マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 夜桜の宴がなつかすいなぁ・・・ | トップページ | 花見も直前!ぎょーむれんらく集 »

2016年3月26日 (土)

マセラティクアトロポルテV6エボルツィオーネの下回りと、ついでにオートマティックトランスミッションの中身も見る

 まぁ、よくよく考えたら、本日は土曜日と申しましても、世間では”年度末&月末&週末”と云った感じで、きっと、全力での引越し・気の早い花見・遅い御彼岸などで首都圏各地の道路は大渋滞だったコトでしょう。御来店くださった方々が口々に「きょぉーは、混んでまっせ(あくまで文意:笑)!」とおっしゃっていました。

20160326012016032602 ・・・そのような中、朝8時半頃に御来店くださった「S」さんを皮切りに、続いて”マセラティ222 4v 納車の儀”のためにお越しくださった「O」さん、奈良からの御旅行中にわざわざお立ち寄り頂きました「I」さん御夫婦、おなじみ「調布のU」さんと時間刻みで賑やかなコトこの上ない土曜日となりました。本日御来店の皆さん、渋滞を掻い潜っての御来店と御土産の数々には心から感謝いたしております。また、「戸田市のT」さんからは祝いの品を賜りました。このたびもわざわざ御手配頂いた様子で、いつもながら恐縮いたしております。本当に有難うございました。「O」さんは、無事に御帰還されたかなぁ。あ、「I」さん御夫妻も長野に着いたかなぁ。混んでそうな高速ばっかだもんな。

2016032603201603260420160326052016032606 あー、はい、本日は久しぶりにマセラティ車の下回りを見せるネタとなっております。マセラティクアトロポルテⅣV6エボルツィオーネをリフトアップして、いつもながら車体の真下から見上げる様な角度で撮影したカットです。

 ワタシたちは、この角度から見上げるのが日常的なのですが、オーナー様方にとりましては、云わば”珍景(笑)”というワケです。御忙しい中で、わざわざ時間を作って土曜日の朝一番からお出ましくださる「S」さんの心意気にお応えいたしまして、ただの”珍景”に終わらせず、この際”絶景(って云っていいのか?:笑)”にしてやれとばかりに隅々まで作りこんで御覧に入れるコトが出来ました。やはり、エボ系とは申しましても、現代のクルマたちには見ることが出来なくなった手造り感横溢の下回りをしておりますね。

2016032607201603260820160326092016032610 ・・・4枚のブレーキローターには揮発性有機溶剤を大量に用いた清掃&洗浄を施したのち、美観を整えるための装飾塗装をしてあります。ローターそれ自体は云わば消耗品なので、本来ここまでやる必要は無いワケですが、ホイールの向こうにかすかに覗く部分がキレイであれば、より一層気分良く愛車と向き合えるとともに、なにしろ”カッチョいい”ではあーりませんか!

 上段がフロントローター左右、下段がリアローター左右です。出来るだけシャープに仕上げるために、今回もエアブラシを用いて吐出量を抑え目にしつつ、ちょこちょこと時間を掛けて塗り上げました(笑わば笑え:泣笑)。

201603261120160326122016032613201603261420160326152016032616 ・・・激動の土曜日も、日が暮れる時間ともなってまいりますと、朝の6時から闘い続けている三男さんにはサスガにツカれの色が見えてまいりますが、もう一息であります。

 エボルツィオーネ系クアトロポルテⅣとエボ前V8(オットーチリンドリ)、そして3200GTにも採用されているBTRエンジニアリング製電子制御オートマティックトランスミッションは、ドレーンコックを有しておりません。なぜなら、そもそもは原則的に完全メンテナンスフリーを謳った製品であったからです。にも関わらず、オートマオイルパンガスケット&フィルターの単品供給がちゃんとあります・・・ソレって、やっぱ交換が必要なシチュエーションがあるってコトぢゃん(笑泣)。前述の様にこのタイプのミッションには、オイルを抜くためのドレーン穴がありません(油量ゲージすら無いから、上抜きも不可能)から、ATF交換の場合には「オイルパンをカポっとハズして(!)」行うコトしか出来ません。3.4万キロほどの走行距離を刻むこの個体、内部のスラッジ吸着マグネットが頑張っていたのもあって、ATFの汚れ具合はこんな感じでした。新しいフィルターとガスケットをセットして、内部を洗ったオイルパンを装着いたします。今度は新鮮なATFを再注入するワケなんですが・・・ま、ホントはこっからが勝負なんです(要領はナイショだけど:笑)。トップリと日も暮れましたが、階下ではエンジンを始動して、ATFがある温度まで上昇するのを待ち侘びております。

 それじゃー、また来週・・・今週も激動の一週間、有難うございましたぁ!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

« 夜桜の宴がなつかすいなぁ・・・ | トップページ | 花見も直前!ぎょーむれんらく集 »

コメント

皆さんお晩です!

今日はお忙しいところ、お邪魔してすみませんでした。
いやぁ〜〜沢山の方々がお見えになっていたんですね!
「O」様の納車の儀に立ち会わせて頂きありがとうございました。
「O」様御納車おめでとうございます!
「I」様もお見えだったのですね!お会いしたかったです。
と言うことで、社長諸々よろしくお願いいたします!

いやあ、本当に今日は道路と言う道路に車が溢れかえっていましたね。
千葉市のはずれから帰るのに3時間かかりました。
途中首都高福住で降りちゃいましたよ。

Oさま納車おめでとうございます。
本日土曜日は活況だったようで。
たこヨメさまも復活で喜ばしい限りです。

クアトロポルテⅣV6エボルツィオーネの下回り、フロント部分はカバーで覆われているのは過去気づきませんでした。
ローターの仕上げが美しいです。
たこちゃんのこだわりが有難く嬉しいですね。

メンテナンスフリーをうたいつつパーツが供給されているという、いろいろ慮っている感じがよいと思います。
まそのためにオートマカチ割る立場になればそうも言ってられないとは思いますが。

因みに今日は往復とも渋滞に巻き込まれながら湯河原で地鎮祭。
あと会津の道の駅をいくつか賞に応募したのですが、表彰式が仙台のは二次審査で落選(万吉さん残念)、福井のやつが佳作にひっかかりました。(TERRAさん会えるかな。)
何れにしてもなんだかデポ・ネットワークにすっかり絡め取られているような…。

Oさま、デポ禁制4v・・・もといデポ謹製4v納車の儀、まことにおめでとうございます。

普段は見ることが出来ない下回りの絵面を公開してブログネタに出来るのも、そもそも見えない場所まで綺麗に仕上げるお店ならでは、です。
ブレーキ周りのピカピカの美しさは素晴らしいです。

オートマオイルパンにドレーン穴が無かったりするのですね。
マセラティの構造は、なかなか深い。

私や数多の紳士との逢瀬を経て、新しい恋人、いやL' Amantか、壇蜜号が去っていきます。
ものすごくいい車です。
少し坂の緩いカーブでの3速は、たまらなくsweetでした。
相当強い車です。
マッドマックス並みの乗り方をしても大丈夫。
無論、いい子である私はそんな乗り方はしてませんが。
心ゆくまでお楽しみください。
そして…Shamalか…sign02
最後はShamalで死にましょうぞ。
御納車、おめでとうございます。

戸田市のT様、素敵な贈り物ありがとうございます。大切に使わせて頂きます。

後納車おめでとうございます。
綺麗な薔薇には棘がある・・・いや、棘ばかりだが絶世の美しさ。男の子としては避けて通れぬ茨の道を邁進する。そんなマイクロデポ様を始め、皆々様には足を向けて寝れませんね。それでは地面に刺さるようにおやすみなさい・・・

おぐさん、こちらにいらした時は是非お声掛け下さい。

ちょー後出しコメントで失礼! 土曜は送別会、日曜は墓参りとなかなか体を休ませることができず。。。
「O」さま、祝納車!! ついでに(失礼)、そっと納車になりそうだから、今のうちに「りゅ○ろう」さま、祝納車!!!

練馬のH様、ありがとうございます。
いえ、別にこそこそっとはしません。
もう大々的にここで書いてもらっていいです。
女房は少しづつですが、変化が表れてきてます。
ちょっと安めに申告してますが…
どうせここを読んだりしないので、もう書いてもらって構いません。

こんなにドイツ車が嫌いなのに、ここで一気にドイツ車マニアになったりして…いや~、どう考えてもそれはなさそうです。
カーマガジンのステッカー希望者に「今一番欲しい車は?」とのアンケートで、1位はナローの911だったそうです。
ナローじゃなくったっていいじゃん、足車に使えそうなtype996でいいじゃん、と思いますが、996を好きじゃない皆様のおかげ様で安く手に入れることが出来たんですから、これからも嫌ってほしいもんです。
これでよかったら、次はターボかなぁ??
さあ、たこポン、きれいに仕上げてくれよ、追加料金なしでsign01

あ…やっぱりりゅたろう先生の足グルマだったんだ。。。。

そうなんです、おぐ様。
すっとぼけてごめんなさいsign03

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/64655532

この記事へのトラックバック一覧です: マセラティクアトロポルテV6エボルツィオーネの下回りと、ついでにオートマティックトランスミッションの中身も見る:

« 夜桜の宴がなつかすいなぁ・・・ | トップページ | 花見も直前!ぎょーむれんらく集 »