マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

無料ブログはココログ

カテゴリー「懐かしネタ」の85件の記事

皆さんとともに童心や青春時代に帰るネタ集。分野は多彩。

2016年4月12日 (火)

雑草たち

Photo_5

 あー、もうコシ抜けた(笑泣)!いったん暖かくされた挙句の寒さはコタえますな。本日もパワーステアリングラックを付けたりハズしたり、ダッシュボードを降ろしたりと”スーパーハード(ムカシ、整髪料にこんな名前のがあったな)”な一日でした。全身ホコリまみれでカビまみれ、なんだかカユいもん全体的に(毎日、風呂には入ってシャワー浴びまくってマスよ、そうは見えないかも知れないケド:笑)。

 ところで、昨日も御案内した今週末のホルモン例会は、新たなエントリーも受けまして、現在のところ確定人数は総勢8名であります。まだ3~4名はなんとかなると思いますので、引き続き御希望の方はワタシにその意思をお伝えくださいませ。

20160412012016041202 ・・・ところで、一昨日の日曜日は、もはや花見には遅かろうと思いつつ、光が丘公園を縦断して、ビミョーに残った桜や新緑を楽しみながら、コチラから見て公園の真裏にあたる練馬区田柄ってところに新たに出来たらしい星乃珈琲店なるいまどき流行りのタイプ(コ○ダのエピゴーネン型:笑)の喫茶店でのモーニングサービスを目指して久しぶりに往復二時間ほどの散歩をしてみました。コチラの風景は、アパートの”目の前公園”で、散歩に出掛ける直前に撮影したモノ。御覧ください、この打ち揃った”近代的遊具の数々(笑)”を。昨年塗装工事が施されましたんで、いかにも昭和な遊具たちも、湿った地べたの色と雑草カーペットを背景にして生き生きとしております。ブランコ漕いで、柵を越え損なって、○○○○を強かに打った思い出のある方々もいらっしゃるコト(当然ワタシにもある:笑泣)でしょうし、ジャングルジムに潜り込もうとしてアタマを強打したり、鉄棒で逆上がりの練習中に後頭部から地面に叩きつけられたり、ウンテイから落っこちて足首を捻挫したりと、体力と運動神経に恵まれなかったワタシなどの脳裏には、何かとイタい思い出ばかりが蘇るモノでもありますが、そうやって、イタい思いや危ない経験をしながら昭和のオトコのコは”真の漢”を目指したモンです。とにかく、ナニをやっても”泣いたら負け”みたいなところがありましたよね。ソレが今では涙腺ユルユルで、ナニを見ても聴いても泣ける立派なダメおぢさんになり果ててしまいました。

20160412032016041204 ・・・で、こうして風景の写真を撮影しようと思うと、なんだかそのうち、下の方へ下の方へと目線がイキますが、コレも齢とったせいか、はたまた庶民派を気取ってみたいダケなのか、それとも下の方に居るけなげな彼らに”同病相憐れむ”的なシンパシーを感じるからなのか・・・。アパートの玄関口を出ますと、ハス向かいのお宅の車庫の脇に生えてる雑草が凛々しく美しく見えましたので早速パチリ(左画像)。項垂れてるような佇まいがなんともいい味デス。毎日シゴトに追われて気が付いてなかったケド、フト見れば、デポ横に植えてあったハーブたちも春を迎えて”食べ頃(笑)”になってるではあーりませんか。もっと良く見れば、一部が勝手に刈り取られ、すでに持ってイカれてたりもします。まー、世の中にはヒドいヒトも居るモンですが、ココのは喰わない方がいいよ。おイヌ様の御散歩中にここを”ハバカリ”としているヒトビトも数多く見かけます(怒泣)んでね。あくまで観賞用若しくは、季節の香りを楽しむくらいにしておいた方が良さそうです。ああ、昭和に帰りたひ・・・。

 それじゃー、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2016年1月 5日 (火)

二人ババ抜きの様なゲーム大会

はい、こんばんは!
たこちゃん家の正月休みもようやく終盤に近付いてまいりました。プラモ作りにもツカれたし、オモテに出るのも朝方は寒いし・・・たこヨメはダラダラとしているワタシを尻目に、日々庭の手入れなどに勤しんでおりますが、なんか正月休みらしい手軽なレジャーは無いものか・・・おお、先日のダメ男に 「Wさま」さんが女子会用(笑)にと置いていかれた「人生ゲームポケット版」とか「トランプ」、「テツヲタ」さんが同じ理由で持ってきていた「ジェンガ」と「UNO」がココにあるではあーりませんか。
まず、ワタシの場合には、カードゲームはトランプも含めてルール知らんのでパス(笑)。だいたい、夫婦二人で日がなババ抜きなどヤってたら、正月早々に「なんだかなー」という気持ちになってしまいますね。ソコで、大して変わらん様な気もいたしますが、まずは「二人ジェンガ」を試すコトといたしました。あ、ジェンガっつーのは、あらかじめスクエアなヨコ断面にキッチリと積み上げたスティックを、順番に一本一本抜いては積み、抜いては積むの繰り返しで、自分の番でスティックのタワーが崩れたらマケとなる立体的なパズル状のゲームです。タブレットでの記述ではうまく説明出来ない(T0T)ので、ご存知ない方々はググってみてください。・・・コレが結構ハマるんですヨ。白熱の勝負は、「Y」さんに頂いた電気ブランを嘗めながら、二人でも半チャン(笑)くらいは続けられます。
一方の人生ゲームは、もう響きが懐かしいですね。サスガに盤面の方はリニューアルされていて、「億万長者になるか、ビ○ボー農場に行くか」なんてモノではありませんで、さっきまでタレント業やってたのに、数マス進むと何故かお医者さんに成れたりするという、また、フリーター(ウチでは「え~!なんにも成らないで、プーのままイクのぉ~?!」と実際の会話:笑)でも結構イケちゃったりするという、時代を映してか、大アマな展開になりやすい「人生」ではあります。ドル札のデザインがまったく初版のものと同じなのが、オールドファンには嬉しいところ。ただし、ポケット版なんで、そのサイズの小さいコトと言ったらありません。もっとも、懐かしいムカシの人生ゲームでは、メッタなコトでは金持ちには成れなかったモノなので「好きなモノは、寿司」とか答えやがる(笑)今のコドモが遊んだら全員で泣いちゃいそうです。さぁ、夕飯済んだらもう一戦とまいりましょうか。たまにはメッタにヤラないゲームに興じるのも面白いモンですね。正月気分をようやく満喫した次第です。 それじゃー、また明日!

2015年9月26日 (土)

マットジャイロ、初飛行はオ・ア・ズ・ケっ!

 はい、こんばんは!今日は久しぶりに爽やかな気候でしたね。そこはかとなくキンモクセイの香りなんかも漂ってきたりして、絶好の屋外作業日和でありました。夕方には”ホルモン屋”関係の方々がお越しになると思うので、日没ギリギリの5時くらいで切り上げないとね。

20150926012015092602 ・・・リフトの上では、マセラティクアトロポルテⅣ前期型(「調布のU」さん号)が、内装部材をジリジリと匍匐で清掃補修されております。

 おそらくもうじき(焦らしてるワケぢゃありませんケドね:笑)であろう”納車の儀”のゴール地点を目指しての作業、本日もウチの三男が潜りっぱなしでした。一方オモテでは、ワタシが担当するマセラティクアトロポルテⅣ最初期型6速マニュアル(「大村市のT」さん号)の外装”重箱の隅つつき”系作業の続きを実施。ようやく、すべてのウインドーシールドと左右ドアミラーの水垢除去作業が済みました。塗装工場から戻ってきたのが、先週の土曜日であったので、ここまで来るのに今週一週間まるまる掛かったコトになります。来週は目ん玉入れたり、グリルをしばいたり(笑)とまだまだ続く予定。両手・両腕・肩・腰・・・ちゃんとイッてます(泣笑)。

20150926032015092604 ・・・「♪わんだばだ、わんだばだ、わんだばだばだっ。わんだばだ、わんだばだ、わんだばだばだっ。チャ~~~~チャラッチャッチャ~~、チャラッチャッチャ~~、チャラッチャァ~~~~(いわゆるワンダバのテーマ:音出ます、注意!)」・・・今世間を騒がせているオスプレイに先んじるコト40年余り、1971年の特撮作品「帰ってきたウルトラマン」で防衛チーム(ワタシ流に申し上げると”怪獣やっつけ隊”)のMAT(マット)が使用しておりました垂直離着陸ヘリの”マットジャイロ”であります。こんなの(当時モノの子供用プラモデルの気合入れて)作るのは、もちろん「Hでございます」さん以外には考えられません(笑)。ホントは本日の”ホルモン屋大会”で初飛行予定であったのですが、御本人にやむにやまれぬ事情が出来いたしまして、急遽御欠席と相成りました。今朝になってメールがやってまいりまして、数葉の写真が添付されておりましたので本日ここで御紹介。御覧の様に超絶の出来、MATマーク以外はすべて塗装でキメてあるそうでサスガです。ハヤく本物が見てみたいモノですね。

 ・・・さぁ、そろそろお集まりの方々がいらっしゃいました。ぢゃ”ホルモン”イッてきまぁ~す!

 それじゃ、また来週!今週も世の中いろいろありましたが、次週も皆さん張り切ってまいりましょー!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2015年9月 7日 (月)

アナタの故郷の古写真はありませんか?

 はい、こんばんは!もーね、カラダがフヤけてますよ。先週金曜日の朝に、店舗のシャッターを4枚立て続けに「うんとこどっこいしょっ!」と下から上に開ける動作をチョットしたダケで、以前にも罹った”ギックリ背中”を発症しそうになった上、一昨日土曜日には、ほとんど一日中断続的にソンキョの姿勢で作業をしていたために、もうカラダ中がバラバラになりそーな雰囲気でしたんで、昨日の日曜日はウンウン唸りながら、一日中ゴロゴロと寝ておりました。・・・で、今朝起きると、まーだ雨のヤローが降ってます。本日のワタシも土曜日とまったく同じ過ごし方をしてしまいましたので、天候が良くない分、余計にヘロヘロ感が増したと云う次第。もっとも、夕方になって”北の国から”朗報がもたらされましたので、一気に疲労回復し、パソコンの前に座っております。・・・あ、既に飲んでマス(笑)。

 ところで、昨日曜日の夜も9時頃になって、ブックガレージ高橋君より”イタ電(笑)”が入りました。内容を要約すると・・・「どーせ、和ちゃんは新聞とってないだろーから知らないと思うケド、この間ね、ウチの新聞にチラシが入っててね、今度、練馬区の昭和の風景の写真集みたいなのを出すからソレに載せられる様な写真持ってないですか?みたいな内容だったんだけど、オレはね、もうスグに出版社に電話掛けてみたら、編集のヒトが店(ブックガレージ)にやってきて、写真をスキャンして帰ったよ。」「(酔っぱらってるワタシ)・・・へー、それで?」「あー、ゴメン。寝てた?」「あー、いやいや昼間っからボーっとしてるだけ」「あ、そう?ソレでね、写真を採用されると、その本貰えるんだよ!買ったらたいへんだよ、ほとんど一万円くらいするんだから。和ちゃんも欲しいでしょ、その本。なんか春日町の写真とか実家に無いの?買うのヤでしょ。でも欲しいでしょ!」「ふーん。意外と普通に街の日常写真とか祭りの写真とかって撮ってないんだよねー。やたらと赤ちゃんの時にウチの中で撮ってたり、せいぜい入学式の朝に玄関の前で撮ってたりみたいなのか、あとは海外旅行で撮った様なのばっかりだもんなぁ。で、出版社の名前なんて云うの?」「いき出版って云って、名刺見たら長岡に本社があるって書いてあるヨ」「(ネットで検索しながら)あ、コレか・・・確かに長岡って書いてあるね。へんな写真集ばっかり出してんだ、この会社。需要ウスそーだけど、だから本の単価が高いんだナ。でも、欲しいヤツは欲しいだろなぁ。ウマいとこ突いてるわ。」「・・・と云うワケで、ぢゃーね~。」「あうあうあう・・・。」

 ・・・30秒後(トゥルルルル・・・)

 「あー、夜分にスミマセン。ホントにくだらないハナシなんだけどさぁ。」「あ、ども。こんばんは、急にナニかと思いましたよ。」「あー、申し訳無いっ!いきなりだけどさ、テツヲタさんは実家の周辺撮った古い昭和の写真って持って無いの?実家とかに」・・・以下同様のやりとりが続き、結局「当時はねぇ~、フィルム現像するの高かったから、意外と家の回りとかって撮って無いんだよなぁ~。」「今ならデジカメで無駄に撮りホーダイなんだけどねぇ~。」と云う不毛なハナシに(泣)。

 このように、日常を活写した昭和の写真と云うモノは、平成の世でよくよく考えれば意外にも貴重。アナタもこの機会に実家に行ったら旧い昭和の写真を発掘してみてくださいな。この”いき出版”って出版社は”心意気”で本を作る会社らしいです、だから”いき”は”意気”なのです。まずは、株式会社いき出版公式ホームページをトップから覗いてみてください。アナタの実家周辺にかつて広がっていた風景にも、ひょっとしたら出会えるカモ。

 例えば既刊ならこんな感じ・・・春日部市の昭和世田谷区の昭和一関・奥州の昭和

 数例のサンプル写真を見たダケでも、商店街の看板、街を走る旧車(スバル360とかミゼットとかカリーナとか)、子どもの格好、大人のファッション、学校行事と見どころ満載でした。

 昭和30年代&40年代が大好物なワタシは、これからも続々と出版されるであろう全国のバージョンがすべて欲しいケド、経済的にそんなコトやってられんので、皆さんそれぞれに分担して買ってきては、順次ホルモン屋で見せ合いっこするってのはどう?(笑←そのうちオレも”タダ貰い”してぇーなぁー。なんか探そ、写真。)

 それじゃ、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2015年9月 5日 (土)

昨日に引き続き、勝手に70~80年代アイドルブーム!

 はい、こんばんは!本日の東京練馬は久しぶりに雨も降らずに概ねサワヤカな土曜日となりました。午後になると、急遽”足グルマ”の自動車保険をウチに引っ張ってきたいと云った御要望の御電話を「牛久のS」さんから頂戴いたしました。それからは、なんとか8日の現契約満期日に間に合わせるべく、メールでは”ヤギさん郵便”、電話では”イタ電”を夕方まで繰り返し、「オレたち、他に(電話とかメールする)友達は居ないの?」などと冗談云いつつも、ようやく着地点を見出すところまで行きましたが・・・皆さん、自動車保険を新規にお申込みの場合には、出来ましたら、遅くとも現契約の満期日一週間前に御要望を賜れればと(ねっ?Sさん!:笑←おツカれさまでしたぁ!)。

 さてさて今日のお題は、時々ヤルとナゼか常勤さん方の間でビミョーに盛り上がる”懐かしのアイドルねた”を御好評につき(笑)引き摺ってまいりたいと思っております。とりあえず、昨日のコメント欄にひとつひとつワタシからの”コメント返し”をしつつ、掘り下げてまいりましょうね。以下、昨日のコメント欄登場順デス。

・・・

・・・

・・・

皆さんお晩です!

そうですよね?自分が若い頃を振り返ると
なかなか面白いもんですよね!
だから同年代と話していると、昔話に花が咲くんですね??笑
若い人はまだ思い出が出来る程人生すごしてないので
今が一番なんですよね!
ところで私の10代の頃の憧れの人は
「小林麻美」さんでした!てへっ・・・・照

投稿: 調布のU | 2015年9月 4日 (金) 23時46分

 ・・・実際、Uさんの場合は、現在の奥さまも超美人でいらっしゃいますので、相当な面喰いであるとお見受けいたしやした(笑)。小林麻美さんと云えば、何と申しましてもコレ(音出ます、注意!)。想い出深いCMです。ある年(1977年?)の正月元旦から、このCMがロングバージョン、ショートバージョン取り混ぜて集中的に大量出稿され、どのお正月番組を見ても出てきて、とにかく冬休みの間中見てた様な憶えが(なんとなく)あります。画面で見て「キレ~なネーチャンやわぁ~」と中学生のワタシも思ったモノですヨ。

・・・

・・・

・・・

リンク先のレッツヤンOPで甲斐智枝美が出てきてましたね。懐かしい。

当時のアイドルが歌っているのはSLの復活運転のようでそれなりに盛り上がりますが、フルハイビジョン、ましてや4Kモニタでは決して見てはいけませんね。

ワタシはここ2,3日、旧日本プロレスの映像で楽しんでおります。
馬場32文20連発とか吉村道明の映像とか、ジョー樋口の坊主にしていない頃とか・・・

投稿: テツヲタ | 2015年9月 4日 (金) 23時55分

 ・・・いきなり喰いついているのが、残念ながら今は亡き甲斐智枝美さんであるところが、テツヲタさんらしいところです。歌は一曲も知らないけれど、グラビアが(色んな意味で:笑)楽しみ(思いっきり音出ます、注意!)だったヒトだけに早逝が悔やまれます。でも、テツヲタさんは”奈保子ちゃん追っかけ”ぢゃなかったの(笑)?ちなみにワタシはヨメに公言してますから、「河合奈保子、最強!(音出ます、注意!)」と。ああ、アイドル関係ないケド、馬場32文の連発動画(音出ます、注意!)は、一時期ワタシもハマってました。「あっ・・・ぽぉ~」になっちゃってからの馬場さんしか知らないヒトには見て頂きたいモノですね。しかしながら”髪のあるジョー樋口”・・・想像しにくいなぁ(笑)。

・・・

・・・

・・・

ランチアネタから一転、そうきたか。
たこ師匠とシルバートライデント仮面の歳の差八つ。この差は大きく、今回のネタは師匠とのシンクロ率低めです。
ところどころピンポイントで懐かしいのですが、子供の頃、TVで歌番組は見なかったんです。コメットさ~ん!
今思えば昔のワタシは流行ものに興味を示さぬ意固地で根暗な子供でした。
ですから聖子派では無く明菜派だったかも。何のこっちゃ?
・・・amラジオは良く聴いていたのですが。
ちなみに良く聴いていたラジオ局はSBS静岡放送。ミラクルナイト・フリーステーション・ワン・ツー・オー。リスナー製作のラジオドラマ「掛川マスク」が懐かしス・・・30年前の静岡(今現在、このブログのアクセス地域ランキング4位!)のラジオ番組。
知っているヒトいないかな?

ブラック・セプテンバー到来。上期予算必達指令を受け売上確保に奔走しなければならぬ。
特命任務はそれだけじゃ無いのに。。。

投稿: Sm(Silvertrident Mask) | 2015年9月 5日 (土) 00時12分

 ・・・いやいや、明菜派を任じているなら、ソレは立派な”流行もの”ですぜ、ダンナ(笑)。その頃のアイドル市場は、テレビ雑誌などメディアへの露出、レコードやブロマイド売上枚数、等々総合的に勘案すれば、80年デビュー組で①聖子・②奈保子・③よしえ、81年デビュー組は全滅気味だけど今に女優として残ってる北原佐和子(パンジー←この三人の名前を正確に書けるヒトはそーとートシあるねです:笑)さんはワタシが高校生の頃”好物”でした(笑)し、CMへの露出(音出ます、注意!・・・ちょっと時代が後年のだけれど)は多かった様に思います。もっとも肝心のお歌の方は破壊的にアレ(音出ます、注意!)なんですが。で豊作だった”(花の)82年組”では、ぶっちぎりで①明菜・(最初は)ちょっと離れて②キョンキョン・③伊代・優・ちえみ・④その他有象無象(泣)って感じだったと思いますんで、明菜が”超メジャーアイドル”であったコトは疑いの余地もありませんからね。

・・・

・・・

・・・

最後の”コレ”、はい腰抜かしました(笑)。
コレで日本も安泰だ。

個人的にはどストライクのネタ。
テツヲタさまのネタと相まって、秋の夜長の楽しみが増えました。
明日以降ゆっくり拝見させていただきます。

投稿: Wさま | 2015年9月 5日 (土) 00時42分

 ・・・コレ(音出ます、注意!←当時モノの別動画)、お楽しみ頂けました様でたいへん嬉しいです。遅くなりましたが、今日も色々と”イイねた”仕込みましたんで、これからお楽しみくださいね。ちなみに御本人の名誉のために申し上げますと、大場さんは、この動画の頃に「下を見たら足元が見えなくてショックを受けた」ため、超絶ダイエットを実践し、モノの見事に只今現在はビキニで写真集出そうかと云うイキオイなのだそーです。恐るべし”アイドル魂(笑)”

・・・

・・・

・・・

レッゴーヤングなんて、懐かしいけど、余り見ていなかった。今は高齢者ばかりの日本だから、レッゴーシルバーで番組復活??

確かに、時の流れは残酷なものですね。アイドルたちも、日々、人気の維持と、老化?劣化との戦いです。ただ年を重ねても、妙な若作りは、見るに耐えられない、痛いだけの状態だから、さじ加減が難しい。。。

コメットさんは、大人気だったなあ?今はなんだか痛い人になっちゃったけど。。。

投稿: 練馬のH | 2015年9月 5日 (土) 07時56分

・・・まず、レツゴーは”三匹”です(笑)。ワタシもレッツゴーヤングって実はほとんど見てなかったんです。想えばそういったアイドル番組みたいなのはホント観てなかったなぁ~(説得力”0”ですが:泣)。今ぢゃレッツゴーシルバー”定番にして欲しいくらいです、ホント。ところで、大場久美子さんは、やはり歌唱力が余りにもアレ(音出ます、注意!)なので、レコードそのものはあんまり売れてなかったみたいですが、もうメディア露出とCM出演は当時ダントツだった様に思います。今想うと、”スプリングサンバ”とか”ディスコドリーム”って曲としては結構カッチョいい様に思うんです。ソレをビミョーな音程で不安定さを醸しだしながら歌われるとオトコノコはメロメロになると云う作戦だったらしいです(レコーディングの前に練習を禁じられていたらしい)。ワタシもちょっと年下ですが、「キャワイイねーちゃんやなぁ~戦線」に参戦したかったくらいですモン。コメットさん(二代目)は当時”ちゃんちゃらおかしくて(生意気盛りの中坊でしたんで)”観てませんでしたが、数年前にCSでやってたのをDVDに録画して、ある長期休暇にまとめて一気に観てアタマがおかしくなりやした(笑)。紆余曲折あった様ですが、こうして元気に活躍している往年のアイドルは”イタい”ながらも頑張って欲しいモノだと思います。これからも我々中高年の星たらんコトを。

・・・

・・・

・・・

お疲れさまです。
朝からグダグダしていたところ、大好物の話題で目が覚めました。

「小林麻美」がスキっていうのが大人っぽくて良いですね。やはりMASERATIオーナー様ならではという感じで。。(笑)
レッツヤン。。皆んな同じ髪型してますね。ああ懐かしい。
カワイイ奈保子はやっぱり河合いですね。蝋人形とかフィギュアみたい。
コメットさん頑張ってるんですね。。声出てるし努力してるんでしょうね。
BSで見た林寛子は関取みたいでビックリしたけど。

当時聖子ファンではなかったですけど、松本隆狂(教)のワタシは
①「蒼いフォトグラフ」が好き過ぎです。「瞳はダイアモンド」もいいし、名曲は色褪せないですね。  ありがとう天才ユーミン!!
そんな聖子は、②「あなたに逢いたくて」のヒット以降も逞しい女性として輝いてますね。
(③まねだ聖子も素晴らしい-笑)

それから、実はコメント書きながら④のCM観て涙しちゃってます。。(苦笑)
これ観ると100%泣けます。“真珠夫人”も今ではAMEXの副社長夫人か。
すっかり変わってしまったけど、可愛くてほんとスキでした。。

ご参考URL:
①https://www.youtube.com/watch?v=lyzLXOwxgs4
②https://www.youtube.com/watch?v=Fr6O2GpUEsk
③https://www.youtube.com/watch?v=36W32w4dJZA
④https://www.youtube.com/watch?v=mQNWfmfY6vY

(たこさま、9月26日ホルモンだめ男に参加させてくださいマセ。ルイルイ)

投稿: BIANCOΨUNO | 2015年9月 5日 (土) 13時23分

 ・・・まず、ホルモン屋ダメ男御参加の旨は承りました(この場を借りまして:笑)。ところで、全員”聖子ちゃんカット”の時代はホントに懐かしい。あの髪型は、どんな”ど○ス”がしてても、三割増しは良く見えてしまうと云う魔法の様なモノでしたね。前述の大場さんと云い、林寛子さんといい、全盛期のアイドル時代があまりにもあまりにも良すぎた(音出ます、注意!)ために・・・ねぇ(その一例 音出ます注意なんだけど、画像が出なければいいのに:泣笑←オリジナルキーで歌って、まったく当時のままの歌唱力だから余計にイタいゾ)。一方で、元々たいしたコトなかった面々は、おばはんモードの方が良くなってたりするから人生は糾える縄の如し。我らが奈保子ちゃわんは一体どーなっているんだろうと不安でなりません(笑)が、見ない方がいいよな気がいたします。知らない間に娘さんがデビューしてるらしいですけど・・・ドンナなのかな?ところで、頂戴した①②はワタシが高校生の頃にはドコの家にもあったレコードって感じでした(ちなみに当時のワタシは(あ、今も)ボンビーでしたんで、女性アイドル歌手のレコードを買ったコトはありません:泣)。コメントを発見して「真珠夫人」ってドラマ(あの東海テレビ昼メロ枠?)を久しぶりに想い出しましたが、その”夫人”がどーしても想い出せなかったのですが、④のCMに御出演の横山めぐみさんだったんですね。ああ、「BIANCOΨUNO」さんも”面喰い”認定。奥様も超美人ですもんね、やっぱ。

 ・・・ああ、ツカれてるし、ちゃっちゃと書き終わろうと”コメント返しねた”に逃げたつもりが、2時間半も掛かって結局は超大作になっちゃったワ。

 それじゃ、また来週!今週も皆さんお忙しい中で、日々のコメントと読破に感謝いたしております。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2015年9月 4日 (金)

再燃!70~80年代アイドルブーム(笑)

 はい、こんばんは!今日の東京練馬は真昼間から”プチゲリラ豪雨”に見舞われました。ちょうどそんな時間に、本日午前中に名古屋から宇都宮まで出張なさっていたKさんが、宇都宮から初めて当店目指して電車に揺られていたのですが、途中で線路の地盤が陥没したとかで電車が止まり、幸いにも徒歩圏内に別の路線があったため、御約束の時間から若干遅れての御到着とは云え無事に御試乗して頂く事が叶いました。苦境を脱して(笑)のわざわざの御来店に心から感謝いたしておりますヨ。引き続きヨロシク御願いしま~す!

 ところで、近頃はアパートに戻ってまいりますと、ユーチューブ動画で懐かしのアイドル画像を夫婦して楽しむのが日課となっております。かつてNHKで日曜日の夜に放送されていた「レッツゴーヤング(って、題名がすでに、今となってはギャグですが:笑)」の当時モノ映像(例1例2:いずれも音出ます注意!)を見たあとには、昨今BSで時々流される同番組のリメイク版(往年のアイドルたちが、現在の”醜態(スンマセン!)”を惜しげなく晒して歌い踊る(例1例2:いずれも音出ます注意!)を見て、「このヒトはムカシは嫌いだったんだけど、今見ると”どストライクゾーン”だよなぁ」とか「あんなにムカシは可愛かったのに、それが今では・・・」なんて会話をするワケです。

 昨日は、「石川ひとみと倉田まり子はどっちが格上か?」で喧喧囂囂&侃侃諤諤、夜中まで大論争に(アホ?)。「あの時どーしていたら、天馬ルミ子がもっと売れる様にプロモーション出来てたか?」とか「石野真子と榊原郁恵はどっちがレコード売上枚数で勝ってるのか?・・・てか、当時の郁恵の本当のスリーサイズはナゾだよな」とか、まー、くっだらねーコトをアレコレ論議するワケです。

 ソレにしても、このあたりの時代って、今から35年前あたりってコトですから、コドモの頃(例えばワタシの昭和50年)当時にスライドして考えると、戦前の歌謡曲(例えば”丘を越えて”とか”あこがれのハワイ航路”とか:笑)の映像を懐かしがって見ているに等しいのだなと思うと、よくもまー、”じじー”と”ばばー”になったもんだと我ながら感心します。近頃、このブログの読者層では20代の方々が飛躍的に急増しているのですが、お若い皆さんも、ここはひとつ昭和のアイドルの世界を覗いてみてくださいね(おそるおそる:笑)。

 それじゃー、また明日。おやすみなさぁーい!・・・最後にコレ(音出ます)見て眠れなくなってください(笑)。ちなみに、ムカシはこうだったのになぁ・・・。

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2015年9月 1日 (火)

防災の日の思ひ出

 はい、こんばんは!今日の東京練馬も、「もー、降るんだか、降らないんだか、ハッキリせんかいっ・・・でも、結局は降るんだよなぁ~(泣笑)」みたいな、単にシゴトを増やすダケの天候が一日中。ホントにシケておりやす。それでも、「横浜のA」さんマセラティクアトロポルテⅣ前期型の継続車検は無事完了、御出張で海外のどこかにいらっしゃるAさんは来週にならないと御帰国されないんで、しばらく定置場にて封印(笑)するコトに。

 ところで、本日9月1日は関東大震災にちなんで制定されていると云う「防災の日」でありました。当ブログの読者諸兄の中にも、公立若しくは私立の小中高等学校の教諭を生業にされている方々はいらっしゃると思いますが、避難訓練とか今でもやってるんですかね。

 今朝ラジオをラジコで聴いてたら、8時45分から関東圏の主要全ラジオ局(NHKも含む)共通の防災インフォメーション番組が突如はじまりまして、ソレを聴きながら「調布のU」さんマセラティクアトロポルテV6前期型の内装トリムのクリーニング作業を行っておったのですが、「お~、往年の”行く年来る年”みたいでなんだかゴージャス。」と云う感想をまずは持ちました。TBS聴いてるのに他局のアナやFM局の”有名ナビゲーター”諸氏が次々に登場してコメントするんで、得も云われぬ高揚感があります。

 ソコで聞かされたハナシで、最も印象的かつ意外であったのは、現在では大きな地震が起こったら「まず火を消しに行かなくてもよい」コトになってると云う事実。「大きな地震が起こったら、まず自らの身を守ってください。思わぬヤケドなどをいたしますので、火を消しに行くのはおやめください。」・・・なんですって、皆さん知ってた?

 ライフラインの一角を担う東京ガスのヒトが云うには、阪神淡路大震災以降、現在のガス器具には地震を感知すると自動的に栓が閉じて消火する安全装置が装備されているそうです。まったくもって技術の進歩は素晴らしい。ケド、そんなの知らんかった(オレだけ?:泣笑)。

 ワタシがコドモの頃には、今も来てない「関東大震災級の地震が東京を襲う」と云う事象が、あたかも明日やってくるかの如くに言説されていた数年間がありました。”ノストラダムスの大予言”とか”日本沈没”とか、1970年代中盤の時期はその手の”終末系”映画も大流行りでしたもんね。

 そのようなワケで、ワタシの小学校でも、戦時中の”防空頭巾”の構造をアレンジして、普段は椅子のクッションとなる”防災頭巾”と云うモノの設計図(と云うか、型紙)が全戸に配られ、ソレをいついつまでに作って学校に持って来いなんてコトがありました。住所、氏名、それに血液型も書いてありましたっけ。生地は好きに択んで良いコトになっておりましたんで、ワタシが練馬春日町のクボ(呉服屋あがりの洋品店)だったか、池袋のキンカ堂だったかで購入してきたのは、”サンダーバード2号色”たる濃いグリーンのモケット地のモノでした。あ~思い出すだに懐かしい。まさかの時には、ソレ被ってグラントハイツ(現在の光が丘公園)までとりあえず逃げろ、と。そんなシミュレーションを防災の日などには散々やらされたモノでした。

 もっとも、そのようなモノを使わなくてもよいのが一番なんですケドね。しかしながら、天災だけは本当に”神のみぞ知る”世界です。「備えあれば憂い無し」と云うコトバ、常に心のドコかには留めておきたいモノです。

 それじゃ、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

2015年8月17日 (月)

眉間の皺が似合う男

あー、ワタシの夏休みも、ついに明日までとなってしまいました(泣)。もっとも、当ブログ読者様の中でも多くの皆さんは今日から出勤されているコトでしょうから贅沢は云えませんね。本日の千葉拙宅周辺は、朝から本格的な雨模様で、久しぶりにまとまった量の降雨を見た様な気がいたします。

こうなりますと、外壁の洗浄作業もする気になれず、先日のダメ男に於いて「Hでございます」さんから献上(笑)されたマッハ号でも弄るしかありません。昨日100円ショップで買ってきた度数+3の老眼鏡を早速取り出し、低くて引っ掛かりの少ない我がハナの尖端にちょっ掛けるようにして、ソレでもなかなか焦点が合ってくれませんと、ついつい眉間にシワが寄ってしまいます。度数の強いメガネは、手元は良く見えるんですが、とにかく上の瞼がツカれるモノであると云うコトを思い知りました。

傍らでは、環境映像として「非情のライセンス」と「明智小五郎シリーズ」を交互に流しております。云わずと知れた眉間の皺大魔王であらせられる天知茂さんの名演を楽しみつつ、1970年代テイストを味わいながら60年代アニメの主役メカのプラモデル作りに励んでいると云うのは至福の時間に違いありませんが、とにかく手元の部品がなかなか組み上げられないのには加齢を実感させられます。思わず眉間にシワも寄る。時にテレビから大きな音で「♪じゃじゃーん」と大仰な劇伴が鳴るので、そのタイミングでチラっと画面に目を遣ると、どアップの天知茂が端正な鼻の上にタテタテヨコヨコ、オニのように複雑な形状且つ深ぁーい皺を発生(笑)させながら、シブい台詞をカッチョ良くキメていると云うワケです。 この頃の天知さんよりも現在のワタシは加齢している(泣)と思われますが、画面の中の彼は、どーにもこーにもオトナであります。白い襟の付いたギンガムチェック柄のワイシャツに、色とりどりのモザイク模様をあしらったブッといネクタイ、その上に目も覚めるようなブルーのジャケット、胸には必ずポケットチーフ。で、眉間には深ぁーい皺。こんなヤツがとなりにいたら、とってもイヤ(笑→しかも、とってもカッチョ悪い)ですが、それがどーにもこーにもカッチョ良く見えるんですから、存在感の勝利と云うコトになりましょうか。

さぁ、あさってからは、どーにもこーにもメンドーながらも、どーにもこーにも何とかしてやりたくなっちゃうヤツらを弄る日々がハードボイルドに再開です。願わくば、今まで以上にワタシの顔ジワを深ぁーいモノとするカンカン照りだけはお控え頂きたいモノだと。

それじゃー、また明日お会いしましょう(天知茂の声で:笑)。

2015年8月11日 (火)

またまた、マッハ号(笑)

はい、こんばんは!今日も日がな一日、マッハ号を睨み付けつつ、その造形イメージと、色彩イメージを固める作業に没頭してしまいました。ホントは今朝から、「♪どぉーこーかーとぉーおーくーにーいぃーきぃーいたぁーあーい」な気持ちでいっぱいなんだけれど、ドコに行こうとするにも宿がヤバい(取れない)感じが濃厚にするモンで、たこちゃんズ旅の輝かしい(笑)歴史にも、ついに幕をヒカなけりゃならんのかと泣いておりやす。

そうそう、件のマッハ号なんですが、さすがに旧いプラモなダケのことはあって、アチラコチラの成型ビケを埋めながら、各部をオープニングテーマ映像に出てくる最も慣れ親しんだ形状イメージに近いモノに持っていくのは至難と云うか、悶絶の境地であります(笑)。

「町内会のM」さんから下部塗装色に関する示唆を頂きました(タツノコ公式設定では、全体が白)が、どーにもシマらないので、一般的にオトナプラモ道で試みられる「もしも、この架空のモノが実在したら」と云う切り口を敢えて避けるコトにいたしまして、「幼少の頃の脳内イメージを尊重し、ムカシのプラモらしく適度なレトロ風味を総合的に加味しつつ、基本的にはアニメの中の一枚のセル画」っぽく作るコトといたしました。とりあえず下面をクレオスの74番エアスペリオリティーブルーで塗ってみたら、オープニング動画冒頭、クラクション音が鳴りつつサイドフォルムに変化したところに三船剛クンが走り寄ってマッハ号に飛び乗るシーンから飛び出してきたように(ワタシの目には)見えております。ちょっとダケ、ヤル気を取り戻しました。ああ、「Hでございます」さんが気前よく呉れた理由が分かったヨ、コレものすごくツカれるキットだわ、色んな意味で(笑泣)。これから一生思い残すコトの無い様にこころゆくまで作り倒してまいろうと思っております。タツノコモノで、子供の頃に巧くいかなくて、もひとつ心残りなのは、ガッチャマンのゴッドフェニックスだな。コレもいつの日かリベンジ戦ヤラなきゃ。さぁさ、これからまた、イブニングアイ周囲の造形を調整する作業に戻らなきゃ。

それじゃー、また明日!

2015年8月 5日 (水)

時代の旅人Booksの2号はスゴかった!

 はい、こんばんは!「ああ、きょーもアツかったです、ちゃんちゃん!」・・・で済ませたいくらいに心身ツカれ切ってる感じですが、「レッツゴー!毎日が完全燃焼!!」を自らに課しておりますので、全身を覆う気だるさは、コレはコレで清々しくはあります(にしても、アツ過ぎだよなぁ~:笑泣)。

20150805012015080502 ・・・で、本日は昨日のネタに付随する”小ネタ”ではありますが、どーして”付随”なのかと云うと、昨日の本をアマゾンにオーダーした時に「この本を注文したヒトはこんな本もついでに買ってマス(要旨抜粋)」の欄に出ていたモノで、思わず”ついでポチ”してしまったからです。こうして「昭和レトロ大好きっ子(って、この言い回しが既に昭和レトロだったりする:笑)」にはタマラン本をまたまた手に入れましたので御紹介しておこうと思います。この本は昨日の本よりも対象年齢が10才以上アッパーって感じがいたします。もーね、いちいち画像撮りするのがイヤになっちゃうくらいに、どのページにも魂が籠ってマス。昭和の即席めん、野球盤、浅草レトロさんぽ、サッカーの釜本、10円ゲーム、ラジカセと深夜放送、まぼろし探偵、新宿の今昔、スーパーカブ誕生秘話、アドバルーン、昭和のプラモデル!!、桃屋のCMヒストリー、三菱Uni鉛筆のノベルティ、森永製菓70年代モノお菓子のおもひで・・・。

 元々、ワタシがネットサーフィンをしている時に見つけたサイト東京レトロスペクティブにて、同書の存在を知りました。創刊号は初見健一編集長自ら”今一つの出来”であったと述懐しているらしいのですが、いやいやどーして。捲土重来を期したと云う第二号はどのページを開いてもキンタローあめの如くに素晴らしいです。コレで800円は安いよなぁ~。御出張などの折に新幹線や飛行機の中でパラパラとめくるにはちょうどよい本です。文○春秋やダイ○モンドや日K新聞なんかより、ワタシにとっては、よっぽど面白くタメになり(何の:笑)ます。

 公式サイト(大空出版) 時代(とき)の旅人Books01 同02(当記事で御案内の号)

 ・・・初見さんって、”まだある。シリーズ”のヒトなんですね、どーりでスゴイ情報収集能力だと思ったわ。本日も老眼鏡ズラし掛けしつつ、これから読書に勤しもうと思っておりますヨ。本日は、いよいよパーソナルな趣味全開で失礼いたしました。

 それじゃ、また明日!

 マセラティでイッてみよう!Part2・Part3を通したすべての過去記事への一気到達用ページ(このページが便利ですので”お気に入り”にブックマークしてください)を新設いたしました。

 また、2013年3月4日以前の過去記事のみの閲覧は、「マセラティでイッてみよう!:Part2」で。

より以前の記事一覧