモコンもサクサクで快適!初めからココにしてくれればよかったのにねぇ。

 早速「テツヲタ」さんと「牛久のS」さんは”TRAIN-TRAIN”のデュエットで同門先輩後輩の結束を見せ、齢30の「TERRA」さんが歌う、御自身が生まれる前の昭和歌謡&特ソンの数々(中でも、美空ひばり”愛燦々”は圧巻)には全員唖然&爆笑(背中のチャックを開けると中から爺さんが出てくると云うウワサのある「kkmustang」さん2号と命名:笑)。

 「練馬のH」さんは”さそり座の女”でシナシナとユルい魅力を振りまき、最近カラオケに目覚めてしまった(笑)と仰る「町内会のM」さんと「たこちゃんズ」は、みんなにヒカれる(メジャーでないよな)アニ特ソンばかりを次々に熱唱。「Sm」さんには自らのテーマソング”故郷は地球(シルバー仮面主題歌)”をともに歌おうと乞いまして、ムリヤリお付き合い頂きましたが、他にもあしたのジョー関係曲を次々に絶唱・・・あれ?「おぐ」さんは?・・・すでにブっ倒れてマス(泣)。どうにかタクシーに押し込んで(笑)っと・・・。

 まぁ、いよいよ残されたメンバーはとりあえず練馬に住居があったり、今晩の宿が決まっているヒトビトなれど・・・アレ?「越谷のC」さんが1時過ぎてんのに朗々とサワヤカに”ぼくらのバロム1”とか「ぶろろろろぉ~」などと歌い続けてるケド大丈夫かなぁ。その後の顛末がコレコレ(オチに使ってスミマセン・・・「牛久のS」さん、イイ人だぁホント:ペコリ←たまたまダブルの部屋とっといてヨカッタ)。

 初参加の「とちぎ」さんが、ホルモン屋の席でワタシにつくづく仰ってましたっけ「この会、いいですねぇ。もうシゴト関係の飲み会なんかと違って、とにかく初めてのヒトばっかりなのに気分よくて楽しいデス」と。有難い御言葉だなぁとあらためて感じ入りました。今回御参加の叶わなかった方々も次回から是非!人柄の良い方々ばかりで、毎度ホントに楽しい集いとなっております。皆様には心からの御礼を申し上げます。コメント欄を拝見いたしますと、それぞれ無事に御帰宅された様子でよかった、ヨカッタ。

 最後になりますが、昨日、本日と「りゅたろう」先生からは直々に御電話を頂きました。一昨日御参加の皆さんに「有難うございました」との旨と、ハンさん御夫妻は本当に楽しまれたとの由を承りました。これから6週間あまり日本に御滞在予定だそうですが、どうぞ道中お気をつけて”本当のクール・ジャパン”を御堪能頂きたく願うモノです(ダレか訳して:笑)。あ、一昨日の「リアルりゅたろう」先生、アレでも、まぁ~だまだ幾重にも防御網を張ってる姿でしたので、ユメユメ誤解をなさらぬ様に(反撃がコワいわぁ:笑)、ネ。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年3月12日 (土)

納車の儀→整備車の納車・・・いつもの匍匐前進(泣笑)

 本日も、冬の寒さにUターンモードをキープしている東京練馬。朝早くから、本日開店一番、朝10時からの”納車の儀”に備えて大ラスのミッションを開始いたしましたヨ。

20160312012016031202 マセラティクアトロポルテⅣ後期型(「板橋のH」さん号)は、各部の仕上げと整備内容について「極くアッサリと」とのオファーでありましたが、全油脂液体類交換、バッテリー交換、昨日行ったエアコンエキスパンションバルブ交換&ガスチャージ&サーチを経まして、ようやく本日の”納車の儀”に漕ぎ着けるコトが叶いました。Hさんは色々と当方の置き場事情なども斟酌してくださり、感謝する事しきりです。「くれぐれもお気をつけて・・・」とお見送りいたしましたら、しばらくすると「市川のT」さん(わざわざ本日も御土産を有難うゴザイマス!)が、タイミングベルト&ウオーターポンプ交換を済ませたマセラティシャマルを、重篤の(泣笑)花粉症をおして取りに来てくださいました。ホントに暖かくなればなったで本邦での国民的疾病とも云える花粉症が蔓延するのは、逃げ場が無いダケにコマったものですね。と云ったワケでTさんは今晩の”ホルモン”泣く泣く御欠席だそうです。しばらくはたいへんでしょうけれども、どうぞお大事に。御両人様、本日は有難うございました!

201603120320160312042016031205201603120620160312072016031208 ・・・引き続いて午後からは、いつもの「匍匐前進」系(泣)作業を開始。

 店頭には、マセラティギブリⅡ前期型(「名古屋のG」さん号)を持ってまいりまして、軽微なひび割れのあったリア左テールレンズの交換を行いました・・・画像は中古美品を中もソトも洗浄して乾燥させたのちにレンズ表面を磨き上げて交換した後のモノなんですが、パット見は今まで御案内していた画像とあんまり変わらない様子に見えるのが、匍匐の匍匐たるところ(笑泣)。

 並行して場内では、MINIクーパーS コンバーチブルに装着されていたホイールスペーサーの除去作業と、ブレーキローター防錆塗装&ブレーキ周辺の清掃、ホイールの清掃作業を同時に、一本ずつ丁寧に行っておりました。昨日「ふじみ野市のU」さんが、いつもの様に大量の差し入れを携えて(ホンに有難うゴザイマス!)御来店くださいまして、”御対面の儀”を行ったのですが、「このトレッドの見た目を拡げる怪しげなスペーサー、(車検対応など色々な意味で)ヤバそうなんで、出来れば取っちゃいましょうね」と申し上げておりました。果たしてハズしてみると、ホイール固定ボルトがロングサイズ化されておらず、”先っちょの三巻き”しかボルトが噛んでおりませんでした。ホントは、おそらくロングボルトになってると思っていたので、「スペーサーとっちゃって、ボルトの先端がハブの中身に干渉するようなら、ノーマルの短いボルトを別途入手いたしましょうね」と昨日打ち合わせしておったのですが、”ビミョーな杞憂(笑)”に終わりました。ソコは、終わりよければすべて良し!ってコトで。

20160312092016031210 ・・・で、日没直前にはマセラティ222 4v(Oさん号)を持ってきて、御所望のバックカメラ取り付けに伴う内装分解してのハーネス這わせ(取り回し)作業の続きをば。あぁ~んなコトやこぉ~んなコトを数々弄すれど、ワタシの実力不足からか、コチラも匍匐の歩みでございやす。次週は気分を変えて、リフトアップ作業の方を先にやろうかなっと思っております。もう少々のお待ちを。・・・で、一旦定置場に収納。

 それじゃー、また来週!さぁ、ホルモン屋にGO-っ!!(喜←今日は昼メシ抜きだったからな)

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年3月11日 (金)

あれから、5年経ったか・・・

 あたりまえの事ではありますが、5年も経過すると、0才児は5才となって、幼稚園や保育園でも年中サン。気合の入ったお家では、そろそろ”お受験”のコトも考えなけりゃと思うくらいの時期に差し掛かってまいります。

20160311012016031102 コドモの頃には、5年先とか5年前なんて、超未来と太古のムカシに思えていたモノですが、さすがに生を受けて半世紀以上経過した今では、5年前など、つい昨日の様な感じに思えてしまいます。

 5年前の本日、お昼過ぎには隣の板橋区界隈で、とあるマセラティの査定をしていました。で、不動車であったソレをどうやって担ぎ出すか・・・なんてハナシをほとんどまとめて、三男のクルマ(当時はメルセデスEクラス)に乗ってデポへと帰って来る途中で大きな揺れに見舞われたのです。ちょうど、所轄警察署の目の前の信号で停止していた時でした。縦揺れは次第に大きくなり、「ついに(乗ってるベンツの)エンジンマウントが逝ったか?」などと半ば苦笑していたくらいだったのが、そのうちかつて体験した事のない激甚な揺れとなり、「あ、やばい。コレ地震だ!」見れば目の前の信号機が根こそぎビヨンビヨンとしなっています。戦慄が走ると云うのは、まさにこんな感じなのか、と、初めて心底思いましたが、その数日後、テレビの映像に噛り付く中、原発からもうもうと煙が立ち上ったシーンをライブで見た時の衝撃は筆舌に尽くし難い、まさに諦観すら感じるものでした。すべての民放が各社通常CMを自粛する中、公共広告機構の穴埋めCMが繰り返し繰り返しリピート放映され続けていたので、内容の明るく前向きなムードとはうらはらに、2011年3月11日以降しばらくの陰鬱な気分をなぜか思い出させるCMとして、トラウマティックな感慨を持つ方もいらっしゃるかも知れません。

 ・・・それから数ヶ月の間、大きめの余震にビクつきながらリフトを上げて作業したり、ガソリンが入手難になったり、コンビニ弁当や飲料水が買えなくなったりと、直接の被災地から遠く離れた東京練馬にも、その影響は深く影を落としました。原発事故から数日後に都内の比較的放射線量が高いと云われていた地域まで商談に行きましたが、「こんなに人が居ないんだ・・・」とビックリするくらいに、昼間のオフィス街なのに屋外に出ている人はまばら。コンビニを覗いても、食べ物売ってない。体中を雨合羽で覆い、幾重にもマスクをした人を見るに及んでは、「いったい、この先はどうなっちゃうんだろう・・・」と些かならず愕然とした気分になった事も思い出されます。

20160311032016031104 ここ数日は、”震災から5年”と云う企画で、被災地の現状に関する報道も多く目にいたしますが、”東日本”だけではなくて、”阪神淡路”や各所での噴火災害、”無差別テロ”を初めとして、少なくとも自分が生きている時代にこの国で遭遇した天災・人災に泣かされたり、人生を狂わされたり、物心両面で影響を蒙ったりしている方々が「普段は我が目に見えないけれど、実際に大勢いらっしゃる」事を思えば、自分などはつくづく恵まれた環境に身を置かせて頂いているなと・・・若干の起伏こそありましたが、おかげさまで自分の生活自体は表層的にはほとんど変わっておりません。この厳しい期間をどうにか乗り越え、20年目を迎えられたのも、ひとえに当店顧客の皆様、当ブログ読者の皆様、当店関係協力会社諸兄の御理解と暖かい御声援の賜物であると、心底感謝しております。

 以前にも書きましたが、日々の”あたりまえ”に感謝しつつ「有難い」と手を合わせながら、これからも精進してまいろうと決意を新たにするものです。出来る事は本当に小さな小さな仕事だけではありますが、薄紙を剥がす様に世の中が少しでも良くなって、笑顔が増えればいいなと愚考しております。

 それじゃー、また明日。元気に(当ブログとホルモン屋で:笑)お会いいたしましょう!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年3月10日 (木)

本日は、雑談のみで失礼(笑泣)

 あひょぉ~、今日は”寒の戻り”と申しましょうか、とにかく時間経過とともにサムさが増すと云った”ヂゴク気候(泣笑)”ではありましたが、皆さんのお住まいの地域では如何でしたでしょう。まだまだ東京はラクな方なのかな?ともあれ「宇都宮のK」さん、本日は御来店有難うございましたぁ!

 ワタシの場合には、中学生の頃から、いわゆる”不定愁訴”的症状に悩まされておりますが、こんな感じで、気温が乱高下したり、低気圧と高気圧が入れ替わったりする時には、特に身体的なツカれを感じるモノです。

 あ、”不定愁訴”ってコトバは、本来の医学的学術用語には無かったそうで(今ではあるのかなぁ)、1960年代半ば頃の”第一製薬トランコパール”広告に於けるキャッチフレーズとして編み出されたのを嚆矢とするそうです。その仲間に”情動不穏”なんてのもありましたが、コチラはあんまり流行らなかったみたいですね。とにかく、ドコが悪いってワケでも無いんだけれど、なんとなくカラダの各部の調子が今一つピリっとしない、そんなもどかしい感じをあらわそうと当時のコピーライターさんがアタマをヒネって生み出された造語ってワケですね。

 そういえば、ミニとかジャンボなんてコトバも、現在では、それぞれ極く小さいモノと巨大なモノを表現する一般的な形容詞と化してしまってますが、元々はBMCのモーリスマイナーに対するそれのミニチュア版モーリスミニマイナーに端を発する”ミニ”と・・・”ジャンボ”に至っては、とある象さんの名前(固有名詞)が、時代を経て「どデカい」を表す語になってしまったワケでして。

 あう~、ようやく夜になってきたら、症状が安定してきたなぁ。昨日、リベッティングマシンを握りしめて8本のブッといリベットを打ち込む作業を、(無い)奥歯を噛み締めながらやったのがマズかったワ。「トシあるね関係者」の皆々様方、決して御無理はなさらぬよう。春はもうすぐソコに来ています(のハズです:笑)。さぁ、風呂入って寝よ。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年3月 9日 (水)

MINIクーパーS コンバーチブルの下回りを見る

 オモテはショボショボと小ぬか雨ですが、当ブログの方では昨日のコメント欄がいい感じで盛り上がっておりますね。今のところ、常勤メンバー様の中でも「調布のU」さん、「Wさま」さんを初めとしてナミダを飲んでの不参加表明をなさっている方や御参加を逡巡されている方がいらっしゃいますが、そりゃ、このタイミングでの日程発表ぢゃ、そもそもムリですよね。ホントに申し訳ございません(ペコリ・ペコリ・ペコリっ!!)。これから、ホルモン屋さんに行って「とりあえず10人くらいはいらっしゃるみたいヨ」と奥の座敷を予約しに行ってまいりたいと考えております。

 「りゅたろう」さん(大分より参戦)、「ハン」さん御夫妻(オランダ国より参戦)、「Sm」さん(仙台より参戦)、「TERRA」さん(福井より参戦)、「テツヲタ」さん(地元なれど、アレは参加表明と受け取っていいんだよね?)、「町内会のM」さん(超地元なれど、御仕事のため1時間程度遅れで参戦予定)・・・ここまでで、7名。あ、ワタシ入れて8名、”たこヨメ(所用のため遅れて参戦予定)”入れて9名ってとこか。「おぐ」さんと「練馬のH」さんはお悩み中と云う感じでしょうか。そのほかにも水面下でいまだ逡巡中の方々もいらっしゃると思いますが、まぁ、ドナタ様も、明日・明後日中に軽ぅ~く考えてお越しくださいな。3月12日(土)PM18:30頃からイッてみましょう!これから御参加を希望される方は、当ブログの本日コメント欄にてお知らせくださいね。

201603080120160308022016030803201603080420160308052016030806 ・・・ところで、本日のネタは、久しぶりの下回りを見るシリーズですね。

 昨日は暖かく天候も良いと云う予報だったんで、MINIクーパーS コンバーチブル ジョンクーパーワークスエアロ(「ふじみの市のU」さん号)をフルオープン状態にした上で隅々までルームクリーニングいたしました。続いてリフトアップしつつ下回りの各部チェック&継続車検用清掃仕上げを行いましたので、その時に撮影した画像をお届けしております。ワタシも初めてシゲシゲと下回りを眺めましたが、BMC~ローバー時代のADO15とは同じミニを名のっていても、やはり隔世の感がありますね。

 最後尾のエキゾーストシステムの取り回しなど結構凝った作りですし、リアのマルチリンクサスペンション機構に到っては、いわゆる大衆車用の造作ではありません。この個体に装備された”ハルトゲ2ピースホイール&超扁平タイヤ”も伊達では無さそうです。一方でFF車特有の、フロア真ん中あたりにほとんど特筆すべき点が無く、極々アッサリ整然としている点も対照的で面白いところです。なんだか、全体的に近代的で信頼感が漂っておりますなぁ。・・・翻って、本日は場内に籠って、旧いマセラティ弄りの一日ではありましたが・・・ちょっとしたコトやるのに、どーして一日ぢゃ済まないんダロなぁ(あ~やれやれ、明日も続くのかぁ:泣笑)。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年3月 8日 (火)

超きんきゅーれんらく!!・・・3月12日(土:大安)6時半

 ・・・んなコト云われてもムリだよなぁ、この段階で(笑泣)。つい先ほど、大分の誇る”カラダを張った”エンターティナー&(ついでに)ドクターであらせられますところの”りゅたろう先生”御本人様より直々に御電話を賜りまして「(久しぶりに、さんざん30分くらいウダウダと会話した挙句)・・・あ、そうそう。そんなコトより大事なコト云っておかなきゃ。今度の土曜日にデポに行くけんね、(例のジェンセン541を譲ってくれた)オランダ人のハンさんと。ハンさん連れて一緒にホルモン行こ。」「え~?またそんな急に。だいたいホントに大丈夫なんですか、ホルモンで。ちゃんとお宿までは御送りするんでしょうね?」「大丈夫、(当夜宿泊ホテルのある)銀座までちゃんと連れて行くけん。」「だいたい、こんなタイミングに発表したんじゃ、みぃ~んな、来れないぢゃん!(コッチの人々は)りゅたろう先生に会えるのをものすごく楽しみにしてるのに。」「急に土曜日の予定がトンだから行けるの。サスガにね、ハンさんと一緒だから女子○生の格好は出来ないケド。」「え?せーらーふく着ないの?」「そんなの着るワケねーじゃん!バ○ぢゃないの?」「あ、さよか。」「オレたちダケじゃ、オランダ語はおろか英語もしゃべれないから、誰か英語話せるヒト募集してよ。」「とりあえず、ウチの三男か”たこヨメ”がなんとかしてくれるっしょ。・・・う~、でも確束ないなぁ。とりあえず、急遽今晩のブログねた決定!」

 今日は、写真を仕込んでおいた別ネタが二日分用意されていたのですが、ホンに皆さんスミマセンね。と、云ったワケで、来たる3月12日(土:大安)・・・って4日後ぢゃん!に、斯くの如くホルモン屋に行く事となりました。と云ったところで花見にも御彼岸にもちょっとハヤいですが、今からでも段取りが付く方は、万障お繰り合わせの上で当日午後6時半にお越しくださいませ。なんと申しましても、天下の奇人(笑)りゅたろう先生のモノホンと相見えるコトが出来る千載一遇の大チャンス!”ねーでるらんど”からの御客人まで交えてホルモン屋さんでホッピー呑めるなんて空前絶後の所業ではなかろうかと思います。どなたかオランダ語が御堪能な蘭学者の方、居る?(居ねぇ~よなー:笑泣)

 とにかく、御参加の是非を問いたいと思いますんで、テキトーにコメント欄やメールにてお知らせくださいね。ホント、こーゆーハナシはヒト月前にしておいてくれればいいのだけれどねぇ~(泣笑)。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年3月 7日 (月)

MINIクーパーS コンバーチブル、初入荷!

 あう~。昨日の日曜日は、全般的にガタってるカラダを癒そうと、終日ゴロゴロしつつ無為に過ごしてしまいましたが、今朝、目覚めて「さぁーヤルぞぉ~!」と意気軒昂にカーテンを空けたら、いきなり「どよぉ~ん」と雨模様(泣)。

20160307012016030702201603070320160307042016030705201603070620160307072016030708 ・・・本日は、コレが午前中に入ってくる様に段取っておりましたので、いきなり「濡らしたくないなぁ~」っと気分が些かならず滅入ってしまいましたが、はたして10時過ぎになると陸送屋さんから「只今、笹目通りでトランポ(積載車)から降ろしてるんで、ここまで取りに来てください」と無情のTELが。

 もう、そのアトは、雨がアガりそうになるたびに、隅々までキレイに拭きあげつつ撮影しようと努力するものの、断続的な5回に及ぶチャレンジも虚しく、トップリと日も暮れてまいりましたので、とりあえず急ぎ撮影した画像で申し訳ございませんが、ここに開陳する次第デス。

 「ふじみの市のU」さんからの御下命(感謝!)により降臨いたしましたのは、BMWプロデュースによるMINIクーパーS コンバーチブル ジョンクーパーワークスエアロです。

 2009年前半モデルなので、ギリギリクラシカルな佇まいを持ったターボエンジン仕様車と云うコトになりましょうか。走行距離2.1万キロに満たない個体は、まだまだ内外装&エンジンルームなど新車に近いオーラを湛えております。実のところ、ワタシこのタイプのMINIに乗るのは、本日が人生でニ度目。初めて乗ったのは、何をかくそう昨年末のコノ時(「調布のU」さんスミマセン:笑泣)だったんですケド、アレだけ同乗者全員が泥酔してたにも関わらず、追加的(乗り物)酔いの方はまったく起こらずに、極めて快適に練馬まで生還(笑)させて頂けましたので、「ほ~、コレ結構いいなぁ」っと内心思っていた次第。今週ハレたら、ちゃんと自ら運転してみて、走行感をインプレいたしましょう。何しろ本日は、回送するのに1キロも走っておりませんのでね(初体験はリアシート乗車だったし:笑)。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年3月 5日 (土)

こういうのこそ、”掘り出しモン”て云うんですゼ、ダンナ(笑)

 本日も、春の暖かさに誘われてソリャ花粉が飛びまくり、目がイタくてしょうがない一日でしたヨ。

201603050120160305022016030503201603050420160305052016030506 ・・・今晩は、そのような土曜日を頑張り抜いた自分に、少しは御褒美でもあげようと、只今”たこちゃんズ@ホルモン屋(またかい:笑)”してきました。

 ホルモン屋のママと火を起こしてくれるオバチャンの御両名に、先日の”プチホルモン二次会”での行状がすっかりバレておりましたコトが判明。御二人とも店がハネたあとに”カラオケBanBan”にいらしてたんですって。・・・なんたるちや!あ~、例によってアニソン&特撮ソング大会であったコトまで知れ渡ってしまいましたので、もうコレからはいよいよコワイもの無しで力一杯に歌いまくれると云うモノです(笑)。

 で、本日は、そんなコトとはまったく関係ないハナシが本題なのですが、アルファロメオ156GTAの6速マニュアル車をチラ見せしておこうと思った次第。「お~、ビューチフル!!」な個体でしょ。9.9万キロほど走破しておりますが、とてもとてもそんな感じには見えませんね。もうじき入荷予定なんですが、「違いの分かるアルフェスタ」のお客さんか、「違いの分かるアルフェスタ」と呼ばれたい予備軍の方々には、色々な意味で自信を持ってお奨め出来る個体だと自負しておりますので、「違いの分からない」自信のある方(笑)はヒヤカシてくれなくて構いません。こういった個体をリーズナブル価格でゲット出来る方こそが真の目効きと云うモノではなかろうかと愚考するものです。「いざいざ、我こそは!」と、ワタシからの愛のある挑発に乗る気概のある方は、おハヤ目にデポまでメールか御電話をくださいな。コレでイタリア車デビュー予定の若者(&爺様も:笑)、御待ちしておりまぁ~っす!!

20160305072016030508 ・・・で、”本日のオマケ”はこの画像。

 「おぐ」さんは、一体ドコを流離っていらっしゃるのかと云えば、どうも東金とか大網白里海岸とか、とにかく、千葉拙宅の近所を徘徊(笑)していたらしいです。このマセラティギブリⅡ最終型GTにしても、確か9万キロくらいは走ってる個体だったと思いますが、旧いイタリア車は、ソレがマセラティにしろフェラーリにしろアルファロメオにしろ、初めにキッチリと隅々まで手を入れておけば決してハマる事など無いモノなのです。目先の価格にとらわれていては、旧車の道で成功するコトはほとんどありません。浜の真砂の中からキラっと光る輝きを見つけられるかどうかは、プロの目効きに掛かっておりやす。ところで本日夕方には、長野への御出張帰りに「板橋のH」さんが、大量の出張土産を携えて御来店くださいました。おツカれのところでしたのに、ホント有難うゴザイマシタ!!

 それじゃー、また来週!こうして今週も皆さんに支えられて頑張るコトが出来ました。感謝!!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年3月 4日 (金)

マセラティたちの春

 今朝、アパートを出まして、目の前の公園の方向を眺めますと、スッカリ春色をした日差しが差し込み、得も云われぬシアワセな気持ち。ホンワカした春の風を感じつつ、気分良く出社するコトに。

2016030401201603040220160304032016030404 ・・・こうして麗らかなる日和ですと、朝の水仕事も俄然楽しい作業に感じられますね。ここのところ、内装の仕上げ組立を続けていたマセラティギブリⅡ前期型(「名古屋のG」さん号)の方にもようやくナンバーが付きまして、そろそろお嫁入りも近づいてまいりましたので、外装細部の方もアレコレと。

 その一方で、場内にリフトアップされているのはマセラティクアトロポルテⅣ後期型V6(「板橋のH」さん号)なのですが、このたび初めて当店のネットワークに入ってきた個体のため、納車にあたってはアチラコチラを「ウチの子化」する必要がある様子です。整備のために、エンジン直下・フロントバンパー後ろの樹脂アンダーカバーをハズしてみますと、御覧の様に長年の間に堆積したスラッジが積層してカタまっておりました。このままでは、何が何処からどう漏れてるのかを一瞬にして正確に掴むコトが難しいモノですね。

2016030405201603040620160304072016030408 ・・・で、洗いました(笑泣)。左の画像が洗い上げてスラッジをすべて拭き上げた状態です。幾らなんでも「ウッソだぁ~!」と思ってるでしょ。でも本当なんだから仕方が無い。オーナーのHさんとワタシたちだけが知る真実となりましょう。

 暖かくなってまいりますと、本邦名物の花粉が飛散してまいりますが、朝に拭き上げたボディも夕刻になる頃には黄色く積もられて(ヘンな日本語だにゃぁ)しまいますので、この季節には作業中に何度もボディを拭きながらの闘いを強いられます。場内のクアトロポルテ、すべてのオイルドレーンコックを解放して”オイル下抜き”を完全に行うための”放置プレイ”タイムとなりましたので、しばらくギブリを場内(クアトロポルテの直下)に入れられません。その間に水拭きしてみたら、アラまぁこんなにキレイになりました。ここまで来るのはキツかったケド、春はイイなぁ~やっぱ。期せずして眼福・至福な春の夕方でございました。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年3月 3日 (木)

うれしいひなまつりのトリビア

 え~、ホントに春が急激にやってきた様子となった本日の東京練馬ですが、気候が温んでまいりますと、今度は花粉関係を気にせねばならず、まったくもって住みにくい世の中ではございます。まずは、いきなりの”ぎょーむれんらく”から。「市川のT」さん、マセラティシャマルのタイベル&ウオポン&各油脂類交換など一切完了しました。今週末の納車はどぉ?ですか(願)。「名古屋のG」さんと「湯河原のN」さんの希望ナンバーと新しい車検証が、それぞれ本日無事に到来いたしましたので御報告しておきましょう。「板橋のH」さんのビアンコちゃんは本日からリフトアップを開始しております。

 ・・・で、忙しなく働いた一日を終えまして、只今ようやくアパートに帰還いたしました。今日は「耳の日」でもありますが、なんと申しましても”雛祭り”の日であります。先ほど”たこヨメ”が光が丘のスーパーにて”超ドでかいハマグリ”を値切って買ってきた(って云うか、安くしてくれたんだって)そうなので、御吸い物も作ってもらいます。これから”バラちらし”と”ポン酒”でディナーと洒落込もうと云う魂胆なのでありますが、気分を盛り上げるのに欠かせないのがBGM。ひなまつりの今宵の場合には当然の如くに「うれしいひなまつり(音出ます、注意!)」ってコトになるワケなんですが・・・。

 今日初めて知ったんですが、この人口に膾炙した童謡の作詞者である詩人のサトウハチロー先生は、生前、自らの作品であるにも関わらず、なぜかこの曲がテレビから流れると、「チャンネルを変えろぉ!」と御機嫌斜めになっていたそうです。サトウ家の中ではこの曲は「出来れば無かったコトに・・・」って感じだったらしいのですが、どうしてそんなコトになったのかと云えば、4番まであるこの曲の2番と3番の歌詞に、ひな人形業界のヒトから見ると明らかなる大きな誤謬が存在するとの由。

 「(2番の冒頭)♪おだいりさぁーまとおひなさまぁー」・・・はい、冒頭からいきなり”ブ~(笑泣)”。そもそも「内裏」と云うのは天皇のパーソナルエリアのコトを指すのだそうです。よって「お内裏様」とは、雛人形の場合、殿のみならず「殿と姫の両方」を表す言葉であるべきだと云うコトとなります。加えて「おひな様」の方も男雛と女雛の二人で一対の事を表す言葉なのだそうで、「お内裏様とお雛様」と歌うのは、同じ事を重複していることになってしまうのだそうです。正しくは「御殿様とお姫様」とすべしと識者は語ります。

 「(3番のシメフレーズ)♪あぁ~かいおかおのうだいじんー」・・・う~、このフレーズではダブルで誤謬を生み出してしまっているらしいデス。五人囃子の下の段に居るのは、そもそも”右大臣&左大臣”ではなく”随身”と呼ばれる身分の方々なのだそうで、弓矢と太刀で武装しているのがその顕れなのだとか。もしも右大臣&左大臣ならば武装の代わりに笏(しゃく)を保ち五人囃子より上段に飾るべき存在となるハズなのだそうです。さらに、左右の解釈も違うのだとか。ひな人形飾りの左右の決め方は、我々が人形に向っての右左ではなくて、(人形の)殿の方から見た右左となるのが正しいのだそうです。京都市の”左京区&右京区”なども、平安京の内裏に座る天皇が「天子南面」でまつり事を行っていたので、東が「左」・西が「右」と、われわれ通常の皮膚感覚とは反対になってるのだとか。

 ・・・きっと、天下の大詩人たるハチロー先生も、あとから真実を知っちゃったんだろなぁ。想えばハチロー先生の作詞した歌の中でも、平成の今、ソコかしこで歌われているのはコノ歌くらいだよなと思うと、地団駄踏みたくもなろうかと云うモノ。しかしながら、幼児から老人まで、この歌を歌わないと”ひなまつり”の気分が出ないワケですから、3月3日”桃の節句”の世界観を見事に活写した名曲であるとワタシは思いますケドね。ただ、「うれしいのになんで短調なの?」ってギモンは作曲の方にもありますが。まぁ、なんでもいいや。少しはお利口になったよな気もするんで、とりあえず呑も、呑も(笑)。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年3月 2日 (水)

ついに出しちゃいましたか・・・

 今日は徐々に春めいて暖かくなりましたので、ほとんど一日中オモテでシートクリーニング作業に従事しておりました。傍らのラジオからは気象予報士のオネータマが「(東京近辺は)今日から寒気も居なくなって、これから日に日に春らしくなりますよ!」と元気よく天気予報をしているのが聞こえてまいりましたので、幾分は気分がハレたのですが、それでも作業中、アタマの片隅にずぅ~っと貼りついて離れなかったのが、昨日「練馬のH」さんもコメント欄で言及されていた”あの車”のコト。

 まずは、”ソイツ”がデビューしたおかげで、本日現在グーグルで「マセラティ」って入れて検索した場合の当店公式サイト「マセラティに乗りませんか・・・」の順位が、”定位置”であった2ページ目の半ばあたりから5~6段も後退させられて、2ページ目の最下段~3ページ目の最上段あたりになってしまっているコトが「許すまじ(笑怒)」ぢゃ。どーしてそんなコトになるかと云えば、様々なニュースサイトで”ソイツ”が取り上げられた記事を拾ってしまうから・・・一過性の現象とは云えアタァー来る(笑)。

 もちろん完成写真も見ましたヨ、具さに。・・・ワタシ、なんかロンピョ~した方がいい?(泣)

 んぢゃ、あくまで極私的意見として申し上げれば、「そもそもエキゾチックスーパーカーの世界にSUVなんてカテゴリーのクルマって必要?」の一点に尽きるんだけどなぁ。そんなにカ○エンの存在が疎ましいのかな。確かに、正統派4ドアサルーンの神聖なる世界を脅かすパナ○ーラとか、英国のラ○ードなんかの存在は気になるところではありますが・・・ああ、ラピー○は、親爺のところに行った時、館山のくるくる寿司屋でメシを喰おうと入ったら、その駐車場に居て「ナンぢゃ、こりゃ!でもコレはコレでカッチョいい!!」とある種の感概すら湧きあがってきたモノですが、とにかくワタシはSUVやバン型乗用車ってカテゴリーが好きになりにくい(この、ビミョーな言い回し:笑)性質を持ったヒトらしいです。まぁ、○ェラーリにすら、いまやFFなんてのがありますからなぁ、この志向性は全世界の”おセレブ”に共通のものなのかも知れませんね。そこへ行くと、天才マルチェロ・ガンディーニ先生の頭脳が紡ぎ出したマセラティクアトロポルテⅣのコンパクト4ドアサルーンでありながらの超絶な世界観は、世界自動車史上に於いて今や隅っこに追いやられ”あだ花”扱いとされているのかもと思うと忸怩たるモノがあります。ちなみにワタシが常にどうしても7人乗せなきゃならないならば、W124のワゴンか、リフトの付いたハイエースワゴンにでもしておきます。実は、室内は広けれど座面高の高いSUV車は、老人が「よっこらしょ」っと乗車し難く、当の御本人方からはスコブル不評なものなんですヨ。大体、スーパーカーたるもの内外装機関のデザインテイストもスーパーでなきゃ・・・ね。

 んで、今日はカタいハナシなれど”大喜利”。「SUV車の現在と未来」について、コメンテーター諸氏の御意見をば賜りたいと願っております。些か難しいネタに振ってスミマセンね。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年3月 1日 (火)

弥生ちゃん、待ってたヨ(笑)

 ついに、待ちにまった”ホンカクテキ”な春がやって来た気分ですね、カレンダーの上では(笑泣)。今朝なんか、もー水仕事がツメたいのなんのってアンタ、ホントなんだから。ともあれ、弥生3月が今日から始まりました。耐寒生活も、あと少しガマンすれば・・・ホントにあと少しなんだよね(大泣笑)?信じてるからね。

20160301012016030102 ・・・で、月が開けたら、コレもやってきた。まるヒト月も前の当ブログで御紹介した取材の記事が今頃になって出来上がってきたと云った具合です。このマセラティ222 4vには、誌面の隅々まで最大級の賛辞を賜っておりまして恐悦至極ではございます。この個体は既に御売約を頂いておりますけれど、ビトルボ系マセラティに限らず、どのようなクルマでも御相談を賜れれば、フトコロ具合に合わせてあなたのイメージ通りに作り上げ、入魂の納車をさせて頂いております。クルマ探しの段階から御手伝いさせて頂けますと、マイクロ・デポの潜在能力は最大限に発揮されるコトでありましょう。

2016030103201603010420160301052016030106 ・・・とまぁ、3月初日の本日も、そのような潜在能力(あるのか?:笑)を最大限発揮すべく精進しております。

 オモテでは納車を待つマセラティギブリⅡ前期型(「名古屋のG」さん号←本日奥様より委細承りました:ペコリ!)の内装最終仕上げ清掃込み組立作業の続きを行いつつ、場内ではマセラティシャマル(「市川のT」さん号)をリフトアップしてタイミングベルト&ウォーターポンプ交換作業を行っております。そのようなところに「ふじみの市のU」さんが”電撃襲来(いつもそう:笑←たくさんのお差し入れの数々、常々感謝いたしております:ペコリ!)”、御懸案のクルマ探しについて諸々有意義な御打ち合わせをさせて頂きました。ワタシたちは、皆さんが漠然と思い描いている”イメージ”を、現車として具現化し御提示するところまでが、まずはプロのクルマ探しの真髄だと愚考しております。「コレと決めたクルマが無いんだケド、クルマは買いたい」と思っていらっしゃる方々も、一度マイクロ・デポに御来店ください。ビギナーの方からエキスパートの方まで、敷居を低~~~~~~~~く(笑)してお待ちしておりまぁーっす!この春、新しいクルマでスタートを切りませんか?お若い方も御老齢の方も(年金生活の方も:笑泣)、まずは御気軽に御相談くださいね。まずは旭町にイッてみよー!さすれば、”道”はヒラけましょうぞ。

 ところで、ニュース映像を見ますと、昨日今日と北海道の吹雪はスゴイことになってる様子ですね。昨日のコメント欄からもたいへんな感じが伝わってまいりました。通勤や雪掻きなど日々の生活にはシンドイことが多かろうと思いますが、北日本の雪国の方々、くれぐれも御自愛くださいね。ワタシも寒さにメゲずに頑張らなくっちゃ。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »