マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 春の嵐の中で | トップページ | サンレンキューなれど、色々やったモンだ。 »

2016年3月19日 (土)

Ludovic Lazareth(ルドヴィク・ラザレス) LM847、えっ?マセラティV8エンジン輸送用のオートバイ?!

 今日は、一日中雨が降ると思って覚悟をキメておりましたら、意外にもお昼くらいからカラっと晴天に変わり、サンレンキュー最初の土曜日は順調に過ごすコトが叶いました。あー、有難や有難や。

2016031901201603190220160319032016031904 ・・・あ~、もうビョーキ、ヘンタイ、あんたバカ?・・・思いつく限りの”賛辞(笑)”を贈りたくなるオートバイが発表されておりやす。

 数日前から当ブログのコメント欄に於きまして、函館在住のお馴染み「I」さん(本日は保険更新の御電話有難うございましたぁ!)が、この”うるとらすーぱーはいぱーましん”のハナシを囁いておられましたが、あんまり”喰いつき”が無かったので、ワタシが大々的にプッシュしようと思い立ちました。あんまりオートバイネタに興味無いの?皆さん。なにしろ我がマセラティのV8・4200エンジンを搭載してるんですヨ!フランスにあるらしい、このLudovic Lazareth(ルドヴィク・ラザレス)って会社は、こういった”色モノ”ばっかり開発しては世に問うているみたいですね。ここの公式サイトを見るとビョーキ・ヘンタイ・バカ(ずぇぇ~んぶホメ言葉ですヨ、ココでは:笑)なのばっかしで、まったくもって素晴らしいとしか言いようがありません。クァッド・バイクっつーんですかね、こういうカテゴリーって。駆動系・操舵システム・バンク機構など謎が多くて興味は尽きません。ホイールリム内周いっぱいに貼り付けられた超大径ディスクローターを内側のキャリパーで制動するなんて逆転の発想も面白いですが、こんなのフルブレーキ掛けたら、ニンゲンは前方にすっ飛んでイキそーです。だいたい、我がマセラティのV8・4200ccエンジンはカタログの透視図写真から抜け出してきたかの様で、まるでそのまんま載っかってマス。コレに覆いかぶさる様な格好で乗車するワケですよね・・・どう考えても熱いよね、コレ(無粋ですか:笑)。・・・アホ?ワタシは試乗したくありません(キッパリ!)。庭のオブジェに一台欲しいモノではあるなぁ。力強く、意外と美しく、その上、目ん玉が吊り上がってないところがいい、今どき。

 ・・・ホンによくぞ作ったモンだよなぁ。上のユーチューブ動画、当然音出ます、注意!デス。

 それじゃー、また来週!もう少しでシゴトも済みます。今日もホルモン屋に行こうかな、これから。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

« 春の嵐の中で | トップページ | サンレンキューなれど、色々やったモンだ。 »

コメント

やはりマセラティエンジン、美しい。こちら先日何処かのブログにて紹介されてるのを拝見した事があります。曲がるときの変態機構がダッジエンジン搭載のトマホークに似ていますね。

しかし癒し系の丸目を見ていると映画ショートサーキットのナンバーファイブを思い浮かべるのは私だけでしょうか・・・

う~ん、凄い。
こういうのを実際に造ってしまうところが楽しい。
マセラティのエンジンを積む必要性は?ですが、このバイクはマセラティでは無いのだからこんなのがあっても良いと思います。
ワイルドセブンや特撮ヒーロー戦隊モノの登場しそうなバイクです。
マトモに曲がれるのでしょうか。
搭乗時には、宇宙服のような全身防護服を着てから身体をバイクに完全し固定し、意を決して臨まねばなるまい・・・。

ホントまんまV8エンジンをバイクにしちゃったようなバイクです。
ほぼエンジンを抱きかかえる感じで乗るのでしょうね。
左ハンドル脇のミラーが妙に可愛らしいです(笑)。

今週もお疲れ様でした。
ホルモン後は酔いに任せてしっかり爆睡しちゃってください。

日本だと公道走れるのでしょうか?

ところで牛久のSさま、今日1食でカツ丼食ってきちゃいました。
全然関係なくてスミマセン。

そうですね、タコちゃんさんの二輪車はもう少し小さかったから、ビトルボ系のV6で丁度良いと思います。
どう考えても暑いと思いますが。

あとマニュアルじゃないの自分はいいです。

このネタは、もともと3月7日のブログのコメント欄に越谷のCさんが紹介していたんですよね!
http://cyutako.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/post-d1c1.html

で、見てびっくりしていましたが、、、そのままスルーになっていいたんですヨ!たこちゃん。

テツオタ様、マジですか!!(^^)
いいですねえ。。。4丁目から一食の雰囲気が好きです!

このバイク、FacebookでもMaserati関連のページに幾つかUPされてましたね。

たこちゃんはホルモン、行ったのですか?

Wさまとは違いいつも3行でまとめられず、とっ散らかった感じですみません。。

↑皆々様方、いつも暖かいコメントを有難うゴザイマス!・・・ホッピーヌケて目が覚めた(笑)。イキましたヨ、ホルモン。超絶ウマかったデス。
・・・「越谷のC」さん、メンゴ(ペコリ)!確かに「練馬のH」さん御指摘の通りです。Hさんがちゃんとカラんでいらっしゃいましたね。スミマセン。

スルーされなくて良かったです。H様ありがとうございます!!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/64529907

この記事へのトラックバック一覧です: Ludovic Lazareth(ルドヴィク・ラザレス) LM847、えっ?マセラティV8エンジン輸送用のオートバイ?!:

« 春の嵐の中で | トップページ | サンレンキューなれど、色々やったモンだ。 »