マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« たこちゃん、三たびの沖縄行き(その2) | トップページ | たこちゃん、三たびの沖縄行き(その4) »

2016年5月13日 (金)

たこちゃん、三たびの沖縄行き(その3)

Photo_5

 あ~本日は、まずはじめに”ぎょーむれんらく”デス。明日、御来店予定の方々は、次の様に承っております。連休以前の御約束もございますので諸々お忘れ無き様に、くれぐれも道中お気を付けて御来店くださいませ。

 ・AM8:30「市川のT」さん:マセラティシャマルの自走による入場

 ・正午ごろ「愛知のH」さん:マセラティ222 4vの自走による入場

 ・PM16:00「調布のU」さん:御打ち合わせのための御来店(に合わせて、ひょっとして「牛久のS」さんの乱入があるカモ?:笑←するってーと、そのまま”プチホルモン”になだれこんでしまう可能性も・・・如何に。)

 以上でありんす。ヨロシクお願いしまぁ~っす!

201605130120160513022016051303201605130420160513052016051306 ・・・と云うワケで、本日も”たこちゃんズ”GW沖縄行の続き。昨日は4月30日(日)の朝メシ喰って、首里に行って、泡盛工場見学したところまで御案内いたしましたが、ここからは、トコトン歩くばっかりとなりました。

 いや、ホントにスゴイのは、コレと云った目的も無いのに、知らない街を歩いている事実(笑)。いきあたりばったりの極北と云えましょう。首里城の城壁に沿って歩きながら、次の行程をなんとなくタブレット端末で探りつつの行軍です。とりあえずは、石畳の古道が残っている有名なところがあるの云うので、ソレを歩きながら下界へと降りるコトにいたしました。

 そのうち、なんかモノすごく霊験もあらたかな感じのする南方独特な巨木が林立する森に到着いたしました。はたして”首里金城の大アカギ”と云う、いわばスーパーパワースポットなのだそうで、樹齢200年以上と推定される木々は国の天然記念物にも指定されています。で、とりあえずモノすごく運気はアガりましたが、新品の安靴なんか履いて行ったものだから、すでに靴ズレと歩き疲れで「もー、歩くのイヤっ!」・・・おっ?こんなところにちょうどいい古民家を発見。しかーも無料休憩所ときたモンだ。気がきいてるねぇ・・・とりあえず、寝る(笑←恒例)。

2016051307201605130820160513092016051310201605131120160513122016051313201605131420160513152016051316 ・・・その後も、なんだか遺跡っぽい物件が多数あって片っ端から撮影しておいたんですが、撮影した写真サムネイルを本日になって眺めても「・・・なんだっけ、コレ?」みたいなヤツばっかり(泣)。なんか、水源を確保するための井戸のような上水道のような、そんなのばっかしだったように思います。そのような場所で、生まれて初めて相見えるチョウチョを発見!そのあとネットで調べたら”イシガケチョウ”って云うんですって。チョコチョコと翔び回るのを追いかけて、10枚くらい撮ったらようやく柄の分かる写真を得るコトが叶いましたヨ。

 こうして、だいぶん下界へと降りてまいりましたが、その後も急な(しかも、御覧のように足元のよろしくない)階段ばかりをエッサエッサと降りてまいりました。

 突然、パッと道が開けた様子となり、ついに自動車がフツーに走れる公道らしき道に出るコトが出来ました。周囲には南国風の豪奢なお家が立ち並んでおります。アレ?肝心の石畳道は・・・ここに画像無いです(笑泣)。まぁ、ほかのサイトでたくさん紹介されてるみたいですから、ユルしてください。

 しかしながら、ここまでの間にも民家が軒を並べておったのですが、ドコをどーやって登ってきたのか、家々の駐車場には、何らかのクルマがあるから不思議。実際、ドコから紛れ込んで来たのか名古屋ナンバーの大きめなキャラバンみたいなバンが、ちょうど、さっきまでワタシが寝っころがってた古民家休憩所の脇で、ほとんどスタック寸前になってたのを目撃しましたモン。狭く急斜度なボッコボコの道路には、無数のハラ擦り跡が散見され、旧いマセラティでは断じてムリ!だと思いました。ガコンガコンとハラを擦る音とスリップ音を響かせながら、どーにか登って行った様子でしたが、クラッチ大丈夫だったのかなぁ。

2016051317201605131820160513192016051320 ・・・そんなこんなで、ようやっとホントの下界まで降りてまいりましたが、ちょうどお昼時を迎えて、サスガにハラ減ったなぁ。う~”ちんすこう(上画像)”ぢゃメシにならんし。と、キョロキョロしておりましたら、”ちんすこう屋”さんの対面に”てんぷらハウス天”と書かれたド派手な建物を発見!よくしたモノで隣にはコンビニも。さっそく沖縄ならではの擬似ビール”オリオンサザンスター”を手に入れて、勇躍てんぷらハウスにまいりました。この皿一杯で200いくらですから、客ヅラするのも少々申し訳ない気持ちでしたが、モズクやゴーヤを揚げた”沖縄風てんぷら(ほぼフリッターですな)”を楽しみつつのサザンスターは格別でありましたヨ。首里を出て徒歩にて直線的に降りてまいりましたが、ここまで何キロ歩いたコトか・・・。

 それじゃー、また明日。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

« たこちゃん、三たびの沖縄行き(その2) | トップページ | たこちゃん、三たびの沖縄行き(その4) »

コメント

たこ散歩―沖縄編その3って感じです、この雰囲気!こうなったら次回は動画を取って、"たこ散歩"をyoutubeにあげましょう! そうするとみんな動画みてくれて⇒youtuberとしていける?→広告収入が伸びて⇒動画みたお客さんが車買ってくれて⇒右肩上がりで⇒左団扇で!! などと妄想してみる。。。

↑あー、ユーチューブで旅行ネタやっても、いつまでも3ケタ訪問だったりするので、その野望(笑)は・・・。

え、明日夕方顔を出したら楽しいことがありそう?
ちょっと寄ろうと思っていたんですが(笑)

業務連絡、賜りました(苦笑)!

歩き疲れも相まって、ゴロ寝気持ちよさそう。
”オリオンサザンスター”の飲みっぷりもいい。
至福のひとときが伺えます。

南国情緒はのどかで良いですなあ。今回のコメントはここまで。
夕方、サイコパス部長が騒ぎ出し、電話で延々と説教をくらいまして。
顧客への詫び状を書いてはダメ出しを食らい、午前0時半に説教終了。
帰宅午前1時過ぎ。
そして午前5時に出発して部下と共に北の顧客へお詫びにうかがいます。
・・・お客が怒っている訳では無いのですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353420/65459949

この記事へのトラックバック一覧です: たこちゃん、三たびの沖縄行き(その3):

« たこちゃん、三たびの沖縄行き(その2) | トップページ | たこちゃん、三たびの沖縄行き(その4) »