マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ

カテゴリー「とりあえず喰い物のハナシ」の32件の記事

B・C級が中心。晩酌のツマミから外食まで。時にはレシピも

2016年1月14日 (木)

・・・かもネッ!かもネッ!!

 はい、こんばんは!う~っ、にしても毎日寒い日々が続いておりますなぁ。昨日はコメント欄でも御指摘がありましたように、アバルト君を新年納車第一号として送り出したワケなのですが、本日はマセラティスパイダーザガート後期型(ダークアクアマリン)の車検も無事にパス出来ました。もう、とにかく寒風をついて続々とお納めする所存(気持ちダケは張り切っております)ですんで・・・とにかく頑張りまっす!!

 さてさて、もうじき当社決算の2月も迎えますコトですし、少しは”商売直結”のハナシもしておかなければなりません。そこで久しぶりに”当ブログの原則論(笑)”を書いておきましょうね。

 はい、初めての皆さんこんばんは。当ブログ「マセラティでイッてみよう Part3」は、本来、ちょっと旧いマセラティやフェラーリなどなどをメイン題材といたしまして、時にフィアットやアルファロメオなど他のイタリア製のクルマについての談義も交えつつ、さらに時々、まったくイタリア車とは無関係なクルマの話題で御機嫌を伺いながら、しまいには”旅行記”とか”懐かし特撮物”といった趣向のネタに現実逃避したりするサイトなのですが、今やブログ主である当社シャチョーの”たこちゃん”と云うヤツが「えぇ~?、一日のシゴトが済んだあとにクルマのハナシすんのヤダよぉー」な気分になってしまうホドにハードな日常を送る日々が続いているため、今しばらくの間は”もんのすごく深いクルマのハナシ”が時々しか出てまいりません(キッパリ!)。・・・で、モノ足りない方々のためには、すでに過去記事が1500ページくらいはあると思われます。ページ左側のサイト内検索機能や、”過去記事へ一気にジャンプ”ページを駆使して頂きつつ、ひまつぶしに御照覧くださいますようお願い申し上げます。

 で、”とりあえず喰い物のハナシ”カテゴリーの記事にそっと忍ばせるところが如何にもワタシらしい(いじわる:泣笑)のですが、近いうちに入荷するかも知れない(かもネッ!)と云ったレベルの”ウスい”新入荷予定車情報を列記しておきましょう。確定ではありませんからね、あくまでも予定ですから。もっとも、ここでのハナシに喰いつく方が多いクルマから順に実現の度合いも高まろうと云うモノですので、御興味を持たれた方々はドシドシ御電話とメールをください。お待ちしておりまぁ~っす。

 マセラティクアトロポルテⅣエボV6(ビアンコバードケージ/タン革)

 マセラティビトルボSi(ネロマセラティ/黒革)

 マセラティギブリⅡ前期型(ブルーセラ/タン革)

 マセラティギブリⅡ中期型(ロッソマセラティ/タン革)

 マセラティスパイダーザガート後期型(ネロマセラティ/タン革)

 マセラティシャマル(詳細は、ここで云えねぇ。←外装が赤くなくて、内装が黒くない:笑)

 以上、詳細はワタシ(たこちゃん)まで直接メールか御電話にてお問い合わせくださいネ!

2016011401201601140220160114032016011404 ・・・にしても、今日は”本題”の扱いが小さいなぁ(笑)。

 え~、ただいま当ブログにて絶賛連載中の”たこちゃんズの沖縄旅行記”なんですが、本日はソレの”スピンアウトねた”と云った感じでしょうかね。

 昨年末に沖縄行から帰ってまいりまして、まだ二週間ちょっとしか経ってないのに、もはや三年くらい経過したかの様に懐かしく思えるくらい重度の”沖縄ロス”を発症している我が家では、とにかく、なんとかして、練馬の土支田に居ながらにして沖縄気分を味わおうと就寝前のネットサーフィンに興じているワケですが、そのような中からたまたま見つけてしまったのが、沖縄の御当地アイドルであるらしい”らぐぅんぶるぅ(公式サイトウィキ)”ちゃんたちであります。今回の沖縄滞在中には、ほとんどテレビを見てなかったモノですから、現地ではまったくノーマークであったのですが・・・

 まぁ、ナニしろ(特に「Wさま」さんには:笑)ハマって、明日は”脳内グルグル”するので、ココロして見てください。沖縄の企業ソングを専門に引き受けているらしいのですが、CMソングの原初の姿が確かにここにはあります。彼女らの”持ち歌”の中でも、特にコビリつき度が高いのが、次の2曲デス。コレでハマった上級者の方々(笑)は関連動画をアサってみてくださいな。

 おかしごてんのレストラン天気予報(音出ます、注意!)←本日の表題は歌詞に由来してます。

 おかしごてんのレストラン フル(音出ます、注意!)

 ラララタコライス(音出ます、注意!)

 ラララタコライスの東京でのライブ (音出ます、注意!)

 そのまんまタコライスの作り方(音出ます、注意!)

 「光が丘IMAのカ○ディコーヒーファームで売ってるの見たコトあるっ!」と叫んだ”たこヨメ”は、チャリ漕いで速攻買いに行き、件の”オキハム タコライスの素”が手に入りました。昨晩の食卓で、粉チーズ・プチトマト・スライスオニオン・目玉焼きなどをあしらって食してみましたが、簡単でとっても美味!オジー自慢のオリオンビール(音出ます、注意!)との相性も抜群でございました。アボガドなんかも合いそうですね。明日の夜は皆さんもレッツ・ちゃれんじ!・・・かもね!?かもね!?

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2015年6月 2日 (火)

どこか懐かしいビワ

 はい、こんばんは!引き続き全国的な”プレ真夏気候”が続いておりますが、皆さんも熱中症などには気をつけて、御活躍くださいね。ワタシもなんだかんだと飛び回っておりますが・・・。

20150602012015060202 ・・・昨日の夕方に、親戚より送られてまいりましたのが、こちらの”長崎びわ”であります。果物数々あれど、産地以外の場所では、わざわざスーパーなどで買い求める機会が少ないモノではなかろうかと思います。関東圏では我が房総のビワが有名ですが、今まで知らなかったケド、長崎県こそがビワの生産量日本一(国内の三割強程度)を誇る一大産地なのだそうです。そう云えば、ここのところ当ブログの”アクセス地域ランキング”でも、長崎県は堂々の一位となっておりまして、長崎県の方々にはホンに御世話になっとります。ビワには実にも葉にも種にも、古来から薬効成分があるコトが知られているようで、木は硬く高級な木刀の素材となっているそうです。一見、そのあたりになってそうな果実ですが、東京あたりでは自然界でソレを見るコトは少なくなりました。ムカシは友達の家の庭に生えてたりした憶えもおぼろげながらあるのですが、そんなところが、なんとはなしにホンワカと懐かしさを感じさせる理由なのかも知れませんね。よくよく見れば、アパートの目の前にある公園にも枇杷の木が植わっておりまして、それなりに実が付いておりましたが、やはり長崎の農家の方々が丹精し選別された高級ビワと違って、いかにもカラスの餌食になってしまいそうな佇まいでしたヨ。さっ、立派なビワ喰って、また頑張りましょ。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2015年5月22日 (金)

りゅたろう先生のお気に入りッ!

 はい、こんばんは!本日も過ごし易い陽気であった東京練馬ではありましたが、普段ワタシが現場仕事と併行して行っておりますデスクワークの方で、考えられない様なケアレスミスをしていたのが発覚してしまい落ち込んでいるところに、「(大分の)アノ方」から恒例の「激励の電話(と称するヒマつぶしのイタ電:笑泣)」が掛かって来て、思わずこの間買い直したばかりのガラケーをブン投げるところでしたけれども、すんでのところで踏みとどまって、とりあえずは電話に出るコトといたしました。

 「なんか、声にハリがあって元気だねェ」「いやいやいや、只今オレはボケちゃったんぢゃ無かろうかと大いに落ち込んでたところに、どーしてそーゆーコト云う?」・・・みたいな不毛且つ有益な会話を18分30秒ほど。

20150522012015052202 まぁ、バイオリズムがナンなのか、風水的にマズいのか、何かと調子の出ないこんな日は、「呑んで忘れて無かったコトにしよ~」と云うのが正しいストレス解消法だと思いまして、シゴトが済んだら”ホルモン屋”に即直行でありました。で、ハナキンの夜だと云うのに、当初のお客は”たこちゃんズ”だけでありましたので、ホルモン屋のママさんとも色々とおハナシをしていたのですが、「それじゃ、火を起こしてきますねぇ」としばらくして出てきた七輪の上に載せられたアミを見てシミジミと思いました、「ホントに真面目にやってるなぁ」と。アミはピッカピカに磨きあげられています。オプションの「ネギバカ」と称する(上右写真)何が入ってると斯くの如き美味になるのか不思議な逸品を口にしても、「どーしてネギバカ?」と思うくらいに”名前勝ち(名前負けのハンタイ:笑)”しているなぁと思うばかりで、感心するコトしきりでした。

20150522032015052204 ・・・その帰り掛け、セ○ンイレブンに”たこヨメ”の好物である”森○アイスモナカ”を買いに立ち寄りました時、昼間の”イタ電”でRたろう先生が仰ってた御宣託を思い出しました。「セ○ンイレブンの”カリカリトリプルコンソメ”と同じシリーズの”チーズ”、コレ最高に美味しくてハマってるんヨ。夕方に小腹が空いた時なんかにゃ最高ヨ。」・・・愚直なワタシはスナックコーナーでソレらを探し当て、ついでに買ってみました。同所のレジで、現在キャンペーン中の”スピードくじ”を一枚ひいたら“氷結果汁ストロング”が当たりました。ちなみに、本日の早朝タバコを買いに行った時には、”黄金ウーロン茶”も当てていましたんで二戦二勝。コレも何かの功徳なんかしら。

 只今、”超乾”ビールを呑み直ししながら、さっそくコンソメの方を喰ってみました。・・・ヤバいです、コレ。”ブ~デ~一直線”のお味はハチャメチャくせになりそーです。ホルモンで既にハラいっぱいのハズなのに、ビールとともにハイる入る。製造元を見ればジャパンフリトレーとある。さすがはアメリカン老舗、一日の長はあるモンだなぁ。やはり、何事に於いても、しつこくジクジクと続け、とことん続け抜いていくコトが肝要なんだなとあらためて思った次第。Rたろう先生の電話にもタマには出てみるモンだな(またひとつ、ウマいモンを知ってしまったぁ:笑)。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2015年5月16日 (土)

やきそば弁当のハナシ

 はい、こんばんは!・・・この一週間はギブリに始まりギブリに終わると云った”マセラティギブリ漬け”であったワタシですが、そのような変化に乏しい折にも、世間では色々な出来事が日々のニュース番組を賑わせているようですね。特に政治ネタは、どれも聞いてるダケでツカれるばかり。月並みな物云いではありますが、諸税の使い道ダケはシッカリと国民のために遣って欲しいモノであると念願いたしておりますヨ。

 んで、本日はおツカれついでに”超小ネタ”。

20150516012015051602 ・・・ここに御紹介いたしますのは、その名も「マルチャンやきそば弁当」と称するカップめんであります。事前に調査したネット情報に拠り”北海道限定”の品であると聞くに及んでおり、先日の連休で訪れた□△◎○(まだヤッてる:笑)では、現地のスーパーへと赴いて店内をキョロキョロと見回せば、広いカップメンコーナーの一列全段にコレが陳列されておりまして、彼の地での人気の程(と云うよりも、ほぼ独占状態)が伺えたモノです。関東圏ではメジャーなペヤングが置いてないところも、そもそも信じがたい光景でした。

2015051603 コレがやきそば弁当の製造元である東洋水産の公式ページから頂いたパッケージ画像。東京都内でも北海道から来ているアンテナショップなどでは一部で販売されているそうです。先日行われた”ダメ男の集い2015GW”に於きましても、相当チープで申し訳なかったんですが、”参加賞”代わりとして、皆さんにムリヤリ御持ち帰り頂きました。帰りの飛行機の中に、コレをダンボール箱ごと抱えて持ち込んでおりましたので、羽田に到着して飛行機を降りる際には、ワタシの姿を目ざとく見つけたCAちゃんから「なんか、美味しそうですネ」と、お愛想ともカラカイともとれる文言を云われてしまいました。ともあれ実際に食してみますと、ソコは”UFO”とも”ペヤング”とも違った個性を持っております。また、なんと申しましても、付属するおまけの中華スープと云うのが、ウレしいところです。で、それなり以上にイケる。お味のバリエーションは色々とありますが、やはりこのソース味がよろしい様です。定番はやはり定番に限ります。なんか、時々食べたくなりそうなお味で美味しゅうございました(笑)。

 それじゃー、また来週!今週も皆さん、有難うございましたぁ!!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2015年4月15日 (水)

春の味覚を天ぷらに

 はい、こんばんは!本日はもう、ワタシの意気込みに反して何もかもがカラ回りに終わった感のある徒労の一日ではありました。それでも、今朝がたの天気予報で「午後からは東京にも、降るぞぉ~降るぞぉ~」としきりに脅かしていた雹や霰(ヒョウやアラレ・・・読めるかっつーの!:泣笑)を伴う雷雨は結局降らず、時に”きつねのヨメ入り”的な天気雨がパラつき、強風こそ吹き荒れましたが、少なくとも練馬では何も起こりませんでしたのは、今日一日の頑張りに対する功徳であったと云えるかも知れません。・・・しっかしホンっとツカれたわ。

 で、こんな晩には、ウマいもん喰いつつ発泡酒とウーロンハイを一気にアオって、とっとと寝るに限ります。とっとと寝るから明日も4時半に目覚めてしまいそうですが(ちなみに本日も6時15分の出社でした:笑)。

20150415012015041502 ・・・で、コチラが「春の味覚”4題”」そらまめ・ふきのとう・ピーマン・タケノコ&玉葱のかき揚げと云った布陣でお届けいたします・・・って、なんだか”グリン・グリン”してますね。イタ語では”緑=ヴェルデ(Verde)”、ヴェルデテンプラ(笑)。ピーマンは夏野菜のような気がいたしますが、まったく春らしい”そらまめの天ぷら”とか”ふきのとうの天ぷら”って、ちょっと珍しいでしょ。以前にも御紹介したよな記憶もウッスラとございますが、特にそらまめは当然ながらビールのお伴にすこぶる合いますヨ。期せずして”エビ・イカ・豚・鳥”一切無しの、本格的お精進(味噌汁の具も油アゲとミョウガ、付け合わせにおかめ納豆)とは相成りました。タマには、植物性たんぱく質ダケを摂取する晩があっても良いなと思いました。普段あんまり量を食べないお米もたくさん食べられましたヨ。

 それじゃー、また明日!ちなみに”ダメ男”は、も少し募集中ですぜ、姐さん(笑)。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2015年4月 3日 (金)

春野菜を食べながら・・・

 はい、こんばんは!きょぉーの”暴風”吹き荒れ大会には、ホントにマイりましたヨ。東京練馬には、まさにサクラをいぢめるような”春の嵐”がブーブーと吹きつけておりました。そのような中で、「市川のOさん」マセラティスパイダーザガート後期型が、なんだか下回りに酷くオイル漏れがあるとのコトで、11時頃ローダーにて運ばれてまいりましたが、その場でリフトアップして、ステアリングラックからの漏れと即時判定し、その場で中古良品に交換、追ってお昼過ぎにわざわざ電車に乗ってお越しになった「Oさん(差し入れをたくさん有難うございました!)」御本人に作業の一部始終を御覧になって頂いた上で、なんとか本日中に自走にて御帰りになって頂くコトが叶いました。「イッツ・あ・ミラコー!」時節柄(すでに”弩涛のGW直前進行”となっておりやす:笑)早期お引き取りへの御協力に感謝、感謝!であります。

20150403012015040302 ・・・昨日、千葉拙宅に帰っておりました”たこヨメ”さんは、本日の夕方に戻ってまいりました。拙宅周辺はモノホンのド田舎なんで、地元の新鮮な食材には事欠きません・・・菜の花・ブロッコリー・レタス・トマト、そして最近ヨメが凝り始めた隣町の可愛いパン屋さん(屋号は店主の名字に由来)の食パン&デザート用のあんぱんを買いこんでまいりましたので、本日のディナーは御覧の様なモノとなりました。「アサリの酒蒸しとサラダ」・・・って、なんだか、アペリティフとサラダのみで主菜が無いよな気もいたしますが、まったくコレだけであります。せっかくだからと”ダメ男”時に頂いた白ワイン(ホントにいつも有難うゴザイマス!)も開けてみましたら、クチざわりの良い上品な風味。ま、メインディッシュは無かったケド、とりあえず春の宴らしくはあったな。ところで、この食パンがまた確かに絶品でした。洋食では有名な”T国ホテル”でパン部門の番人をされていた方が、引退してなぜか千葉の片田舎にお越しになり、御自ら生地を捏ね焼きあげたと云う有難~い逸品(しかーも、お安い!)なのだそうです。只今あんぱんの方も食しましたが、サッパリしていてコレもまたウマい。今度、”ダメ男の集い”にお越しになって頂いた方々には、この食パンも御用意しようと、今から御献立を考えておりますヨ。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2015年3月 5日 (木)

偉大なり、インスタントラーメン

 はい、こんばんは!今日の”たこちゃんズ”は一日中グランデプントの中で過ごし(ルークリ作業)ました。北風はツメたかったケド、気温は昨日より少々低い程度であったので、真冬のコトを想えば、まぁ楽させてもらった部類でしょうね。

20150305012015030502 ・・・今朝早く、いつものようにデポに出てきて、パソコンを立ち上げネットに繋ぐとグーグルさんのトップページがこのようなスペシャル版となっておりました。

 最初に出てきたのが左の画像。チラっと見たダケでは、なぜか白髪のじーちゃんがビールジョッキを片手に宇宙遊泳しているように見えました。「いったいナンなんだ、コレ」・・・しばらくしてネットを立ち上げたら、今度はなぜか小屋の絵に。「アレ?絵が変わった。・・・あ、なんとなくコレは知ってるぞ!」

20150305032015030504 ・・・試みに画面を右クリックして”最新の情報に更新”スイッチを数回押してみると、そのたびに絵柄が変わります。

 もう、お分かりですね。本日はインスタントラーメンの始祖で日清食品創業者”安藤百福御大”の生誕105周年記念日なのだそうで、ソレにちなんだスペシャル画面であったと云うワケでした。”小屋”が試作を繰り返している苦闘の時期で、”顕微鏡”が有名なメンの内部構造の把握シーンで、”砂時計”が試食→「ウマい!やったぁ!!」の”ついに完成”のシーンで、宇宙遊泳は晩年近くのエピソードにちなんだモノらしいんで、ホントは「二枚目→三枚目→四枚目→一枚目」の順番なのかな?今度そのうち創業の地、大阪池田にもイッてみたいモノです。もしも、いまだこの世にインスタントラーメンと云うモノが無かりせば、大袈裟でなく、ここ50年ばかりに於ける世界の様々な事象(の結果)が変わっていたコトでありましょう。なにしろ、コトが”食”だけに、色々な意味でライフスタイルの根幹にも関わってくる革命的な発明ではありませんか。ワタシのカラダはインスタント麺で形成されたのではなかろうかと思うくらいに、コドモの頃には喰いまくってたモンです。なんだかホノボノとムカシを思い出して懐かしくなりました。「う~寒っ!カップヌードル喰いてぇ~」

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2015年2月 7日 (土)

バカがおらなきゃリコもんがハレぬ!

 はい、こんばんは!本日土曜日は、そもそも朝一番で「おぐ」さん(御本人!:笑)に、マセラティギブリⅡ最終GTのエンジンオイル交換と、クラッチマスターシリンダー抜け修理の御相談のために御来店頂く予定としておりましたが、時を同じくして「大阪府枚方市のKさま」が夜行高速バスを利用して初めて当店まで到達(笑:復路も高速バスで御帰りになる予定と伺っておりましたが、無事に乗れたかな?)。午後にはアルファスパイダーのNさんも継続車検のためお越しになり、期せずして初対面同士、マセラティ&イタ旧車談義にハナを咲かせる展開となりました。夕方には「和光市のTさま」にも久しぶりに御来店頂きました。本当に皆さん有難うございましたぁ!!

20150207012015020702 ・・・でホントは、二月が決算でもあるコトだし、当ブログの方もそろそろホンキで”商売直結ネタ”をヤラなきゃならんとは想っているのですが、商品車写真がなかなか撮影出来ないモンで、オアズケなんです。とりあえず、今月のネタといたしましては、超絶マセラティクアトロポルテⅣV8(エボ前後期型)、マセラティクアトロポルテⅣV6エボ×2台、ランチアイプシロンなどがございますが、順次少しずつ詳細を発表してまいりますんで、そこんとこヨロシク!

 で、結局本日も喰い物ネタでありんす。今晩も、その”ズルいにほひ”に抗う事能わず、”たこちゃんズ”はついつい”ホルモン屋”へと吸い込まれてしまいました。「ファイヤー!ファイヤー!!(思いっきり音出ます、注意!)」

20150207032015020704 で、ファイヤーしてたら、指先が熱いのなんの!

 実は三日ほど前から、両手の指先に水泡を湛えた炎症が発生(&若干凍傷ぎみ)しておりまして、本日薬局にて相談の上、奨められたとある軟膏(偶然にも「世田谷のS」さんところが製造元の製品:笑)を購入、早速患部に塗布してみたところ、基剤がワセリンであるダケに油分で一層こんがりと”手が”焼けます(泣)。

20150207052015020706 ”ホルモン屋”さんのメニューにヒッソリと載っている隠れたる逸品が”ネギバカ”と称する刻みネギをナゾの液体で和えたモノ。

 コレとホルモン系肉類は超絶のハーモニーでして、幾らでも喰えてしまいます。本日の表題「バカがおら(居ら)なきゃリコもん(利口者)がハレぬ!」と申しますのは、ワタシが高校生の時分にこの世を去った母方のバーチャン(明治生まれで九州長崎県の五島列島出身)の口グセでして、九州在住の方ならばソコハカとなく意味をお分かり頂けると思うんですが、狭義では「自分の様な学の無い(取るに足らない)者がいるからこそ、博学の士(エライ人)も浮かばれよう(目立つ)と云うモノ」くらいの意味なのだと解釈しておりますが、拡大解釈すれば「何かにつけて要領の悪い自分の様な人間が居るからこそ、生きる要領に於いて敏い人間の成功がより一層際立つのである」と云う様な”ごまめの歯ぎしり”的エスプリの効いた九州独特のローカル慣用句なんでしょう。

 いっけん単にネギを刻んだダケの様に見えてしまう物にわざわざ310円を投ずるに足る”ネギバカ”は、まさしくバカの中のバカ、”THE BAKA”でありまして、エライとしか言いようがありませんね。

 それじゃー、また来週!今週も激動の一週間を支えてくださいまして有難うございました!!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2015年2月 4日 (水)

君よ知るや、”もちもちの木”

 はい、こんばんは!さすがに節分を過ぎて”立春”の本日ともなりますと、文字通りに寒さも幾分かは和らいだ(気のせい?:笑)ように思えた東京練馬ではありました。今朝早くの天気予報では、明日は一日中降雪との由だったんで、色々と”降雪迎撃モード”への段取りにアタマを悩ませておったのですが・・・

20150204012015020402 午前中には、昨日までにリアサスペンション(ハズしてみたら簡単にスコスコ出来るホドにヌケヌケ状態でした:泣笑)を特製新品ビルシュタインに交換し、インタンクフューエルポンプ周辺もすべて一新したマセラティギブリⅡ(福生のKさま号)の下回りを徹底洗浄の上で試運転を済ませましてからまた即座にリフトアップ!ホントは明日送り出そうと思ってたけど、降雪予報のために延期させて頂いた「Sm」さん(朝のお忙しい時間帯に御電話差し上げてすみませんでしたぁ!)のマセラティビトルボEをその下に格納し、午後から御来店のマセラティ”黒”シャマル(港区のAさま号←Aさま、”大好物”をホントに有難うございましたぁ!!)を迎え入れる準備をした状態が、この画像。

 Aさまが御帰りになってからは、夕暮れ時に「町内会のM」さんがチェックエンジンランプが点いてエンジンがブルブルするとのコトで、マセラティクアトロポルテⅣにて御来店くださいましたが、「今は点いてないんですよねー」と云う”ありがちな(泣笑)”オチとなってしまい、実際エンジンの挙動を拝見しても何でも無くなっちゃってるんでテスターも繋げるコトが出来ず、そのまんま「しばらく様子を見てください」とお納めいたしましたら、送り出して5分後に「点きました!」との御電話が。もう三男を帰宅させたあとだったモンで、即対応出来ずに申し訳ありませんでした。近日中にチャンスを伺いましょうね。

2015020403201502040420150204052015020406 ・・・一昨日、「稲敷のK」さんのクルマに乗せられ、そのまま強引に連れられて(笑)行ったラーメン屋さんが、あまりにも美味であったので、皆さんにこの感動をお伝えしようと云うのが本日のネタであります。

 現地まで自走納車に行ったワタシをマイクロ・デポまで送ってくれるついでに、茨城県の稲敷郡と云うところから、千葉県の野田市と云うところのラーメン屋を経由してみようと。「魚介系の味で、とにかく熱いんですけど、だいじょぶですか?」との問いには、「ぜ~んぜん大丈夫ですヨ」と御答えしておきましたが、正直、ムカシ尾道で三時間も並んで喰った尾道ラーメンがマズくは無かったものの、三時間並ぶホドでも無かったコトを思い出して、果たして如何なるモノかと食べ始めました。

 ところが、コレが今まで経験したコトの無いラーメンでして、とにかくウマい!魚介系和風出汁の苦手な方、ネコ舌の方には向かないかもしれませんケドね。Kさんはわざわざ三兄弟三所帯分の”おみや”まで持たせてくださいましたので当日の夜も一食分を夫婦ふたりで分けて食べ、昨夜も恵方巻ダケでは味気ないんで、シメにもう一食茹でました。ヤミ憑きになる味、Kさんホントに有難う!

 とにかく”アツアツ”のままで最後の一口までノビずに食べられると云うところに驚嘆します。きっと表面にアブラの膜を張るところに秘訣があるのでしょう。お店で食べるとチャーシューにもメンマにも隅々までタマシイが籠ってる感じがして一層美味しく感じられようと思います。頑固オヤジの店的な堅苦しさもまったくありませんで、小洒落た喫茶店の様な雰囲気の店内でした。ソレにいたしましても関東圏にしか展開していないのが残念ではあるなぁ。もちもちの木と云う名前のお店です。自家製メンマがコレまた絶品です。通販でも買える”おみや”仕様で、お店で食するモノの80%くらいまでは御自宅でも味を再現出来ます。まずはラーメン本体とメンマは必須、さらにはゆで卵と白髪ネギを用意してお試しあれ。昨日のウチでは海苔をたくさん載せるモディファイをして食べてみました(これもウマかった!)。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

2015年1月22日 (木)

懐かしのオリエンタルカレー(今度はルーの方で:笑)

 はい、こんばんは!今日もとっても寒かったデスねぇ~。日々色々あって、寒風に吹かれつつ身もココロも寒々しい気持ちになった晩には、カラダの中から温めるのが一番です。そこで今夜は・・・

20150122012015012202 ・・・この御正月の”ダメ男の集い”の時に拙宅にお越しになってくださった、当ブログの常勤コメンテーターである「Wさま」さんより御土産として頂戴したのがコレ、「オリンタルマースレー(アクセントに注意してください:笑)」であります。以前に御紹介したレトルトタイプとは対照的に、箱の縦横比からも昭和30年代テイストが炸裂している様に感じられる”例の”パッケージも顕在で、色褪せたムードの西洋のおぼっちゃまが郷愁を誘います。このモデルの坊やは、やっぱ現在60才くらいでしょうか(笑)。たこヨメがとんがらしをい~っぱい入れまして、オリジナルのマイルドでフルーティーなレトロ味を現代的な”大辛”チューニングといたしました。赤いツブツブが見えるでしょ。大きく切った男爵イモがまた、ホクホクとしていて良いな。らっきょもダコダコ載せ、あんまりウマくて三杯喰っても~た。

20150122032015012204 ウチでは、だいぶん以前に名古屋在住の「みっち」さんから初めて頂いたオリエンタルレトルトカレーセット(銀色のスタンダードスプーン付き)に付いていた応募用紙で戯れに申し込んだら、スペシャルな金色フォークが二本も当選するといった輝かしい戦績があるため、パッケージに付いてる応募に必要な部位が必ず切り取られてしまいます。ですから、パッケージコレクションをしようとしてもなかなか出来ません。この一部が切り取られた箱を見てたら、小学校の時に集めさせられていた”ベルマーク(今はもう無いのかと思いきや、まだあったんですね!)”を思い出しちゃいましたヨ。当時は血眼になって集めてたモンだがなぁ、懐かしいモノです。

 あー、ハラはポンポン、アセはダーダーとなりましたんで、スッキリ風呂入って寝よ。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

 このブログを読んで、マセラティを初めとするイタリア旧車の世界に足を踏み入れたくなってしまったアナタ(あんまりいない様な気がするケド:笑)は、マイクロ・デポ株式会社の公式ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・」の方ものぞいて見てくださいね。さらにディープなネタ、やってます。

より以前の記事一覧